goo

不幸を支える7つの理由

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


「黒斎さんがよく言う、『自我の紡ぐストーリー』って、具体的にはどういうことですか?」

最近、そういったご質問をよくいただきます。

そこで今回はあらてめて、このお話をしたいと思います。


「思考は現実化する」という言葉は精神世界でよく目にするキーワードですが、ここでいう「思考」は、僕たちが日常的に使っている思考のことではありません。

前回のお話とリンクさせるなら、「頭(顕在意識)」が認識している思惑のことではなく、その顕在意識よりも、ずっと奥底にある思惑のことです。

たとえ顕在意識が「イヤだ」と感じていても、苦悩を継続させてしまう、腹の底にある力。

多くの場合、人は、この心の奥底でうごめくこの力に無自覚のまま生活しています。

「頭では不幸に抵抗しつつも、腹の底が不幸の継続を望んでいる」という、そのギャップが存在していることに気づくことがありません。

多分、人生の流れを好転させることができた人は、某かのきっかけを通じて、そのことに気づいたからこそ、その流れを変えることができたんだと思います。


「腹の底が不幸の継続を望む」

そう聞いても、「わたしは不幸を継続させようなんて、これっぽっちも思ってなんかいない」と感じられる方も多いと思います。

むしろ、状況を好転させようと努力を重ねているのに、と。

かつての僕もそうでした。

雲さんにいくら『この苦悩を長引かせているのは、お前自身の責任だよ』と言われても、「はい、そうですか」と素直にうなずけませんでした。

でも、雲さんが繰り返し説明してくれるにつれ、徐々にその理解が明確になってきました。

(  ̄Д ̄) 『お前はずっと、幸福を外に探してばかりで、自分の手の中にある不快の元を手放そうとしない。イヤだイヤだと言いながら、ウンコを握り締めているんだ。幸福を求めるな、不幸の側を手放せ』

そして、その言葉に続いて、この「不快さを自覚しているにも関わらず、人があえてウンコを握り締めてしまういくつかの理由」を教えてくれました。

このお話は、当時の僕にとってはとても新鮮なものでしたが、古くから色々な分野で語り継がれているものですので、すでにご存じの方も多いかとは思います。


もしかしたら、これから挙げる7つの理由の中に、あなたが握り締めているウンコがあるかもしれません。


【人が不幸を抱え続ける理由】

その1・制裁(抑圧)タイプ
自分自身が犯してしまった何らかの失敗を償うため、自分自身に罪を与えようとしてしまう。
常に何かに対しての罪悪感を感じていて、「わたしは幸福になってはいけない」という加害者意識をアイデンティティに組み込んでいる。

その2・転嫁タイプ
自分の中にある特定の感情の存在を認めたくない。そこから意識をそらすために、別な痛みや苦悩を創造してしまう。

その3・防衛(ひきこもり)タイプ
自分が不幸でいることで、やりたくないこと、合いたくない人、行きたくない所などから自分を遠ざけ守ろうとしている。

その4・利得(共依存)タイプ
自分が不幸な状況にあることで得られる利得を手放したくないため、その状況を継続させてしまう。
「病気でいることによって、周囲に優しくしてもらえる」や「関心を向けてもらえる」。
また、「貧困でいることによって、さまざまな保護・手当を受けることができる」など。

その5・復讐(クレーマー)タイプ
自分の惨めな状況を加害者に見せることによって、相手に精神的苦痛やプレッシャーを与えようとする復讐心。
または、何らかのカタチで納得のいく謝罪を得るため、取引の道具として不幸を利用しようとする。
悪いのは相手であって、正しさという優位性は私の手にあるということを握り締めてしまう被害者意識タイプ。

その6・抵抗(変化拒否)タイプ
不幸でいることが自分のアイデンティティ(個性)になってしまっていて、その個性が失われることで自分の存在自体が失われてしまう、もしくは否定されるような錯覚に取り込まれてしまっている。

その7・解離(トラウマ)タイプ
自分が不幸になってしまったと感じられるそのきっかけが、あまりにもショッキングすぎた場合に起こりえる。
改善・解決へ向けた行動・思索を行う際に、どうしてもその「起点」がフラッシュバックされてしまうため、思い出さないよう、あえて解決しないまま放置・継続するタイプ。


上記に挙げたような内容を、自分の経験した出来事と結び付けて記憶を形成してしまった場合、腹の底で苦悩の継続を望んでしまうという結果に繋がります。

顕在意識の「変わりたい・変えたい」という欲求と、腹の底にある「変わりたくない・変わるのが怖い・変わるはずがない」という思いは常にシーソーゲーム状態になっていて、多くの場合、腹の底にある力が、顕在意識の力を上回っています。

なので、本当に人生の流れを変えたい場合には、「腹の底にある不幸を継続させようとする力」を弱めるか、「顕在意識におけるモチベーション」を強化し、腹の底にある力を上回るか、はたまた、「変わるのが怖い」なんて言ってられなくなるぐらい徹底的にイヤになっちゃうか。そういったことが必要になってきます。


自身が保持している経験の記憶(信念・信条・思い込み)は、当然のことながら自分自身にとっては「現実」として捉えられているため、なかなか「自分自身ででっち上げたストーリー」などとは思えません。

また、その「現実(信念・信条・思い込み)」を否定することは、自分自身の人生の歩み自体を否定されるように感じられてしまうため、手放したり、書き換えたりすること自体に大きな不快感が生じます。

その不快感を味わいたくないがゆえに、そういった試みから遠ざかってしまいがちです。


精神世界や成功哲学などにおいて、数多くのテクニックやメソッドが紹介されているにも関わらず、なかなか思惑通りの結果を掴めずにいる人が多いのは、この不快感によるものがひとつの大きな要因です。


「人生を変える」というこのテーマに取り組むとき、その方向は大きく分けて2つです。


一つ目は、成功哲学的なアプローチ。

これは、「実際に何かを変えていく」というものです。

現実創造を支えている、腹の底にある「信念・信条・思い込み」を書き換えていくという試みです。

いわゆる「ビリーフチェンジ」などのメソッドを活用することもできますし、ほんのちょっとしたところから変えてみる(たとえば、髪型を変える・日常的な習慣を変えるなど)ことを通して、「変化自体に慣れていく」という方法もあります。

もうひとつは、精神世界的なアプローチ。

これは、その「信念・信条・思い込み」を築き上げてきた自分が何者であるのか、何なのか、という、根本的なところに目を向けていくもの。

「本当の自分捜し」ではなく「偽りの自分剥がし」です。

この2つは、その試みも方法も大きくことなりますが、共通するのは、「それまでの人生で活用してきた思い込みとの決別」です。


実は、この「思い込みとの決別」こそが、『ヒャッハー!』なんですよね。

自分自身を苦しみの世界に縛り付けていた「思い込み」という鎖が取れて、自由へ向けて浮上する、『鎖取り(さとり)』の体験です。


と、いうことで。

リハビリもそこそこにして、そろそろ連載の方に戻っていきたいと思います。



【トークライブ・インフォメーション】

お休みをいただいている間に、賢者テラさんとの1年ぶりのコラボや、彗星探索家の木内鶴彦さんとの初ライブなどなど、イベントスケジュールも充実してきております。
詳細は下記の通り。ご関心をおよせいただけましたなら、是非遊びに来てください。


賢者テラ×雲 黒斎 東京コラボトークライブ

テラさんとのコラボは実に1年ぶり!
なかなかスケジュールが合わずに実現できなかったコラボライブが、ようやく東京で開催です!

7月12日(土)18:00スタート 主催/苺企画さま
 [詳細・お申し込み]はコチラ

*****

雲 黒斎ソロトークライブ in 沖縄

久しぶりの沖縄単独ライブは旧盆ナカヌヒーに開催。
今回はプロジェクターを使ったプレゼンスタイルで開催予定です。

8月9日(土)19:00スタート 主催/はーとおぶゆいまーるさま
 [詳細・お申し込み]はコチラ

*****

マッキー×黒斎の『人生のシフト』

二人の人生に、どんなシフトが起こったか。また、そのシフトの裏にはどんな背景があったのか。
今年、新刊の『人生のシフト』を上梓した牧野内大史さんとのコラボライブツアー。
今回は、東京・名古屋・大阪の3都市で開催します。

【東京会場】8月23日(土)14:00スタート
【名古屋会場】9月6日(土)14:00スタート
【大阪会場】9月20日(土)14:00スタート

 各会場ともに[詳細・お申し込み]はコチラ

*****

木内鶴彦×雲黒斎ジョイントトークセッション

先月新刊『「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み』が晋遊舎さんから発売されたばかり。
二度三度の臨死体験を持つ、知る人ぞ知る彗星探索家、木内鶴彦さんとのトークセッションが決定しました!
僕に臨死体験の経験はありませんが、木内さんにお話を伺えば伺うほど、数々の理解が一致します。
次元を超えて、宇宙創世から未来まで見てきたという木内さんとどんなディープなお話ができるのか。僕もいまからワクワクしています。

9月19日(金)18:30スタート 主催/ヒカルランドさま
 [詳細・お申し込み]はコチラ

*****

毎度好評いただいております、平日のお話会「月イチ☆」。
東京・大阪・名古屋ともに7月開催分も受付を開始しております。
お陰様で毎回チケット完売となっておりますので、参加予定の方はお早めにお申し込みください。

平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

6月19日(木)19:30スタート [詳細・お申し込み](完売御礼)
7月22日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

6月25日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み](残席わずか)
7月14日(月)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

6月26日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み](残席わずか)
7月15日(火)19:00スタート [詳細・お申し込み]



←この先にある「ランキング」を書き換えていくという試みです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
« ご相談を寄せ... 記念日だったのだ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。