pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ラ・ラ・ランド』

2017-03-11 19:46:14 | 映画(ら行)
                 このポスター、素敵・・・



『ラ・ラ・ランド』




解説等はこちら



監督・脚本・・・デイミアン・チャゼル
出演・・・
セバスチャン: ライアン・ゴズリング
ミア: エマ・ストーン
トレイシー: キャリー・ヘルナンデス
アレクシス: ジェシカ・ローゼンバーグ
ケイトリン: ソノヤ・ミズノ
ローラ: ローズマリー・デウィット
ビル: J・K・シモンズ 他




“恋をしていた”

このキャッチコピーに誤りなし。ついつい昔の“想い”が蘇って切なくなりました~
若かりし頃の感情。



最後の方、ちょっとネタバレしてますので知りたくない方は読まないでくださいね。





とにかく使われる楽曲がいい!
サントラが欲しくなるってみんな言うのが分かります~~~。ポイントポイントで印象的に流れるテーマ曲・・・条件反射的に涙がこぼれそう・・・
そして私の年代にも懐かしい曲。またいいとこで流れるんだよね~。

正統派ミュージカルではないので(台詞の方が多いし)ミュージカル苦手な方にもとっつきやすいのでは?
歌もダンスもいい感じの配分で。
一番ミュージカルっぽいのって冒頭の高速道路でのシーンかな・・・これ凄かった!


私はエマ・ストーンが好きなんだけど彼女が本当にキュートで♪衣装もカワイイ!


ライアンゴズっちは特訓したというピアノ演奏が素晴らしかった♪やっぱり実際弾いてるのとフリだけのとは重みが違うと思う。


物足りなかったのはJ・K・シモンズさんかな~~~。あれだけインパクトある方はもうちょっと出番多くてもよくない?←勝手な私の意見。



叶う夢
叶わない夢

全てを手に入れることは難しい。その選択が正しいのか正しくないのか
決めるのは自分次第…

あの時、こちらの道を選んでいたら?・・・誰もが何度か体験したことがあると思うけど、「もし」なんてない。
そして決めたのは自分自身ってこと。


ラストシーン、切ないけど
二人が笑顔だったから
そういう愛の形もあるねって思えました。

ほろ苦い…大人の琴線に触れる作品でした。


アカデミー賞ではイロイロあったけど、いい作品には変わりない。
私は好き。あ~~でもラストの「もし」はなくてもいいかな・・・あれって今の優しそうなご主人にも、子供ちゃんにも失礼じゃない?
というのは野暮か・・・(一人で語り一人でつっこむ)


マリー的お気に入り度・・・ ★9個

コメント (9)   トラックバック (18)

3月に観たい映画 覚書

2017-03-02 19:38:15 | ★映画★


3月に入ったというのに、1月分、2月分、全然レビューも書けてません・・・><;

先日のアカデミー賞では前代未聞の発表間違えがあったり、ざわついている映画界。
せめて作品賞ノミネートのものは全部観たいのですが、地方には来ないものもあり、がっかりです。
『ラ・ラ・ランド』は観ました♪楽曲がよかったな。感想は近日中・・・


作品賞に選ばれた『ムーンライト』は来る気配が・・・な・・い・・・
観たかった『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』は来るので、まだよかった。

さて今月は、私のSHINeeライブ休憩月(笑)なので映画館通い出来るかな~と思ったけど、年度末だし・・・春休みだし・・・送別会とかイロイロあるしで
そんなに本数は観られないかも???
でも珍しく観たいアニメが多いので、そっちは制覇したいな~~~。



◆ 『アサシン クリード』 ◆ 3月3日(金)公開
【STORY】
記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だった。
【解説】
世界的なヒットを記録したゲーム「アサシン クリード」を、新たなキャラクターとストーリーで実写映画化したミステリーアクション。遺伝子操作によって、スペインでアサシンとして活躍した祖先の記憶を追体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描く。主人公とその祖先をマイケル・ファスベンダーが演じるほか、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが共演。監督は『マクベス』でマイケル、マリオンとタッグを組んだジャスティン・カーゼルが務める。

予告を観る限り面白そう~


◆ 『モアナと伝説の海』 ◆ 3月10日(金)公開
【STORY】
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。
【解説】
『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が再びタッグを組み、南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くアニメーション。幼少時のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれた、16歳のヒロインの大冒険を描写する。新人のアウリイ・クラヴァーリョがヒロインに抜てきされた。南太平洋を舞台につづられる少女のアドベンチャーと、その歌声に魅せられる。

これが一番楽しみかな?前評判が高いですよね~


◆ 『SING/シング』 ◆ 3月17日(金)公開
【STORY】
劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。
【解説】
全ての人の中にある輝ける部分を見いだすことをテーマに、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ。劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで、個性的な動物たちが思い思いの歌を披露する様子を映す。声の担当は、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーンら俳優陣をはじめ、『テッド』シリーズでテッドの声も担当するセス・マクファーレン監督ら。なじみの深いヒット曲の数々に盛り上がる。

こちらは、絶対私好みだという自信があります!


◆ 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 ◆ 3月18日(土)公開
【STORY】
高校生の森川ココネは家でも学校でも常に眠気に襲われ、ついウトウトと居眠りばかりしていた。2020年、東京オリンピックが間近に迫った夏の日、彼女の家族は事件に見舞われる。実は両親にはココネも知らない秘密があり、その謎を解く鍵は彼女の夢の中にあった。
【解説】
『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどの神山健治監督が手掛けたアニメーション。岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を、夢と現実を結び付けつつ描写する。NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの高畑充希が、主人公の森川ココネの声を担当。そのほか、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった面々がキャスト陣に名を連ねる。

観たいアニメ3本目・・・観られるかな・・・


◆ 『3月のライオン 前編』 ◆ 3月18日(土)公開
【STORY】
幼少期に交通事故で両親と妹を亡くした17歳のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)。父の友人である棋士・幸田柾近(豊川悦司)に引き取られるが、そこから離れざるを得なくなってしまう。以来、東京の下町で一人暮らしをする彼だったが、川向こうに暮らす川本家の3姉妹のもとで一緒に食事をするように。彼女たちとの触れ合いを支えにする桐山だったが……。
【解説】
羽海野チカの人気コミックを、2部作で実写化したドラマの前編。家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『るろうに剣心』シリーズにも出演した神木隆之介、『映画 ビリギャル』などの有村架純、『ヒミズ』などの染谷将太、テレビドラマ「カインとアベル」などの倉科カナらが出演。緊張感に満ちた対局シーンに目を奪われる。

神木きゅん、観たい。

◆ 『パッセンジャー』 ◆ 3月25日(土)公開
【STORY】
近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。
【解説】
航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。

予告編がすべてみたいな気もするけど(汗)宇宙もの好きなので観ようと思ってます。


◆ 『キングコング:髑髏島の巨神』 ◆ 3月25日(土)公開
【STORY】
コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。
【解説】
キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。

こちらは・・・どうなんでしょう?観たいけど、、、


◆ 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 ◆ 3月31日(金)公開
【STORY】
1963年11月22日、テキサス州ダラス。パレードをしていたジョン・F・ケネディ大統領が、群衆とファーストレディであるジャクリーン(ナタリー・ポートマン)の目前で暗殺される。父の死を理解できない子供たちと向き合いながら、彼女は葬儀の取り仕切り、リンドン・ジョンソン副大統領の大統領就任式への立ち会い、ホワイトハウスからの退去といった業務に追われる。そんな中、亡き夫が過去の人として扱われていくことに憤りを覚えた彼女は……。
【解説】
第73回ベネチア国際映画祭最優秀脚本賞に輝いた、ジョン・F・ケネディ元大統領の妻ジャクリーン・ケネディの実録劇。ファーストレディであった彼女が過ごした、ケネディ大統領の暗殺から葬儀までの4日間を活写する。監督は『NO ノー』などのパブロ・ラライン。『ブラック・スワン』などのナタリー・ポートマンがジャクリーンを力演し、その脇をピーター・サースガードやグレタ・ガーウィグらが固める。アメリカ大統領史の事件を妻の視点で描く物語に、ナタリーがまとう1960年代のファッションが彩りを添えている。

ナタポがジャクリーン夫人・・・観たいな。

コメント (6)   トラックバック (3)