本山硯士の円心五法の真髄

「円心五法」の真髄を中心に健体康心についての気づきをお届けしています。

円心五法の真髄672 ロコモから要介護者にならない為には!

2018年12月12日 | Weblog
運動器症候群(ロコモティブシンドローム)で要介護者になる人が増えています。

人生100年時代と言われるようになりました。100歳まで生きているだけでは寂しいですね。

健康で自分の足で好きなところに行けなければ、100歳まで生きている喜びがありません。

健康に100歳まで自分の足で歩けるにはどうすればいいのでしょうか。

それには体を動かし、運動器(骨格や関節、筋肉など)を充分に使うことが大切です。

運動と言えば歩くことが基本になります。人間は二足歩行を行うために骨格や関節、筋肉が進化してきました。

運動器の働きを維持し、二足歩行を継続するには普段から歩くことが一番です。

歩けば抗重力筋(腹筋、背筋、殿筋、脚の筋肉)が鍛えられ、いつまでも若々しくいられることでしょう。

それではどのようにすればいいのでしょうか。

それには速歩がお勧めです。歩きながら隣に人がいれば会話ができ、息切れをしない速さが自分に合った速歩です。

最近注目されているインターバル速歩もお勧めです。3分間景色を見ながらゆっくり歩きます。その後速歩で3分歩きます。

これを繰り返しながら、速歩を5回(15分)以上行うようにします。速歩だけを行うよりも継続してできるウォーキングです。

ロコモにならないためには歩くだけではなく、足首の柔軟性や足指の柔軟性と筋力を高めておくことも大切です。

足指の間に手の指を差し込み、足首回しや足指を前後に動かし、その後アキレス腱を呼吸に合わせて伸ばしましょう。


ウォーキングの前のウームアップやウォーキング後のクールダウンとしても有効です。

足首の柔軟性や足指の力が転倒を予防してくれます。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄671 一歳までの虐待が脳の働きに大きく影響!

2018年12月05日 | Weblog
前回は赤ちゃんタッチセラピーのお話をさせて頂きました。その第2弾として子供の虐待が脳に障害を与え、大人になっても辛い思いをするというのです。

前回もご紹介しました福井大学教授の「友田明美」先生が次のように言われています。

厳しい体罰を受けると「前頭葉」が縮小し、暴言を言われ続けると「聴覚野」が変形して、音や会話に障害が出たりします。

親のDVを目撃すると「視覚野」が縮小して、相手の表情が読み取れなくなるそうです。

自然に脳が色々なストレスから脳を守ろうとして、その機能を落としてしまうのではないかと言われます。

また、親、特にお母さんとの愛着障害の子どもはご褒美に脳が反応しません。

お金というご褒美や褒め言葉も響かなく、反応がありません。自己肯定感を向上させることもできないようです。

特に1歳ころ虐待を受けると、このご褒美への脳活動が最も低下してしまうことが分かっています。

虐待を防ぐには生まれたばかりの赤ちゃんから触れて愛着を高めておきましょう。お母さんにも赤ちゃんにもオキシトシンが分泌され愛情が深まります。

それに、幼児期のストレスは次世代への連鎖が起きてしまいます。幼児期に虐待などを受けると、自分の子どもにも同様の虐待をしてしまうのです。

幼児期の暴言や虐待を防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか。

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんに、生まれたばかりの赤ちゃんから触れることで愛着を高めておくことの大切さを知って頂きたいと思います。


子育てはイライラすることもあるでしょう。気が付かないうちに暴言を吐いたり、虐待をしてしまうこともあるかもしれません。

そのような時は一呼吸を置いて、赤ちゃんタッチセラピーを行いましょう。イライラした感情はどこかに吹き飛び、赤ちゃんへの愛情が蘇ってくることでしょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄670 赤ちゃんに触れて、触れて、触れまくろう!

2018年11月28日 | Weblog
先日、NHKの番組「プロフェッショナル」でADHD(注意欠如・多動性障害)や自閉症、虐待による心の傷を持った親子とかかわっていく、小児神経科医の友田先生が紹介されていました。

番組を見ながら「赤ちゃんタッチセラピー講座」を作ったことを思い出しました。

友田先生が診察で子どもの話を真剣に聞かれる姿や親とかかわられている姿を見て、赤ちゃんタッチセラピーやフットセラピーがお役に立てるのではないかと感じたのです。

ADHDや自閉症の原因として遺伝性によるものとか脳の発達段階での発達障害などまだ、明確な答えがありません。

私たちが提供しているセラピーが脳にいい影響を与えるかはわかりませんが、赤ちゃんの時から足を揉んでいると脳の発達に良いとも言われています。

改めて、赤ちゃんタッチセラピー講座を見直してみようと思います。

治療の原点は「手当て」だと言われています。お母さんがお子さんに触れることで、痛みが和らぐのはよく耳にすることです。

触れることは生まれたばかりの赤ちゃんから始めましょう。触れるお母さんにも触れられる赤ちゃんにも愛情ホルモンのオキシトシンが多く分泌されます。


オキシトシンの分泌でお母さんは子どもへの愛情が深まり、子どもはお母さんの愛情を受け安心し、精神的にも落ち着いてきます。

これからの時代、ますます障害を持ったお子さんが増えてくることでしょう。赤ちゃんタッチセラピーの重要性を強く感じています。

子どもは国の宝です。その子どもたちがすくすくと成長していける環境を作ることは私たち大人の責任でもあります。

そのためにはお母さん方に赤ちゃんとのかかわり方を学んで欲しいと願っております。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄669 帯状疱疹後の後遺症の痛みを緩和!

2018年11月21日 | Weblog
鴨川にある亀田クリニックの6階にあるサロン「マカナ」(亀田産業が運営)では当協会の会員の方々がセラピーを提供しています。
 

疼痛緩和ケア科より紹介された患者さまが、サロンにお越しになり、後遺症の痛みが改善され喜ばれていると聞き、19日にクリニックを訪問しました。

疼痛緩和ケア科の関根先生とサロンの責任者の野村さんにお会いすることができました。

関根先生のお話では帯状疱疹の湿疹自体は治っていても痛みが慢性化した方は薬だけでは痛みを取ることは難しくなるとのお話でした。

「患者さま一人ひとり、対応が異なるので、外科的な治療とは異なり、手術をしたから治るというものではないのですよ」との事、難しい対応をされているのだなと感動しました。

今回の患者さまも「マッサージでも受けられたらいかがですか」とマカナを紹介して頂いたようです。

野村さんから頂いた報告から抜粋して経緯をご紹介します。

5月18日に疼痛緩和ケアの紹介で初めて来店されました。皮膚の状態は治っているのに痛みが1年以上続いているとのこと。

初日は患部二か所をやさしく施術。終わった後、顔の表情が和らいでいました。

週2回来店されるようになり、60分コースを受けられています。3回目くらいから施術後3日間くらいは痛みがなくなっているとの事。

6月中旬、10回目くらいで、胸の痛みがほぼなくなったとの事、梅雨の時期なので痛みが出るかもしれないと思っていましたが、痛みはないそうです。

最近、寒くなってきたので、少し痛むことがあるが、施術を受けると痛みがなくなると、今でも週2回お越しになっています。

関根先生も言わるように、すべての方の痛みがなくなるかどうかは分かりません。でも、痛みで悩まれていたら、是非フットセラピーを行ってみましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄668 白血球と免疫力の関わりを再認識!

2018年11月14日 | Weblog
NHKの健康番組「ガッテン」で1000回の記念放送として「風邪に負けない真の“免疫力”ゲットSP」というタイトルで放送されていました。

そこで、今回は免疫力について再度確認してみたいと思います。

放送の中では白血球の中の免疫細胞の主役である「リンパ球」の働きについて検証していました。

リンパ球には二つの働きがあり、自律神経の交感神経が活性化するとリンパ節に留まり病原体について学習する【学習モード】になります。

交感神経が落ち着く(副交感神経が優位の状態)とリンパ球が体中を巡ってウイルスに感染した細胞やがん細胞を退治する【パトロールモード】になるというのです。

面白い表現ですね。【学習モード】も【パトロールモード】も免疫にとっては重要な働きです。

本来、自律神経は日の出とともに交感神経が活性化し、日の入りとともに副交感神経が活性化します。自然のリズムにそって働いています。

ところが、最近は夜型の人が増えており、遅くまでテレビやゲームで深夜まで起きていることが多いようです。

また、ストレス社会と言われるように様々なストレスを多く抱えるようになりました。

すると、交感神経が活性化したままになってしまいます。【学習モード】と【パトロールモード】がうまく切り替わることができなくなります。

会員の方はもうお気付きですよね。私たちが行っているセラピーは間脳調整法と言って自律神経や内分泌をコントロールしている間脳の働きを正常な状態に戻そうとするセラピーです。
 

フット、ハンド、ヘッド、どのセラピーも深いくつろぎが得られるセラピーです。皆さん、いつの間にか寝てしまったと言われます。

二つのモードを手軽にコントロールでき、免疫力を高めてくれるセラピーだと再認識できました。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄667 骨粗鬆症の手軽な予防法が話題に!

2018年11月07日 | Weblog
最近のマスコミで多く取り上げられている「かかと落とし」を検証してみましょう。

骨は硬いので変化しないと思われがちですが、常に破骨細胞が古い骨を壊し、骨芽細胞が新しい骨を作るという新陳代謝を繰り返しています。

加齢や生活習慣で骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨吸収が上回ると骨粗鬆症になります。

男性より女性に多いのは閉経後に骨を強くする女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することで骨粗鬆症になりやすくなります。

そこで、早めの予防が大切です。カルシウムやたんぱく質を多く含む食事と同時に骨密度を落とさないための手軽な運動が「かかと落とし」です。

つま先立ちになり、床にかかとを打ち付けるように落とすという簡単な運動です。1日30回以上行うだけで、予防できなら実践するしかありません。


頭まで衝撃が伝わるようにストンと落とすことがポイントです。体重の3倍もの負荷が、骨芽細胞を活性化させ、骨粗鬆症の予防につながります。

また、「かかと落とし」は糖尿病や認知症にも効果が期待できるようです。

血液中の骨ホルモン(オステオカルシン)の量が少ないと、血糖値が高い傾向にあることが分かってきました。

まだ、はっきりと解明されてはいませんが、これまでの研究によると、『タンパク質の糖化』が大きく関わっているのではないかと考えられています。

糖はタンパク質と反応しやすく高血糖が続くと、タンパク質に糖がくっついてしまう「糖化」が起こります。骨のタンパク質も同様に糖化してしまいます。

糖化したタンパク質は本来の働きができず、骨ホルモンの働きも鈍ってしまうのではないかというのが専門家の説です。(NHKのガッテンより)

また、かかとの上げ下げはふくらはぎの働きも高めてくれます。「かかと落とし」運動は第二の心臓の働きも高まり、全身の血液循環が良くなるのです。

「かかと落とし」で骨粗鬆症を予防しましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄666 足趾の変形が全身に影響する!

2018年10月31日 | Weblog
テレビの健康番組で浮き指のことが放送されていました。足趾の変形は浮き指だけではありません。

靴や歩き方で足趾に負荷をかけてしまい、変形を引き起こしています。

変形で有名なのが外反母趾ですね。女性に多く、ハイヒールなど靴の影響が大きな原因です。

母趾が大地をしっかりと捉えていなければ踏ん張る力も出てきません。歩く時も母趾は大切な役割をしています。

経絡では母趾には肝経と脾経の経絡が流れてきています。歩くと痛いというだけでなく、肝臓や膵臓に影響を与えているかもしれません。

最近多くなっているのが内反小趾と言われる小趾(小指)の変形です。パンプスなどで指先が圧迫され内側に傾いてくるのです。

小趾には腎経と膀胱経の経絡が流れています。小趾の変形は泌尿器や婦人科系に影響を与えることになります。

冷え性がひどくなったり婦人科系に影響を与え、不妊の原因にもなりかねません。

合わない靴の影響で指先がハンマー型に曲がってしまうハンマートウになっている人が多くなりました。

足の指、足趾には6本の経絡が流れてきており、胃経から脾経、膀胱経から腎経、胆経から肝経へとつながっています。

この経絡の末端にある経穴(ツボ)を井穴と言ってこれは特効のツボとも言われています。


テレビで紹介された浮き指が腰痛や肩こりの原因になると言っていましたが、それだけではなく、経絡の滞りにもつながり、全身に影響を与えていくのです。

でも、心配する必要はありません。日々のフットセラピーの実践で、トラブルを予防しましょう。

① 足趾の間に手の指を入れ、前後に動かします。
② アキレス腱を伸ばします。(3回)
③ 小趾を左右に10回まわし、足趾を揉みます。小趾から順に母趾まで行います。

こんな簡単な方法で足趾の変形を予防できたら嬉しいですね。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄665 楽しい瞑想ワークショップがスタートします!

2018年10月24日 | Weblog
楽しく自己実現できる瞑想ワークショップがスタートします。皆さんと自己実現を目指しましょう。
 

瞑想について何度も書かせて頂きましたが、何回記してもイメージが湧かないのではないでしょうか。

そこで、実際に実践するワークショップを開催することにしました。「百聞は一見に如かず」実践して瞑想を通して自己実現を手に入れましょう。

実践することで集中力が高まり、仕事にも日常の生活にも楽しく活かせることでしょう。

次のような方には是非、参加して欲しいと思っています。思いを実現し、楽しい幸せな人生を送って欲しいと願っています。

子供の集中力を高めたいと思われている方やご自身の集中力を高めたいと思われている方。

職場や家庭で、ストレスを強く感じていて、そのストレスを解消したいと思われている方。

上司や部下との人間関係または家庭での親子や夫婦の人間関係を改善し、楽しい環境を作りたいと思われている方。

仕事の効率を高めて、ゆとりのある生活を送りたいと思われている方。

悩み(病気、経済、その他)を解消し幸せな人生を送りたいと思われている方。

瞑想を実践することで、皆さんの思いを実現できるようになります。「観念は生物なり、必ず肉を支配する」という言葉のように実現可能なのです。

それには潜在意識に思いを刷り込まなくてはなりません。リラックスした状態で、どのようになりたいかをイメージすることが大切なのです。それを実現できるのが瞑想です。

ワークショップではこれらの方法を実践しながら、自分の思いを自己実現する瞑想法を実践してまいります。

さあー、みんなで思いを実現し、楽しい笑顔に満ちた幸せな人生を送りましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄664 足の大切さを再認識しよう!

2018年10月17日 | Weblog
リフレクソロジーのブームが終わり、足の時代は終わったと思っていませんか。

とんでもないですね。ますます歩かなくなり、足を使う頻度が少なくなっています。

子供なのに運動が嫌い、部屋でゲームをしていた方がいいと驚くほど動かない子供が増え、パフォーマンスが低下してきています。

また、高齢者は足首が固くなり、自由に回すことができません。同時に足指が自由に使えず、踏ん張る力も弱くなり、転倒の原因になっています。


足の本来の役割を再確認してみましょう。

歩いたり、走ったりして目的地に移動できることです。赤ちゃんがハイハイをし、つかまり立ちから一歩を踏み出す時の感動は忘れられません。

二本足で立ち、自由に色々なところに移動できるのです。歩き出すことで足指も鍛えられます。

足指で床に落ちているものを足指だけでつかんで拾うことができますか。最近は足指を自由に動かすことができない人が多いようです。

また、体を支え、衝撃を吸収することも足の大切な役割です。足裏の横のアーチと縦のアーチがこの役割をしてくれます。

このアーチがなくなり、偏平足になると衝撃を充分に吸収できず、体に負担をかけてしまします。横のアーチがなくなると外反母趾にもなります。

もう一つの大きな役割が足は第二の心臓と言われ、足を使うことで下半身に停滞しやすい静脈血を心臓に戻すという役割です。

特にふくらはぎの筋肉が歩くことで、伸びたり縮んだりします。筋肉の中の血管は圧迫されたり、ゆるんだりすることがポンプと同じ役割をしています。

筋肉の大半が集中している下半身を普段から充分に使うことで筋肉を維持することができるのです。

足を使わなければ第二の心臓としても筋肉の維持にもつながりません。

フットセラピーは足の大切さを維持するには欠かせないセラピーです。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント

円心五法の真髄663 認知症ってどんな病気なの?

2018年10月10日 | Weblog
前回も認知症予防についてお伝えしました。認知症とはどのような病気なのでしょうか。

「最近物忘れがひどくなってきた」「認知症だと嫌だな」と心配している人が多いのではないでしょうか。

2025年には軽度認知障害(予備軍)の人も含めると65歳以上の3人に1人と予測されています。いつ誰がかかってもおかしくない状況です。

認知症の中でも一番多いアルツハイマー型認知症を疑うきっかけは「置き忘れ、しまい忘れが多い」「同じことを何度も聞いてくる、言ってくる」「些細なことで怒り出す」「意欲がなくなり、自分からは何もしない」などの症状はありませんか。


認知症予防には早めの発見と早めの治療が大切です。気になる症状があったら、専門医療機関に相談することをお勧めします。

加齢による物忘れは体験の一部を忘れるだけで、ヒントがあれば思い出し、場所や時間は正しく認識できます。

アルツハイマー型認知症は体験したこと自体を忘れ、ヒントを言っても思い出せず、時間や場所などが混乱してします。

しかし、本人は自分が認知症だと思っていません。先生の問診をとりつくろってしまうという特徴があり、家族が同行し普段の生活状況を伝えることが大切です。

認知症の診断は難しいと言われています。認知機能検査やCT、MRIなどの検査は参考になっても軽度の場合は診断が難しいようです。

半年ほど様子を見ながら診断が下されるようです。家族が見守りながら、できる範囲で予防を心がけるようにしましょう。

現在使われている薬は根治薬ではなく、進行を抑える薬です。認知症にはやはり予防が大切です。生活習慣を見直しましょう。

前回、お伝えした認知症予防の5ヵ条をもう一度ご覧ください。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント