pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日のつぶやき

2015-05-29 20:42:07 | マリーの日記

            昨日、今日、お天気がよかったので私のプーさんを日光浴させました♪



映画レビューも溜まっているし・・・6月に観たい映画も纏めなくてはいけないのですが~
明日、明後日と母とムスメと三世代女旅(笑)イースター仕様のディズニーランドへ行って来ます。母にとってはかなり久々なので、高齢の母のペースに合わせてゆったりとランドとシーを楽しんで来ます。
宿泊も初めてのランド前の“ディズニーランドホテル”カワイイ写真がたくさん撮れるといいな。

では、行ってきま~す!
コメント (2)

『チャッピー』

2015-05-23 22:11:19 | 映画(た行)
彼の成長は、人類の理想なのか
        我々は衝撃の結末を目撃する!


『チャッピー』
監督: ニール・ブロムカンプ
出演・・・シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー、デヴ・パテル 他

                    【解説】
『第9地区』『エリジウム』の鬼才ニール・ブロムカンプが手掛けたSFアクション。人工知能を搭載したロボットのチャッピーが自身を誘拐したストリートギャングたちと奇妙な絆を育みながら、壮絶な戦いに巻き込まれていく。『第9地区』にも出演したシャールト・コプリー、『X-MEN』シリーズなどのヒュー・ジャックマン、『愛は霧のかなたに』などのシガーニー・ウィーヴァーなど、実力派や個性派が出演。純粋無垢(むく)なチャッピーの愛らしい姿やリアルな造形に加え、すさまじいアクションの数々も見もの。
                    【STORY】
2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく……。




面白かった~~~。私が苦手な眠い時間帯っていうのがあるんですが・・・今日は疲れてるし、まさにその時間だしちょっと心配してたんですけど・・・
そんな心配全く必要なかったです。最後までハラハラドキドキ・・・目が離せなかったです。

今回はネタばれ気味でいきます・・・

とにかく思ってたのと全然違ってた~。
Twitterでの一言感想では「第九地区の監督だもんね」と書いたのですが・・・そんなでは表すことが出来ない。なんていうか、とにかく斬新~~。

主演はスラムドックの人(デヴ・パテル)かと思ってたのですが~ギャングの2人っぽかった。その名もニンジャとヨーランディ。
彼らとチャッピーが出ずっぱりってカンジ?

私は頭良くないから難しいことはワカラナイのだけど・・・でもヨーランディのように難しいことは抜きにして、ロボットだって機械だもん。リモコン切っちゃえば?って私も言っちゃう。そういう単純なことが正解だったりするんだよね。今回はちょっと違うけど~彼女が可愛い声でそういうとそうかも~って思ったりして。
彼女が母性本能に目覚めていくくだりは良かった、なんか感動した・・・どんな悪事に手を染めていても、母性って別物。母と慕う子(子じゃない?)を前にすると“正しいこと”を教えなくては!と思うのね。「黒い羊」の絵本、良かった・・・


チャッピーの仕草が本当に幼児のようで、演じてたシャールト・コプリーさん、素晴らしいなって思った。


ディオンのデヴ・パテルは頭がいいけど、なんかオタオタするとことか人間味があってよかったと思う。
人付き合いは苦手だけど、そんな冷たい感じもなくチャッピーに対する感情も温かいものを感じた。そこが狙いかもですね。


この作品の一番の衝撃は・・・私はヒューです。
いつも素敵な役が多いから、今回のムーア。酷い!人類の未来に警鐘とか言ってるけど、結局は自分のエゴ・・・
すご~~く、ちっさい男だったわ・・・卑怯なヤツ。あげく自分の大切なムースも破壊されたじゃない・・・けど彼の脳神経回路を連動させる仕組みのおかげでチャッピーたちも助かった。


インパクトあったギャングたち・・・
パンフ見てびっくりしたんですが~実名で出てるんですね。ニンジャとヨーランディ。本物のミュージシャン。ラッパーだったとは・・・。彼らありきで作られたようで二度びっくり!
ニンジャの履いてたパンツにカタカナで「テンション」と書いてあったのが、ツボって。すご~~くいいシーンだったのにそこに目が行って困ったけどあれ自前ですって。日本が好きで、好きな言葉なんだって。ステージでも着てるらしい(笑)
ヨーランディは本当にキュートな声してるし、歌ってるステージが観たくなりました。かなりヘビーらしいけど・・・


シガーニー・ウィーヴァーは監督の好みでしょね・・・
この役は彼女じゃなくても・・と思ったけど、一瞬ムースに乗ったら似合いそうと思った!(爆)


チャッピーの拳を合わせてご挨拶・・・観てベイマックス思いだした~。

そうそう、以前は必ず購入していたパンフレットを最近は欲しいものだけにしているのですが、今回買ってよかった~中に面白い記事ありましたよ♪
架空の新聞「ヨハネスブルグ タイムズ」
<特集、あの企業人に聞く>のゲストはテトラバール社CEOのミシェル・ブラッドリー(シガニーのこと)「社長室に通されると、長身の女性が微笑みながら右手を差し出してきた・・・今や一躍時の人となったテトラバール社CEOのミシェル・ブラッドリーさんだ」と本当の記事のよう(笑)
この新聞には所々広告もちゃんとあって
「世界中の子供たちに広く愛され二十年 絵本“黒い羊と小鳥”株ハッピー出版」
とか「ヨハネスブルグ裏社会の皆さん御用達 タトゥースタジオ」とか小ネタも満載~楽しいです。

ネタではないけど、裏社会のボス、ヒッポのプールのある隠れ家は監督の家(今は使っていない)だそうです。
大切な人がみんな助かるラストも好み。
あ~~でも最初の方でチャッピーがいじめられるとこは哀しくて涙でそうになった・・・
後アメリカが可哀相だったし・・・

カーチェイスや爆撃シーンとかは凄かったかもしれないけど、そんなにときめかなかった。
やっぱりチャッピーとヒトとの関わりとか、成長してゆく過程が興味深かったかな。

人間の意識を取り出すとか・・・あり得ない~と思ってても
もしかしたら可能じゃね?って思っちゃう・・・この映画観たら。
時々、肉体が死んじゃったらこの“自分の意識”“想い”ってどうなっちゃうんだろう?って考える時があるけど~“無”じゃないっていうのも素敵かも・・・
永遠の命も困るけどね。



マリー的お気に入り度・・・★9個(好みの作品でした~)

コメント (10)   トラックバック (8)

Happy birthday to SOL

2015-05-18 14:59:51 | BIGBANG


+。*`゜+。*゜`゜+。*゜`゜+。   Happy birthday to SOL   +。*`゜+。*゜`゜+。*゜`゜+。





今日はSOLことテヤンことヨンベことべべの28歳(日本年齢27歳)の誕生日~おめでとう!
            ↑
どんだけ名前持ってるんだ~といつも言われちゃいますが(笑)私はべべと呼ぶのが好き♪

去年はバースデーの後にソロアルバム、Japanツアーとソロ活動が多くて、心ゆくまでべべを堪能しました~。ひんしゅくかも~だけど、BIGBANGもいいけど、やっぱりソロだと彼だけを観ていられるので
もっとソロ活動してほしい・・・(カムバ真っ最中にこんなこと言ってはダメかな・・・)

べべの声が大好き。
特に「Tell Me Goodbye」のべべが大好物!
今回のカムバアルバム、今のとこ2曲だけど~もっともっとべべの歌声をじっくり聴ける曲があるといいな。

彼にとって、素敵な年になりますように・・・


使おうと思ってた画像が見つからず・・・一応他の載せたけど~~~

ジヨンなんてインスタで
「よんべ、生まれてくれてありがとう」って、こんな合成載せてて~これに適うのはないわ~♪大爆笑!!!
コメント (2)

『駆込み女と駆出し男』 試写会で鑑賞

2015-05-16 23:50:32 | 映画(か)
                 明日への希望が満ちてくる、笑って泣ける人情エンタテインメント!!



『駆込み女と駆出し男』
原案・・・ 井上ひさし
監督・脚本・・・ 原田眞人
出演・・・大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、キムラ緑子、木場勝己、神野三鈴、武田真治 、北村有起哉、橋本じゅん、山崎一、麿赤兒、中村嘉葎雄、樹木希林、堤真一、山崎努 他

                    【解説】
劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。『クライマーズ・ハイ』、『わが母の記』などの原田眞人監督がメガホンを取り、主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。
                    【STORY】
江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。



久々の試写会で鑑賞。

実は、江戸言葉が難しいのか、私の耳が悪いのか・・・台詞が聞き取れないことが何度かありました。結構な長台詞を一気にまくしたてるからかな?
言葉遊びみたいなのもいくつかあったけど、江戸時代にこんな言葉?とちょいびっくり・・・事実?

名前では、恵梨香ちゃんの役じょごという響きがスッと入って来なくて・・・浮かぶのがカタカナ(笑)「ジョゴ?」
うめとか、およねとかなら聞き馴染みがあるのだけど・・・ジョゴ・・・ジョゴ・・・入ってこなかったな~~~じょごという名前は当時ポピュラーなのかな?

けど、たとえ台詞が分からなくても(笑)名前が分からなくても、とても楽しめました。
時代背景が分かっていれば、きっとさらに楽しめますね。そういえば江戸時代末期って質素倹約なのか・・・途中で思い出しました。
そんな時代でも、悪い人々はお楽しみで~
最初の方にセクシーシーンがありますが・・・もろにHなシーンより、こういうシーンの方がエロくないですか?私は好きです←


大泉さんは素でやってる?お調子者~~~。
なんかいつの間にか、こういうポジション・・・役者さんとして確固たる位置築いてない?台詞回しが聞きづらいとこもあったけど、分からなくても雰囲気でスルーできたからヨシです。


じょごの駆け込みは心から応援したくなった!
いるよね・・・こんな理不尽な目に合ってる健気な妻。大好きな鉄練りの仕事を捨てても逃げたい・・・その気持ちが彼女の表情からヒシヒシと伝わってちゃんと駆け込めた時はホッとした!
恵梨香ちゃんはSPECとか変わった子もイケるし~時代劇もgood!初挑戦だそうですが~すごく良かった!
ひたむきさと、優しさと、そして強さと兼ね備えてて。彼女が演じると嫌味なく、ス~っと入って来ます。


堀切屋の愛人お吟さん、なんで駆け込んだんだろう・・と思ったら、切ない女心・・・
満島ひかり演じるお吟と堀切屋三郎衛門、満島ひかりと堤さん、この2人のエピソードがよかった。堤さんはこういう役上手いよね~言葉なくてもホント伝わる。グッときた・・・あの声は届いていたよね。絶対・・・涙・・・
ただあんなに粋な女性・・・ひかりちゃんはちょっと若いかな。宮沢りえとか中谷美紀さんが似合いそうな役柄。まぁ、年齢的にそれではいきすぎで若い女優さんにしたのでしょうね。


女性剣士ゆうって誰だっけ?見覚えあるけど・・・と思ってたら内山理名ちゃん・・・イメージ変わった?いい意味で・・・


みんなよかったんですが~一番ツボったのはお勝さんでしょうか・・・
キムラ緑子さん・・・反則反則~普通に可笑しい。信次郎とのトークバトルとか可笑しくて可笑しくて笑いが止まらなかったわ~。
いいわぁ~~~。本当に楽しい!


樹木さんとか山崎努さんとか中村嘉葎雄さんとか・・・スクリーンに姿映ると存在感。安心感。
一言一言聴きもらすまいと聴いてしまう・・・


東慶寺院代・法秀尼・・・陽月華さん、宝塚みたい~と思ったらそうでした。元宝塚。
尼寺での彼女の立ち居振る舞いがもう笑いを誘うレベルで、顔も目も見てはいけないのに診察しなければならない信次郎に代わって診療の出助け?単なる邪魔(笑)をするシーンはあちこちで笑いが・・・
これってNG連発だったんじゃない?って想像出来るシーンがいくつもありました。


女スパイさん(手はCG?)のあの部屋でのエピもよかった・・・
こういう細かい演出好きだな・・・

驚いたこと・・・
追手に追われながら駆け込む際には、身体は間に合わなくても、履いていた草履や身につけていた櫛などを門前に投げ入れてもOK。
こういうギリギリのルールがあるということは、不運にも門に入れなくて捕まってしまった方もいたってことでしょね。哀しい・・・

後、この映画にも描かれていたけど・・・
決まりというものがあっても力でねじ伏せようとする悪党も絶対いたハズで。手に負えない・・・狂犬病みたいなという表現もありましたが
殺傷事件もあったかもしれませんね。
世の中いつの時代も、愛情というものは複雑。かわいさ余って憎さ百倍~難しいですね。

「泣いたあとには、笑いましょうよ」広告通りの作品・・・
迷っていたけど、私は観れてよかったです!



マリー的お気に入り度・・・★8個+半以上~


コメント (8)   トラックバック (13)

【2015 東方神起・新羅ファンミーティングinソウル】へ行ってきました~♪後編

2015-05-15 21:26:01 | 東方神起
              【SMTOWN coex Artrium】東方神起10周年のお祝いバージョンになってました♪




【2015 東方神起・新羅ファンミーティングinソウル】へ行ってきました~♪前編の続きです・・・

4月11日のファンミ・・・あれから1カ月以上が過ぎてしまった・・・今更ですが、自分用レポ。
後日送付ということで到着を待っていた集合写真も届きましたが、サイズが小さい~~~!
しかもユノとチャミは一番後ろだから本当に小さい・・・お金出してもいいからもっと大きいの欲しかった~(BIGBANGの時は有料で大きなサイズを購入できたのになぁ)
でも、文句言っちゃ罰が当たる~うん、いい記念になりました。

さて、感動のファンミの後は
ずっと行きたかった【SMTOWN coex Artrium】へ・・・観たかった『School OZ』、日本で18時の回を予約してあったので(しかもお得価格でチケットが買えた♪)Kちゃんと急いで向かいました。
下調べしといたから、スムーズにCOEXモール隣にある【SMTOWN coex Artrium】に到着~。
入場口からテンション上がった!
予約券をチケットに変えて貰って入場なのかなと思ったら、こちらこちらと案内されてユノの映像前に立たされパシャって写真撮られて・・・
真剣に表情を作る暇もなくアッという間にフォトチケットの完成です。
コレ、SM事務所所属の希望のグループと撮れるらしい。でも、見るからにトンペンの私達は希望を言わなくても東方神起ゾーンに連れていかれた(爆)みたい。

日本のツアーのプレミアムシートのカードチケットも嫌だけど(あのカッコいい2人の横に自分の顔のアップってある意味罰ゲーム)
このチケットも嬉し恥ずかし(笑)しかも予測してなかったから顔が油断してる!(笑)

ビル入り口とシアター座席
入場したら、席もいいカンジの場所で(前でもなく後ろでもなく中央の通路側で)
ただ始まるまで両横と中央のスクリーンにさっき撮った自分の写真がチラチラと登場する~。これってBIGBANG所属YGの【3Dライブホログラムシアター】の時と同じだ~。
緊張感のない自分の顔が何度も現れる~~~。Kちゃんと二人出る度に大笑い。もう勘弁して~~~。


始まりました!『School OZ』
とっても楽しかった!本当に面白い~~~。
ちょっとネタばれしてますので、知りたくない方はご注意ください。



『School OZ』日本語、英語、中国語字幕あり

                     【解説】
ミュージカル「School OZ」は魔法の国、オズを背景にSchool OZに掛かった封印を解いてくれる「偉大な騎士」を選抜する大会の前日に失踪したドロシーを探して旅立つファンタジーアドベンチャーを描いた作品で、SMアーティストたちのヒット曲と魔法使い、魔女等、様々な登場人物、魔法を素材にした豊かな見ものが110分間繰り広げられる幻想的なホログラムミュージカルで家族みんなで楽しむのに十分だ。
                     【STORY】
AD 10世紀、人間世界に戦争の歴史が始まると、「周囲の力全てを吸収する」という理由で禁止された『黒魔術』を使う黒魔女団が現れ、世界を支配しようとした。これに対して、正義の魔術師は、 世界を救う強力な魔法を研究するため、伝説の中の偉大な『オズの魔法使い』を探しに行く。
魔術師の善意を喜んだオズは新しい魔法を研究するため、魔法学校『スクールオズ』を建て、すべてのエナジーを最大化させる『太陽の書』を作った。
オズと魔術師は、時空を超越するポート(どこでもドアのような・・・)を完成させ、正義の魔法の力を通じて、人間世界は再び平和が戻った。
しかし『太陽の書』の強力な能力を使い黒魔女団が戦争を起こし、 人間世界にも欲や、憎しみが溢れるようになると、 「大いなる魔法の力を持つ『偉大な騎士』が誕生すればこそ封印が解ける」と予言を残したまま『太陽の書』を『スクールオズ』内にある最も深い祭壇に封印する...。
千年の歳月が流れる間、黒魔女団の末裔は、虎視眈々と『太陽の書』を狙って戦争を起こし、 黒魔術の子孫は、“偉大な騎士”を誕生させるために努力した。しかし、ついに過去999年の間すべてが失敗に終わり、最後である1000年の年となった。
『太陽の書』の封印を解いて、生命のオーラを起こし 『スクールオズ』を得ることができる“偉大な騎士”の誕生に挑戦する卒業生代表選抜を一日前に控えた日、ドロシー(スルギ)が魔女グースに拉致され、同級生のオスカー(チャンミン)、ディアナ(ルナ)、ハンス(スホ)、デイビッド(キー)、アクイラ(シウミン)、がドロシーを見つけに行く...
ドロシーを見つけるため、学校の中で探し当てた風景画が外の世界と繋がった魔法の通路ポートであることを知った彼らは魔女グースを追って、絵の中に飛び込のであった。
生徒たちは時空を超えて、ドロシーが閉じ込められている黒夜の島『グリーンランド』に到着する・・・
そして・・・.



最初から~魔女が客席後ろから登場してびっくり!途中にもちょっとしたサプライズがあります~。もちろん、私のお気に入りさんがいっぱい出てるのもあるけど、ただの映画ファンとしてもすご~~く楽しかったです。
ちょっとハリポタ魔法学校っぽい感じなのですが・・・それぞれのキャラが合ってて。
優等生チャミが実は・・・とか、キーちゃん(SHINeeで一番のお気に入り♪)がムードメーカーでとっても楽しいし。2人の女装も見ものですね~。チャミが可愛い!EXOの2人シウちゃん(シウミン、EXOで一番のお気に入り♪)とスホも良かったし~
女の子はルナが良かった~。
サプライズも客席でも本当に楽しめます。
おススメ~。

ミュージカルなので歌った曲は
MAMA
Genie
Sherlock
チャンミンのオリジナルソロ
One dream

Twinkle
 ←こちらチャミが女装で胸を揺らして(爆)可愛く歌います!

チャンミンとキーちゃんがこっそり学校を抜け出す為に、そっくりロボットを置いて行くんだけど(パーマンみたい 笑)そのロボットがEverybodyやRing Ding Dongを踊るんだけど、もう大爆笑~~~。ほんっとに楽しいの。


楽しんだ後は、お買いものといろんな場所で写真をたくさ~~ん撮る撮る。

キーちゃんやテミンちゃんにもご挨拶(笑)
時間が足りない~~~。
お腹も空いてる~~~。
軽くランチしてから8時間以上何も食べてなかった私達・・・Kちゃんと地元のお店を探すもなかなか見つからず(もう閉店ってとこが多くて)やっと見つけて居酒屋さんへ。
食べながら楽しかった一日を振り返る~。
一人で来ていたら、こうやって語り合うことも出来なかったなぁと、東方神起が繋いでくれた出会いに感謝。
行きの関空、飛行機で仲良くなった方々とも今でも時々LINEで交流したりしてます。

翌日、私の便は早朝出発の為~朝4時50分集合です!過酷!!寝坊しないようにするのが精一杯・・・
4月13日(日)8時30分金浦空港を発ちました。
滞在時間33時間?ぐらいの短い旅だったけど、充実した幸せな時間を過ごせました。
黙って出してくれる家族にも、仕事を調節してくれる職場仲間にも感謝しかない・・・ありがとうございます。
そして、こんな素敵な想い出をくれたユノ、チャンミン~ありがとう!

忘れられない旅になりました♪シアワセ・・・

コメント (6)