pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

『ジャージー・ボーイズ』

2014-10-17 23:13:15 | 映画(し)
                     世界が愛した4人の若者
                       その栄光と挫折、そして再生の実話



『ジャージー・ボーイズ』
監督・製作・・・クリント・イーストウッド
製作・・・グレアム・キング / ロバート・ロレンツ
製作総指揮・・・フランキー・ヴァリ / ボブ・ゴーディオ / ティム・ムーア / ティム・ヘディントン / ブレット・ラトナー / ジェイムズ・パッカー / スティーブン・ムニューチン
出演・・・ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン 他

                              【解説】
『グラン・トリノ』などの名匠クリント・イーストウッドが監督を務め、ブロードウェイの大ヒットミュージカルを基に描くドラマ。1960年代にザ・ビートルズと並ぶほどの人気を誇ったアメリカのポップスグループ、ザ・フォー・シーズンズの光と影を数々の名曲と共に映し出す。ブロードウェイ版同様ジョン・ロイド・ヤングが、バンドのリードボーカル役を担当。グループの宿命でもあるメンバーの友情と不和、栄光と転落の物語が胸に響く。
                              【STORY】
ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、瞬く間にトップスターの座に就くが……。


なんだかんだ言いながら、私はイーストウッド監督作が好きみたいです。
面白かった・・・

この映画観終わった後はずっと「Short Shorts」が頭から離れない・・・
♪Who wear short shorts? ちゃららららら~~♪We wear short shorts!♪
この曲を作ったのがボブだとは知らなかったなぁ~~~。
しかもあんな若い頃、真面目時代(爆)に作ったんだ・・・凄く才能がある方なのね。

最初の方は、みんな10代(16歳とか)の役なので、ひじょ~~に無理があってちょっと苦笑しちゃって。あまりにも老けた16歳・・・
だんだん年齢を重ねて違和感なくなってきたけど、冒頭の床屋さん見習いシーンでおっさんかと思ってしまってて(暴言)話し進むにつれて少年だったんだ!とびっくり。見た目はともかくファルセットが素晴らしい・・・
と、まぁ言いたい放題言ってます。

スクリーンから、私達観客に話しかけてくるあの演出がとっても楽しくて好みだったのですが~
それは舞台でもやられている演出だそうで、フォー・シーズンズの各メンバーがそれぞれの視点から語る構成が本当に良かった。あれでグッと惹きこまれました。
出演者のほとんどの方が舞台版と同じだとか・・・
こういう映画にはよくあることなのでしょうか。

そんな中、マフィアのボスを演じるクリストファー・ウォーケンが異彩を放っていました~。
彼がフランキーの歌(母の瞳)に涙をこぼすシーンも印象に残りました。

実話なんですよね?
メンバーのトミーとかは本当に小チンピラだったの?刑務所に入ったり出たりあんな過去があっても、さわやかグループとして人気者になれたのは
やはり時代なのかな。今のようにピリピリしてないおおらかな時代。
盗みをしたり借金をしたり、メンバーに迷惑もかけるけど、彼がいなかったらフランキーも音楽の世界に入れなかったかもしれないし・・・きっとずっと恩を感じていたから最後まで面倒をみていたんでしょうね。
それに純情なボブに女の子を紹介したり~いいとこも色々あって。
彼に一番、華やかな芸能界の明と暗を見た・・・

全然違う性格の4人が音楽だけで結ばれて作られたグループ。
人気が出て売れれば大金も入り~生活もがらりと変わってしまう。それを受け入れ普通にいられるかどうかで人生は全く違ったものになりますね。

どの曲も一度は耳にしたことがある。
数々のヒット曲の裏にこんなに色々なことが起こっていたとは・・・事実は小説より奇なり。そんなことを思いながら鑑賞しました。
製作総指揮にはフランキー・ヴァリやボブ・ゴーディオご本人たちも名を連ね、今なおご健在現役だったとは・・・こちらも驚き。

イケメンハンターとしては(笑)ビビッとくる人には出会わなかったのですが~
トミー役のヴィンセント・ピアッツァが気になったな・・・


マリー的お気に入り度・・・ ★8個+半ちょっと

コメント (16)   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

2014年10月に観たい映画 覚書

2014-10-02 20:16:23 | ★映画★
今月はちょっとおとなしいカンジでしょうか~?
個人的には、ここ最近観た映画の満足度が高くて(『怪しい彼女』と『ジャージー・ボーイズ』)しばらく映画観なくてもやっていけるわ。と思えてて(笑)

今週末にはユノたち東方神起が所属するSM事務所アーティストが勢ぞろいする 「SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅳ in TOKYO」味の素スタジアムのライヴビューイングに参戦します♪
席が抽選で自分で選べず、前から3列目なのがツライ・・・本当のライヴなら本当に嬉しい席ですが・・・映画館ではいつも最後列の私には苦しい。耐えられるかな?
来週はそれにも参加するSHINeeのライヴに参戦~♪
やはり生のステージは最高なので楽しみです!実は8月に2日間、9月に2日間参戦した『SOL JAPAN TOUR "RISE" 2014』があまりにも楽しくて今ちょっとSOLロス症候群・・・本当に本当に幸せな時間を過ごせたので簡単にでもレポはしたいと思っているのですが。。。そのうち(いつだろう?)


映画で楽しみなのはルーク・エヴァンスのドラキュラ~。吸血鬼もの好きなので期待。
先月までのレビューも溜まりに溜まってますが><; 皆様のところへ伺えないのがツライ。サミシイ。ホントすみません。。。

では、今月観たい映画ピックアップ・・・




◆ 『ザ・テノール 真実の物語』 ◆ 10月11日(土)公開
伊勢谷友介と『ミッドナイトFM』などのユ・ジテが共演を果たし、韓国のテノール歌手べー・チェチョルの奇跡の実話を基につづる感動作。甲状腺ガンの影響で一度は歌声を失ったテノール歌手が、音楽プロデューサーの献身的な助けを受けて再び美声を取り戻すまでの厳しい道のりを映す。『第7鉱区』などのチャ・イェリョンや『僕は友達が少ない』などの北乃きいらが共演。人々の国境を越えた友情や愛情、音楽への情熱に感銘を受ける。

韓国・実話というだけですでに期待の1本。


◆ 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 ◆ 10月18日(土)公開
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかなシンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生に迫る伝記ドラマ。夫のモナコ大公レーニエ3世と、当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの間に起きた国家的危機に立ち向かっていく姿を描く。『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』などのオリヴィエ・ダアンがメガホンを取り、主演は人気女優ニコール・キッドマン。『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』などのティム・ロス、『フロスト×ニクソン』などのフランク・ランジェラらが共演。

こちらも実話?美しいニコール。グレース公妃がお似合い~。


◆ 『ヘラクレス』 ◆ 10月24日(金)公開
ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー。全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追う。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『オーバードライヴ』などのドゥエイン・ジョンソンが主演を務め、その脇を『スノーピアサー』などのジョン・ハート、『恋におちたシェイクスピア』などのジョセフ・ファインズら実力派が固める。次々と現れるクリーチャーや、それらを倒すドゥエインの肉体美に圧倒される。

ドゥエイン・ジョンソンさん・・・ヘラクレス。まさにハマり役?


◆ 『イコライザー』 ◆ 10月25日(土)公開
どんな裏仕事も19秒で完遂する元CIA工作員にデンゼル・ワシントン、娼婦(しょうふ)の少女にクロエ・グレース・モレッツがふんしたアクション。ホームセンターの従業員として働く元工作員が10代の娼婦(しょうふ)と出会ったことをきっかけに、警察が関われない不正を始末する仕事請負人となる姿を追う。監督は、『トレーニング デイ』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』などのアントワーン・フークア。演技派デンゼルのクールなアクションと、クロエの娼婦(しょうふ)役への挑戦が見どころ。

あっ!予告では一番気になってるのがコレです。安定のデンゼルさん。キュートなクロエちゃん。ストーリーも想像出来るし、安心して鑑賞予定。


◆ 『ドラキュラZERO』 ◆ 10月31日(金)公開
『ワイルド・スピード EURO MISSION』などのルーク・エヴァンスが主演を務め、オスマン帝国の侵略から自国を死守するため悪に変じた君主の戦いを描くアクション。ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」のモデルとなった15世紀の実在の君主をモチーフに、愛ゆえに強大な悪と化す男の数奇な運命に迫る。主人公の妻を、『アンチヴァイラル』などのサラ・ガドンが好演。悲しくも美しいヒーロー伝説に圧倒される。

予告でもとっても惹かれる!早く観たいけど月末なのね・・・



遅れて公開で観たいものは、やはり韓国映画多し・・・

◆ 『ゲッタウェイ スーパースネーク』
妻を誘拐された元レーサーが、名車であるマスタング・シェルビーGT500スーパースネークを駆使し決死のカーチェイスに挑むカーアクション。ヒットメーカーのジョエル・シルヴァー製作総指揮のもと、『ダンジョン&ドラゴン』などのコートニー・ソロモンがメガホンを取る。主演はマスタングのファンを自任するイーサン・ホーク、共演に『スプリング・ブレイカーズ』などのセレーナ・ゴメスら。CGを排し、70台のカメラと22人のスタントマンが結集して撮影されたアクションシーンは迫力満点。

イーサンだから観たいけど・・・


◆ 『テロ,ライブ』
視聴率獲得を重視するメディアのモラルを問い掛ける、韓国発のサスペンススリラー。爆弾テロ犯からの電話を受けたアナウンサーに待ち受ける、思わぬ運命と事件の行方を追い掛けていく。メガホンを取ったのは、新鋭キム・ビョンウ。『ベルリンファイル』のハ・ジョンウが、テロ犯との通話の独占生放送で表舞台に返り咲こうとする主人公の元国民的アナウンサーを熱演する。生々しい迫力に満ちた大橋爆破シーンに加え、リアルタイム形式の演出も物語のテンションを高めている。

韓国のこういうタイプの映画は本当にハラハラするよね。心臓に悪そうだけど(笑)観たい。


◆ 『サスペクト 哀しき容疑者』
リベンジを誓った追跡者にして、殺人容疑の掛かった逃亡者である北朝鮮特殊部隊の元エリート工作員を、『トガニ 幼き瞳の告発』などのコン・ユが演じるアクション。妻子を殺した犯人を捜すために脱北した主人公が殺人事件を目にしたことで、憎き敵を追跡しつつも、自らも容疑者として追跡されるさまをスリリングに描く。メガホンを取るのは、『セブンデイズ』などのウォン・シニョン。『依頼人』などのパク・ヒスン、『哀しき獣』などのチョ・ソンハなどが共演。肉弾戦やカーチェイスなど壮絶なアクションはもちろん、登場人物たちの思惑が絡み合うドラマも見応えがある。

こちらも面白そう~~~。


◆ 『プロミスト・ランド』
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が再び手を組んだ社会派ドラマ。新たなエネルギー源として注目を浴びるシェールガス革命を背景に、脚本と製作もこなすマット演じる大手エネルギー会社の社員が、ガス採掘権を買収すべく訪れた田舎町で住民との交流を通じ、自身の人生を見つめ直していく。共演には『お家(うち)をさがそう』のジョン・クラシンスキーや、オスカー女優のフランシス・マクドーマンドら実力派がそろう。

硬派な映画ではこちら。でも、私の場合娯楽作優先なので(汗)どうかな~


多分観れないけど、アニメが2本。
両方とも予告は観ました~。まぁ観れたらで・・・

◆ 『メアリーと秘密の王国』 
『アイス・エイジ』、『ロボッツ』のクリス・ウェッジが監督を務め、神秘の森を舞台に平凡な少女と小さな人たちが繰り広げる冒険を鮮やかな映像で描くアニメ。少女が森の王国に住む女王と出会ったことから、自然あふれる森を守るべく仲間と共に戦う姿を活写する。日本語吹き替え版のヒロインの声を高垣彩陽が担当するほか、小野大輔、小山力也などの人気声優たちが集結。最新のCG技術を駆使して描かれる美しい自然の描写に息をのむとともに、友情や父娘の絆を描くストーリーが胸に迫る。

◆ 『ミニスキュル ~森の小さな仲間たち~』

コメント (14)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加