本山健治の円心五法の真髄

「円心五法」の真髄を中心に健体康心についての気づきをお届けしています。

円心五法の真髄755 茶話会で会報誌を有効に活用しよう!

2020年08月05日 | Weblog
今日はオンライン茶話会を開催しました。
楽しく有効に学べる茶話会にしたいと思い、
参加者からの意見を出してもらいました。

貴重なご意見をいただきました。「会報誌に
紹介されている免疫力を高めるセラピーを
確認したらどうか」というのです。

「確かに写真だけでなく、実際に体験すると
分かりやすいし、やり方を確認することが
できますよね」と賛同の声をいただき実践
することにしました。

免疫細胞の70%は腸内に集中しており、
腸の環境を整えることは免疫力を高める
のにつながります。

腸内環境を整えるとは腸内フローラと
言われる腸内細菌の善玉菌と悪玉菌の
バランスが大切になってきます。

これには食生活が大きく影響しますが、
便秘などで腸内環境が悪くなれば、
免疫力にも影響しますので自分で手軽に
できる腸セラピー実践しました。

詳細は会報誌をご覧ください。手元に
会報誌がない方は協会の「公式サイト」←(ここをクリック)
でもご覧いただけます。


また、免疫力に関わってくるのが自律神経
やホルモンバランスです。副交感神経優位
の状態になると白血球のリンパ球が増えて、
免疫力がアップします。

そこで、フットセラピーを実践することに
しました。通常のセルフフットセラピーより
リラックスして間脳を調整しやすくする方法
を行います。

足趾の硬直を取り、足首回しで筋肉が緩み
やすくしてリラックスしやすい状況を作って
いきました。こちらも会報誌で確認できます
のでご覧ください。

今日は大きなヒントをいただきました。
会報誌が届いても中々活かすことができて
いない方が多いようです。

茶話会では会報誌に記載している実践法を
行ってまいります。
皆さんの参加をお待ちしております。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄754 いち早くオンラインでの柱をつくる!

2020年07月29日 | Weblog
東京では200~300人の感染者が出てきています。
私たちから見れば第2波だと思うのですが、政府は
一向にそのような発表はしません。
 NHKサイトより

市中感染といえば、自分が感染するだけでなく、
感染させる側になる可能性が増えています。
しばらくはコロナの終息は臨めません。

これからはオンラインでの展開に早く切り替えて
いく必要性を感じています。

会員の皆様に少しでもZoomに触れていただき
たいと使い方の勉強会や茶話会、感情をコント
ロールの勉強会など開催してきました。

昨日も「わずか5分で感情をコントロール」という
テーマで勉強会を開催しました。

参加者からは「動画を見ながら自分でも実践し
たら、本当に筋肉の働きが良くなったのを感じ
ました。

感情は良く分かりませんが気持ちが楽になって
いるのを感じています」と喜んでいただきました。

その他にも「Zoomを教えてもらっていて本当に
良かった。なんだかワクワクしています」という
声にオンラインを進めることは間違いないと
確信しました。

コロナの影響でリアルでの活動がほとんどでき
ない状況ではいち早くオンラインでの柱を作る
必要性を感じています。

そこで、オンラインでセルフセラピーを教える講座
とオンラインセミナーの講師になって指導して
いただく二つの講座を作りました。

受講の条件は何もありません。新しく立ち上げる
講座ですので、一般からの受講も可能です。
ただし、会員の方にはメリットを用意しています。

今まで、ボディインストラクターに指導して頂いて
いるセラピストの育成は変わりなく進めてまいります。

二つの講座に興味のある方には説明会にて詳細
を説明いたします。詳細についてお知りになりたい
方はお申込みください。

開催日時などは下記の申込書のフォーマットを
ご覧ください。
申込書」←ここをクリック

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄753 今日は「大暑」一番暑い季節のセラピー!

2020年07月22日 | Weblog
コロナの感染者が一向に減少せず、いつ終息
するのか先が見えません。

私は極力3密を避けるために在宅ワークを続け
ています。それでも週に2回は出勤します。

混んでいる電車を避けるため、5時過ぎの電車
に乗り、12時過ぎには帰るようにしています。

さすがにこの時間帯だと密を避けることができ、
今ではオンラインの便利さを痛感しています。

今日もZoomで会員勉強会を行いました。テーマは
「猛暑対策のセラピー&躁鬱コントロール」です。

今日は旧暦の24節気では「大暑」と言われ最も
暑い時期を迎えます。

夏の季節は「五行」では「火」に当たり、暑さの害を
受け心臓などの循環器に悪影響を与え、熱中症に
もかかりやすくなります。

また、感情面では「喜び」に関わりますが、これも
過ぎると感情をコントロールできず、躁鬱の状態
を引き起こすことにもなります。

猛暑による体や心(感情)への影響をコントロール
できるのが経絡です。

五行の「火」に関わる経絡は心経と小腸経ですが、
西洋医学では存在しない心包経や三焦経も深く
関わっています。

日常生活でこれらの経絡の流れを良くしておく
ことで、暑さの害や躁鬱の感情をコントロール
します。

勉強会ではこれらの経絡の流れるルートを確認
し、手軽にできるセルフセラピーを実践しました。

経絡に滞りが起きると首の動きが悪くなり、
スムーズに動きにくくなります。

そこで、これらの経絡が流れている手の小指や
薬指、中指を揉み解し、頬骨の下や眉尻のツボ
押しなどの施術を行います。

再度首の動きを確認したところ、動きがとても
よくなり、顔がリフトアップし、躁鬱の感情も
落ち着きを取り戻しています。

次の動画を参照してください。
「躁鬱の感情をコントロール」 ←ここをクリック
それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
公式ラインにお名前で登録を
コメント

円心五法の真髄752 オンラインで「感情コントロール」動画勉強会!

2020年07月15日 | Weblog
昨日から無料オンライン勉強会を始めました。
夕食が終わりゆっくりできる時間の21時から
1時間で計画してみました。

内容は「5分で結果の出る感情コントロール
セラピー」のタイトルで初回は「怒りのコントロール」を
動画を見ながら実践していきます。


私の一方的な話しや説明を聞くだけでは
インプットするだけで、学びが少なくなります。

実際に実践しながら皆さんの感想やご意見を
聞いていきます。皆さんがアウトプットして
学びを深めていただきます。

昨日の1回目で「この動画は一般向けですか、
会員向けですか」とご意見をいただきました。

私は一般の方も参加して欲しいと思っていま
したので、「一般向けです」と答えました。

それなら自己紹介などで何をしている人なのか、
この動画で何が学べるのか、もっと笑顔で話す
などなど多くのご指摘をいただいたのです。

私自身、この勉強会の対象は誰なのか、この
勉強会で何を学んで欲しいのか、どのように
活かして欲しいのか、コンセプトが明確では
ありませんでした。

勉強会のコンセプトを明確にし、参加された
方がすぐに行動できる内容にすべきだと
気付きました。

対象は一般の方ではなく、セラピストの方です。
今まで学んだ知識や技術を、経絡を流すことで
色々なことができることを体感して欲しいのです。

机上の学びではなく実践しながら五行のこと、
経絡のこと、美しくなること、元気になることを
真剣にお伝えしたいと思います。

笑顔をもっとという意見をいただきましたが、
あえて真剣にやっている姿を見せていこうと
思います。

参加された方がすぐに活用でき実践できる
ものにしてまいります。率直な意見をお待ち
しております。

勉強会の詳細は1週ごとにテーマを決めて、
その週は同じ内容を行います。毎週火曜日、
木曜日、土曜日の21時~22時です。

今回のテーマは「怒りの感情をコントロール
する」方法を実践しながら学べます。

「申込みフォーム」⇒ここから申込めます。
毎回定員6名です。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄751 在宅ワークでの肥満を立ち仕事で解消!

2020年07月08日 | Weblog
コロナの影響を受けずに通勤のラッシュから
解放され、在宅ワークの快適さを実感した人は
多いのではないでしょうか。

しかし、座ったままの姿勢で、目の疲れ、首肩の
コリ、腰の痛みなどに悩まされる人が増えて
います。

そこで「立ち仕事」が注目を集めているという
記事を見つけました。(日経電子版、ヘルスUP)

筋肉の約7割が下半身に集中しており、座り
続けているとこの筋肉が衰えて、糖や脂肪の
代謝が落ちてきます。

その結果、肥満や血糖値の上昇につながって
くるのです。

また、第二の心臓であるふくらはぎの筋肉も
衰えると下半身の血液を心臓に戻す働きが
衰えて、全身の血液循環を悪くしてしまいます。

この記事では立ち仕事を勧めていました。
仕事時間の1/4を立ち仕事に当てるといい
ようです。これを記者が体験していました。

45分座り仕事をした後、15分の立ち仕事を
約1週間試していました。初日は少し辛かった
のが3日もすると、慣れて苦にならなくなった
ようです。

仕事の効率も上がり、記事の構成や執筆など
じっくり取り組む仕事は座り仕事を、打合せや
メール、電話は立ち仕事でこなすことができた
ようです。

しかし、在宅ワークで座って仕事をしたり、
立って仕事をするにはそれなりの机が必要
になります。

高さを変えることのできる机もありますが、
お勧めは立ち上がった時にかかと落とし を
行いましょう。
かかと落とし ←ここをクリック

指先立ちで立ち上がり5秒維持します。
その後かかとをストンと床に落とすだけ
です。これを45分座って仕事をしたら
立ちあがり5回~10回行います。

一日の仕事の終わりにはセルフフット
セラピーを行いましょう。全身の血液循環
が良くなり、目の疲れをはじめ、諸々の
症状が楽になっていることに気づかれる
ことでしょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄750 ボディインスト交流会で触れ合うことが楽しい!

2020年07月01日 | Weblog
今日から7月です。コロナで右往左往している
うちに半年が過ぎてしまいました。時の流れの
速さに驚きます。

毎月1回ボディインストラクターの先生方との
交流を図りながら、今後の協会の方向性を
自由にディスカッションできる場にしたいと
企画しました。


今日は1回目の交流会です。何人の方が参加
されるのか心配していました。最初は1名で
どのように進めるかと迷っているうちに5名に
増えました。

私が誘導することもなく、これからはオンライン
でセルフケアを中心にしたプログラムを作って
はどうかという意見が出されました。

誰を対象にするのか?年齢層や家族環境など
お客様のニーズに沿ったものであれば参加し
たくなるのではないか。これからも意見を出し
合い検討していくことになりました。

私がZoomと出会い、抵抗のあったオンライン
に挑戦して感じることはもっと早く取り組む
べきだったということです。

以前からZoomのことは聞いていましたが、
私たちのセラピーには不向きで使えないと
決めつけていました。

しかし、コロナの影響でリアルでのセラピーも
指導もできない状況になり、重い腰を持ち上げ
Zoomのことを真剣に取り組みました。

使えないと思っていたZoomが「こんなに便利
なツールはない」と思っている自分がいます。
これは協会の皆さんにも教えなければ、皆さん
が損をすると感じたのです。

まだ、Zoomの会合に参加されていない方には
是非、参加をお勧めします。しばらくお会いして
いない方とも身近に会っているような感覚を
味わってください。

今まではセミナーや講座を開催しようとすると、
会場や交通費、また集客できなかったらどう
しようと決断できなかったことが嘘のようです。

Zoomは会場費や交通費がかかりません。
参加者が0でも気にすることはありません。
色々なパターンを試してみることができる
からです。

皆さんにも体で感じ取って欲しいと思います。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄749 テレワークでの目の疲れ、運動不足を解消!

2020年06月24日 | Weblog
コロナの影響で在宅ワークの人が多くなって
います。私自身もそうです。毎日パソコンの
前に座りっぱなしで、体を動かすことが少なく
なりました。

通勤がないから歩くことも少なくなり、万歩計
を見ると、悲しいかな2000歩、歩くかどうかと
いった状態です。

今朝散歩したので少し多いです

家にいると、間食が多くなり、ズボンがきつく
なっていませんか。
「三密」解消で「三悪(食事、運動、ストレス)」
の状態です。

また、パソコンを一日中眺めて仕事をして
いると目が疲れてきます。そこでこれらを
一気に解消する方法をご紹介します。

まずは目の疲れを取りましょう。
① 人差し指、中指、薬指の3本を眼球の
  上の窪みに息を吐きながら3回押し
  込みます。
② 同様に3本の指を眼球の下の窪み
  に呼吸に合わせて3回押し込みます。
③ 眼球の外側の窪みに中指を呼吸に
  合わせて3回押し込みます。
④ 眼球の内側の窪みに中指を呼吸に
  合わせて3回押し込みます。
⑤ 両手をすり合わせて、その手の平を
  目の上に覆い被せて置きます(5秒ほど)。
  これをもう一度行います。
30分から1時間毎に休憩を取り、目の疲れ
を取りましょう。目がスッキリしてきます。

次は運動不足の解消です。腕の緊張を
取り除く運動で、肩のコリを解消します。
① 両手を軽く前に伸ばし、「グー・パー」
  を繰り返します。この時、親指を中、外
  と繰り返して20回
② 両手は軽く伸ばしたまま手首を上下
  に8回、左右に8回を2回繰り返します。
③ 両腕を曲げて、指先は肩に触れるよう
  にして肩を大きく回します。前後に8回、
  まわします。

歩きを補うにはフットセラピーが最高です。
セルフフットセラピーを休憩時間に足首回し
とミルキングアクションだけでも行うと足が
スッキリします。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄748 医療現場の医師や看護師に感謝!

2020年06月17日 | Weblog
ボディインストラクターの更新講習会を
今回初めてオンラインで開催いたしました。


今までパソコンは苦手、Zoomなど使った
ことがないといった先生方が努力され、
入ってこられました。

どの様な講習会になるのか先生方も私も
不安な状態でしたが、中々お会いできない
先生と身近に感じながら進めるうちに
心配はどこかに飛んで行ってしましました。

九州の先生方には悪いのですが、やり方
を工夫しながら改善してまいります。

少しはZoomを使ったことがある方はいい
のですが、まだ、使ったことがない先生は
練習のお相手をいたしますので、お声を
かけてください。

話は変わりますが、昨日の「ガイアの夜
明け」をご覧になりましたか?

一般のマスクは薬局でも並ぶようになって
きましたが、「N95」といわれる医療用の
マスクは不足しており、本来使い捨てを
再利用しているのです。

私たちの守ってくれる医療従事者が感染
の危機にさらされているのです。そこで、
マスクが手に入らないのなら、自分たちで
作ろうと医師とベンチャー企業とで開発
していました。

試作ができ試すのですが、息苦しく、使え
ません。でも改良を加え実際に使用可能な
製品が完成したのです。

もう一つは人工呼吸器です。9割を輸入に
頼っているというのです。

アメリカの医療崩壊に近い状況を見た、
中小企業が麻酔用の人工呼吸器を改良
しようというものです。

製品は完成したのですが、コロナの患者数
が減るに従い、人口呼吸器の出荷もできなく
なっていました。

しかし、在庫があれば、第2波、第3波が起き
ても国産のものがあれば安心です。

医療現場やそれに関わる企業が活躍して
私たちの命を守っていることに感謝しか
ありません。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄747 今から熱中症対策を実践しましょう!

2020年06月10日 | Weblog
梅雨前の暑い日が続いています。さすがに30度
を超す真夏日は体が慣れていないだけに厳しく
感じます。

コロナのことを考えるとマスクはした方がいいと
思いますが、さすがに暑くて口の周りが蒸れた
ようになってきます。

テレビでも盛んに言っていますが、熱中症を防ぐ
には人の少ない所ではマスクを取って蒸れを
防ぐことが大切です。

マスクをしていると蒸れているので、のどの渇き
を感じにくくなります。

それでも暑さで汗をかいています。脱水症状を
起こし、熱中症になりやすいのです。

のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給を
心がけましょう。

ネットでも検索すれば熱中症対策がいくつも
出てきます。一般的な対処法はお任せすると
して、ここでは経絡を流して予防する方法を
紹介します。

五行には季節ごとにマイナスの影響を与える
ものがあります。夏は五行では「火」に当たり
「暑邪」と言って暑さが悪い影響を与えるのです。

この暑邪の影響を少なくするには関わる経絡、
心経、小腸経、心包経、三焦経の氣(エネルギー)
の流れを良くすることです。

これらの経絡は胸から手にそして手から顔に
流れています。それではやり方を紹介します。

①小指を付け根から左右に10回まわした後、
 指全体を揉み解します。
②薬指、中指も同様に行い、逆の手も同様に
 行います。
③続いて顔のほほ骨の際に手の手根部を
 当て揉み解します。
 
 (少し怖いん顔ですみません)
④眉尻に薬指が来るように人差し指、中指、
 薬指を耳方向に並べて置き、呼吸に合わ
 せて3回押します。耳の方にずらし3点を
 3回押します。
⑤耳を少し痛いくらいにグリグリと揉みましょう。

毎日実践し、熱中症を予防しましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント

円心五法の真髄746 Zoomでもオキシトシンが分泌されるかも!

2020年06月03日 | Weblog
今日も茶話会を開催しました。初めて参加の
方を含め、7名の方が参加されました。

写真を撮りたかったのですが、画面がちら
ついて諦めました。

初めて参加されたお二人から感動され
「こんなことができる世の中になったのですね」
ととても楽しそうです。

毎週お会いするのもいいのですが、2週間に
1回程度が新鮮でいいのではないかとの思い
から、隔週にします。次回は2週間後の17日です。

参加者の方からNHKの「あさイチ」の番組で
タッチセラピーを紹介していて、触れ合うこと
の大切さを放送していたと聞きました。

NHK「あさイチ」のサイトより

コロナの影響で、触れ合うことが少なくなり、
一人住まいの方など心がギスギスとしてくる
のがよく分かります。

家族と触れ合う機会も少なく、一日誰とも
話さなかったという話も聞きます。

もし、そのような方がいらっしゃいましたら、
ぜひ茶話会にいらしてください。

懐かしい顔が見られるだけでなく、久々に
話ができて楽しかったと感想を頂きます。

Zoomを通して直接触れ合うことはあり
ませんが番組でも紹介されていた愛情
ホルモンの「オキシトシン」が活発に分泌
されるのかもしれません。

Zoomを通して「楽しくなる」「心地よくなる」
というのはオキシトシンが影響している
のではないでしょうか。

久々に「赤ちゃんタッチセラピー講座」の
申込みがありました。この中では生まれて
すぐに触れ合うことの大切さを伝えています。

生まれてすぐに抱っこしたり、おっぱいを
あげたり、たっぷりと触れ合うことでオキシ
トシンが分泌されます。

触れ合うことは赤ちゃんだけでなく私たち
大人にとっても大切です。今は触れ合うこと
ができません。

特に一人住まいの方はしゃべらず、触れ
合わず何日も過ごすことになります。

そのような時にはZoomでの茶話会や
勉強会に参加しましょう。
スッキリ、爽やかになりますよ!

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 健治
コメント