pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年7月に観たい映画 覚書

2014-06-30 21:45:49 | ★映画★
                      母娘共演?



今年も半年終わりましたね~。
私的には、前半戦は充実した毎日を過ごせました・・・後半もなるべく笑顔で楽しい日々を過ごせますように・・・。

7月に観たい作品ピックアップ♪



◆ 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 ◆ 7月4日(金)公開
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ・リーマン。主人公と共闘する特殊部隊の女兵士には、『プラダを着た悪魔』などのエミリー・ブラントがふんする。トムらしいバトルシーンはもちろん、日本の小説がハリウッド大作として派手に活写されていることにも期待。

原作が日本っていうだけで興味あり~~~。原作本を横に置いて読まないで我慢してる・・・(笑)←観てから読む派


◆ 『マレフィセント』 ◆ 7月5日(土)公開
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。マレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。監督は、『アバター』などのプロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロンバーグ。エル・ファニングやアンジーの娘ヴィヴィアン・ジョリー=ピットが共演。おとぎの国のごとく幻想的で美しく、一方でダークな映像世界に期待できる

一番楽しみなんです~~。予告でかなり惹かれてる。アンジーの哀しみを帯びた悪女ぶりが楽しみ!


◆ 『ダイバージェント』 ◆ 7月11日(金)公開
アメリカでベストセラーを記録した、ベロニカ・ロスの小説「ダイバージェント 異端者」を実写化したSFアクション。軍事や警察を統括するドーントレスを筆頭に、五つの共同体で社会が構成された未来を舞台に、いずれにも該当しない異端者と判断された少女が自身の宿命をめぐる戦いに身を投じる。監督は『リミットレス』などのニール・バーガー。キャストには『ファミリー・ツリー』などのシェイリーン・ウッドリー、『M:i:III』などマギー・Q、『愛を読むひと』などのケイト・ウィンスレットらが結集している。

なんか、どこかであったような設定だな~とか思いながらきっと観ちゃうんだろな・・・


◆ 『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』 ◆ 7月19日(土)公開
人気作『カーズ』シリーズの世界観から誕生した、飛行機が主人公のヒットアニメ第2弾。前作で世界一周レースに勝利した農薬散布機のダスティが、山岳地帯専門のレスキュー隊となって活躍する。メガホンを取るのは、「リロイ&スティッチ」シリーズなどを手掛けてきたロバーツ・ガナウェイ。ヘリコプターをはじめとするレスキュー隊の個性あふれる仲間やスリリングな救助シーンに加え、レーサーからレスキュー隊になったダスティの胸中に迫ったドラマも見もの。

前作、一番いいとこで寝ちゃった悪夢が蘇り~~~今回は大丈夫かな?


◆ 『思い出のマーニー』 ◆ 7月19日(土)公開
借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジョーカーゲーム』などの高月彩良と『リトル・マエストラ』などの有村架純が声優を担当。主人公たちの目線で捉えた物語に心打たれる。

なんとなく想像が付くけど・・・観ようかな~


◆ 『GODZILLA ゴジラ』 ◆ 7月25日(金)公開
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズ。キャストには『キック・アス』シリーズなどのアーロン・テイラー=ジョンソン、『ラスト サムライ』などの渡辺謙ら実力派が結集。ゴジラの暴れぶりもさることながら、凶悪度の増したデザインに息をのむ。

予告で一瞬騙された(爆)あれ?これってゴジラじゃん・・・
きっと感動作に仕上がってるに違いない。





邦画ではこちらが気になってるけど・・・観れないかも・・・

◆ 『幕末高校生』


遅れて公開で観たい作品

◆ 『チョコレートドーナツ』
◆ 『ディス/コネクト』
◆ 『とらわれて夏』
◆ 『ハミングバード』


あ~~ちょっと多すぎかな・・・
夏休みも始まるし多分そんなにたくさん観れないかと。
コメント (16)   トラックバック (7)

【東方神起 LIVE TOUR 2014~TREE~京セラドーム2日目】に行って来た~♪

2014-06-30 14:33:57 | 東方神起
今頃になってしまいましたが簡単レポ・・・


【東方神起 LIVE TOUR 2014~TREE~京セラドーム2日目(6月19日木曜日)公演】に行って来ました~♪

4月28日(月)日本ガイシホール(名古屋)
5月16日(金)17日(土)サンドーム福井
5月23日(金)東京ドーム

と、参戦した“TREEツアー”私にとっては最終日となりました大阪京セラドーム・・・
京セラドームには、いい想い出しかないような気がします。東方神起もBIGBANGも京セラが好きなカンジがするの~。←あくまでも個人の感想です。
今回は一人参戦~しかも、また家人にはナイショという不良な私。
朝、なんだかんだと理由をつけて出発(笑)
ちょうど大阪 で"YG Exhibition in Japan"という催し物をやっていたので、こちらも行って来ました~。欲張りな私♪ナイショなのにこんなに充実してていいのかな~(笑)
こちらのレポは後で・・・

座席はスタンド上段、前から2列目。決していい席ではないけど~通路側で見通しがとっても良くて・・・私のファイナルにふさわしい席でした~。
最初観た時、めっちゃハラハラしたメインステージからサブステに向かう花道・・・道がないところに少しづつ上がってくるセット(表現がド下手~)足を踏み外さないか本当に心配でした。
ユノの足が治りきっていなかったから。でもツアーもラストに差し掛かって、ユノの足も良くなってて~せりあがってくるセットのタイミングも絶妙で安心して見ていられました。
そして、「スリスリ」と「Something」の時に繰り広げられる小芝居(笑)がすご~~くバージョンアップしてて、すっかりドラマのワンシーンになってるのが楽しい。
ユノもチャミもダンサーさん達もすご~~く楽しんでるのが伝わってきて・・・
このツアーは女性ダンサーさんの参加も一服の清涼剤でいいですよね~。

何度観ても可愛すぎる小人さんたちも見納めか・・・あ~~一匹・・じゃない一人欲しい。。。

今回ついにチャンミンがSOL化(わかる人にしかワカラナイ 爆)
チャミ「CD買ってください!」
ユノがとめる←真面目か!?でも、小声で「買って・・ください・・・」
チャミ「冗談です。シムはそんな人だなんて思わないでください~~。みなさんの金ですから、好きに使ってください。」
チャミ「みなさんの金ですから自由にさせましょう」 おいおい・・・
いつも“いい子”の2人ですもの。たまには言いましょう~。10枚買ってと←SOLか!?

ユノ最後の言葉が心に沁みて・・・
いつも全く同じことは言わないんですよね。彼は思ってることをキチンと自分の言葉で、その時その時の感情を大切に言葉にしてくれます。外国語である日本語で・・・
「みんなが好きになって歌うことがもっと好きになりました。大切なものはここ(胸に手を当て)にある・・・忘れないで。ぼくも忘れないから・・・」
「今日、楽しかった。というより感動した・・」
ゆの~~~!泣・・・

こうして、ツアーでファンに会える時間が限られてきているからこそ、出てくる言葉・・・彼らも私達も分かっているから沁みる言葉。
忘れるわけないし・・・何があっても待てるって思えるし・・・
歌い踊る2人の姿をこの眼に焼き付けて、私のツアーは終わりました。素敵なステージをありがとう!感動をありがとう!!一生忘れません・・・
ユノ、チャンミン・・・少しゆっくり休めるといいのだけど・・・お疲れさまでした。

一日置いて
21日(土)、22日(日)同じく京セラで公演を行い、ついに200万人突破!凄いことですね・・・


2014.6.23 サンスポさん記事のタイトルが可笑しかったので ↓ 載せておきます。

【火攻め水攻め東方神起!3年でツアー動員数200万人突破!!】
韓国の人気ユニット、東方神起が22日、京セラドーム大阪で全国ツアーの最終公演を開催。同日で2011年の再始動からツアーの総動員数が200万人を突破し、3年間の動員数としては海外アーティスト史上最速の記録を打ち立てた。
会場がイメージカラーの真っ赤に染まったアンコール。チャンミン(26)は「僕たちの歌と踊りで力をもらってくれていると感じた。皆さんの力になるアーティストになれてうれしい」と感慨深げ。ユンホ(28)は「皆さんは東方神起の宝物です。きょうはめっちゃ幸せでした!」と叫んだ。
新曲「Sweat」など26曲を披露。高さ約6メートルの噴水の中での歌唱や、ロープを使ったキレのあるダンスに4万5000人が大興奮。自身最多公演数となる29公演を全力で駆け抜けた。

8月27日にツアーを収録したライブDVD&ブルーレイを発売。同30日に東京・味の素スタジアムで開催されるライブイベント「a-nation」に出演し、11月1~3日にインテックス大阪、同5、6日に横浜アリーナでファンクラブイベントを行う。



ホログラムのBIGBANGと遊んで来た"YG Exhibition in Japan"レポは次回~
コメント (6)   トラックバック (1)

『ポンペイ』 2D字幕

2014-06-24 22:40:24 | 映画(ほ)

前からポンペイの最後の日に興味があって・・・
昨年劇場で観たこの作品もまだ書いてなかったので。ちょこっと紹介~


『大英博物館 ポンペイ展 ポンペイとエルコラーノ、その生と死』
                   【解説】
イギリス・大英博物館の大ヒット特別展『ポンペイとエルコラーノの生と死』を、プライベートの内覧会形式で紹介するドキュメンタリー。
2013年6月18日に大英博物館を丸一日完全閉館し、館長のニール・マクレガーをはじめとする名高い専門家たちが、カメラを通じて解説するプライベートツアーをHDで収録した。
これまでイタリア国外に持ち出されたことのない450点を超える展示と、新しい知見を含むポンペイ研究の最新成果がもりだくさんの大英博物館の特別展『ポンペイとエルコラーノの生と死』。世界の博物館の頂点に立つ大英博物館においても、これほど大規模な特別展が開催されるのは40年ぶりである。精巧な宝飾品や彫刻、モザイク画のほか、まったく損傷を受けずに保存された日用品など興味深い遺物の数々や、高温の灰によって炭化した木製家具などエルコラーノだけに遺されたポンペイにはない種類の遺物なども注目である。キュレーターのポール・ロバーツ、ケンブリッジ大学古典学者のメアリー・ビアード、歴史学者のベタニー・ヒューズ、イタリアンセレブシェフで有名なジョルジオ・ロカテッリ、園芸家のレイチェル・ド・テームといった面々が展示の解説を担当し、観客をローマの路地裏へと案内する。


2000年前、ヴェスヴィオ火山の噴火によって一瞬にして消え去った街と人々・・・後に発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていたそうです。
考古学者たちはここに石膏を流し込み、逃げまどうポンペイ市民が死んだときの形を再現しました。それによって当時の人々の日常そのままが灰の中から浮かびあがったのです。

これは有名なフラスコ画パン屋さん夫婦・・・

上流階級の人々の美しく飾られたお屋敷。
広い中庭に美しい花々が咲き乱れ、家の中の壁紙にも花が描かれ~想像の世界が映画『ポンペイ』で観られました~。


『ポンペイ』
監督・・・ポール・W・S・アンダーソン
出演・・・キット・ハリントン、エミリー・ブラウニング、キーファー・サザーランド、キャリー=アン・モス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ジェシカ・ルーカス
ジャレッド・ハリス、カリー・グレアム、サッシャ・ロイズ、ベン・ルイス 他
              
                   【解説】
『バイオハザード』シリーズなどのヒットメーカー、ポール・W・S・アンダーソン監督がメガホンを取って放つ歴史アクション大作。『サイレントヒル:リベレーション3D』などのキット・ハリントンを主演に迎え、火山の噴火で埋没した街ポンペイを舞台に、愛する人に全てをささげる主人公の奮闘を描く。ヒロインを『エンジェル ウォーズ』などのエミリー・ブラウニングが好演。一瞬で全てを奪い尽くす自然災害に、果敢に挑む青年の勇気と行動力に胸が詰まる。
                   【STORY】
西暦79年の古代都市ポンペイ。奴隷戦士マイロ(キット・ハリントン)は、富裕層の商人の令嬢カッシア(エミリー・ブラウニング)と恋仲になるが、彼女にはすでに婚約者がいた。身分違いの恋に悩んだ彼は、自由を得るために街を去ろうとする。ちょうどその時ベズビオ火山が噴火を始め、マイロは愛する女性を救うために街に舞い戻る。


この時代ってちょうどグラディエーターの時代だったのですね・・・
虐げられていた彼らの背景も知ることが出来て興味深かったです。鎖に繋がれ、監禁され、人間扱いもされていない・・・強ければ強いほど、さらにその上を要求されて、しかも好色なおば様たちのお相手まで・・・
主人公はケルト人騎馬族の最後の生き残り・・・馬の気持ちが分かり操れる。これがカッシアとの出会いに重要な意味を持つ。

とにかく圧巻は大噴火シーン・・・
西暦79年8月24日正午すぎ
ヴェスヴィオ火山は大噴火。火口からの噴煙は上空30kmに及び、火山灰と火山弾がポンペイに降り注いだ。町は灰に埋め尽くされ、溶岩と火砕琉が押し寄せ~ナポリ湾では大きな津波が発生。船で逃れようとちた人々も一瞬にして命を奪われた。
これが本当にリアルに圧倒的な迫力をもって描かれてる。
キャストが地味目だから?あまり劇場に足を運んでる方がいないような気がするのですけど、、、私は凄く惹きこまれました。

安易に主人公たちだけ助かる~とかはなくて(ネタばれ?)
愛の中で死にゆく姿が当時の人々と重なる・・・みんな絶望の中で逝ってしまったけれど、抱き合ってる姿や子供をかばう姿で発見されてるのを見ると感動します。


マイロ役のキット・ハリントンはTVで活躍されてるのかな?2007年の時点ではオーランド・ブルームだったという・・・なんかちょっと似てる。
オーリーよりいかついけど。

同じくスカヨハちゃんだったというカッシアは「エンジェル・ウォーズ」のエミリー・ブラウニング。どうしても鈴木砂羽に見えるのは私だけ?
オーリーとスカヨハ、その時監督はロマン・ポランスキーだったらしい。このメンバーだと、どんな映画になっていたかな・・・

しぶといしぶとい悪者コルヴス(絶対途中で死んでるやろアンタ的なしぶとさ 笑)キーファー・サザーランドがハマってた。この方ジャック・バウアーより悪い人の方が似合わない?(個人的意見)


想像で描かれた当時のポンペイ・・・
象徴的な山があって、海岸線にはたくさんの船。大きなコロシアムで闘うグラディエーターに歓喜する民衆・・・
見ているとタイムスリップした気分になれます。
こういう作品こそ映画館で観るべき~と思ってしまう。なんだか勿体ない・・・歴史的な勉強教材として、学校とかで上映されてもいいのでは?と思えました。


マリー的お気に入り度・・・ ★8個+半以上

コメント (8)   トラックバック (6)

『グランド・ブダペスト・ホテル』

2014-06-16 21:16:33 | 映画(く)
“伝説のコンシェルジュ”が究極のおもてなしとミステリーで 皆様をお待ちしております。



『グランド・ブダペスト・ホテル』
監督・脚本・発案・製作・・・ウェス・アンダーソン
発案・・・ヒューゴ・ギネス
出演・・・レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワート・ノートン、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマン、レア・セドゥ、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、オーウェン・ウィルソン、トニー・レヴォロリ 他

【解説】
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。主演のレイフ・ファインズをはじめ、エドワード・ノートン、エイドリアン・ブロディ、ジュード・ロウなど豪華キャストがそろう。
                        【STORY】
1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る名コンシェルジュのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。しかし、常連客のマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺されたことでばく大な遺産争いに巻き込まれてしまう。グスタヴは信頼するベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)と一緒にホテルの威信を維持すべく、ヨーロッパ中を駆け巡り……。



ほとんど予備知識なく鑑賞~。
キュートなホテルと伝説のコンシェルジュのお話だろうなぁ~と思ってました。だいたいは合ってましたが、殺人事件とえん罪被害~というのは予想外・・・

現在と過去と行ったり来たりするのですが、雰囲気が全然違うのでわかりやすいです。スクリーンのサイズを変えたりして時代の移り変わりを意識してたみたいです。←ざっくり解説
とにかく冒頭のホテルが可愛い♪ピンクっていうだけでときめいちゃいますね~。

こだわりは色々なところにあって・・・

どのカットを観ても「一枚の絵画」のように印象に残るのが、ウェス・アンダーソン作品の特徴。前作『ムーンライズ・キングダム』あたりから強調されていた「左右対称の画面」は、今回の『グランド・ブダペスト・ホテル』で過剰なまでに多用されている。ホテルの内観や人物の配置、自然の風景までが、計算され尽くしたシンメトリーになっているのだ。
(シネマトゥディより引用)


その可愛いホテルに気が効く素敵なコンシェルジュがいたら、誰でも気に入ってしまいますよね~。特に年配の女性に優しいときたら・・・
その中の一人の老女の死からお話が展開してゆくのですが・・・
老女=ティルダ・スウィントン 彼女の七変化・・・最近凄いことになってますね~。本当に老女にしか見えなかった~彼女が出てるって知らなくて、観終わるまで似てるな・・と思いながら気付かなかった私。
伝説のコンシェル、グスタヴはヴォルデモート~久々に鼻があります!(笑)レイフ・ファインズ。
真剣なシーンでも、なんだか飄々としててちょっと可笑しい・・・良かったです。

出演者があまりにも豪華で、一人一人挙げていたらキリがないので省く~←

ジュードがちょっとだけかと思ったら、結構出てて嬉しかったし・・・
印象に残ったのはやっぱり殺し屋?ウィレム・デフォーかな・・・冷酷で最強すぎる!めちゃ怖い~~~。
あの女中さんがレア・セドゥだって後で気づいたし。好きなのに~~分からなかった!残念だわ。
分からなかった方多数・・・ ハーヴェイ・カイテルもオーウェン・ウィルソンも分からず・・・

架空の国なのですが
戦争のリアルな足音が近づいて・・・でも、若い2人が幸せになってよかったと思ったら~ラストもちょっと切なく・・・

ホテルともう一つの主役ともいえるメンドルのお菓子(カップケーキ)が本当にキュートでしたね~。
食べたい!と声を大にしていえるものではないのですが(苦笑)見た目がホント、可愛いし・・・箱もリボンも♪
刑務所の差し入れには笑ったけど・・・形が~~~爆

全体的にコミカルでありながら、ぐっとシリアスなところもあり・・・そのバランスがとっても良くて。
どのシーンを切り取ってみても絵画のよう。
ホテルのインテリアも登場人物の衣装も全てがおしゃれ。
何度も言いますがキュート♪
ストーリーだけではなく目でも楽しめる映画です。

個人的に一番笑ったのはスキーで逃げる殺し屋さん(ウィレム・デフォー)ソリで追うコンシェルとベルボーイ。スキーの腕前が凄すぎてオリンピック出たら絶対優勝!と思った!!
コンシェルの秘密結社も謎めいててよかった!

とにかく“緩さ”がお気に入り~


マリー的お気に入り度 ・・・★9個ちょっと

コメント (17)   トラックバック (13)

Happy birthday to Johnny♪

2014-06-09 19:58:59 | ジョニー・デップ




+。*`゜+。*゜`゜+。*゜`゜+。   Happy birthday to Johnny    +。*`゜+。*゜`゜+。*゜`゜+。 






今日、2014年6月9日はジョニー51歳のお誕生日。
チビとムスメと、さっきケーキでお祝いしました~♪

最近、彼の出演作にコレは!ってときめくものが少なくて・・・ちょっとサミシイのだけど・・・
今月公開の『トランセンデンス』は期待してるの。

素敵に歳を重ねて、いい作品に出演して私達ファンを楽しませてくださいませ・・・私生活に関してはコメント控えますし・・・(アンバー・・・汗)

毎年毎年言っているけど(笑)よそ見も多い私ですが
ツライ時期を支えてくれたのはジョニー・・・
一生応援してゆきます!
コメント (10)