pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年11月に観たい映画 覚書

2016-11-03 22:52:00 | ★映画★


11月も早3日が過ぎ・・・
先月末から今月1日まで神奈川芸術劇場、通称KAATで行われている韓国ミュージカル「インザハイツ」へ行っていたので
またblog更新出来ませんでした・・・
「インザハイツ」については、大好きなキーちゃんが主演ってことで書きたいことがたくさんあるので~別記事でと思ってます。もちろん、自分の日記、備忘録で・・・

そして今月はそのキーちゃんのSHINeeのペンミ(ファンミーティング)があるので、またまた遠征予定♪さいたまアリーナ♪
毎月何かしら予定があるとハリがあって毎日楽しい~~~。

11月に観たい映画も少なめで、ちょうどよかったかな?

今月一番楽しみなのは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告だけでかなりテンション上がってま~す。
しかも続編にはジョニーが出るとか出ないとか?
取りあえず、2回は観たいなぁ。。。



◆ 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』 ◆ 11月3日(木・祝)公開
【STORY】
彼女にフラれ、会社もツブれ、帰るところもないヨンウン。韓国語をマスターしなければクビになるシングルマザーのさくら。そんな二人がさくらの通う外国語学校で出会う。帰る家もないヨンウンが先生をすることになったのだ。韓国から取引先のVIPが来るまで、さくらはヨンウンに個人レッスンを頼むことに。そして、幼い息子のために必死なさくらに、ヨンウンは次第に心を動かされていく…。

こちらは先日ソロコンに行って来たスジュのイェソンの初主演映画。
ソロコンでも「観てね~」と言われたので、観ます(笑)



◆ 『ボクの妻と結婚してください。』 ◆ 11月5日(土)公開
【STORY】
バラエティー番組の放送作家・三村修治(織田裕二)は多忙な日々を送っていたある日、末期のすい臓がんで余命6か月と宣告されてしまう。ショックを受けながらも家族のため何ができるのか考えた彼は、自分の代わりに家族を支えてくれる人を見つけようする。そこで、以前一緒に仕事をしたことがあり、今は結婚相談所の社長である知多かおり(高島礼子)に、自分がこの世を去った後の妻の結婚相手を探してほしいと頼み……。
【解説】
テレビ業界の第一線をひた走る放送作家が余命宣告を受け、家族に残す「人生最期の企画」のため奮闘するさまを描いた樋口卓治の人気小説を映画化。愛する妻子の幸せのために、残された時間を使って妻の最高の結婚相手探しに奔走する主人公・修治を織田裕二が熱演。彼の妻を吉田羊、修治が見初めた妻の結婚相手を原田泰造、結婚相談所を営む修治の元仕事仲間を高島礼子が演じる。監督は『県庁おもてなし課』などの三宅喜重、脚本を『電車男』などの金子ありさが手掛ける。

織田ちゃんに余命宣告・・・ちょっと似合わない気もするけど、観るかな・・・


◆ 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 ◆ 11月11日(金)公開
【STORY】
アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では街から街へとあてもなくさまよう生活を送っているジャック・リーチャー(トム・クルーズ)。ある店でトラブルに見舞われた上に保安官に連行されそうになった彼は、自分をめぐる何かしらの陰謀が動きだしているのを察知する。やがて彼は、元同僚であったターナー少佐(コビー・スマルダーズ)を訪ねるが、彼女がスパイ容疑を掛けられて逮捕されたことを知る。ターナーを救い出して共に事態の真相を追ううちに、軍内部に不穏な動きのあることをつかむが……。
【解説】
リー・チャイルドの小説を実写化したアクション『アウトロー』の続編。かつてアメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったが、今は放浪生活を送る男ジャック・リーチャーが、巨大な陰謀に挑む。監督は、『ラスト サムライ』などのエドワード・ズウィック。前作に引き続いてトム・クルーズが主演を務め、『アベンジャーズ』シリーズなどのコビー・スマルダーズやテレビドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズなどのロバート・ネッパーらが脇を固める。ド派手な見せ場の数々や、トムのアクションも痛快。

こちらも楽しみな作品。超絶強い男の話が大好きなので~~~。
『アウトロー』も面白かったし・・・



◆ 『ミュージアム』 ◆ 11月12日(土)公開
【STORY】
現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。
【解説】
「ヤングマガジン」連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。

これは、試写会に当たっていたけど遠征で居なかったのでムスメに行ってもらったら、かなりグロいよ~~。と言われたけどキャストに惹かれ鑑賞予定。


◆ 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 ◆ 11月23日(水・祝)公開
【STORY】
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。アメリカを舞台に魔法学者と仲間たちが巻き起こす旋風に興奮する。

楽しみすぎる~~~。早く観たいな・・・公開日に観られないのが残念。



後、観られたら・・・
『続・深夜食堂』
『マイ・ベスト・フレンド』


興味あるけど無理かな
『溺れるナイフ』
コメント (7)   トラックバック (4)