『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『クヌート』を観た]

2009-07-27 01:07:56 | 物語の感想
☆近場の映画館ではやらないので、見ることはないと思っていたのだが、生活圏にはないけど、ちょいと考え方を変えたら意外に近くにある<ワーナーマイカル・村山ミュー>で上映されていたので、行ってみた。

 私は、どうも、中央線・青梅線・五日市線の東京横断JR思考に凝り固まっているが、映画鑑賞は、主に車で向かうのだから、JR沿線に拘らなくても良かったのだ^^;

 てな訳で、東京で唯一、電車駅のない市・武蔵村山に赴いた。

 日曜のレイトショー。

 お客さんは、私と連れの二人だけだった。

 故に、私と連れは、前の席に、靴を脱いだ足を乗っかけたり、ポップコーンをバリバリボロボロ食い散らかしたり、クヌートばりの傍若無人さで鑑賞した^^;

   ◇

 ベルリンの動物園の、親に育児放棄された北極熊の赤ちゃん・クヌートの成長の物語だ。

 それと平行して、北極の自然の北極熊家族の生態や、親に先立たれたベラルーシの森のヒグマ兄弟の生活も描かれる。

 でも、いかんせん、それらは、地球温暖化に絡めた北極での熊の状況や、親を亡くした野生の熊の生き方など、クヌートの気ままな生活に、やや高尚なテーマを付加させようとするおまけ程度の内容にしか過ぎない。

 ドキュメントとしては色々と問題があっただろう『ミーアキャット』(クリック!)にも遥かに及ばない映像材料の少なさが感じられた。

 簡単に言えば、夕方のニュース番組の特集で、「ベルリン動物園の人気北極熊クヌートの生活を追ってきました^^」とキャスターのお姉さんに紹介される程度の作りの映像を一時間半見せられたみたいなものだった。

   ◇

 とは言え、クヌートは愛らしい。

 私は、客が他にいないことをいい事に、3D映画を見る子供のように、「可愛い~!」と画面に手を伸ばすのだった^^;

 更に、他に客がいないことをいい事に、私たちは、くっちゃべり、画面にツッコミを入れながら楽しんだ。

「おいおい、ベラルーシの森、汚いなぁ^^; 小虫がいっぱい飛んでいるなあ^^;」

「トーマス(クヌートの飼育係)、彼女いないんだろうなあ」

「ハチミツを食っている熊の目、イッちゃってるよ」

「キャー、ゴマちゃんが食われる!」

「クヌート、ちゃんと一匹(魚)を食い終えてから、他の餌を食べろよな・・・」

「こいつ、2ちゃんねる言うところの『ピザ野郎』だよな(トーマスの同僚)」

 などなど、言いたい放題だった。

   ◇

 帰りにコンビニに寄ったのですが、風呂上りに食おうと「白くまバー」を買いました。

          

 それから、明日の仕事のユニフォームを、深夜、「ファーファ」で洗濯もしましたとさ^^;

          

                                     (2009/07/27)

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« [映画『アマルフィ/女神の報... | トップ | [兵頭二十八軍師、すいません... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ああ! (KLY)
2009-07-27 01:52:11
解る解る!
食い散らかしも、ゴマちゃんも!いいなぁ、楽しかったでしょうねぇ。実際問題、単なる記録ドキュメントだと思うんですよね。でも最初からクヌートの愛らしさを観に行ってるから気にならないし。(笑)
きっと話しながら観るのは正しい見方ですよ、これは。誰もいなかったら私もそうしてたとおもうし、家で観てたら絶対話してるし。^^
Unknown (Unknown)
2009-07-27 23:16:36
一人でも見に行きたくなってきましたw
御二方へ^^ (ミッドナイト・蘭)
2009-07-27 23:44:13
KLYさんへ♪
ゴマちゃんは可愛かったですね。
表現に顔を出し、自分が食われる対象とは考えもしない「?」顔をしていました。
私は、北極には土も木もないと思っていたのですが、ちゃんと大陸があるのですね^^;

Unknownさんへ♪
私は、基本的に映画は一人で観る方が好きです^^
私、『ラブ☆コン』をレイトショーで観たとき、たった一人でした。
でも、楽しい作品で、充たされました^^v
こんにちは (まりっぺ)
2009-07-31 10:45:46
エンタテインメントとしては、ミーアキャットの方がストーリー性もあって楽しめましたが、
以前、動物を扱っていた自分としては、興味深い映像が多かったです。
TBありがとうございました (KGR)
2009-07-31 14:42:30
私はこの映画の評価は高くないです。

それは、ご指摘にもありますが、
ズバリ「映像材料の少なさ」です。

>夕方のニュース番組の特集で、*
>キャスターのお姉さんに紹介される程度の作り
まったくその通りだと思います。

北極とベラルーシの熊は1年経っていますが、クヌートは半年なのも違和感でした。

かわいいのはいいとして、中身は薄いです。
御二方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-08-01 23:05:00
こんにちわ^^

 >>まりっぺさん

シネコンバイトのまりっぺさんは、昔、ペットショップの店員さんだったのかな^^
歩けない頃のクヌートは、手足が太くて、ヒレみたいであざらしの赤ちゃんみたいでしたね^^

 >>KGRさん

北極とベラルーシの熊で、最初に抑えて欲しかった映像は、それぞれが幼い頃の食物です。
それがなくて、いきなりちょっと大きくなってしまっていたので、お前ら、霞を食って大きくなったのかよ! と思いました^^;

これからもヨロシク!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事