pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ワールド・ウォーZ』2D字幕

2013-08-11 17:34:23 | 映画(わ行)
             守るのは家族か、世界か。



『ワールド・ウォーZ』
監督・・・マーク・フォースター
製作・・・ブラッド・ピット
原作・・・マックス・ブルックス
出演・・・ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス 他

                      
                     【解説】
ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスターのブラッド・ピットが主人公にふんし、製作も兼任。監督は『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースター。無数の感染者が群がって生じた巨大人柱が防壁を越えようとするなど、圧倒的映像の数々に息をのむ。
                     【STORY】
元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の乗った車が、渋滞にはまっていた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて、彼は人間を凶暴化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、各国を回ってウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。



もちろん2D字幕を選択~。
かなり前にブラピがゾンビものに出るって報道があったからゾンビものってことは、みんな知ってるのかと思っていたら、やはり一般の方にはびっくりされる方もいて・・・字幕に“ゾンビ”という文字が出た途端~一名退場・・・そんなに嫌ですか~???
でも、わりとソフトゾンビ(笑)だったと思います。
ただ、どこから出るんだろうとドキドキするシーンはあったけどね・・・。

ゾンビより何より、一番凄かったのは飛行機のシーン。
特撮だと思うけど、あんな風に紙きれのようにたくさんの人が飛んでゆく姿を観たのは初めてで~心臓バクバクした!

後、各国の対応で~某・北の国の対応に驚愕・・・
そんなことしちゃ、命助かってもこれから大変では???某国民に同情・・・
「パシリム」と違って日本のにの字も出てこなかった・・・韓国なのね。

そして気付いたこと・・・「パシリム」同様、“壁”は何の役にも立たないということ・・・←ここ重要(笑)


予告編で何度も観ていた高い壁に群がる無数の人々(あえて人と言います)
昔の城を落とす時のようだ・・・まぁ頭使えないから、道具は使わず体力?勝負だけど(笑)共喰いってないのかな?
感染させるだけなのかな?

テーマとしては家族愛~家族を守る為に命をかける姿・・・なのかな。
でも、あの奥さまは命がけで現地へ向かう夫に対してちょっとワガママ。ケータイにかけ直すなんて、ちょっと考えてよ~と思った。
もっと日本的に(?)耐える女性なら共感出来たかな。
ああいう場面では一般人はお荷物でしかないんだな~。哀しいけど、そりゃそうだよね。現実を突きつけられた気がした。


ブラピは惚れこんでこの映画を作ったんだな~って、よ~~~く分かりました。似合うもん。
家族を愛するデキる男。
プランBはいろんなジャンルの面白い作品を輩出してるよね。プロデューサーとしての腕もなかなかですよね。


イスラエル軍の逞しいセガン中尉・・・髪を剃ったクリステン・スチュワートに見えたのは私だけでしょうか?
クリステンがヴァンパイアになりそう~な病的なカンジがどことなく似ているなぁと。


ゾンビのアップはあんまりないので、そんなに怖くなかった。大量発生で地面を埋め尽くす~~~というシーンもあんまり現実感なく冷静に観れた。
国連の仕事って今までよく分かっていなかったなぁ。
ジェリーが世界各地で会う人々は原則、現地の俳優さんを起用したそうで、そういう細かいところが真実味を与えているのかも。
びっくりしたのは一番最初の感染者の方。身体がヘンな風に曲がったり~怖い動きをしていたけど、あれはCGじゃなくて、あの俳優さんの演技なんだって。動きのスペシャリストだそうです~。

あの、若きウイルス学者さんは必要でしたか?
ただ“いい言葉”を残すだけの為の登場でしょうか・・・あっけなくて、びっくりしました~~~。

ジェリーの最後の決断は、一体どのウイルスを選んだの?とドキドキした!偽装ワクチンって画期的なアイデアだよね。凄い・・・



マリー的お気に入り度 ・・・★8個+半(ゾンビがキモくなくてよかった・・・ほっ)

コメント (16)   トラックバック (18)

『ワイルド・スピード EURO MISSION』

2013-07-09 22:08:25 | 映画(わ行)
              常識を覆すミッションが、始動する。


『ワイルド・スピード EURO MISSION』
監督・・・ジャスティン・リン
製作・・・ヴィン・ディーゼル/ ニール・H・モリッツ
出演・・・ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、ガル・ギャドット、サン・カン、ルーク・エヴァンス 他
【解説】
ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが演じるすご腕ドライバーがカスタムカーを操り、派手で斬新なカー・アクションを繰り広げる人気シリーズの第6弾。宿敵であるFBI捜査官から仕事を依頼された逃亡中の主人公が、再びチームを結成し、ヨーロッパを舞台に巨大犯罪組織の壊滅に乗り出す。監督は前々作と前作のメガホンを取り、好評だったジャスティン・リン。アイデア満載のカー・アクションと共に、ミシェル・ロドリゲス演じる4作目で死んだはずの主人公の恋人が再登場するなど物語の展開にも目が離せない。
【STORY】
リオデジャネイロの犯罪王から100億円を、まんまと奪い取ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)。その後、逃亡し続けていたドミニクだったが、世界中で犯罪行為に手を染める巨大犯罪組織を追うFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に協力を依頼される。ホブスの話によると、その犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)だった。




※ちょっとネタバレしてます~~~





ハチャメチャ~!めちゃくちゃ!!やりたい放題!!!これなんのシリーズだ?というクイズに誰もが正解できそうな映画。
今回も壊しまくってましたね~。
車だけじゃないんだもの~道路や建物や、戦車、飛行機・・・よくこんなこと思いつくなぁとあきれるほどです。
気持ちよく壊せていいな~羨ましい(笑)

そして、亡くなったハズのレティ・・・実はこんな感じで生きてました~って、ちょっとズルい~(笑)
あの時、泣いた私の涙を返してください~~~。
どうせなら、ジゼルも下にクッションあって大丈夫だよ!を期待!!

なんで、みんないろんなとこに住んでるの?と思ったら・・・国際指名手配されたままなんだった・・・忘れてた・・・


ツルっツルなのにカッコいいヴィン・ディーゼル。
同じくツルっツルなのに素敵なドウェイン・ジョンソン。敵だったはずの2人がタッグを組んで、挑む悪役は~
キレ者のショウはルーク・エヴァンス。素敵だった~~~。今まで、神様役が多くて(アポロンとかゼウスとか)神々しかったのですが~今回は仲間も歯車の一つとしか思えない合理主義の男。
悪い人って、すぐに人質取る。これが一番相手が言うことを聞くから。卑怯!あっさり捕まっておかしいと思ったわ。プンプン!


ずっと主演だったブライアン。ポール・ウォーカーが、パパになっちゃって~ちょっと大人しくなった気がする。
すっかり、ホブス(ドウェイン)にお株を奪われたような???


男前のミシェル・ロドリゲス姐さんが戻って来て、誰がお相手をするのかな?と思ったら~~ライリー(ジーナ・カラーノ)なんと、上をいく男前~!
ドウェインさんと一緒に歩いていても見劣りしないんだからびっくりです!逞しい腕、身体・・・女同士2人のバトルが凄かった~~~。男性より迫力あるのは何故?階段転げ落ち~とかスタントでしょうが、めっちゃ痛そうでした。
見てるだけで、私の身体あちこちに青痣が出来そうだった。黒魔術使いましたか?!(笑)


どのシーンも、見応えあったけど凄すぎて実感湧かない・・・全部凄いから、どれが一番って言えないのが残念。
冒頭のドミニクとブライアンの山道カーチェイス~と思ったら出産か~い!?(爆)最初からドキドキ・ワクワクして見入ってしまったけどね。
後はやっぱり高速道路でのカーチェイスかな。戦車は反則だよね・・・あれには敵わないでしょう・・・
あ~~~凄かった!本当に凄かった~~~。←これしか言えない。
ドミニク捨て身のナイスキャッチ!あんなことされたら記憶失ってても心揺れるよね~~~。ねっ?レティさん。
あれはあり得ない~~~と思ったけど、他もみんなあり得ないことだらけだし目立たない。。。
飛び立とうとしてる飛行機を飛ばせないようにモリ?みたいの突き刺して車ぶら下げてる~~~。これはもう異次元アクション?
なんでもありなのね。。。と呟いてしまった。

ハンとジゼルのいい雰囲気の会話・・・
でもこれって○○フラグ???と思ったら~~涙、涙、涙

エンドロール始まってすぐのオマケって珍しいですよね。
驚きの東京で、びっくりの方が登場~~~。またまたツルっ!!(笑)
続編期待ってことですか~~~?

はぁ。とっても肩に力が入って疲れたけど~面白かったです。



マリー的お気に入り度 ・・・★8個+半(3Dにしないとこがいい~)


コメント (8)   トラックバック (10)

『ワイルド・スピード MEGA MAX』

2011-10-04 20:19:24 | 映画(わ行)
           シリーズ全作から主要メンバー総終結!!
    
             “史上最速”ドリーム・チーム結成!!        
                     



『ワイルド・スピード MEGA MAX』

監督・・・ジャスティン・リン キャスト
出演・・・ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ドウェイン・ジョンソン 他


 【解説】
伝説の名車や高級車が惜しげもなく激しいカーアクションを繰り広げる『ワイルド・スピード』シリーズの第5弾。前作の後日談となる本作では、超高級車の強奪などを命懸けでこなすドミニクとブライアンが、逃亡生活から抜け出して永遠の自由を得るため、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪う無謀な計画を実行する。ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーらに、新たに参戦したザ・ロックことドウェイン・ジョンソンや、過去の主要キャストも出演するドリーム・チームの大暴走に期待だ。

 【STORY】
前科者ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と彼を脱獄させた元捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は、お尋ね者として追われながら、ブラジルの裏社会で超高級車の強奪を繰り返していた。逃亡生活から抜け出して永遠の自由を得たい彼らだったが、彼らを逮捕する特命を受けた連邦捜査官ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が立ちはだかる。




前日にTVで前作の放映があって~最後にこの映画の冒頭が流され、見せすぎでは?の声も聞かれるほど
見せてもらえたので・・・なんの違和感もなく鑑賞出来ました。

実は、このシリーズを劇場で観たのは少ないんです。私のレビュー調べたら1作しか書いてなかった。
それもヴィンもポールも出ていない『ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT』だけで・・・
けど、TVでやれば観ていたので、お馴染みって感じ。

やっぱり劇場鑑賞の迫力は凄い!!

あまりの破壊に目をまる~~く、口をあんぐ~りしてしまいました。
どれだけ車壊しちゃうの・・・!?
数日前に新車購入して、ソッと乗ってる(笑)私には恐ろしいことです~~~。

車で車破壊~も凄かったけど

あの金庫!!!
金庫で車から建物まで全て破壊!こんなの初めて見た~。

ホント驚きました。

200台以上壊してしまったらしいけど(壊して直して又壊したのいれたら、もっとだって!)
最初、ちょっと勿体なくて(貧乏性だ 笑)お~・・・とか、あ~・・・とか思ったけど
ここまでくると、もうなんでもあり~?
やっちゃって。やっちゃって。って気分になるから不思議です。


ストーリーは『オーシャンズ』っぽいかな?と思ったけど
あちらは頭脳を駆使し、こちらは頭脳も必要だけど割りと力ずくってカンジ。



ヴィンってずっとあの頭だっけ?
髪の毛あるトコって見たことないかも~~~。
でも、素晴らしい身体してるからカッコいいよね。逞しい胸とか腕とか・・・そんなにムッキムキが好きな私ではないけどステキ。


ポール・ウォーカーも昔より今の方が好きだな。
渋くなった・・・


ミア役のジョーダナ・ブリュースターって若いころのデミ(アシュトン妻)に少し似てる。


正義感溢れる女性警官=エルサ・パタキーもよかったですね~。
次回作あったらまた重要キャスト?


仲間たちは、なんか安心して見ていられるな。
3に出ていたサン・カンも変わらないな~~~。


粋な敵役として登場のスコーピオン・キング(私にはこのイメージが強い!)=ドウェイン・ジョンソンとのバトルはものすご~~い迫力。
肉弾戦というのかな~
身体と身体のぶつかり合い!
2人ともツルっだから後姿はどっちがどっちかワカラナイ・・・



カーアクションもさることながら、今回は屋根から屋根へ逃げる、追いかける・・・まるでジェイソン・ボーンのようなシーンもあり
ストリートレースのシーンではアニメ『カーズ』の世界が実写で!(笑)
セクシーな美女も大勢~(いいなぁ、あんなスタイルになりたい・・・ボン、きゅっ、ボン)
楽しめました~


おまけシーンにはびっくり!
エヴァ好きなの♪嬉しいサプライズ~


マリー的お気に入り度 ・・・ ★8個半ちょい

コメント (10)   トラックバック (12)