pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ザ・コンサルタント』

2017-01-24 22:24:25 | 映画(さ行)
コレ、面白い!



『ザ・コンサルタント』


解説等はこちら


監督・・・ギャヴィン・オコナー
出演・・・
クリスチャン・ウルフ: ベン・アフレック
デイナ: アナ・ケンドリック
キング局長: J・K・シモンズ
ジョン・バーンサル
ジーン・スマート
メディナ: シンシア・アダイ=ロビンソン
フランシス: ジェフリー・タンバー
ラマー: ジョン・リスゴー 他



ベンアフ・・・バットマンよりこっちの方が好きだな。私は。

冒頭の事件の意味が最初分からなくて・・・
でも今回はいろんなことが、かなり始めの方から分かった!いつもすぐに騙されたり、作り手さんに翻弄されてる私ですが~今回は違った!
謎の女性も弟も早い段階から分かったもん。って自慢したいけどきっとみんなそうよね(笑)
多分一般人にすご~~くわかりやすい作りになってたんじゃないかと。。。

高機能自閉症の子供を持った時、親としてしてあげられることはなんだろう?
普通に(普通の定義も曖昧ですが)生活することの大変さが分かるからこそ父親が取った行動は結果的にはよかったってことよね?
自分自身自覚もしているからこそ、父が亡くなってもその生活を維持出来たし。
背景として説得力あった気がする。


ベンアフ、上手いよね~~~。
突然キ~~~っ!!てなるとことか表情に乏しいとことか・・・
デイナと二人になってどんな顔していいかわかんないとこ、可愛かったし~


デイナのアナ・ケンドリックってこういう役似合うよね。
ちょっと一人相撲、なんかKYっぽいとことかぴったり♪←褒めてます。
小柄で普通っぽい顔立ちもいいよね←褒めてます。


J・K・シモンズも相変わらずいい味出してます。


弟役の彼・・・
子供時代が可愛すぎたので、ちょっと不満・・・


前半結構緩く進むのですが、後半は怒濤の展開!
やっぱり無敵な男の話はいいなぁ~~~。好きだなぁ~~~。

あんなトレーラー欲しいわ。持ち運び自由がラストに効いてた。

ドンパチあり。格闘系あり。
その中に“笑い”あり。

ラスボス登場シーン・・・
兄弟で語り合ってるとこにラスボス登場~
ああだこうだの「だ」の字言う前に撃たれてるし。ここ思わず声出して笑ってしまった!


それにしても<ソロモン・グランディ>の歌はインパクトあった。
英国の童謡「マザーグース」の一篇だけど。

♪ソロモン・グランディ
 月曜日に生まれた
 火曜日に洗礼
 水曜日に結婚
 木曜日に病気
 金曜日に危篤
 土曜日に死んだ
 日曜日に埋葬
 ソロモン・グランディ一巻の終わり♪

酷いww
無表情でコレ歌ってたら怖いし・・・(笑)

「ポーカーをする犬」あの絵も好きだったな。結構お高いらしいけど、破いてたね・・・

あ~~面白かった!すでに続編が決まってると教えて頂きました(BROOKさん、ありがとう)
楽しみ~~~。



マリー的お気に入り度・・・ ★9個
コメント (11)   トラックバック (9)

2017年1月に観たい映画 覚書

2017-01-01 21:21:08 | ★映画★

あけましておめでとうございます~。
昨年は更新もなかなか出来ず、頂いたコメントのお返しも出来なくて本当に申し訳ありません・・・

今年もK-POP、K-POP言ってそうです(苦笑)マイペースな更新になりますが、よろしくお願い申し上げます~。

さて、今月は
またまたSHINeeのJAPANツアーが始まるので、そちら優先になりそう♪
あの国には避けることが出来ない事情があるので、応援出来る“今”を大切にしたいのです。
そんな中で楽しみなのはマーベル作品『ドクター・ストレンジ』かな?




◆ 『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』 ◆ 1月6日(金)公開
【STORY】
高校生のヴィー(エマ・ロバーツ)は、ひょんなことから裏オンラインゲームに参加する。それは視聴者が出す指令をクリアして賞金をつかむというもので、彼女は見知らぬ者と5秒間キスをして賞金の100ドルを得る。同じゲームのプレイヤーでもあったキスの相手イアン(デイヴ・フランコ)と一緒に、繰り出される指令を遂行していくヴィー。人気プレイヤーコンビとなって多額の賞金を手にする二人だったが、イアンの怪しい一面が浮き上がり、さらに指令の過激さもエスカレートしていき……。
【解説】
オンラインゲームが題材の手に汗握るスリラー。視聴者が出す指令をクリアして賞金を得るゲームのプレイヤーとなった女子高生と、謎めいた青年の姿を追う。監督は『パラノーマル・アクティビティ4』などでもコンビを組んでいる、ヘンリー・ジューストとアリエル・シュルマン。『パロアルト・ストーリー』などのエマ・ロバーツ、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』などのデイヴ・フランコが主演。

こちらは観られたら~かな・・・


◆ 『本能寺ホテル』 ◆ 1月14日(土)公開
【STORY】
倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と交流を果たす。その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だった。
【解説】 
『プリンセス トヨトミ』の綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結し、元OLと織田信長との「本能寺の変」前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。婚約者の両親に会うために京都を訪れたヒロインが“本能寺ホテル”という宿に泊まり、本能寺の変の前日に、暗殺の標的となっている信長に出会い、信長や森蘭丸と交流するさまが描かれる。元OL役の綾瀬と信長役の堤のほか、濱田岳、平山浩行、風間杜夫などが出演。現代と戦国時代の京都を行き来するヒロインが、歴史的な事件にどう絡んでいくのかに注目。

面白そうだな・・・観たいです。


◆ 『沈黙 −サイレンス−』 ◆ 1月21日(土)公開
【STORY】
江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。
【解説】
遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野忠信ら日米のキャストが共演。信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。

キャストにも惹かれています~


◆ 『ザ・コンサルタント』 ◆ 1月21日(土)公開
【STORY】
小さな町で会計士として働くクリスチャン(ベン・アフレック)のもとに、ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる。調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが依頼は突然取り下げられ、それ以来クリスチャンは身の危険を感じるようになる。実は、彼は闇の社会の会計士として各国の危険人物の裏帳簿を握るすご腕の暗殺者だった。
【解説】
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンを演じたベン・アフレックが、複数の顔を持つアンチヒーローを体当たりで演じるアクション。夜な夜な巨悪に鉄槌を下す片田舎の会計士が、裏社会で壮絶なバトルを繰り広げる様子を映す。『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどのアナ・ケンドリックや、『セッション』などのオスカー俳優J・K・シモンズらが共演。複雑なストーリー展開に手に汗握る。

このテは好みなので観たい。


◆ 『ドクター・ストレンジ』 ◆ 1月27日(金)公開
【STORY】
ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。
【解説】
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたヒーローアクション。事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医の姿を描き出す。『スポットライト 世紀のスクープ』などのレイチェル・マクアダムス、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンらが共演。たとえ敵であろうとも他者を傷つけることのできない外科医の行く末に注目。

楽しみ楽しみ♪


◆ 『マグニフィセント・セブン』 ◆ 1月27日(金)公開
【STORY】
悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。
【解説】
黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。『トレーニング デイ』『イコライザー』でフークア監督とタッグを組んだデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンらが結集する。熱いストーリーと迫力のアクションに注目。

黒澤監督。今でも世界に影響与えてるって素晴らしいですよね・・・




遅れて公開のもの

◆ 『湯を沸かすほどの熱い愛 』
【STORY】
1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。
【解説】
『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。

待ってました・・・必ず観ます!



気になるけど・・・無理・・だと思われ・・・

『キセキ −あの日のソビト−』
『スノーデン』




今年も良い映画に沢山出会えますように・・・
コメント (6)   トラックバック (2)