goo

自我システム大幅アップデートのお知らせ

さて、突然ですが、昨夜のお話会で反響の大きかったお話をさせてください。

とはいえ、これと言った裏付けを示せる話ではないので、関心のある方だけお読みくださいね。


なぜかはわかりませんが、雲さん曰く、毎年3月〜5月にかけては、自我システムの大幅アップデート(あるいは調整?)があるそうです。


そもそも「自我」というのは、個人的なものではありません。

完全に悟りきった方を除いて、ほとんどの人が受けている、世界全体に流れている「システム」です。

僕も、あなたも、あの人も、「違う自我」を抱えているのではなく、同じシステムの影響を受け、「個人(わたし)」という感覚が生じています。

このシステムのアップデート、もしくは調整的なものが、この期間にあるのだそうです。


その影響を過敏に感じられる人、まったく感じない人と、感受性は様々ですが、事実、普段とは違う感覚を感じられている人も少なくないと思います。

かくいう僕自身も、振り返ると、この影響をとても受けていた実感があります。(かつてと比べ、だいぶ楽になったものの、いまだ影響を受けています)

いまから十数年前、あの一瞥があったのも思い返せばこの時期ですからね。

意識レベルの変調に、心と身体がついていかない状況を経験しました。


僕の場合は、脈絡のない虚無感や喪失感に苛まれたり、ちょっとした出来事すら深刻にとらえてしまったり、あるいは実際にショッキングなハプニングが立て続けに起こったり。

自分の気持ちのコントロールができず、考えをまとめられず、はたまた、突然過去の出来事が思い出されたり、ものすごい睡魔に襲われたり。

記憶の整理や物事の判断がしづらく、優柔不断になってしまったり。

どうにもこうにも「自制」ができず、「気分の落ち込み」に引きずられていく感覚です。

そういった感覚を何年もの間繰り返し、その果てに一瞥が訪れた、そんな感じ。


いまだ詳細が解明されていない『5月病』などと呼ばれるものもありますが、事実ここ日本においては、3月と5月の自殺者数は、他の月に比べて高いのだそうです。


(厚生労働省自殺対策推進室資料より)

ちょうど「年度替わり」という環境の変化と重なることもあり、いろいろな要因を思い浮かべる方も多いかとは思いますが、どうも、それだけでは説明がつかないのが実際のところで。

(※ちなみに、この「4月が新年度」というシステムが始まったのは明治19年からだそうです)


あるいは逆に、意識の変調が「ハイ」になっていく方もおられます。

なにもないのにワクワクしたり、夢や目標が明確じゃなくとも、根拠のない自信や高揚感が湧いてきたり。

なんだか「ポワポワ」しちゃう人や「アヘアヘ」しちゃう人が出てきたりもしますよね。

こっちの感覚は、僕自身あまり経験がないので、具体的な状態を示すことは難しいのだけれど。


ポジティブにせよネガティブにせよ、なぜだか普段以上に自制が効かず、理性を飛び越えて、心の奥底に閉じ込めていたものがそのまま出てきてしまうような、そういう感覚、ありませんか?

また、精神面ではなく、肉体面、体調の変化として感じるかたもおられるかと思います。


で、この季節をどう過ごすか、乗り越えるかで、意識のシフトに大きな違いがでてくるそうです。

どうせなら、これを「チャンス」にしたいじゃないですか。


かつて、このブログで『宇宙立この世学院』を連載していたころ。

雲さんは、『3月から5月は、意識レベルの進級試験があると思いなさい。これまでの気づきの集大成が、この季節に試されていると思ってごらん』と言ってくれたことがありました。

ここで試されているのは、僕たちの「現実認識状態」です。

それがどういうものなのか、言葉にするのは非常にむずかしいのですが、


「ないものではなく、あるものに目をむけていられているか」

「否定ではなく、肯定できているか(許せているか)」

「心配ではなく、信頼できているか」

「抑圧することなく、素直でいられているか」

「情報ではなく、体感に意識をむけられているか」


など、このブログでもこれまで取り上げてきた「あり方」や、「大丈夫、なんとかなる」や「これでいいのだ」といった感覚がどのぐらいの深さで根付いているのか、などが試されている感じです。

僕も「今年もだいぶ試されてるなぁ(笑)」という感じでいろんな出来事に遭遇している中ではあるのですが、きっと大丈夫、なんとかなる。

一緒に、このチャンスをものにしていきましょう!


「進級試験」という例えに拒絶反応がある方は、『あらゆるハプニングは、僕たちが溜め込んだものを吐き出させようとする下剤』とでも思ってください。

素直になりきれずに押し込めてきた感情やマインドの便秘状態に、下剤が投入される痛みと不快感。

それもこれも、出してスッキリするためにある、通過儀礼みたいなもの。


ココらへんの、ブログではなんとも書ききれないニュアンスを直接お話したいと思っています。

明日・明後日は大阪・名古屋で月イチのお話会もございますので、「もっと詳しく聞きたい!」というご興味・ご感心のある方がおられましたら、お声がけください。





インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

伝説の夜会再び!

この夏、初の出版を控えた龍師:SHINGOさんをゲストに迎えてお送りいたします。

『Taizo's Bar vol.2』

スピ系作家が「Bar」を舞台に語り合う、芝居仕立てのトークライブ第2弾。

都会の片隅――
古びれた雑居ビルの地下に、ひっそり隠れるようにネオンを灯したバーがあります。
そこは大抵、「CLOSED」の札が下がったまま。
ほんの時折、マスターの気まぐれで営業される不思議なバーです。
マスターの目的は、お金ではありません。
普段は見えない、人の「裏側」を覗きたくて、秘密のカクテルを振る舞うのです。

さて、本日のお客様は、お酒の魔法で、何を語ってしまうのやら……



【日時】4月20日 19:00開演(18:30開場)
【会場】三鷹産業プラザ
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎
【ゲスト】SHINGO

※詳細・お申し込みは【こちら】イープラスのサイト、もしくは、お近くのファミリーマート店内の端末「ファミポート」からお手続きいただけます。


かつて、実際にバーを経営していた白石泰三(「電波妻」「パラレルワールドで待ち合わせ」著者)をマスターに、堀内恭隆(「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」著者)、雲黒斎(「あの世に聞いた、この世の仕組み」著者)が常連客に扮し進行するアドリブ劇。

普段は見せない作家の裏側や本音を、お酒の力で聞き出すマスターと無防備な常連客による、ちょっと不思議な世界のお話。

皆様のご来場をお待ちしております!

**********

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←「気分の落ち込み」は嫌ですが、「ボタンの押し込み」は歓迎です。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

不思議な人が集まると、不思議なことが起こるのね

昨年の今頃。

アウルズ・エージェンシーさんからのご依頼であるイベントをすることになりました。

社長の下野誠一郎さんが、代官山のライブハウスで定期的に開催しているイベント枠のコンテンツがないため、手を貸してほしいとのこと。

「黒斎さん、この日空いてる? できたら、なにかやってもらえない?」

そんな感じの漠然としたお誘いだったのですが、突然「なにか」って言ってもねぇ。

お話会は定例のものがあるし、僕だって、他にコンテンツ持ってるわけじゃないし。

何よりこのライブハウスはレンタル料がバカ高い。(いや、いつも僕がお借りしている貸し会議室と比べれば、の話だけど……。)

「お食事やお飲み物のなどのセットで参加費はお一人様10,000円。最低◯◯名の集客がなければペイできない」なんてハードルの高い条件があるなかで、「なにか」なんて言われても……

しかも開催は「平日の夜」と来たもんだ。

「う〜ん……」

さすがに僕ひとりではどうにもできなそう。

ここは一つ、最近とくに縁を感じている方々のおチカラをお借りすることにしてみよう。

そこで、『電波妻』の著者・TAIZOさんと、『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』の著者・堀内恭隆さんにお声がけさせていただきました。

「いまのところ、イベントの内容はまったく決まっていません。会場と開催日だけが決まっている状態なのですが、一緒になにかしてみませんか?」


こういう漠然とした感じ、僕にとっては結構普通感覚になっちゃってるんですね。

僕自身が受けるトークライブのご依頼も、基本「中身は全部おまかせで」なんて丸投げされることがほとんどですし、むしろ「ああして、こうして」なんて細かく決められちゃうのが嫌なタイプなので。

阿部敏郎さんとのイベントも打ち合わせしたことないですし、顔を合わせるのも当日の会場で本番30分前とかだったりするからね。

特に阿部さんなんかは、某かの計画立てても、本番で全部崩されちゃうから(笑)

だから、僕にとって「イベント」って、結構「当日までいろいろ調整したりアイデア出したりするけれど、結局やってみないとどうなるかなんてわからないじゃん?」ってなものになってたりしています。

これが、世間一般の感覚とはだいぶ離れているのかと、改めて気づいたのは、イベントを迎える数日前になってからです。


なんでも、風の噂で、このイベントが開催前から炎上しているとか、そういう話を耳にしまして。


なぜ開催前にもかかわらず炎上?

まだ誰も参加していないのに、どこにそんな要素が??

やっぱり、料金高すぎた???


蓋を開けてみましたらなんと。

お客様ではなく、出演者が炎上していらっしゃった(笑)

なんでも、TAIZOさんが大層ご立腹なご様子だと。

たしかにブログを拝見しましたら、「がちでくたばれ」なんて書かれている。


『ギャラについてはまったく話しはなく企画は進行していきます』

『ゆるい、あまりにゆるい』

『「こーゆーのはお金より気持ちが大事」的なアレですか』

『ふんふん、そんな世界もあるのだな。いや、ねーよ。あってたまるものか』

『タイトルにぼくの名前を冠してるんだからさ。で、それでOKしちゃったんだからさ。楽しみにしてくれてるお客様がいらっしゃるわけだしさ。そんならさ、ぼくも誰に気兼ねするともなく好きにしゃべらせてもらおうじゃないですか。この業界の人が公の場で絶対しゃべらないようなこと、ぶちまけてやろうじゃないの。』

『ガチで「くたばれスピリチュアル」な話しをさせていただくとしましょうか』



それを拝見して、僕の感覚と全然違ってたんで「あ〜、そうかぁ」となって、「お声がけして申し訳ないことしちゃったかな」とも思いましたけど、「まあ、これもまた当日のトークのネタになるか」と思って、その場では何も触れず、そのまま当日を迎えました。

そうしましたらね。

この炎上騒ぎのお陰で、大盛況になっちゃったんです。

開催の数日前まで、「まだ10数人のお申込みしかありません……」なんて聞いてたのに。

泰三さん、心の中では「してやったり」と、口元をニンマリ歪めてるじゃなかろうか。そんな状況。


本当にお陰様で、全国からいろんな方々にお越しいただけました。

霊能者やら龍使いやら、「ええ!?」ってな不思議な方々もお集まりくださって。

もう、「何がなんだか」という混沌とした中でイベントが進行しまして、ホントにカオスな状況で幕を閉じたんですけれども(笑)。

ご参加くださった皆様からの反響は、それはそれは凄かったんです。

「とにかく面白かった。楽しかった」と、大絶賛をいただきました。


そして、不思議な人が集まると、不思議なことが起こるものですね。

この日ご来場くださった方が、イベント終了直後の会場で写真を撮ってくれたのですが……

それがこちら


不思議なことって、起こるんですね。

これね、ホントに合成じゃないんですよ。

撮ったその場で見せてもらったんで。

手ブレでもないんですよ。

だって、手前の僕は内側に、奥の橋詰さんは外側にズレちゃってんだから。


まぁ、「空間が歪んだからって、それがなんだ」って話ですけどね。


で、なんやかんやで、あれから一年。

今度は泰三さんの方から「黒斎さん、もう一度、あのイベントどうですか?」ってお声がけいただきました。

というわけで。


伝説の夜会再び!

今回は上記の写真のサイトの主、この夏、初の出版を控えた龍師:SHINGOさんをゲストに迎えてお送りいたします。

『Taizo's Bar vol.2』

スピ系作家が「Bar」を舞台に語り合う、芝居仕立てのトークライブ第2弾。

都会の片隅――
古びれた雑居ビルの地下に、ひっそり隠れるようにネオンを灯したバーがあります。
そこは大抵、「CLOSED」の札が下がったまま。
ほんの時折、マスターの気まぐれで営業される不思議なバーです。
マスターの目的は、お金ではありません。
普段は見えない、人の「裏側」を覗きたくて、秘密のカクテルを振る舞うのです。

さて、本日のお客様は、お酒の魔法で、何を語ってしまうのやら……



【日時】4月20日 19:00開演(18:30開場)
【会場】三鷹産業プラザ
【出演】白石泰三・堀内恭隆・雲黒斎
【ゲスト】SHINGO

※詳細・お申し込みは【こちら】イープラスのサイト、もしくは、お近くのファミリーマート店内の端末「ファミポート」からお手続きいただけます。

**********

かつて、実際にバーを経営していた白石泰三(「電波妻」「パラレルワールドで待ち合わせ」著者)をマスターに、堀内恭隆(「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」著者)、雲黒斎(「あの世に聞いた、この世の仕組み」著者)が常連客に扮し進行するアドリブ劇。

普段は見せない作家の裏側や本音を、お酒の力で聞き出すマスターと無防備な常連客による、ちょっと不思議な世界のお話。


皆様のご来場をお待ちしております!




その他、インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月12日(火)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←「こーゆーのはクリックより気持ちが大事」的なアレですか
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

神様が言いました




 「ここ」にいるよ。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ここはどこ? わたしは誰?

ABEさんがみんなに聞きました。

「あなたはどこにいますか?」


BEPPUさんが答えました。

「ここです」

CHIEさんが答えました。

「ここです」

DAISUKEさんが答えました。

「ここです」

ENDOさんが答えました。

「ここです」

FUJITAさんが答えました。

「ここです」

GENKIさんが答えました。

「ここです」

HISAMOTOさんが答えました。

「ここです」

ITOさんが答えました。

「ここです」

JUNさんが答えました。

「ここです」


ABEさんが言いました。

「では、みんなここにいるのですね」


JUNさんが言いました。

「KEIKOさんはここに見当たりません。電話をして居場所を聞いてみましょう」


ABEさんがKEIKOさんに電話をして聞きました。

「あなたはどこにいますか?」


電話口でKEIKOさんが答えました。

「ここです」


ABEさんがJUNさんに聞きました。

「KEIKOさんもここにいるのだそうです。では、ここ以外はあるのでしょうか?」


*****


「ここ」は、一人称(わたし)視点の「ここ」のこと。
「そこ」は、二人称(あなた)視点の「ここ」のこと。
「あそこ」は、三人称(誰か)視点の「ここ」のこと。


「誰」もなければ、「ここ」も「そこ」も「あそこ」も全部「ここ」になる。


これ、「わたしはあたなで、あなたはわたし」を別な角度でお話しているのですが、通じますか?



※気まぐれで更新しました。先日の続きはまた今度。



インフォメーションいろいろ



平日のお話会「月イチ☆」

◎3月12日(火)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎3月14日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B
◎3月15日(金)19:30〜 名古屋:ウインクあいち 908会議室

◎4月10日(水)19:30〜 東京:三鷹産業プラザ 703会議室
◎4月24日(水)19:3〜 名古屋:ウインクあいち 1008会議室
◎4月25日(木)19:00〜 大阪:大阪産業創造館 会議室B

 参加費:東京2,000円、大阪・名古屋2,500円

上記、平日のお話会は事前のご予約は不要の当日会場受付となります。
お気軽にご参加ください。

*****

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演会 in 札幌


◎3月23日(土)14:00〜 北海道教育文化会館 305会議室
 参加費:お一人様4,800円
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

雲黒斎トークライブ in 福岡


◎4月13日(土)14:00〜 福岡国際会議場 402+403会議室
 参加費:お一人様3,000円
 主催:Be Here Now 常冨泰弘さま
※詳細・お申込みは【こちら】から

*****

カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から


←ここです
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた 番外編

すみません、本日は僕が「あまりやりたくないこと、気が進まないことを、実際にやってみる」という投稿です。

何って?

それは、「本文なしの告知のみ」という内容です(苦笑)。

だって、告知だけで凄く長くなっちゃいそうなんだもの……(言い訳)。

その結果はどうなりますやら……

ではでは。


来たる3月23日(土)、阿部さんと一緒に札幌にお伺いいたします。

すでに東京・大阪・名古屋でも開催しました『あなたが知らないあなたの話』の発売記念講演会となります。

本当は2月にお伺いするつもりでいたのですが、雪祭りの影響でしょうか。もう、札幌の宿泊費がとんでもなく高くって!

僕も阿部さんも、「これじゃどうやっても赤字になっちゃうね」ということで見送っていましたが、ようやくホテル代も落ち着いてきたのでお伺いできます。

よかった〜。

受付を開始いたしましたので、詳細・お申し込みは【こちら】をご覧ください。


そして、4月13日(土)は、福岡からお招きをいただきました。

主宰は、ミスユニバース日本代表のビューティーキャンプ講師として大活躍されているBe Here Nowの常冨さん。

ちなみにご著書の『自分に自信をつける最高の方法』『自分に最上級のHAPPYを贈る方法』も色々な書店で売り上げ1位を記録するなど絶好調なようです。

こういう波に乗っている方からは、素直におこぼれをあずからないとね。

ということで、僕の話に興味がない人も、常冨さんからの御利益を目当てに足をお運びください。

あ、こちらは「阿雲」ではなく、僕のソロトークライブとなりますのでご注意ください。

詳細・お申し込みは【こちら】です。


そして今晩は毎月好例の平日のお話会『月イチ☆』(東京・三鷹)の開催です。

事前のご予約はいりませんので直接会場にお越しください。

お一人様2,000円、19:30〜21:30(19:00開場)となります。

会場は三鷹産業プラザ 703会議室(MAP)です。


2011年の10月から始めたこのお話会。

先月は「阿雲の呼吸」の日程とかぶってしまったのでお休みさせていただきましたので、実質今年最初の「月イチ☆」となります。

数えてみたら、今回で87回目。7年以上が過ぎておりました。

もうそんなになるんだ!という驚きもありますが、よくまぁ、こうして毎月毎月つづいてきたもんだ(笑)。

それもこれも、ご来場くださる皆さま方のおかげです。

<(_ _ )> ありがとうございます。


いまでも毎月必ず初参加の方がおられるこのお話会。

「どんな会なんですか?」と聞かれることも少なくないので、ここで簡単にご説明いたしますと、「これといって決まっていない」というのが実情です。

と、いいますのも、基本的に「最初から最後まで質疑応答」という会なものですから、その日お集まりくださった方やご質問内容によって、中身が変わってしまんですね。

最初のうちは、2時間ぶっ続けでその時その時のテーマをお話させていただいていたのですが、ここまで何年も続くとですね、さすがに話すこともなくなってくるわけですよ(笑)。

もちろん、ご来場くださるお客様は都度代わったりしているわけですから、同じ話でも構わないのかもしれませんが。

とはいえ、やっぱり皆さんの「聞きたいこと」って、まちまちなワケで。どうせなら、皆さんがホントに聞きたかったことをお話したいなと思いまして。

それで現在は会場に「質問用紙」をご用意し、会が始まるまでの間にご記入いただいたものをその日のテーマとしてお話している次第です。

ご質問以外にもご要望等ございましたら、ぜひお聞かせください。


といったところで、今晩も皆さまのご来場をお待ちしております!

あ、バレンタイン前日ですが、どうぞお気遣い無く〜!(←と、わざわざ言っちゃうところがいやらしい)


つづいて、明日明後日は名古屋と大阪にお伺いいたします。

◎2月14日(木)19:30〜(19:00開場) 平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)
 会場:ウインクあいち 10階 1008会議室(MAP)

◎2月15日(金)19:00〜(18:30開場) 平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)
 会場:大阪産業創造館 6階 会議室B(MAP)

こちらは名古屋・大阪共に参加費はお一人様2,500円となります。
東京と同様に事前のご予約は不要です。


と、まぁ、お知らせはこんな感じでございまして。

うん、やっぱりこうやって告知だけで終えるの、気が引けるなぁ……(苦笑)

でも、今日はこのまま投稿しちゃうぞ♡



←バレンタイン・イブ♡(チョコっと押していただけたら幸いです)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その4

さて、今日も今日とて、あまり「やりたくない」確定申告へむけての会計処理なんかをしているわけですが。

結局あれですね、「やりたくない」ってのは、ほぼ「めんどくさい」と同義なとこがありますよね。

コピー用紙にレシート貼って、毎日の交通費を記入して、通帳記入しに行って、源泉徴収証集めて、仕入れやら売り上げやらをまとめて、あれやって、これやって。

まあ、そんな内容ですからやってやれないことないですよ。

僕みたいな個人事業主ならなおのこと、そんなに複雑な処理はないわけで。

レシートを日付順に並べてのり付けしていくなんてことは、小学1年生のうちの息子だってできますよ、きっと。

でもね、「やりたくない」の。「めんどくさい」の。

だからね、夏休みの宿題をため込む子供みたいに、毎度毎度追い込まれないとやり始めないというね。


で、何を「めんどくさい」と思うのかは人それぞれのところがありますよね。

皆さんから見て僕がどういう風に見えているのかわかりませんが、相当めんどくさがりなんですよ、僕。

こうやってキーボードで文字を打ち込むのも、思いを言葉に変換するのも、ホントはメチャクチャめんどくさい。

だから、メールなんかも実は大の苦手でしてね。

できることなら直接電話して「よろしくでーす(秋山ゆずき調で)」って済ませたいんですけど、最近は「電話はイヤです。メールにしてください」って方も多いので。

そんな奴がよく本出してるなって、僕自身が思いますからね。

あ、ちなみに僕の本がなかなか出ないのは、こういうめんどくさがりなところがあるからです。

筆の進みが遅いこと遅いこと(笑)。


こういう風に、「思いを言葉に、言葉を文字に起こすのがめんどくさい」っていう僕がいる一方で、「文章書くの大好き!時間がゆるす限りずっと書いてたい」っていう、ひすいこたろうさんみたいな方がいたりしてね。

個性って不思議だね。


ちなみに、脳科学的には【8つの脳番地(理解系・思考系・記憶系・伝達系・運動系・視覚系・聴覚系・感情系)】ってのがあるらしくてですね、それぞれの「めんどくさい」の例が紹介されています。


〈8つの脳番地に対応する、8つの“めんどくさい”の例〉

 理解系…人の話やそのときの状況を理解するのが“めんどくさい”

 思考系…手順の多い仕事が“めんどくさい”

 記憶系…あのときの大変な作業をまたやるのが“めんどくさい”

 伝達系…人との密なコミュニケーションが“めんどくさい”

 運動系…外出や地方出張が“めんどくさい”

 視覚系…目で見た情報を正確に処理するのが“めんどくさい”

 聴覚系…耳で聞いたことを正確に処理するのが“めんどくさい”

 感情系…人の感情に配慮するのが“めんどくさい”


あなたは、何が「めんどくさい」と感じますか?

僕、上記全部当てはまったわ(笑)



さて、それともう一つ「やりたくない」と感じさせている要因が「信念」や「こだわり」、「プライド」だったりします。

これは「めんどくさい」というより「やってなるものか」という意地や、ある種の正義感みたいな感じのヤツです。


で、僕がずっと「やりたくない」って言ってたものは、この「めんどくさい」と「信念」がごちゃ混ぜになって、「やらないったら、やらない!」という頑ななものになっていました。

コメント欄などでもご指摘がありましたので、お気づきの方も多いとは思いますが、それは『対面セッション』です。


人によっては、「なんで?なんでやりたくないの?」ってなるかも知れませんが、僕にとってはもの凄い抵抗感があったんですよ。

本当にもう、ず〜っと、長いことお断りし続けていました。

それをね、「えいやっ!」とやってみたらですね、ものっすごい、いろんな事が見えてきて。

いままで目を背けていたものに目を向けるんですから、それまで見てなかったものが見えるのは当たり前の話なんですけどね(笑)

知らず知らず抱えてしまっていた信念や、良かれと思っていたのが仇になっているこだわりがどんどん露わになるわけですよ。

誰が見ているワケでもないのに、恥ずかしいこと恥ずかしいこと。

イヤン(*ノ∇)ゝ

きっと、以前だったら耐えられなかっただろうなぁって思うぐらい、心の奥にあったいろんなものが掘り起こされました。

もう何年も冷凍庫の奥に眠っていた、ラップでグルグルに包まれた茶色い「これなに?」的な発見ですよ。

そんなんが、出てくるわ出てくるわ。

でもね、それがきっかけで、いまやあれほどやりたくなかった対面セッションが、「何よりも優先してやりたいこと」に昇格しやがったのですよ。


この気持ちの転換の裏側にあった、いや、心の冷凍庫の奥に眠っていた、ラップでグルグルの「茶色いアレ」をご紹介していきたいと思います。


つづく





インフォメーションいろいろ



さて、今年は2月からスタートとなる「平日のお話会」。
昨年までは毎月下旬の開催でしたが、今年は中旬でやってみようと思います。
各地の開催スケジュールは、以下の通り。
これまで通り、事前のご予約は不要。当日会場受付となります。是非お気軽にご来場ください。

平日のお話会『月イチ☆』

◎東京会場
 【日時】2月13日(水) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】三鷹産業プラザ 703会議室 東京都三鷹市下連雀3-38-4
 【料金】お一人様2,000円(税込)

◎名古屋会場
 【日時】2月14日(木) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】ウインクあいち 1008会議室 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 【料金】お一人様2,500円(税込)

◎大阪会場
 【日時】2月15日(金) 19:00〜21:00(18:30開場)
 【会場】大阪産業創造館 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5
 【料金】お一人様2,500円(税込)


*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←どうか、めんどくさがらずに。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その3

さて、そんなこんなでご依頼をいただいたトークライブは、2018年の年明け早々開催予定のものでした。

お声がけくださったのは、心屋認定カウンセラーの、ゆっきーさんと、まみりんさん。

ゆっきーさんが店長を務められているというカフェを貸し切って、シリーズで開催している『ゆっきー・まみりんお話会(with うえさま)』にゲスト登壇して欲しいとのご依頼。

一度話出したら止まらなくなってしまう僕が、マイクを通した声すら聞き取りづらいほど物静かなうえさまとコラボで成り立つんだろうか?という疑問も抱えつつ迎えた当日。

数年ぶりにキラキラした原宿の竹下通りを通り(もしかして、高校の修学旅行依頼?)、流石にここはオジサンには場違いじゃない?なんてことを感じながら人混みをかき分け、ちょいと脇に入るとその会場はありました。

オシャレなコンクリート造りのビル。エレベーターで3階へ上がりますと、落ち着いた雰囲気と、思いのほか広々とした空間がありました。




「なにこれメッチャおしゃれじゃないですかー!」

そして、原宿の喧騒をまったく感じさせない静かな店内に流れるBGMは、仁之助さんの「心配戦隊タイヘンジャー」(笑)。

最初よくわからなくて、「なぜオシャレなカフェのBGMに嘉門達夫?」ってなりましたもん。


「なるほどなるほど、心屋ファミリーのノリってこんな感じなんだな」、なんて勝手な第一印象を構築しつつ、アットホームな雰囲気のなかお話会はスタートしました。

お集まりくださった方の多くは、ゆっきーさん・まみりんさんのお声がけで足を運んでくれた、心屋のカウンセラーさんやクライアントさん。

そうすると、「ごめんなさいね。黒斎さんのお名前は以前から聞いてはいたものの、どんなお話をしている方なのかあまりよく知らなくて」だとか、あるいは「まったく存じ上げません」なんて方もおられるわけで。

自己紹介から話を進めるなんて何年ぶりでしょう(笑)

案の定、物静かなうえさまそっちのけでたっぷりお話させていただきまして、瞬く間に終了のお時間を向かえました。


で、まぁこれがとっても気持ちよかったのですよ。

いつもはほら、僕がお話するのって大抵「貸し会議室」だったりするじゃないですか。

言わずもがな、雰囲気が全然違いますの。

それと、事前知識や先入観が全くないところから、まっすぐに耳を傾けてくれるお客様とのコミュニケーションに感じる新鮮さだとか。

自分に出番が回ってこなくても、まったく動じることなく、ただただ僕の横でうなずいてくれているうえさまとか(笑)。

まあ、いろいろとありまして、本当に心地よかったんです。


先日のコメント欄にいただいた、ジム・キャリー主演の『イエスマン』じゃないけれど、「断らずに受け入れる」ということで、こんな経験ができるのかと。

なんかイヤだなぁ、とか、気乗りしないなぁ、とかでお断りしてきたことに、ちょっと反省してみたりして。

少々昂揚したテンションで、僕はこう思ってしまったんですね。


「よし、それじゃあこの勢いに乗って、もっとやりたくなかったことをしてみようじゃないか!」と。


つづく。




インフォメーションいろいろ



さて、今年は2月からスタートとなる「平日のお話会」。
昨年までは毎月下旬の開催でしたが、今年は中旬でやってみようと思います。
各地の開催スケジュールは、以下の通り。
これまで通り、事前のご予約は不要。当日会場受付となります。是非お気軽にご来場ください。

平日のお話会『月イチ☆』

◎東京会場
 【日時】2月13日(水) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】三鷹産業プラザ 703会議室 東京都三鷹市下連雀3-38-4
 【料金】お一人様2,000円(税込)

◎名古屋会場
 【日時】2月14日(木) 19:30〜21:30(19:00開場)
 【会場】ウインクあいち 1008会議室 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 【料金】お一人様2,500円(税込)

◎大阪会場
 【日時】2月15日(金) 19:00〜21:00(18:30開場)
 【会場】大阪産業創造館 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5
 【料金】お一人様2,500円(税込)


*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

東京の平日、ナイト&ホリディに続き、名古屋・大阪での受付を開始しました。
月イチのお話会でお伺いする日程のみで、お受け出来る枠に限りがございますが、ご都合が合いましたらご利用ください。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←断らずに受け入れてみると、なにかあるかもよ。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その2

「やりたくないことをやってみた」とは言えど、もちろんそれは、「知らない人の墓を掘り起こしてみた」とか「エスカレーターの手すり舐めてみた」とか「なんの知識もないままに、フグを捌いて食べてみた」とか、そういう類のことではありません。

「運が良くなりますよ!」とか言われても、イヤなものはイヤだもん(笑)

それにしても、何気に書き始めてみたけど、こうやって「やりたくないこと」を挙げていったらキリがないですね。

そう考えると、僕たちは日々、無限に溢れる「やりたくないこと」をやらずにすんでいるわけだ。ありがたい。


さて、話をもどして。

こうしてわざわざ「やりたいことをやって生きよう!」なんてことが言われなきゃならない背景には何があるのでしょう。

それはもちろん、「やりたいことができていない」「やりたくないことをしなきゃいけない」という現実を目の前にしているからですよね。

時間がないから、お金がないから、才能がないから、周り(あるいは自分)が許してくれないから、そもそも、やりたいことが見つからないから……

理由はいろいろあるけど、なんだかんだで「やりたくても、できないんです」あるいは「やりたくないけど、やらざるを得ないんです」と、そういう事になりそうです。


でも、今回お話することは、そういった感じとはちょっと異なります。

ある種のプライドや信念から「やりたくない」と避けて通ってきたことに、改めて目を向けてみた、というものでして。


まずは、どうして僕がわざわざ「やりたくなかったこと」をやってみようと思ったのか。

そこからお話しましょうね。

「僕がそうした、そう決めた」といよりも「そういう流れになっちゃった」と言う方が的確なので、その理由は本来挙げようがないのですが、それでは説明にならないので、ざっくり3つの要素を挙げてみます。


◎1つめ。

僕はよくお話会などで「人は何かしらの信念に縛られながら生きている。信念から解放されたなら、もっと自由に穏やかに生きられる」なんてことをお話しておきながら、その一方でまだまだ色んな信念に縛られております。

言葉を換えるなら、「ある種のこだわりを持って生きている」わけです。

こだわりは、自分というパーソナリティを明確にしてくれたり、自尊心を刺激してくれたりする一方、視野を狭めてしまったり、人を裁く材料になってしまったりもします。

僕がいろんなこだわりに縛られておきながら、人には「自由を、平安を」なんて言ってても、全然説得力ないでしょう?

なので、今一度抱えているこだわりと向き合ってみようと、そう思った次第です。


◎2つめ。

上記のようなことを漠然と思っていた2017年冬。

『あなたが知らないあなたの話』の打ち合わせのため、阿部さんとお会いしたときのことです。

打ち合わせの最中、ある流れから、音楽業界の話になりました。

皆さまご存じの通り阿部敏郎さんはかつて芸能界で活躍されており、表舞台から離れた後も、プロデューサーとして数々のヒット曲を世に送り出してきた方です。

そんな音楽業界の裏側もよく知っている阿部さんがぽつりとこう言ったんですね。

「世にあるヒット曲には、実はそのアーティストが本当は“歌いたくなかった”ものが多いんだよ。僕たちも案外、書きたくないことを書いた方が、ベストセラーになったりしてね」と。

まぁ、結局のところ本は書きたいことを書かせていただいたわけですけども、その時ふと考えたんですね、「僕が歌いたくない曲はなんだろう?」って。

もちろん僕はミュージシャンじゃないですから「これを歌って」なんて頼まれることはありません。

でも同様の考え方で「求められているのに拒絶しているもの」なら見つかります。

まさに、抱え続けているこだわりによって「やりたくない」になっているものですね。

長らく「やりたいことはやる、やりたくないことはやらない」を貫いていた僕は、「気の進まないことはスッパリお断りする」という姿勢が当たり前になっていました。

正直そこに問題意識や「改善しなきゃ」という思いがあったわけではありませんが、見方によっては大変失礼な態度でもあります。

で、その時こう思っちゃったんですね。

「よし。どうなるかはわからないけど、その内容がなんであれ、この打ち合わせの後、最初に頼まれたことは断らずに応じてみよう」と。

なかなかにスリリングなチャレンジです(笑)


◎3つめ。

そして、このタイミングで頼まれたのが「トークライブ」でした。

場所は、東京都内。

「なんだ、それならいつものことで、断ることも、やりたくないってこともないでしょ?」とお思いですか?


実は僕、これまでこういったご依頼はほとんどお断りしていたんです。

というのも、毎月都内で「月イチ☆」をやっておりますし、ましてやその料金がお一人様2,000円でございましょ?

イベンターさんがお声がけくださる企画って、大抵もっと料金が高かったりしたわけですよ。

でも、僕がお話できる内容は、ぶっちゃけ変えようが無いわけで。

だったら、わざわざ高い料金を支払ってそのイベントにご来場いただかなくても、「月イチ☆」に来ていただければいいわけです。その方が、お客様のお財布にもやさしい。

もっといやらしいこと言えば、自分でやれば、イベントの運営費とかインセンティブも引かれないですみますしね。近場でのイベントが増えれば増えるほど、「月イチ☆」のご来場者数も減っちゃうかも、じゃないですか。

なので、なんだかんだと理由をこねながら、やんわりとお断りする、というのが「いつもの流れ」ではあったのですが……。


(  ̄Д ̄) あれぇ? ついさっき「この後の依頼は断らないでみる」と決めたばかりじゃなかったけ?


なんてことを耳元で囁かれ。

そして、ご依頼者が拍子抜けするほどあっけなく「お引き受けいたします」と、即答した次第です。



で、面白いもので、こういう時の流れって、瞬く間に次の流れに繋がっていくんですよね。



つづく。





インフォメーションいろいろ



『あなたが知らないあなたの話』の発売記念トークライブ。
名古屋・東京での開催はいよいよ今週末となりました!

え? 「発売前にしてたじゃないか」って?
それはそれ、これはこれです(笑)
前回ご参加された皆さまも、参加しそびれちゃったアナタも、是非遊びにいらしてください。
2019年最初のトークライブ、アナタのお越しをお待ちしております!

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演

◎1月20日(日)15:00〜  大阪/クロスウエーブ梅田(終了しました)
◎1月26日(土)16:30〜 名古屋/安保ホール

◎1月27日(日)13:00〜  東京/KFC 2ndホール

【参加費】各4,800円(税抜)

※詳細・お申し込みは各リンク先をご覧ください!


*****


ごめんなさい!

上記のトークライブと日程がかぶってしまうので、今月の「平日のお話会」はお休みさせていただきます。



*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

これまでの日程に加え、平日夜の枠を追加いたしました。
ご予約は「ナイト&ホリディ」のページからお願いいたします。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←お引き受けいただけますか?
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

「やりたくなかったこと」をやってみた結果 その1

数年ほど前から「やりたいことをやって生きよう!」「好きなことを仕事にしよう!」といったスローガンが、よく聞こえてくるようになりました。

いまや誰もが知るあのYoutubeの広告コピーも「好きなことで、生きていく」ですものね。

ですが、一昔前の世代には、いまだ理解しがたいフレーズなのかも知れません。

というのも、昭和世代の僕なども、かつては「好きなことは仕事にするな」と、真逆のことを聞かされていたのですから。

確かにその言葉もその通りで、実際、好きなことを仕事にしたはずなのに、いつのまにか「好きなこと」が「義務」に姿を変え、「楽しみ」が「苦悩」に転じてしまった経験をお持ちの方も少なくないと思います。

「あー、好きなことは仕事にせずに、趣味のままにしておけば良かったなぁ……」なんて。

さて、様々な心理的ブロックを外して「好きなことをして生きる」のがいいのか、それともやはり「ある程度の我慢や犠牲を重ねながら、求められた義務に応えていく」のがいいのか。


もちろん好きなこと、やりたいことをして生きていけるのに越したことはないのですが、「好きなことを我慢せずにしていけば、どんどん流れが良くなって、問題も自然と解決され、幸せな人生が訪れますよ」なんていう単純な話じゃないですよね。

でもなぜか、このフレーズが何を指しているのかもわからないまま短絡的に取り入れて、「好きなことをやってみたのに、全然うまくいかないんです」なんてトンチンカンなことになってしまう方もおられるわけで……。

バシャールの「ワクワクすることを選びましょう」ってのもそうですよ。

考えてみれば、起業する人だとか、新しくお店を出すぞ!って方だとかは、大抵少なからずワクワクしてるもんですよ。

じゃあ、みんながみんな上手く行くのかって言ったらそうじゃないですよね。

事業が、お店が、うまく行かない理由を考えるなら、「ワクワクが足りなかったから」「恐れに基づいて行動していたから」とかより、「需要がなかったから」とかの方がよっぽどわかりいいもん。

ワクワクもしていないし、「こんな会社、どうせすぐ潰れちゃうよ」なんてネガティブな事ばっかり考えてても、いつのまにやら世界中にその名が知れ渡るほど拡大した「ダイソー」みたいな会社もあるしね。


僕もそうですよ。

確かにワクワクしている気持ちもあったよ。でも、会社を辞めるときは、やっぱり怖かったもんね。

で、サラリーマンだった時もさ、「デザイナー」や「ディレクター」、「プランナー」って仕事も、好きだったし、なりたくてなった職業でした。

でも、ストレスもすごかった。やりたくないこともいっぱいあった。

「もうイヤだ」って逃げ出したくなることも、何度もあった。


一方、今は、なりたくてなった姿じゃない。

作家になろうと思ったこともないし、講演することを夢見てたわけじゃない。

流れに身を任せていたら、なぜだかこうなっちゃった。

でも、すっごく幸せなの。

ストレスもないし、やりたいことをして、やりたくないことはしていない。


そこで、です。

この「やりたいこと・やりたくないこと」と、幸せという感覚や事象の流れの関連性を、今一度検証してみたくなった僕は、昨年あえて「やりたくなかったこと」を始めてみました。

また、これに関しての色々な考え方・捉え方に目を向けてみました。


「あえて」やりたくなかったことをやってみた、ということは、これ、「やりたかったこと」になっちゃうのかな?

とにもかくにも、この後、その結果をお話してみたいと思います。





インフォメーションいろいろ



『あなたが知らないあなたの話』の発売を記念いたしまして、名古屋・東京でトークライブを開催する運びとなりました。
え? 「発売前にしてたじゃないか」って?
それはそれ、これはこれです(笑)
前回ご参加された皆さまも、参加しそびれちゃったアナタも、是非遊びにいらしてください。
2019年最初のトークライブ、アナタのお越しをお待ちしております!

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演

◎1月20日(日)15:00〜  大阪/クロスウエーブ梅田(終了しました)
◎1月26日(土)16:30〜 名古屋/安保ホール

◎1月27日(日)13:00〜  東京/KFC 2ndホール

【参加費】各4,800円(税抜)

※詳細・お申し込みは各リンク先をご覧ください!


*****


ごめんなさい!

上記のトークライブと日程がかぶってしまうので、今月の「平日のお話会」はお休みさせていただきます。



*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

これまでの日程に加え、平日夜の枠を追加いたしました。
ご予約は「ナイト&ホリディ」のページからお願いいたします。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←押したい? 押したくない? 押したくない人も、今日は「あえて」押してみない?
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

悟りが身近になっている

さて、こうして何年かいわゆる「スピ系」と括られるカテゴリで活動させていただいておりました私ですが、ここ最近、また新たな流れの変化を感じております。

「アセンション」という言葉もすっかり死語っぽい感じになってるかもですけど、やっぱり変化を感じておるのですよ。ヒシヒシと。そらもう、ヒシヒシと。

どういう変化と申しますと、「あれ? やっぱりみんな、なんだかんだで『悟りやすく』なってきてない?」というものでして。


昨年は、皆さまご存じのとおり、遅ればせながら対面セッションなんてものを始めてみまして。

まぁ、始めるにあたっていろいろ思うこともあったのですが、結果、本当に始めてよかったと感じているんです。

「これまでのブログや執筆、はたまたお話会はなんだったんだろう?」って感じるぐらい、コミュニケーションにおける質が変わるんですね。

僕としては、ずっと同じお話をさせていただいているつもりではあるのですが、実際「本もブログも何度も目を通してきたのに、まるで捉え方が違っていたことに気づきました」とご感想を語られる方も非常に多くて。

そしてまた、僕が思っていた以上にご好評をいただいちゃいまして。

なんか、自画自賛みたいになちゃって恐縮な感じもあるのですが、ぜひ体験された方々のご感想・レビューをご一読いただきたいんです。

皆さまからのご感想は《こちら》


ねぇ、僕が言うのもなんだけど、すごくない?

あんまり自慢できるものは持ち合わせていない僕だけど、これだけは胸を張って言えるね。

僕はめちゃめちゃ読者さんやお客さんに恵まれているって。(`^´) ドヤッ!


さて、話を戻して。

ぶっちゃけ、今や情報は溢れまくっているじゃないですか。

インターネットで興味のあることを検索したら、大抵の情報は手に入ってしまう時代です。

そりゃあ、玉石混淆で、どうしようもない出鱈目な情報もあるにはあるけど、めちゃめちゃありがたい情報にだって手軽に出会える。

もっと言えば、「情報に対価を支払う」っていう感覚は、これからの時代どんどん薄れていってしまうのかもしれない。

実際、新聞も雑誌も、どんどん売れなくなってきて、電車の中を眺めても、ほとんどの人の目線の先はスマホなワケで。

みなさんもまた、事実こうしてこのブログをご覧になられている。

通信費は掛かるかもだけど、情報に触れること自体にお金は掛からないし、わかりやすいし、手軽だし、探しやすいし。

さらには、その情報はテキストだけじゃなくて、動画に移り変わってきている。

知りたいことが、すぐに探し出せて、手に入る時代になっちゃった。


そしてきっと、次はこうなる。

「これじゃない」

って。


一昔前、物がなかった。

とても不便で、いつも何かが足りなかった。

だから人は、物を創った。

より便利で、より安価に、より質の高い物が、簡単に入手出来る時代が到来した。

「金がない」というその人の手にもスマホが握られている、そんな時代だ。

本当にありがたい。こんなに便利な世の中を作ってくれた先人の努力には頭が下がるばかりです。


でも。それほどアレコレを手にしても、やはり人はこう言うんだ。

「これじゃない」って。


そして、なぜ満たされないのか、どうすれば満たされるのかと模索しながら、様々な情報に触れていく。

「ああしてみよう、こうしてみよう」

色んな役立つ情報が、世界に溢れている。

役に立たない情報じゃないよ。役に立つ情報がたくさん溢れている。

そして日々、増え続けている。


あの本を読んで、この本を読んで、

すごく良かったし、参考にもなったけど……

でも、なんか、

「これじゃない」って。


そして、「もう、これ以上情報に触れるのはいいかな……」って、そんな感じが訪れる。

そうなんだよね。

「情報」はあくまで「情報」なんだ。


だから、僕のところに来てくれる人には、こんな風に言う人がものすごく多いんです。

「情報ではなく、経験が欲しいんです」と。


そりゃ、そうだよね。

みんな、イミテーションや代替品じゃなくて、「そのもの」が欲しいんだよね。


情報を、情報のまま取り入れる人と、

情報を通じて「そのもの」に出会う人では、違うんだ。


そして、物や情報が成熟してくれたお陰で、このことが、本当に通じる世の中になってきたと、そう思うんです。

いわゆる「気づき」と呼ばれるその経験は、「自分の意思」ではどうにもならない。

どんなに「気づきたい!」と熱望しても、気づけるときは気づけるし、気づけないときは気づけない。

そういうものです。


なのですが、

なんでだか、最近「気づき」が起こりやすくなっているように感じてならないんです。

的を射たきっかけさえあれば、サクッと気づいちゃえる、そんな波が来ている。

きっと僕だけじゃなくて、たくさんの人が、そう感じているんだと思うんだけど……


今日は最後に、こんな記事をシェアして終えたいと思います。

いやぁ、こうやって、いい情報が簡単に手に入るんだよなぁ……


【マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す自己超越とは】

【「悟りってどんな状態?」悟った50人に心理学的手法で詳しく聞いてみた結果とは】

【瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?】





インフォメーションいろいろ



『あなたが知らないあなたの話』の発売を記念いたしまして、名古屋・東京でトークライブを開催する運びとなりました。
え? 「発売前にしてたじゃないか」って?
それはそれ、これはこれです(笑)
前回ご参加された皆さまも、参加しそびれちゃったアナタも、是非遊びにいらしてください。
2019年最初のトークライブ、アナタのお越しをお待ちしております!

阿雲の呼吸 新刊発売記念講演

◎1月20日(日)15:00〜  大阪/クロスウエーブ梅田(終了しました)
◎1月26日(土)16:30〜 名古屋/安保ホール

◎1月27日(日)13:00〜  東京/KFC 2ndホール

【参加費】各4,800円(税抜)

※詳細・お申し込みは各リンク先をご覧ください!


*****


ごめんなさい!

上記のトークライブと日程がかぶってしまうので、今月の「平日のお話会」はお休みさせていただきます。



*****


カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもない、雲 黒斎とのプライベートトーク。
このセッションでは、どんなテーマにも囚われず、あなたの望むまま自由にお話を進めていきます。
これまで雲 黒斎のブログや書籍、トークライブなどに触れた事で生まれたアレコレに対する疑問から、
個人的な話題にいたるまで、1対1で90分間じっくりとお話します。
お話を伺いながら、気づきや、深刻さから抜け出るヒントをご提供いたします。

これまでの日程に加え、平日夜の枠を追加いたしました。
ご予約は「ナイト&ホリディ」のページからお願いいたします。



詳細・お申し込みは【こちら】から



←ねぇねぇ、身近になっている?
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ