あなたの未来をわくわくハッピーに~長崎在住の保険系ファイナンシャルプランナー~

あなたの心とお金と健康を満たして、わくわくハッピーな未来を創造するお手伝いをします。

貸与奨学金の第一種奨学金と第二種奨学金

2018年03月03日 | 奨学金について
日本学生支援機構スカラシップ・アドバイザーの阿野友範です。

本ブログは、独立行政法人日本学生支援機構のHP等を参照しています。
http://www.jasso.go.jp/index.html


第一種奨学金の学力基準
5段階評価で、3.5以上

第一種奨学金の家計基準
4人世帯の場合年収747万円以下

第一種奨学金基準詳細はこちら
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kijun/yoyaku/daigaku/1shu.html


第一種奨学金の貸与額

大学
【国公立・自宅通学の場合】月額30,000円または45,000円
【国公立・自宅外通学の場合】月額30,000円または51,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
【私立・自宅通学の場合】月額30,000円または54,000円
【私立・自宅外通学の場合】月額30,000円または64,000円 ※自宅通学の月額も選択できます。
平成30年度


その他、短期大学、大学院、専門学校などの貸与額はこちら↓
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kingaku/1shu.html


第二種奨学金の学力基準
平均水準以上

第二種奨学金の家計基準
4人世帯の場合年収1100万円以下

第二種奨学金基準詳細はこちら
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kijun/yoyaku/daigaku/2shu.html


コメント

貸与型奨学金と給付型奨学金

2018年03月03日 | 奨学金について
日本学生支援機構スカラシップ・アドバイザーの阿野友範です。

本ブログは、独立行政法人日本学生支援機構のHP等を参照しています。
http://www.jasso.go.jp/index.html

日本学生支援機構の奨学金には、
貸与型の奨学金と給付型の奨学金の2種類があります。

貸与奨学金とは、
学費として奨学金を貸与(たいよ)、つまり「借りる」ものです。

ですので、
貸与終了後、卒業後、
返還します。
(奨学金においては、返済ではなく返還という)


貸与奨学金には、
第一種奨学金と第二種奨学金
があります。

第一種奨学金は、
無利息

第二種奨学金は、
利息付きです。
ただし、在学中は無利息です。

第一種奨学金と第二種奨学金の両方を借りる(併用貸与)ことも可能です。


これに加え
「入学時特別増額貸与奨学金」
というものがあります。

初回の奨学金振込時に増額して貸与する利息付の奨学金です。


家計収入が一定額以下の人と
日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込んだけれども利用できなかった世帯の学生・生徒
を対象とする制度です。


※注意点
入学時特別増額だけの貸与はできない
入学前の貸与ではない
利息付き(在学中は無利息)


コメント

奨学金とは?

2018年03月03日 | 奨学金について
日本学生支援機構スカラシップ・アドバイザーの阿野友範です。

本ブログは、独立行政法人日本学生支援機構のHP等を参照しています。
http://www.jasso.go.jp/index.html

奨学金とは、
経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、
学生等が安心して学べるよう「貸与」または「給付」する制度です。


日本学生支援機構(JASSO)が行う奨学金以外に、
大学、短期大学、地方公共団体が行う奨学金制度もあります。

ここから検索できます↓
http://www.jasso.go.jp/about/statistics/shogaku_dantaiseido/index.html


コメント

「もうダメかと思った・・・」

2017年08月23日 | 奨学金について


実は一瞬夢を諦めた・・・


僕には、
学校でマネーセミナーをする
という夢があり、

今日、そのきっかけとなる講習が福岡であった。



10時過ぎには博多に着き、
親勉のキャンペーン本を買いに書店巡り

紀伊国屋、丸善、ジュンク堂と3店回り、
お目当ての本を
ようやく3冊ゲットした。


まだ11時過ぎ。



よゆーなので、長崎にはない大好きなサブウェイへ。




無数の組み合わせがあるサブウェイ。

あまり分からないですって言えば、
店員さんが丁寧にオススメを教えてくれる。


今日のランチセットはこれで、
パンはこれがいいですよ、
ソースはこれが、
アボカドのトッピングはいかがですか?


そんな楽しいコミュニーケーションを取り、サンドイッチをほおばる。



そろそろ会場に向かおうかなって、
天神からバスに乗った。




えっ?
右折???

まさか⁉

「運転手さん、これ、博多駅方向行きますか?」

NO!






ヤバイ!






事務局に電話して、

「バス乗り間違えました。今向かってますが、ちょっと間に合わないかもしれません。」

「12時30分に間に合わない場合は、講習は受けられますが、資格は与えられません!」

バッサリ!


チーン!




こんな時に限って、
タクシーが捕まらない。



手を上げても、

手を振っても、

道路に身を乗り出して、
手を上げても、

どれも賃走ばかり・・・



4台目のタクシーがようやく捕まる。


「運転手さん、12時30分までに、3丁目の会場に付かないと試験が受けられないんです」

「うーん、間に合わないかもしれませんよ」



タクシー内から、
もう一度電話する。


「先ほど電話した者ですが、
今、タクシーに乗りました。ギリギリになります」


「分かりました、担当に伝えておきます」
と、冷た〜く。



運転手さんは、
ナビを無視して、裏道を抜けてくれる。




大丈夫、大丈夫、
間に合う、間に合う、

いや、無理かなぁ…



なんで、こんなに工事してんだ!!




これは、何の試練なんだろう?

何のネタになるんだろう?



って、諦めの気持ちが支配してきた。





それでも、

大丈夫、大丈夫、大丈夫

とブツブツ。

運転席と助手席の間の料金トレーに、
お金とハッピーマイレージカードを置いて、
ひたすら、祈る。

会場手前の信号で引っかかる。


「運転手さん、ここで、降ります!!」

「お釣りは?」






会場は5階。


うっ・・・




エレベーターボタン連打(笑)




受付到着。
「先ほど電話した阿野です」
と受付に伝える。





満席の会場の
最前列の3人掛けテーブルの真ん中に
滑り込む。

ふー
12時29分。





夢に首の皮一枚繋がった(笑)





必ず夢を実現させます


#日本学生支援機構
#スカラシップアドバイザー
#奨学金






コメント