pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ワールド・ウォーZ』2D字幕

2013-08-11 17:34:23 | 映画(わ行)
             守るのは家族か、世界か。



『ワールド・ウォーZ』
監督・・・マーク・フォースター
製作・・・ブラッド・ピット
原作・・・マックス・ブルックス
出演・・・ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス 他

                      
                     【解説】
ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスターのブラッド・ピットが主人公にふんし、製作も兼任。監督は『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースター。無数の感染者が群がって生じた巨大人柱が防壁を越えようとするなど、圧倒的映像の数々に息をのむ。
                     【STORY】
元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の乗った車が、渋滞にはまっていた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて、彼は人間を凶暴化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、各国を回ってウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。



もちろん2D字幕を選択~。
かなり前にブラピがゾンビものに出るって報道があったからゾンビものってことは、みんな知ってるのかと思っていたら、やはり一般の方にはびっくりされる方もいて・・・字幕に“ゾンビ”という文字が出た途端~一名退場・・・そんなに嫌ですか~???
でも、わりとソフトゾンビ(笑)だったと思います。
ただ、どこから出るんだろうとドキドキするシーンはあったけどね・・・。

ゾンビより何より、一番凄かったのは飛行機のシーン。
特撮だと思うけど、あんな風に紙きれのようにたくさんの人が飛んでゆく姿を観たのは初めてで~心臓バクバクした!

後、各国の対応で~某・北の国の対応に驚愕・・・
そんなことしちゃ、命助かってもこれから大変では???某国民に同情・・・
「パシリム」と違って日本のにの字も出てこなかった・・・韓国なのね。

そして気付いたこと・・・「パシリム」同様、“壁”は何の役にも立たないということ・・・←ここ重要(笑)


予告編で何度も観ていた高い壁に群がる無数の人々(あえて人と言います)
昔の城を落とす時のようだ・・・まぁ頭使えないから、道具は使わず体力?勝負だけど(笑)共喰いってないのかな?
感染させるだけなのかな?

テーマとしては家族愛~家族を守る為に命をかける姿・・・なのかな。
でも、あの奥さまは命がけで現地へ向かう夫に対してちょっとワガママ。ケータイにかけ直すなんて、ちょっと考えてよ~と思った。
もっと日本的に(?)耐える女性なら共感出来たかな。
ああいう場面では一般人はお荷物でしかないんだな~。哀しいけど、そりゃそうだよね。現実を突きつけられた気がした。


ブラピは惚れこんでこの映画を作ったんだな~って、よ~~~く分かりました。似合うもん。
家族を愛するデキる男。
プランBはいろんなジャンルの面白い作品を輩出してるよね。プロデューサーとしての腕もなかなかですよね。


イスラエル軍の逞しいセガン中尉・・・髪を剃ったクリステン・スチュワートに見えたのは私だけでしょうか?
クリステンがヴァンパイアになりそう~な病的なカンジがどことなく似ているなぁと。


ゾンビのアップはあんまりないので、そんなに怖くなかった。大量発生で地面を埋め尽くす~~~というシーンもあんまり現実感なく冷静に観れた。
国連の仕事って今までよく分かっていなかったなぁ。
ジェリーが世界各地で会う人々は原則、現地の俳優さんを起用したそうで、そういう細かいところが真実味を与えているのかも。
びっくりしたのは一番最初の感染者の方。身体がヘンな風に曲がったり~怖い動きをしていたけど、あれはCGじゃなくて、あの俳優さんの演技なんだって。動きのスペシャリストだそうです~。

あの、若きウイルス学者さんは必要でしたか?
ただ“いい言葉”を残すだけの為の登場でしょうか・・・あっけなくて、びっくりしました~~~。

ジェリーの最後の決断は、一体どのウイルスを選んだの?とドキドキした!偽装ワクチンって画期的なアイデアだよね。凄い・・・



マリー的お気に入り度 ・・・★8個+半(ゾンビがキモくなくてよかった・・・ほっ)

コメント (16)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 『パシフィック・リム』2D字幕 | トップ | 今日のつぶやき »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2013-08-11 20:01:24
日本ではゾンビと謳った宣伝が出来なかったようです。
でも、あの予告編を見ると、明らかに戦争映画という雰囲気ではないですよね…(苦笑)
こちらの劇場でも観終わってビックリしている観客がいました。

ゾンビ映画の割りには描写が柔らかく、さほどグロくなかったように思います♪
なので、見易いゾンビ映画といった感じでしょうか。

そうそう、ジェリーが選んだワクチンは“髄膜炎”らしいです。
私も見ました (きさ)
2013-08-11 21:27:27
冒頭から大変な状況になりハラハラさせながら最後まで一気に見せます。
面白かったです。
主人公がすごいスーパーマンでした。
ラストは割とこじんまりまとめていますが、実は最初の構想ではロシアでの大戦争シーンがあったとか。
スプラッタ的な描写は押え目ですが、ゾンビ映画が苦手でない人にはお勧め。

町山さんの解説が面白いです。

町山智浩映画解説 史上最大のゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』
http://miyearnzzlabo.com/archives/15717
先ほど、観てきました。 (☆オレンジピール☆)
2013-08-12 00:23:56
ちょっと気持ち悪くなりましたが、結構楽しめました^m^
ゾンビ・・と言うと低予算でこじんまりした環境に人間ドラマ・・な展開が多いようですが
こちらは視点が壮大(皆を救うため何が出来るのか?)でしたね。
「ネタバレ」



「アイアム・レジェンド」を思い出しました。
ゾンビ映画と知っていましたが、Zがゾンビから来ているの
理解していなかった(;^_^A
平気だった~~ (kira)
2013-08-12 09:55:42
もう、暫くゾンビカンケイ映画は観てないのに、
なんだかちっとも手に汗握らずに最後まで、一度も目を伏せる事もなくみれたぁ~

大丈夫じゃん私(笑)

なので、ちょっといろんな意味で中途半端感が残る映画ではありましたが、
私もあの若き天才学者の退場には目が点。
ブラピを引き立てるだけの役だったね
BROOKさんへ・・・ (マリー)
2013-08-12 20:14:45
こんにちは~~♪
日本では「ゾンビ」って禁句だったのかなぁ・・・
でも、予告編でのあの壁に群がる様子は、ゾンビ以外考えられないですよね~。

ゾンビ初心者にはうってつけだったのでは?
そこそこハラハラ。ドキドキ。
これで鍛えて~ってカンジで。

あのワクチンは髄膜炎でしたか~~~。
そうなんだ・・・
きささんへ・・・ (マリー)
2013-08-12 20:17:19
こんにちは~~♪
冒頭から凄かったですね~~~。

主人公(ブラピ)が強すぎた感も・・・笑
貫通してもアッという間に治っていたしね。

別のラストも観てみたいものです~。
ご紹介のサイト観てきました。面白かった!
オレンジさんへ・・・ (マリー)
2013-08-12 20:20:23
こんにちは~~♪
観たのね~。気持ち悪くなった?
でも、結構ソフトだったよね・・・

B級ではない壮大さがあったね(笑)
地球規模で起こって各国が力を合わせて~っていうのはいいよね。

アイアム・・も、そういえばそうだったね。忘れてた・・・
Zにはゾンビの意味と終焉(アルファベットの最後だから)の意味もあるらしいね~。
kiraさんへ・・・ (マリー)
2013-08-12 20:23:10
こんにちは~~♪
kiraさんも平気だったのね~。
手に汗は握らないけど、ドキドキはしたなぁ~~~。
中途半端感はあったね。
もうちょっと怖くするとか、絶望感も足りなかったし・・・

若い学者さんが、あんまりな退場の仕方で・・・なんか意味があるのかと思ったけど~ただの退場だった(笑)
こんばんは♪ (yukarin)
2013-08-12 23:33:08
こてこてのゾンビ映画は好きじゃないからこれは楽しめました。
ゾンビは出てくるけどゾンビ映画ではないな(笑)
わりとドキドキしながらずっと観られたんで面白かったです。

そうそう奥さん、なんで電話するんだ!と思った。
待つべきでしょー!! あの電話のおかげでえらいことになっちゃったもんね。

あの偽装ワクチンという発想は面白いなと思いましたね。
Unknown (mig)
2013-08-13 08:56:21
マリーさんおはよ、
ゾンビ映画としての怖さとかなかったからぜんぜんフツーのパニック映画だったあ、
いろいろとつっこみどころと
個人的にはパニックムービーで自分たちが助かって一安心、的なとこが納得いかない 笑
見せ場はやっぱり偽装のワクチンで
ゾンビの群れから一人、カッコ良く逃れるってとこだね。

>若きウイルス学者

誰だっけ?
あのシーンに私の好きな「es」のモーリッツさん出てるのちらっとだけでザンネン!
クレジットもなかったー。って書くのわすれてた

コメントを投稿

映画(わ行)」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

「ワールド・ウォー Z」 ゾンビ映画というよりはディザスター映画 (はらやんの映画徒然草)
「Z」は「Zombie(ゾンビ)」の「Z」。 ゾンビは以前はノロノロと歩いて襲っ
劇場鑑賞「ワールド・ウォー Z」 (日々“是”精進! ver.F)
Z=ゾンビ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/WORLD WAR Z: MUSIC FROM THE MOTION PICTURE【輸入盤】価格:...
ワールド・ウォー Z (to Heart)
原題 WORLD WAR Z 製作年度 2013年 上映時間 116分 原作 マックス・ブルックス『WORLD WAR Z』(文藝春秋刊) 監督 マーク・フォースター 出演 ブラッド・ピット/ミレイユ・イーノス/ジェームズ・バッジ・デール/ダニエラ・ケルテス/デヴィッド・モース/ルディ・ボーケン...
ワールド・ウォー Z(2D字幕)/ WORLD WAR Z (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ワールドウォーZの「Z」はゾンビのZ ついにブラピもゾンビ映画出演か~ってことで、ゾンビ映画ファンとしては楽しみにしてました 題して、ゾンビ世界大戦 ※観てすぐわかることなので問題なし が、しか...
ワールド・ウォー Z (3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WORLD WAR Z】 ブラッド・ピット公開 アメリカ 116分監督:マーク・フォースター出演(声の出演):ブラッド・ピット(堀内賢雄)、ミレイユ・イーノス(篠原涼子)、ジェームズ・バッジ・デール(大塚芳忠)、ダニエラ・ケルテス(坂本真綾)、デヴィッド・モース(若....
ワールド・ウォー・Z (Akira's VOICE)
程よい怖さで面白い。  
ワールド・ウォー Z ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスター...
映画:ワールド・ウォーZ World War Z ネタバレ注、と書かざるえない、その演出手法自体に怒り大炸裂(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYで何か1本は映画は観ておこうということで、公開直後のこれをチョイス。 予告編の印象だと、地球規模にスケールでかそうだし、主演のブラピも良さげ。 そんなレベルでほとんど予備知識なし、で鑑賞するのってタノシイのだ。 ところが.... (次からネタバレ。20....
ワールド・ウォー Z 起転承転転転結転、さすがゾンビ・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=40 うち今年の試写会5】 出勤前に波乗りするにはちょうどいい潮回りなのに、肝心の波がな~~~いっ(T.T) で、この映画、観るべき映画かどうかすごく迷った映画、妻は最近のブラピの映画には裏切られまくっているから観たくないって言ってたし。 しかしたまたま空いた...
「ワールド・ウォーZ」わらわらわらわら・・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブラピ主演のゾンビ映画。 へー?ブラピがゾンビ映画?と思って、かねてから気になっていた作品。 ハンパないスケールに大興奮☆
ワールド・ウォーZ (風に吹かれて)
俊足ゾンビの大群襲来 公式サイト http://www.worldwarz.jp原作: WORLD WAR Z (マックス・ブルックス著/文春文庫)監督: マーク・フォースター  「ネバーランド」 「
ワールド・ウォー Z ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスター...
『ワールド・ウォーZ』 ラストはもう一つあった (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ワールド・ウォーZ』を日本で公開するに当たり、配給会社はZとは何かを明かさずに宣伝した。  ポスターでも予告編でもZに触れず、ブラッド・ピットと逃げ惑う人々だけを見せるよ...
ワールド・ウォーZ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワールド・ウォーZ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)昨年の『マネーボール』以降見ていないブラッド・ピットの映画だというので、見に行ってきました。  映画の冒頭では、TVから、鳥インフルが広まり、イルカが大量死し、異常な行動をする人々が増えているなど...
ワールドウォーz ムーミンがゾンビ 違う(滝汗) (Said q winning)
ブラッド・ピット主演、「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督のメガホンで、マックス・ブルックスのベストセラー小説を映画化したパニック大作。突如発生した 謎のウィルスが瞬く間に世界中へと広がり、各国の政府や軍隊が崩壊状態に陥る。元....
『ワールド・ウォー Z』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・ウォー Z」 □監督 マーク・フォースター□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン□原作 マックス・ブルックス□キャスト ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、デヴィッド・モース       フ...
「ワールド・ウォーZ」 (ここなつ映画レビュー)
「ワールド・ウォーZ」のZは、人類の世界戦争の最終日を表すXYZのZではなく、なんとアレのことでした。 アレとは、アレです。Zombie…。そうきたか。今回は予告篇製作者・CM製作者が天晴れだった。 ゾンビ物は数あれど、ゾンビ物に世界戦争の様相を...
ワールド・ウォー Z (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある映像で面白かった。