pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ファインディング・ドリー』2D吹替 &『ひな鳥の冒険』

2016-07-23 00:17:14 | 映画(は行)



『ファインディング・ドリー』 2D吹替

『ひな鳥の冒険』




解説はこちら



【STORY】
カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハギのドリーは、すぐに何でも忘れてしまう。ある日、子供のころの思い出がよみがえり、一念発起して家族を捜す旅に出ることを決意する。おっちょこちょいなドリーを心配したニモは、父親マーリンを説得してドリーの旅に同行する。

監督・脚本・・・アンドリュー・スタントン
製作総指揮・・・ジョン・ラセター
(声の出演)
ドリー・・・室井滋
マーリン・・・木梨憲武
ハンク・・・上川隆也
デスティニー・・・中村アン
マカジキ・・・田中雅美
ニモ・・・菊地慶 他



実は、前作『ファインディング・ニモ』の時、ドリーがあまりにも忘れっぽくてイラつく~~!なんて言ってたんです。もちろん、キャラ的には癒し系だし・・・いつも前向きだし~すぐに忘れちゃうけど、なかなかいいこと言うし(笑)マーリンがニモを探す時に本当に役だってくれたし
今回は彼女が主人公ってどんなだろう?と思っていたら・・・

ニモの時の伏線が全て回収されてる感じでした。
なぜ、彼女は一人ぼっちなのか
なぜ、鯨語が話せるのか(まさかのパイプ友達)
なぜ、いつも前向きなのか・・・

そこには全て両親との思い出が詰まっていました。
私より先に鑑賞したチビが、「沁みた~」と言っていたのですが
遠くで一人暮らしを始めてから、彼は本当にいつもいつも感謝の言葉を忘れません。TELで話す度に、LINEで会話する度に、いつも「本当に感謝してる。ありがとう。」と繰り返すので「親が子どもの心配するのは当たり前だし、出来ることはなんでもしてあげたい。みんなそう思っているよ。」常日頃そう言ってたワケですが・・・
それがこの作品に投影されてたみたいです。
親も子も、この作品を観て・・きっとお互いを思いやるという気持ちが溢れてくるのかなって思う。


私も貝殻並べて、信じて待とう・・・(笑)
そして、何があっても諦めないでポジティブに!


声優さんはお馴染みの人を含め、みんな合ってました。
ハンクの声がなかなか渋い!と思っていたら上川さんだった~~最後エンドロール見るまで気付かなかった・・・

キャラがみんな立っていていいよね。

ハンクの脅威のカメレオン能力・・・あんな擬態が出来たら、目の悪い私は絶対みつけられないよ~~~。

白イルカのベイリー・・・この特殊能力も凄かった!これって、透視能力?音の反響で見えないものを見ることができる。素晴らしい!

ジンベエザメって実際怖くないんだっけ?デスティニーのキャラもよかった・・・

最近はディズニーシーでしか会えなかったクラッシュ♪やっぱり大きな海で泳いでる姿はいいね。

可愛いは作れる・・・ラッコ・・・(爆)


海洋生物研究所のアナウンサー・・・私、全く知らなかったので最初「八代亜紀」ってスクリーンから聞こえてきた時「えっ?」聴き間違いよね?ってなっていて・・・でも何度も八代亜紀、八代亜紀と聞こえてくるのでやっと信じました(爆)
“助けて、治して、海に返すことです。八代亜紀です。”海洋生物研究所~何故八代亜紀?!と思ったら、アナウンサー役はその国の大物を使うそうで、字幕版ではシガニー・ウィーヴァーなんだって。
八代さんにめっちゃ笑ってしまったけど、エンディングで流れる歌はとっても良かったです。

それにしても・・・
人間界の“触れ合いプール”はやめませんか?あれこそ恐怖!


そうそう、忘れてはいけないのが
本編前にある短編『ひな鳥の冒険』
めっちゃ可愛かった!!!ひなのモフモフ感。自分で取れなくて餌を親にもらおうと口を開ける仕草。もうホント!可愛い~~~。
怖い大波を攻略してからのドヤ顔・・・台詞がひとつもないのに、凄い。
ピクサーお馴染み本編前の短編は優秀!
これを観るのもお楽しみの一つ。





マリー的お気に入り度・・・ ★9個(やっぱ、こういうのに弱い・・・)

コメント (2)   トラックバック (8)

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 2D字幕

2016-03-26 22:56:35 | 映画(は行)


※ラストのネタバレあります・・・







『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 2D字幕




解説等はこちら




監督・・・ザック・スナイダー
出演・・・
バットマン/ブルース・ウェイン: ベン・アフレック
スーパーマン/クラーク・ケント: ヘンリー・カヴィル
ロイス・レイン: エイミー・アダムス
レックス・ルーサー: ジェシー・アイゼンバーグ
マーサ・ケント: ダイアン・レイン
ペリー・ホワイト: ローレンス・フィッシュバーン
アルフレッド・ペニーワース: ジェレミー・アイアンズ
フィンチ議員: ホリー・ハンター
ワンダーウーマン: ガル・ガドット 他



2Dで十分だろうと思って(笑)の鑑賞・・・はい。2Dでも、とっても迫力ありました。

2人の闘うシーンは本当に凄かった!重量感を感じるというか、“重さ”を感じるアクションでしたね。

でも、前から思ってたんですが~ストーリーは・・・わざわざ正義の味方同士を闘わせるのに無理がある設定というかなんというか
もちろんレックス・ルーサーがやらせたってことは分かってるんですが
そんな簡単にお互いを疑う?って。

闘う敵がいなくなると、味方同士を闘わせる・・・これって定番?これから公開待機してる『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』とかもそんなカンジですもんね。

命懸けで大きな敵と闘ってるのに、街が大被害をこうむる~と文句言うこと自体おかしいじゃないですか?
人類の危機とか、大きなことをなんの被害も出さずに、片付けられるワケがない。大事を成す為には、多少の犠牲はつきもの。って考えるのは普通だと思うし。そこを勝手なことしてもらっては困る!なんて人間のエゴ。
だから説得力がないんだよね・・・

正義の味方同士が闘うモチベーションをもう少し考えて欲しかったなぁ~。レックス・ルーサーがマーサおばさんを人質にとったから~みたいな安易な理由じゃなくて。


そんなこと考えてたら楽しめないので(苦笑)途中で考えるのやめたけど
だんだんスーパーマンのヘンリー・カヴィルが悪人顔に見えてきて困った。


バットマンは、私はどうしてもベイルさんの方が好きなの~ベン、頑張ってたと思うけどね。
執事はやはりマイケル・ケインでいて欲しいし。


ジェシー・アイゼンバーグの悪ぶりは最高だ~。
彼は本当にいいスパイスになるわぁ。予告でブルース・ウェインとクラーク・ケントの間に割って入るあのシーンが本当に好き♪


恥ずかしながら私・・・ワンダーウーマンのことをずっとジーン・グレイ(X-MENのファムケ・ヤンセン)だと思ってて・・・いつまでたってもこの方若いなぁ。って普通に思ってて。
よ~~く考えたら、この映画マーベルじゃないやん?どうりで、スタン・リーじいさんも出ないと思った!(本当にアホ)
なんかあっちもこっちも、ごっちゃになってしまって。


スーパーマンって死んじゃった?
前も何度か瀕死になったけど太陽の光浴びたら復活するんじゃなかったっけ?まぁ、棺桶の土がかすかに動いたから、生き返るよね・・・
オマケシーンが絶対あると思ったらなかったのが、一番の驚き。

期待しすぎてたなって思いは残るけど、まぁ面白かったです。
最初にも書いたけど、戦闘シーンの迫力、特に“重さ”を一番評価したいかな~~~。


マリー的お気に入り度・・・ ★8個半
コメント (12)   トラックバック (11)

『ブラック・スキャンダル』

2016-02-14 17:16:35 | 映画(は行)

『ブラック・スキャンダル』



解説等はこちら




久しぶりにジョニーの映画、なかなかいいよって人に勧められる・・・(ちょっと人は選びますが・・・)

実在の人物を演じるときはその人になるべく近づき、成りきるジョニーなので、姿はアレです。(アレって何? 笑)
怖いです。迫力あります・・・

バルジャー・・・人格に多分問題ありなんですよね。
守るべき者、愛する者がいた時はまだ“タガ”があったと思うのですが、愛する母が亡くなり・・・そして最愛の息子があんな形で亡くなった時
タガが外れ、彼の心は完全に壊れてしまったんだろうと思う。


子役の子、可愛かったな~。
予告で何度も観た「見つかったら消せばいい」って台詞は
本編では「見えないところでは何をしてもなかったことになる」みたいに変わってた・・・

妻役はダコタ・ジョンソンだったんですね~。最初分からなかった。キュートでした。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』よりいいんじゃないの?
でも、子供が亡くなって一番傷心なのに責められてて切なかったな。

弟であるカンバーバッチさんが、あんまり絡みもなくつまんなかった。もっともっとジョニーと絡むと思ったのにな。
出番も少なくて意外だった。宣伝に偽りありじゃな~い?
だいたいあんな前科のある兄がいても議員さんになれたのは時代?今は絶対無理だよね~

もしかしたら一番悪いヤツかもしれない?コノリーのジョエル・エドガートンは
癖のある役が合うよね。
悪だくみの顔、してやったりの顔、あ~~やられたの顔・・・いろんな表情がいいですね。

ケヴィンのジェシー・プレモンスがなんかいい。
あの特徴のある顔が忘れられない~彼も何に出てても目を奪われてしまう。

ピーター・サースガードの小物感もいいし(褒めてます)
ケヴィン・ベーコンはちょっともったいない使い方かな・・・

とにかくジョニーの冷酷さが見どころともいえるこの作品。
表情ひとつ変えずに人を殺めるとこも凄いし~
笑顔さえ凄味があってゾクゾクしちゃう感じ。

※ジェームズ・"ホワイティ"・バルジャーとは?
あらゆる犯罪に手を染め、アメリカ史上最も冷酷残忍なギャングスター。ウサマ・ビン・ラディンに次ぐFBI最重要指名手配犯として、200万ドル(約2億4000万円)もの懸賞金を掛けられた。

ジョニーの凄い演技は是非劇場で・・・


マリー的お気に入り度 ・・・★8個半



コメント (8)   トラックバック (9)

『白鯨との闘い』 2D字幕

2016-01-24 22:50:50 | 映画(は行)



『白鯨との闘い』





解説等はこちら





白鯨との闘いは鯨との闘いではなく、もっと大きなものとの闘いでした。予告やチラシに踊る文字を見て、だいたいの展開は予想出来てたけど、予想通りでした・・・
遭難もの、漂流ものには常にこの問題が・・・
究極の選択を迫られた時、どうするか・・それは当事者にしか分からない、その時その場に居ないものがどうこう言う問題ではないと私は思います。
それが明らかになろうと、なるまいと、後悔しようと、起こってしまったことは仕方ない。元々人は罪深い生き物ですから。


さて、この映画は役者さんにも惹かれてました~
ソーじゃないクリヘム。
彼はワイルドな役が合うから、似合ってました~♪野性的で素敵!
今回はハンマーではなく銛を持って・・・


ポラード船長のベンジャミン・ウォーカーって見覚えある・・・と思ったら、『リンカーン/秘密の書』でリンカーン演ってた人だった・・・結構落ち着いて見えるけど
まだ33歳なのね。メリル・ストリープの娘さんの元夫。義理の母がメリルか・・・それはそれで大変だったかな(笑)


久々に会えた~キリアン・・・
えっと、オーウェンの幼馴染?昔から同じ船に乗ってた仲間って言ってたかな。彼ってなんで幸薄そうなんでしょ。
最初ずっと注目してたけど、漂流したりして汚くなってから(苦笑)ちょっと見逃してる間にいなくなってた。どこで退場したっけ?と思って呟いたら
BROOKさんがあの島に残りましたって教えてくださった。


最近売れっ子~ベン・ウィショーは作家メルヴィルで登場。
私、乗組員の1人で出るのかと思ってたから不意打ち・・・(笑)物書きの役が合います。


究極の選択の件、オーウェンとポラードは別々のボートに乗っていたけど、相談もしないけれど結局は同じことしていたってことかな・・・
やはり、それしか助かる道はないですものね。でも、あのくじ引きは切なかった・・・涙

問題の鯨ですが・・・
しつこいほど追いかけて攻撃してきたけど~あんなに獰猛な生き物でしたっけ。
自分の身を守る為?それにしても執拗に追いかけて来てた。

欲を出さず最初取った鯨油持って帰ればよかった気もするけど~そんなワケにはいかないって考えてしまうのが人間の常。
帆が引っかかったら、倒れそうになってしまう船。それで大海原に乗り出す・・・実際ああいう危険な作業をして取っていたんですね。穴を開けてそこに潜って掻きだしていたとはびっくりぽん・・・

鯨の迫力がもの凄かった!2Dでもすご~~~い迫力!尾びれでバシャっ!!と一撃で船が傾く~嵐のシーンも凄かった!
結局、鯨は自然の脅威の象徴として描かれていたのかな・・・

この作品を多くの観客に見せる為なのかもしれないけど、“名著に隠され続けてきた衝撃の実話”とかのキャッチコピーは止めて欲しい。なんか違う気がする・・・


マリー的お気に入り度・・・ ★8個半


コメント (10)   トラックバック (6)

『パディントン』 字幕

2016-01-15 20:49:03 | 映画(は行)
              家を捜しにロンドンへやってきたのは、紳士すぎるクマだった!



『パディントン』


解説等はこちら





どうしても字幕版で観たくて、中途半端な時間ででしたが~どうにか字幕で鑑賞。
面白かった~~~。

最初に探検家さんがパディントンのおじさんであるパストゥーソと出会うシーンから描かれているので、とっても分かりやすい。
でも、地震はやっぱり怖い・・・おじさんが・・・涙。
さっき知ったけど~パストゥーソの声ってマイケル・ガンボンだったんだ!?知らなかったわ~~~。分からなかったわ~~~。

イギリスに憧れるおじさんに育てられたパディントンは正統派英国紳士。
きちんとした挨拶も出来るし、礼儀正しい・・・ただ使い方が分からなかったりして混乱を巻き起こしたりするけど、憎めない。声はベン・ウィショー。
彼の声ってこんなだっけ?ちょっと変えてたよね・・・

キャスティングはみんな合ってたと思うけど~やっぱり博物館の剥製師ミリセント、ニコール・キッドマン最高!
あの方美しすぎるが故に(笑)こういう悪役似合うよね♪
執拗にパディントンを狙うのにも理由があって、そこなんとなく分かるから~彼女自身もご自分の子供さんにも堂々と観せられると思います。
予告編観てた時から、ちょっと『ライラの冒険』を思い出してしまったけど~~。そういえば予告でいつも流れてた「あの珍しいクマを捕まえるわ!」って台詞がなかったような?


登場人物がみんな何気に緩くて~
衛兵さんが帽子の中に水筒や食料入れてるとこ、実際そうなのかと思った~(笑)
骨董屋さんのお茶運び列車も面白かったし・・・

冒険物語の挿絵画家のブラウン夫人がヒーローの顔を描けずに悩んでたのにパパがカッコいいことしたら、パッとその顔になっちゃうとことか笑った~。
しかもブラウンさん、昔は超ワイルドっていう設定にも笑った!

匿名電話をかけてもすぐにバレちゃうご近所カリーさんとか
刑の言い渡しで「それだけは嫌~~やめて~~!」ってどんなに酷い刑かと思ったら、動物園奉仕・・・イタズラするのが危機一髪助かったお猿さんっていうのも可笑しかった。

そうそう、パディントンがトムちんばりのアクション(あれはオマージュか?)見せてくれたのもびっくりぽんです!

ルーシーおばさんが暮らしてる、老グマホームも居心地がよさそうで一安心・・・

全体的に緩さ満載で~温かい気持ちになること間違いなし!本当に必要なのは“家”じゃなくて“家族”
みんなの気持ちがひとつに纏まってゆくのにじ~~ん。

マーマレードも美味しそうでした♪
あんな屋根裏部屋に住んでみたいな。

要所要所に出てくる楽隊の歌も面白かったね。最後の歌には「中国人~インド人~アメリカ人~」と出てきて・・・ん?と思ったら「カワイイ日本人~」って。ラストは日本人って歌ってくれたよ~。
ちょっと喜んでしまった。
そういえば吹替版ではAIの歌が流れたのかな?
字幕では流れなかった。
万人にオススメ出来る作品~


マリー的お気に入り度 ・・・★8個半以上~(クマが喋っても誰も驚かないのが自然すぎて笑った・・・)


コメント (10)   トラックバック (9)