pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ムーンライト』

2017-04-18 14:54:01 | 映画(ま行)
                      

『ムーンライト』
解説等はこちら


監督・脚本・・・バリー・ジェンキンズ
脚本・・・タレル・アルヴィン・マクレイニー
出演・・・
シャロン: トレヴァンテ・ローズ
大人になったケヴィン: アンドレ・ホランド
テレサ: ジャネール・モネイ
10代のシャロン: アッシュトン・サンダース
10代のケヴィン: ジャハール・ジェローム
アレックス・ヒバート
フアン: マハーシャラ・アリ
ポーラ: ナオミ・ハリス




この作品、当初我が街では公開予定がありませんでした。
それがアカデミー作品賞を受賞したことによって、急遽公開されることが決まりました。公開されてすぐ観たのに、今頃書いてます。><;
おそらく賞を取らなかったら、シネコンではスルーされてただろなぁ。

まず特筆すべきは
LGBT(レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)のラブストーリーがアカデミー賞の作品賞を受賞するのは史上初ってことでしょうか・・・。

史上初といえば
フアンを演じアカデミー賞助演男優賞を獲得したたマハーシャラ・アリはイスラム教徒としては初。黒人俳優としては12年ぶり。
今年のアカデミー授賞式は語り継がれるミステイクもあって、記憶に残る年になりそうですね。

幼年期・少年期・青年期はそれぞれ無名の役者さんが演じていますが、本当に素晴らしかった。しかも時代が変わっても、微妙に雰囲気が違っていても時代の移り変わりの違和感が全然ないんです。

本当に切なく心が痛くなる作品でした。
キチンとした感想が書きづらい。切ないとしか言えないような・・自分自身もどかしいのですが~あまりにも接点がなく感情移入しづらい映画だったので。


自分自身のアイデンティティーに悩むマイノリティの少年。母からの虐待や同級生からのイジメや、すべてのツラさを自分の中に閉じ込めうつ向いたまま生きてた。
でもフアンとの出会いが彼を大きく変えた。海でフアンに泳ぎを教えて貰うシーン・・
おそらく今まで人にそこまで心も身体も預けたことがなかったであろうシャロンが「安心しろ離さない」と言われて身を委ねるシーン。
涙が出た。
彼の教え「自分の道は自分で決めろ周りに決めさせるな」がなかったら、シャロンはイジメられっ子のまま終わっていたと思う。


台詞が非常に少なくて、彼の一途な想いも表情やBGMで推し量るしかなく・・・
その映像は、とにかく美しい。
そして音楽がまたそれに合っていて…

「月明かりでブルーに輝く」
このタイトルの意味が分かると余計に泣けます。



小声で・・・
でも作品賞としてはあっちの方が好みで取って欲しかったかな・・・



マリー的お気に入り度・・・★8個ちょっと・・・

コメント (3)   トラックバック (6)

4月に観たい映画 覚書

2017-04-01 15:41:59 | ★映画★
                  まさにディズニーお姫さまストーリー王道!楽しみ

いよいよ4月、年度始まり・・・
別れがあり出逢いがある時期ですね。

この歳になると先も見えて来て、どちらも大切にしたいってしみじみ思う今日この頃。
人に限らす、映画にしても後どのぐらい良い作品に出会えるのか分からない。1本でも多く劇場鑑賞して心に響く素敵な作品に出会えますように・・・。

と言いながら、今月は待ちに待ったSHINeeツアーに2カ所行けます!まずは2月に続き、また大阪城ホール!!楽しみ楽しみ♪

先月こちらには来る予定がなくて、観たい映画に入れられなかったアカデミー賞作品賞『ムーンライト』
アカデミー効果でちゃんと公開されました!もう鑑賞したのですが、今月に載せときます。



◆ 『ムーンライト』 ◆ 3月31日(金)公開
【STORY】
マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。
【解説】
ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。


心が痛い作品でした。でも、もしアカデミー作品賞受賞じゃなかったら・・・多分全国展開はなくて、ミニシアター系のみ上映だったかも?と思うと観られなかった可能性も高く、観られてよかったです。


◆ 『レゴ®バットマン ザ・ムービー <吹替版>』 ◆ 4月1日(土)公開
【STORY】
今日もレゴ“バットマン”は、ゴッサムシティをジョーカーの魔の手から救い、街の人々の歓声を浴びながらバットケイブに帰宅した。しかし家にいるのは執事のフルフレッドだけ。そう、彼は団体行動が苦手なくせに、人にちやほやされたがりの“かまってちゃん”だったのだ。その彼が偶然から、バットマンに憧れる孤児の少年“ロビン”を引き取ることになり、いつもの調子を崩されがちに。さらにジョーカーを“最強の敵”と認めなかったことから、ジョーカーはファントムゾーンにいる悪の軍団を目覚めさせてしまう。


予告を観てめちゃ面白そうって♪かまってちゃんのバットマンがカワイイ。



◆ 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 ◆ 4月7日(金)公開
【STORY】
インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……。
【解説】
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追う。メガホンを取るのは、テレビシリーズや短編などを手掛けてきたガース・デイヴィス。『スラムドッグ$ミリオネア』などのデヴ・パテル、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ、名女優のニコール・キッドマンらが顔をそろえる。


これも予告を観て、早く観たいって思ってました~



◆ 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 ◆ 4月7日(金)公開
【STORY】
近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。
【解説】
『スノーホワイト』などのルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。『イングリッシュ・ペイシェント』などのジュリエット・ビノシュや『シルク』などのマイケル・ピットらが共演。敵と対峙(たいじ)する公安9課を、どのように描くのかに注目。


月の初めに多すぎて、観られるか不安・・・「攻殻機動隊」知らないんですが大丈夫でしょうか・・・



◆ 『グレートウォール <3D字幕版>』 ◆ 4月14日(金)公開
【解説】
世界的な建造物である万里の長城を題材にしたアクション。その建造に秘められた目的と戦いを、壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは『上海ルージュ』『HERO』などのチャン・イーモウ。『ボーン』シリーズなどのマット・デイモン、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、香港のスター、アンディ・ラウらが結集。国際色あふれるキャストが織り成すストーリーに引き込まれる。


アンディが出るので観たいのですが、どこも3D字幕なんです~~~2Dはないの???



◆ 『美女と野獣』 ◆ 4月21日(金)公開
【STORY】
進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。
【解説】
ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめる。メガホンを取るのは、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズなどのビル・コンドン。『コロニア』などのエマ・ワトソン、『クリミナル・ミッション』などのダン・スティーヴンス、『ドラキュラZERO』などのルーク・エヴァンスらが顔をそろえる。幻想的なビジュアルに期待が高まる。


これは一番楽しみ~~~。ハーマイオニー(笑)本当に美しい・・・



◆ 『3月のライオン 後編』 ◆ 4月22日(土)公開
【STORY】
プロ棋士の桐山零(神木隆之介)が、川本あかり(倉科カナ)、ひなた(清原果耶)、モモ(新津ちせ)の川本家3姉妹と食卓を囲むようになって1年。彼女らとの交流に安らぎを感じる一方で獅子王戦に臨もうとするが、幸田柾近(豊川悦司)は頭をけがして入院、その娘・香子(有村架純)は妻のいる後藤正宗(伊藤英明)との関係に悩み、二海堂晴信(染谷将太)は自身の病気に苦しむなど、それぞれ試練に直面していた。さらに、川本家には3姉妹を捨てた父親が現れたことで不穏な空気が漂い始める。
【解説】
若きプロ棋士の成長を見つめた羽海野チカのベストセラー漫画を実写化した2部作の後編。次々と待ち受ける試練を乗り越えながら獅子王戦に挑む桐山零が、その中で闘いしか知らなかった自分を見つめ直して前に進む。監督の大友啓史、キャストの神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮らが続投するほか、シンガー・ソングライターの藤原さくらが主題歌を担当。キャストたちが織り成す世界観に引き込まれる。


零(神木きゅん)が幸せになれますように・・・



◆ 『ワイルド・スピード ICE BREAK』 ◆ 4月28日(金)公開
【解説】
世界的なヒットを記録したカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。ヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りによって、強固な絆で結ばれていたファミリーが崩壊の危機にひんするさまを描く。ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲスといった続投組のほか、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドら豪華キャストが新たに参戦。意表を突く波乱の展開に加え、巨大潜水艦まで登場する氷上カーチェイスにも注目。


これこそ劇場の大きなスクリーンで観るべき映画ですよね。



◆ 『無限の住人』 ◆ 4月29日(土)公開
【STORY】
100人斬りの異名を持つ万次(木村拓哉)は、わなによって妹を失い、謎の老人に永遠の命を与えられる。死ぬことのできない無限の体となった今、斬られた傷は自然に治るが、剣術の腕は落ちていた。ある日、孤独な万次の前にあだ討ちを頼みたいという少女・浅野凛(杉咲花)が現れる。彼女の願いを聞き入れた万次は、凛と共に剣客集団・逸刀流の首領である天津影久(福士蒼汰)の命を狙う。
【解説】
監督・三池崇史、主演・木村拓哉で、国内外で高い評価を受ける沙村広明の人気コミックを実写映画化したアクション。無為に生きる不死身の剣士・万次と、復讐(ふくしゅう)のために彼を用心棒として雇った少女・凜が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる。オール京都ロケで撮影された、残酷かつ躍動感あふれる世界観の映像、三池監督の演出と木村による殺陣にも注目。


無限の命っていう設定が興味深いですが・・・



↓ 多分観られない予感

◆ 『バーニング・オーシャン 』 ◆ 4月21日(金)公開
【解説】
2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災”でもあった…。


◆ 『T2 トレインスポッティング』 ◆ 4月8日(土)公開
【解説】
『スラムドッグ$ミリオネア』でオスカーを手にしたダニー・ボイル監督作『トレインスポッティング』の続編。前作から20年後を舞台に、それぞれワケありの主人公たちの再会から始まる物語を描く。脚本のジョン・ホッジをはじめ、『ムーラン・ルージュ』などのユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルらおなじみのメンバーが再集結。一筋縄ではいかない男たちの迷走が見どころ。


コメント (6)   トラックバック (1)