pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年劇場鑑賞★マリー的BEST10★

2017-12-31 19:50:22 | ★映画★

年内更新を目指して頑張った!   ↑ 低予算ながら、世界的に大ヒット!面白かった~~~。


今年の劇場鑑賞新作は81本。←相変わらずチェック漏れありそうですが・・・汗

今年も気に入ったものを10本選んでみましたが、毎年のことながら趣味が偏っている(笑)
世間の評価がどうこうではなく、あくまでも私が気に入ったもの。印象に残ったものを選んでいます。

そして、選んだはいいけどまだレビュー書いてないものが多すぎる~~~汗
っていうか、ほとんど書けていません・・・

すぐにレビューを書けない今、記憶が薄れないようにどうにかしなくては・・・。考え中・・・。

とりあえず・・・



<2017年 マリーが選んだ“これは良かったBEST10”> 順位なし。

◆ 『ザ・コンサルタント』

◆ 『ラ・ラ・ランド』

◆ 『モアナと伝説の海』

◆ 『美女と野獣』

◆ 『ベイビー・ドライバー』

◆ 『ワンダー・ウーマン』

◆ 『新感染 ファイナルエクスプレス』

◆ 『IT “それ”が見えたら終わり』

◆ 『gifted ギフテッド』

◆ 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』





ベスト10に入れられなかったけど好きだったもの

◆ 『マイティ・ソー』
◆ 『アトミック・ブロンド』
◆ 『銀魂』
◆ 『SING』
◆ 『ドリーム』





《解説》

◆ 『ザ・コンサルタント』
ベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。
超人的に強いキャラが大好きで(笑)今年はコレかなぁ。
アナ・ケンドリック、J・K・シモンズが脇を固めてます。


◆ 『ラ・ラ・ランド』
観たのが凄く前みたいな気がするけど今年なんですよね。
ジャズピアニストのライアン・ゴズリング&売れない女優エマ・ストーンの切ない恋物語。
楽曲がいいんです。冒頭のシーンがホント好き♪賞もたくさん取りました。


◆ 『モアナと伝説の海』
今年も色々アニメ観たけど映像が本当に美しくて。海のキラキラ感動します!そしてシャイニーと歌う巨大なカニ…どの曲も凄くよかった。


◆ 『美女と野獣』
王道のstoryだけど…映像美とエマの美しさに心わしづかみされました。
王子役のダン・スティーブンス、悪役のルーク・エバンス。燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のイアン・マッケラン、ポット夫人のエマ・トンプソン。豪華なキャストみんなよかった。


◆ 『ベイビー・ドライバー』
子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができる主人公ベイビー。犯罪の手助け「逃がし屋」から足を洗おうとするが…
この奇抜な発想が素晴らしい本当に面白かった


◆ 『ワンダー・ウーマン』
バットマンVSスーパーマンでワンダーウーマン見たときはイマイチ?と、思ってたのに。この作品では本当に魅力的でクリス・パインとの恋にときめきました。凄くよかった。


◆ 『新感染 ファイナルエクスプレス』
ゾンビ映画でこんなに感動するなんて
極限状態の中での様々な愛に泣かされた。コン・ユさん素敵だった…マ・ドンソクさんも最高~
『IT “それ”が見えたら終わり』
好きな作品に理屈なんてないなぁとつくづく思った。
怖い作品はあまり選ばない私なんですが、これはよかったんですよね…子どもたちがみんな健気で感動してしまった。


◆ 『gifted ギフテッド』
予告でストーリー展開も全てよめてしまうし、その通りに進んでいくんだけどそれが心地よい。
ヒーローじゃないクリス・エヴァンスもとても良かった。子役のマッケンナ・グレイスがまた素晴らしい


◆ 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
大好きなSW最新作…カイロ・レンのアダム・ドライバーが前作よりかなり良くてマークハミルにもテンションあがるしで、お話も旧作に近くて良かったんだけど…登場人物が一人どうしても好みのタイプではなく
ベスト10に入れるか最後まで悩みましたが
結局負けた(何に?)


来年もいい映画にたくさん出会いたいな・・・


皆様のベストも気になります。
少しずつ拝見させていただきたいと思ってます。
コメント (12)

12月に観たい映画 覚書

2017-12-04 21:26:39 | ★映画★
               今月はコレ・・・面白いといいなぁ。



◆ 『鋼の錬金術師』 ◆ 12月1日(金)公開
【STORY】
他界した母を復活させるべく錬金術でタブーとされる“人体錬成”を行ったエドワード(山田涼介)とアルフォンスの兄弟。ところが錬成は失敗に終わり、エドワードは左足を、アルフォンスは体全体を喪失する。数年後、エドワードは失くした体の器官に機械鎧(オートメイル)を装着し国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。兄弟は失ったものを取り戻すべく、“賢者の石”を探す旅に出る。
【解説】
荒川弘の大ヒットコミックを、『暗殺教室』シリーズなどの山田涼介主演、『ピンポン』などの曽利文彦監督で実写映画化。亡き母をよみがえらせようと“人体錬成”という錬金術におけるタブーを犯したことから体の一部を失い、やがて錬金術師となった主人公が弟と一緒に失ったものを取り戻す旅を繰り広げる。共演は、『アオハライド』などの本田翼や、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら。イタリアでの大掛かりなロケや、曽利監督によるビジュアルに期待。

まだ観てない・・・なんだか、すご~~く評価がイマイチ・・・
不安なんですが。。。



◆ 『オリエント急行殺人事件』 ◆ 12月8日(金)公開
【STORY】
トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。
【解説】
これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件の解明に挑む。『ヘンリー五世』『世にも憂鬱なハムレットたち』などのケネス・ブラナーが監督と主演を兼任。さらにジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結する。

アガサ・クリスティ作品は制覇してるので内容も分かってるけど、どういう風に料理してくださったのかな?ジョニーはこういう嫌なヤツ似合いそう


◆ 『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ◆ 12月9日(土)公開
【STORY】
鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、迷宮入りが予想される事件の折には、鎌倉警察に協力する名探偵でもあった。ある日、資産家が殺害され……。
【解説】
西岸良平による人気漫画「鎌倉ものがたり」を、西岸が原作者である『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴監督が実写映画化。人間だけでなく幽霊や魔物も住むという設定の鎌倉を舞台に、心霊捜査にも詳しいミステリー作家が新婚の愛妻と一緒に、怪事件を解決していくさまを描く。和装に身を包み多趣味なミステリー作家を堺雅人、年の離れた妻を高畑充希が演じる。そのほか堤真一、安藤サクラ、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和、中村玉緒らが出演。

今月の邦画はコレ!楽しみ楽しみ♪


◆ 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ◆ 12月15日(金)公開
【解説】
世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当し、前作に引き続きデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガやマーク・ハミルらが出演。レイがルーク・スカイウォーカーから知らされる真実や、ダース・ベイダーになろうとするカイロ・レン、レジスタンスたちの新ミッションなど見どころ満載。

実は『ローグ・ワン』の方が好きなんだけど。みなさんもフォースの覚醒の時より盛り上がり方が薄いよね。


◆ 『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』 12月15日(金)公開
【STORY】
1939年、ポーランドのワルシャワ。夫婦でワルシャワ動物園を営み、愛する動物に囲まれて生活していたヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)は、ナチスドイツの侵攻に大きな不安を抱いていた。ヤンは、ナチスドイツがユダヤ人を弾圧するのを見て、アントニーナに動物園を彼らのための隠れ家にすると告げる。強制居住区域に暮らすユダヤ人たちを救い出しては動物園にかくまう彼らだったが、次第にナチスドイツの警戒は厳しさを増し彼らにも危険が迫る。
【解説】
ダイアン・アッカーマンのノンフィクションを映画化したドラマ。第2次世界大戦下のポーランドを舞台に、ナチスドイツに迫害されるユダヤ人たちを、経営する動物園にかくまった夫婦の姿を映す。監督は『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』などのニキ・カーロ。『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステイン、『オーバー・ザ・ブルースカイ』などのヨハン・ヘルデンベルグ、『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュールらが出演する

予告を観てて観たくなりました。


◆ 『カンフー・ヨガ』 ◆ 12月22日(金)公開
【STORY】
およそ1,000年前、中国・インド間の混乱で、ある財宝が行方不明になった。カンフーの使い手でもある考古学者のジャック(ジャッキー・チェン)は古い地図を手に、同じく考古学者にしてヨガの達人のインド人美女アスミタ(ディシャ・パタニ)と財宝探しに向かう。やがて、さまざまなことが明らかになり……。
【解説】
ジャッキー・チェン主演のアクションアドベンチャー。ジャッキーふんする考古学者が、ある財宝をめぐって奇想天外な冒険を繰り広げる。メガホンを取るのは、『ポリス・ストーリー3』『ファイナル・プロジェクト』などでジャッキーと組んできたスタンリー・トン。『李小龍 マイブラザー』などのアーリフ・リー、『ダバング 大胆不敵』などのソーヌー・スード、『インファナル・アフェア』シリーズなどのエリック・ツァンらが共演する。

最近のジャッキー映画イマイチなんだよね。。。どーしようかな。



もし観られたら・・・

◆ 『探偵はBARにいる3』 ◆

気になっているけど、実は1も2も観てないという・・・汗
コメント (6)