サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

サウジの“消えたジャーナリスト”事件

2018年10月19日 | 
10月19日 サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が、10月2日、イスタンブルのサウジ領事館に入ったきり行方不明になった事件は、日本でも毎日、報じられていますね。カショギ氏が領事館内で残虐に殺されたことは99%事実でしょう。


事件に関心のある方、私のブログ「トルコのトピックス」をごらんください。余談ですが、テレビを見ていると、「アラブ世界」と「中東」を同じもののように話している人が多いのが気になります。言うまでもなく、「中東」イコール「アラブ世界」ではありません。念のため。


ふっかちゃんのプレートを盗まないで!

 

「ふっかちゃん」は埼玉県深谷市のキャラ、かわいいでしょ。頭の角みたいなのは名産のおネギです。深谷は父の郷里なので、私、ふっかちゃんファンクラブに入っています。今日TVが「ふっかちゃん」のナンバープレートが大量に盗難にあっていると言ってました。いくらふっかちゃんがかわいくても、ドロボーしてコレクションしちゃだめよ!


ハロウィーン・デコの新顔


大きめのパムプ君を木の枝に下げたら、ちょっとインスタ映え。お隣りのキクチさんがケイタイで、ウチのハローイン・デコの写真撮りました。お友だちに見せるんだって。


クラス会の写真のプリント
 

クラス会の集合写真、ウチのプリンターより、カメラ屋さんにきれいにプリントしてもらおうと、USBに入れて持って行きました。30分くらいかかるというので、パン屋さんのイートインでオヤツを食ながら本読んで待ちました。パンプキン・パイです。


   美しいお手紙


セキコさんからクラス会のお礼状届きました。秋らしいステキな便箋に、きれいな文字。セキコさんはご病気抱えてるのに、いつもにこにこ明るい笑顔で、心配りのある優しい方です。


鶏もものオレンジ煮がおいしくできた


鶏モモとパプリカを、オレンジジュースとママレードで煮ました。ワインと、お醤油も少し。ふっくら柔らかく、おいしくできました。


   レンコン料理2つ
  

左はオリーブ油で揚げて、とけるチーズからめました。右はごま油できんぴら。ピリ辛め。


   「HPのトップ頁」へ










コメント

大学の同期会です。雨降らなくて、よかったわ

2018年10月17日 | 
10月17日 毎年10月に開催しているクラス会、今年も昨年と同じ新宿の中村屋8Fの「Granna]です。


Grannaはクラス会が多いので、お店の人もクラス会慣れしているので、幹事としてはとてもやりやすいです。定刻には全員集合。まず乾杯!


オードブルはサーモンや小エビなど。サーモン、おいしかったわ。


クリーミーなサツマイモのスープ。お魚はイサキのバターソース。

 

メーンはステーキかタン・シチューなので、タン・シチューたのみました。右はデザート。記念写真の後、二次会もおしゃべりは尽きません。


帰りは中村屋の地下の食品売り場で、みんなでお買物。これ中村屋の本店しか売っていないカレー。セキコさんは、今日、体調不良で欠席のミチコさんのためにカレー買っていました。送ってあげるんですって。お優しいのね。


  キノコの森のミッキーとミニー


今年はキノコが豊作と聞きました。キノコ採りに行って遭難する方も増えているんですってね。ウチの植え込みにもキノコが生えてきました。夜、ふと見たら、ミッキーとミニーがキノコの森でデートしていましたよ。


ウチのマンションから見た、向こうの丘の家々の灯です。多摩は丘陵地帯、ウチのマンションも高台にありますが、夜になると、向こうの丘の灯がチカチカきれいです。丘の上のほうに住んでる方は、街へ下りるの、車じゃないと無理ね。バスはあるのかしら?


   「HPのトップ頁」へ
コメント

ハロウイーン・デコしました

2018年10月16日 | 
10月15日 ウチの前の植え込みに、やっとハロウイーン・デコしました。


今日は雨降らないだろうと、ハロウイーン・グッズを飾ったら小雨。濡れさせたくないコウモリ君やガイコツちゃんを軒下に避難させました。


おウチの中には毎年このミニ・セットを飾ります。


小豆島の新鮮なオリーブの塩漬け


年に1度の期間限定ですって。新鮮なオリーブの浅漬け。枚方のS氏からの贈物ですけど、フツーに売ってるオリーブの塩漬けとは、ぜんぜん違います。オリーブの木からもいで、お口に入れたような感じ。びっくりのおいしさです。


このオリーブはサラダに入れてドレッシングかけたりしたら、もったいない。このまんまワインといただきます。


お肌のお手入れもオリーブです。右は小豆島の井上誠耕園の美容オリーブオイル。左はイスタンブルで買いだめしてきたオリーブ・クリーム。


アボカド・サラダとマカロニ・サラダ


アボカドとハムとポテトとニンジンのボリューム・サラダ。ヨーグルト・ソース。


キュウリ、ハム、ゆで卵、玉ネギ、レーズン入りマカロニ・サラダ、マヨ・ソース。ニンジンとかぼちゃのミックススープ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

出番を待つパンプキン君たち

2018年10月14日 | 
10月13日 ウチの前の植え込みに、恒例のハロウイン・デコをしようと思っているのですが、お天気がはっきりしません。月曜には飾れるかな。


パムプキン君たちも、ガイコツちゃんも、オバケさんも、そろそろ出番だよ~と箱の中から出てきました。


旅の本2冊いただきました


先日お会いした作家の芦原伸さんから、ご著書二冊送っていただきました。どっちもおもしろそう。

 『イザべラ・バードを鉄道でゆく 新にっぽん奥地紀行』 芦原 伸
             発行:天夢人 発売:山と渓谷社 1600円+税
 
『へるん先生の汽車旅行 小泉八雲と不思議の国・日本』 芦原 伸
             集英社文庫 600円+税



いま、『へるん先生の汽車旅行』を読みかけています。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の日本の足跡をたどる鉄道旅です。おもしろそうでしょ。『イザべラ・バード・・・』のほうが、もっとおもしろいかなと、後まわしにしました。


昔の映画『森と湖のまつり』のDVD


武田泰淳原作の映画『森と湖のまつり』のDVDいただきました・・・と言っても、若い方は武田泰淳という作家もご存じないかも。『森と湖のまつり』はアイヌの青年と女流画家との愛を中心に、滅びゆくアイヌ民族の運命を描いた小説ですが、実は、この「ときどきダイアリー」の10月5日の頁にご紹介した木彫作家ビッキと、私の友人ミネコちゃんがモデルなのです。

 昔、私、武田泰淳・百合子夫妻の家に遊びに行ったとき、友人のビッキとミネコちゃんのことを話したら、泰淳先生がたいへん興味を持たれ、ぜひ2人を紹介して欲しいと言われて、ご紹介したのです。そして生まれた小説が、当時ベスト・セラーになった『森と湖のまつり』です。
 映画はビッキが高倉健、ミネコちゃんが香川京子。三国連太郎や有馬稲子など、往年の大スターが出ています。その映画のDVDいただきましたので、一段落したら、ゆっくり見ます。


   今度はパンプキン・パイ


このあいだ、アップル・パイ焼いたので、今度はカボチャのパイ。お砂糖のほかに、少しバターとシナモンたっぷり入れると、おいしい。


トルコでは朝ご飯なんかにトマトと卵をまぜまぜした“メネメン”をよく食べます。ブランチに、ミニトマトでメネメンしました。


なに食べようかな?と思うと、すぐから揚げにするコドモ舌の私です。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

クラス会の打ち合わせランチ

2018年10月11日 | 
10月10日 大学の同期会が近づいてきましたので、今日はアキコさんと打ち合わせランチです。


セイセキの駅でアキコさんと待ち合わせて、駅から近いBAQETへ。このお店、なにか1品注文すると、焼きたてのいろんなパンが食べ放題です。飲物はドリンク・バー式で、ジュースやコーラから、食後のコーヒーいろいろ飲み放題。私とアキコさんはイトヨリと水菜のアヒージョたのみました。(写真はtabelog.comから拝借)


今年のクラス会の出席のお返事は15人。ミエコさんは旅行とぶつかって残念欠席。


クラス会ではいつも名札を用意して、つけていただくことにしています。久しぶりにお会いすると、お名前が出てこない方もあるかも・・・ということで。


ピーター・ラビットづくしのお土産


アキコさんは2週間のイギリス旅行から帰ってきたばかり。お姉さまと2人旅、お天気にも恵まれて楽しかったようです。ロンドンでは私たちの同期のフサエさんのお宅のそばのホテルに泊まったんですって。いろんなお土産いただきました。ピーター・ラビットのペーパー・ナプキン、かわい~い。大事に使いますね。

 

ピーター・ラビット柄の缶の中身はアール・グレイのお紅茶。右はピーター・ラビット柄のティ・タオル。キッチンまわりの布“ティー・タオル”はランチョンマットに使ったり、お茶のお盆に敷いたり、最後は台ぶきんにするのが英国流ですって。SARAH NELSONのジンジャー・ブレッドもいただきました。


晩ご飯の後、アキコさんにいただいたアール・グレイとジンジャー・ブレッドで、ちょっとロンドン気分。


「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」 BS日テレ


トルコの時代歴史ドラマ、月曜から金曜まで、PM2:30~3:30 BS日テレでやってます。治世46年、オスマン帝国の最盛期に君臨し、“壮麗王”と呼ばれたスルタン・スレイマンと、ハーレムでスルタンの寵愛を受け、皇妃の座にまで登りつめた美女ヒュッレムを中心に描いた壮大な歴史ドラマ。ちまちました韓国ドラマなんかより、よっぽどおもしろいですよ。


   イスタンブルの夕暮れ


イスタンブルの古い友人エユップのFacebookの写真、胸きゅんきゅんなので、拝借しました。何度も見ている懐かしい眺めです。
 

   「HPのトップ頁」へ





コメント

困ったカマキリ君

2018年10月07日 | 
10月8日 起き抜けにベランダに出ようとしたら、ガラス戸と網戸の間に、かなり大きなカマキリがいます。


ガラス戸をあけたら、ウチの中に入ってきます。私、カマキリつかまえるのコワイ。外に逃がしたいけど、ガラス戸を開けずに網戸を開けるのは不可能。悪戦苦闘して網戸を少し開けて、出口をつくっても、カマキリ君、出ていってくれない。ガラス戸叩いたり、棒で突いたりして、やっと出ていっていただきました。でも、どうやって入ったんだろ?


街はカボチャだらけ

  

左はモールにいた3段重ねパンプ君。右は野菜売り場のホンモノのカボチャだけど、目鼻口が貼りつけてあります。スーパーの店員さんにも、暇な人がいるのね。


お寺が送ってくる雑誌「光明」

 

わが家の菩提寺・深谷市の華蔵寺が送ってくれる真言宗豊山派の雑誌「光明」。秋の号の特集は「仏さまを知ろう」で、大日如来、薬師如来、観音菩薩、不動明王など、仏像写真入りで解説。仏教のことはなにも知らないから、勉強になります。おはぎのつくりかたまで出ています。


アップルパイとプチトマト・マリネ

  

リンゴがおいしいので、アップルパイ焼きました。リンゴの甘煮をつくって、市販の冷凍パイ・シート使うから簡単。180度24分。形は悪いけど、そのへんで売ってるパイよりおいしい。

 

ミニトマトの甘酢ピクルス。トマトをヨウジでプチプチ突いてから漬けました。ミニトマトがお安かったので、たくさん買って・・・。


   今夜のご飯

 

ハルサメのサラダ。ハムと卵焼きとキュウリ入れました。お魚も心して食べてます。生鮭の照り焼き。


昨夜はお野菜とソーセージのトマト味煮込み。超簡単だけど、おいしいわ。


   「HPのトップ頁」へ


コメント

木彫作家・砂澤ビッキ

2018年10月07日 | 
10月5日 アイヌの木彫作家・砂澤ビッキをご存じでしょうか? 1989年にガンで亡くなりましたが、知ってる人は知ってる、世界的に評価の高い木彫アーティストです。

  blog.livedoor.jp

ビッキが、私の親しかった友人ミネコちゃんと結婚して、北海道から出てきて、鎌倉のミネコちゃんの家で暮らしていた頃、友人づきあいしていました。いまウエブで見る写真は、みんな小太りのヒゲおじさんですが、若い頃のビッキは精悍な面構えの、結構イケてる青年でした。

 

ミネコちゃんと離婚した後は、北海道を拠点に、精力的に制作と発表をつづけていたようですが、私は、彼の鎌倉時代のことしか知りません。ミネコちゃんも数年前、亡くなりました。
先日、ノンフィクション・ライターのA氏から、ビッキの伝記を書きたいので、彼の若い頃の話を聞かせて欲しい言われ、今日、行きつけのトルコ料理店「ボスポラスハッサン」で会って、A氏の仕事仲間のT氏と3人で、お食事しながら、昔話をしました。


トルコワインで乾杯。料理のオーダーはまかされたので、いつものように前菜盛り合わせとサラダ、ケバブ盛り合わせ。ミネコちゃんから聞いている、彼女とビッキの阿寒湖畔でのロマンティックな出会いの話から・・・。


デザートはカダユフ。おいしかったわ。お店では日本人にわかりやすく「もちもちプリン」と言っています。お話たくさんしたから、取材のお役にはたったと思います。

・・・ミネコちゃんの鎌倉山の家に集まって、ミュージックがんがん、歌ったり踊ったりしてた頃が懐かしい。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

鮫島純子さんのお話を聞きに日仏会館へ・・・

2018年10月04日 | お出かけ
10月3日 皆さまご存じの日仏会館は、1924年、日本近代経済の祖といわれる澁澤栄一と、著名な詩人でもあった駐日フランス大使ポール・クローデルが「日仏両国の協力で、相互の文化研究と交流を図る」ことを目的に設立したのです。


“日本資本主義の父”は、多くの学校の創設に関与するなど、文化面でも日本の近代化に大きく貢献しています。


今日はパリ・クラブの主催で、日仏会館で、澁澤栄一のお孫さんの鮫島純子さんの「孫だから語れる澁澤栄一の秘話」という講演があります。ご招待いただいたので、妹夫婦を誘って恵比寿の会館に出かけました。「子供の頃はフツーのおじいちゃんと思っていた祖父が、次第にフツーの人ではないことがわかってきた」という話など、おもしろかったです。


花柄のエレガントなドレス、パールのアクセサリー、ヒールのパンプス、きれいにセットされたヘア、すっきり伸びた背筋・・・女性のお歳に触れるのは失礼ですが、あえて申し上げれば、鮫島さんは1922年お生まれの96歳!


ジョークもまじえたお話は弁舌さわやか、1時間半の講演中、ずっとお立ちになっておいででした・・・澁澤栄一は日本経済の近代化に大きく貢献しながら、私腹は肥やしませんでした。


講演後の懇親会で、ちょっとスナップ。左から私、鮫島さん、妹。


帰り道、おなかがすいて、パスタでも食べようとふらっと入ったお店はスポーツ・バーでした。“MLB cafe”というお店、広々した店内に大きなスクリーンが2つあって、メジャー・リーグの試合が流れています。


奥の部屋をのぞいたら、すご~い! 古き良き時代のMLBに関する写真や資料がいっぱい。名選手のユニフォームも。


私と妹はゴルゴンゾーラ・チーズとクルミのパスタ。おいしかったわ。カツオさんはアメリカ時代を懐かしんでかハンバーガー・・・“動く歩道”を通って恵比寿駅へ。


   「HPのトップ頁」へ


コメント

ニコライ堂の絵はがき

2018年10月03日 | 
10月2日 台風恐かったですね、夜中にびゅ~びゅ~風が吹きまくって。でも、何の被害もなかったのだからシアワセ。


高校の友人ハマコさんからおはがき。きれいなニコライ堂の絵はがきですが、「20年前に私が撮った写真」と書いてありました。あら~、ハマコさん、写真も上手なのね。構図がすばらしい。
ニコライ堂は1891年の竣工。東京っ子には懐かしい想い出、たくさんあります。ロマンティックな想い出も・・・


久しぶりに歯医者さんに・・・


虫歯が痛くなって歯医者さんに。レントゲン撮って、9日に神経とることになりました。歯医者さんの待会室、ホテルのロビーみたいに、すっきりきれいで、気持ちいい。


   ポテトとナスのグラタン


マッシュポテトの上に,挽肉とナスと玉ネギをトマト味で炒めたのをせて、チーズをのせてオブン。おいしいわよ。左はキュウリとバナナのサラダ・ヨーグルトソース。


昨日は鳥胸肉とレタスをチリ・トマトソースとマヨネーズであえたサラダと・・・


またまた小エビとキノコのアヒージョ。オリーブ油とガーリック味が好きなんだもん。

・・・それはそうと、安倍さんて「女性の活躍する社会」なんて言ってるくせに、女性閣僚は1人?


   「HPのトップ頁」へ




コメント

旧友が雨の中、セイセキまで来てくれて・・・

2018年09月30日 | 友だち
9月29日 旧い友人のマサヨさんが、聖蹟桜ヶ丘まで来てくれて、ランチとおしゃべりしました。

 

おしゃべりが目的なので、個室風のお席で落ちつけて、お手頃価格で、食後のコーヒーもつく、すき焼き屋さんに行きました。このお店、何時間おしゃべりしててもヘーキなのが魅力。


   昔の写真


昔、タイ航空のクルーたちと遊んでいた頃、わが家でパーティしたときの写真を、マサヨさんがおウチでプリントして持ってきてくれたけど、普通紙にプリントしたからぼやぼや。わが家のアルバムを探したら、そのときの写真ありました。


左から私、妹マチコ、マサヨさん、ヨウコさん、ヴィシサ(タム)君。わあ、みんな若いわあ。この頃は私、中野区に住んでいました。


お食事タイム。左から私、妹、ポンサ君、マサヨさん、ヴィシサ君、ヨウコさん。ヨウコさんは私がスペインひとり旅中、マラガで会って、1泊同宿し、その後、2人でインドネシア旅行しました。マサヨさんはヨウコさんが連れてきた友だち。マサヨさんとはタイランドとシンガポール旅行しました。


なんだかみんなニコニコ楽しそうね。ヴィシサ君とはいまもFacebookつながりです。


マサヨさんにこんなみごとな長野産のシャイン・マスカットいただいちゃいました。

 

玉手箱みたいな箱の中は、浦和の銘菓「白鷺宝」。見た目も優雅な、おいしいお菓子、ごちそうさま。


    今夜はハンバーグ


私としては珍しく目玉焼きがきれいにできました。右はカキとレタスのヨーグルト・サラダ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント