サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

では、行ってまいります

2016年05月26日 | トルコ関係
5月25日 いよいよ明日、出発です。トルコ航空は夜10時過ぎの便なので、早起きしなくていいのは嬉しいけど、早朝5時過ぎ、イスタンブル着というのは・・・。


今朝、ハイビスカスが咲いてくれました。去年たくさん咲いてくれた株を、冬は鉢に植え替えてウチに入れて、春、また外に植えてやりました。出発前に咲いてくれて嬉しい。


スーツケースに貼るステッカー買ってきました。空港のバゲジ・クレイムで、自分のスーツケース見つけやすいように、私、いつもステッカー貼ります。スーツケースは今朝、ABCに渡しちゃったので、成田でチェックイン前に貼ります。


植木鉢の草花をぜんぶ植え込みに植えました。旅行中、お水あげられませんから。


バジルが白い、かわいい花を咲かせています。ハーブたち、留守中、虫にかじられないようにね。


ナンテンも白い蕾がふくらんでいます。


ご近所の紫陽花、蕾がこんなに。もうじきですね。


元気に、わあっと咲いてるマツバギク、かわいいですね。

 では、行ってまいります。


ブログ、帰国までお休みさせていただきます。帰ってきたら、またよろしくね。テロにぶつからないように、祈っていてくださいませ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ちが迫ってきました

2016年05月23日 | トルコ関係
5月23日 26日の旅立ちが迫ってきました。なにかと忙しいです。


ミニーは「私、もうイスタンブル、何回目かなあ。テロリストが来たら、ネズミのカンで教えてあげるからね」なんて、ヘンなことを言っています。


サンヴァイザー買いに行きました


イスタンブルは海にかこまれていますから太陽光線強いです。サンヴァイザーを買おうとお店を見たけど、リボンだの、ドレープだの、がさばるのが多くて、シンプルなのがありません。あきらめかけて100円ショップ見たら、ありましたあ、理想的にシンプルなのが。108円でゲットです。ふつうのお店のは平均2000円。100円なら帰りに捨ててきてもいいですね。


夏の旅行は毎日のようにお洗濯ですね。洗剤はペットボトルに入れておくと使いやすいです。


ぴっちりのプラスティック容器もスーツケースに入れました。私、いつもトルコでジャムを買って帰るのですが、ガラス瓶は重いから、これに移して軽くします。この容器はまえにイスタンブルで買ったもの。トルコのジャムはちょっと甘すぎだけど、イチゴもラズベリーも、丸ごとがごろごろ入ってるから好き。


スーツケースもおおかた詰めました。Tシャツはたくさん入れても、がさばらないから、夏の旅行はいいですね。イスタンブルをまだまだ見たい調べたい私は、実は荷造りより下調べ勉強のほうが忙しくて・・・。


ハイビスカスの蕾


昨年植えたハイビスカスが、たくさん蕾をつけてくれました。出発前に1輪でも咲いてくれたら嬉しいけど。


冷蔵庫カラッポ作戦、展開中


冷凍してあった小エビとマシュルームとバジルのパスタ。


生まマシュルームのサラダも大好き。



ケーキ屋さんで、イスタンブルにお土産のクッキー買ったら、生ロールケーキいただきました。たまにしか買わないお店ですけど、20余年のお付き合いです。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラヴァッジョ展を見てから舎人公園へ

2016年05月20日 | 友だち
5月19日 ユキコさんとミエコさんと「カラヴァッジョ展、見に行こうね」と前から約束していました。


2人は都美術館の若冲展とハシゴしたいそうですけど、私は早起きは苦手なので、西洋美術館のカラヴァッジョとランチにジョインすることにしました。


携帯で連絡取り合って、上野駅の公園口を出たら、もう若冲展を見ちゃったユキコさんが待っててくれました。


西洋美術館前で、バッカスが迎えてくれました。桃太郎さんみたいな子供っぽい顔の酒神です。


ユネスコの世界遺産に登録されることに決まった西洋美術館です。かなり混んでいたけど、まあまあ、ちゃんと見られました。絵を見るのは、好きだけど、ていねいに見過ぎて疲れました。さあ、ランチ・・・


広小路方面に歩いて、カジュアルなスペイン料理屋でパエーリャ。1人前ずつの小鍋で、アツアツが出てきました。オコゲがおいしい。ウチでもつくれそうね。


「日暮里・舎人ライナー」で舎人公園へ

「日暮里から舎人ライナーというモノレールで、舎人公園という公園に行かれるらしいから行ってみない?」とユキコさんが言いだして、行ってみることに。ミエコさんは「明日は朝から水泳で、明後日はナントカだから・・・」と上野でバイバイ。


私、モノレールの最前部に乗るの大好き。運転手さん気分。終点の見沼代親水公園まで行きました。


親水公園というのは小川沿いの緑地帯というか散歩道。緑がいっぱいで、いい感じですけど、パークと呼ぶほどのものではなかったわ。


ピンクのタチアオイがきれいでした。舎人ライナーで2駅戻って「舎人公園」へ。


モノレールの駅から見下ろした舎人公園。広大で、緑の木々がいっぱいです。


噴水池で小さな子がスッポンポンで水遊びしていました。楽しそう。


大きな池があって、黄色い花ショウブが咲いています。お弁当持ってピクニックに来たい公園です。


小川にカルガモちゃんが大勢います。


カルガモの赤ちゃんが7羽、お母さんの後について、よちよち歩いています。私の肩手に入ってしまいそうな小さな赤ちゃんです。


1人のおじさんがパンの耳を小さく切ったのをカルガモに投げてやっていましたが、私たちにもパンを分けてくださいました。カルガモってパンが好きなんですね。投げてやると、オトナも赤ちゃんも夢中で食べます。


御徒町でユキコさんと別れて、大江戸線に乗ろうとしたら、アメ横の看板が見えました。久しぶりにちょっとのぞきたくなって・・・。


おいしそうな食物が、とってもお安くて、買いたくなりますが、旅行前だからなにも買いません。


摩利支天のお社、懐かしいです。摩利支天さまはお参りする人に「気力・体力・財力」を授けてくださるんですって。3つともいただきたいです。この地に開創400年。


生鮮食品は止めて、オヤツ用のお菓子買いました。これ2個で200円よ。


こんなビスケットです。アメ横、近頃、来なかったけど、おいしいものがお安いから、外出のついでに食料品買いにまたのぞきましょう。


舎人公園で摘んできたレッドクローヴァ。お水に入れたら、元気に。これを干して、冬のお茶にします。楽しい1日でした。


   「HPのトップ頁」へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雨の中、個展のハシゴ

2016年05月17日 | お出かけ
5月17日 ちょっと用事もあって、都心へ出たので、千年幸枝さんの「物語イスタンブール」という油絵展をのぞいてきました。


30年前から、イスタンブルをご存じの方の絵を拝見したいと思って・・・。


幸枝さんも、もうすぐイスタンブルにいらっしゃるそうで、「あら、イスタンブルでおめにかかれるかもね」という話しに。右端の絵はドルマバフチェ宮殿、幸枝さんの左に、ガラタ塔が見えます。


ガラタ塔って近くで見ると、こんなですね。左にあるのはオスマン時代のストーブ。お宅の玄関に飾っていたものですって。


マリーさんの作品展を見に、銀座から南青山へ


フランス女性のマリー・マグラキさんはビーズやスパンコールや刺繍で、かわいいアクセサリーや小物をつくるデザイナーです。会場の「ギャラリー・パレット」は私の旧友・秋間三枝子さんがオーナー・プロデューサーです。


かわいいものいっぱいで、かわいいもの大好きなサチコさん、うっとりです。


マリーさんと三枝子さん。マリーさんは9歳と6歳のお子さんのママです。


私がいままでいただいた名刺の中で、いちばんかわいい名刺です。


ビーズやスパンコールでつくったブローチやピアス。


鳥かごの中にマトリューシカ。マリーさんのつくるマトリューシカ、水玉の服なんか着て、と~てもかわいいです。私もピアスつくっていただくことにしました。イスタンブルへ発つまえに送って下さるって。


お家に帰って晩ご飯


出かけるまえに下ごしらえしておきました。キャベツと豚肉があったので、野菜たっぷりの回鍋肉。旅行前に、冷蔵庫整理を考えてメニュー。


卵入り中華スープ。


   「HPのトップ頁」へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリーさんのフレンチスタイル・アクセサリー作品展

2016年05月16日 | 
5月15日 フランス人デザイナー、マリー・マグラキさんのアクセサリー展が南青山で開かれます。かわいいもの、繊細な手づくりものの好きな方、のぞいてみて。ワークショップもあります。


ビーズ、スパンコール、刺繍でつくる、花をモチーフにしたアクセサリーたちです。

マリー・マグラキ(Marie Maglaque)さん。


 5月17日(火)~5月22日(日)11時~19時
 場所:Gallery Palette(ギャラリーパレット)
    東京都港区南青山4-17-22TZビル TEL:03-3402ー0234
    表参道駅A4出口から徒歩8分
    (ギャラリーパレットのプロデューサー秋間三枝子さんは私の旧友です) 



スパンコールのお花と刺繍の葉っぱですね。


カメリアのブローチ。かわいいですね。


初めまして、モネちゃんです

ウチのお隣のお隣のお隣のコイズミさんちのモネちゃんです。縫いぐるみじゃないのよ。人懐こいコですけど、きゃんきゃん鳴かないマンション向きのコです。


ハイビスカスに蕾


昨年、きれいな花をたくさん見せてくれたハイビスカス、鉢に植えて室内で冬越しさせ、また地面に植えてやりました。今日見たら、蕾がたくさんできていました。嬉しい!


キッチンのモダンアート


先日、送っていただいた紫色のおダイコン、1個残っていたのが、おもしろいオブジェになっていました。でも、明日はサラダになります。


紫のダイコンと玉ネギとレタスとオリーブのサラダ。


紫ダイコン、ぬか漬けにもしました。


葉っぱといっしょに、シンプルに塩漬けもおいしかったです。


今日は忙しかったのでチキンライス


目玉焼き、今日も失敗です。チキンライスのお豆は古代エンドウ豆。


   「HPのトップ頁」へ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑がもえあがる季節・・・

2016年05月14日 | 
5月13日 どこもかしこも、緑が光り輝いています。


目に青葉・・・


ミニーも元気に・・・


初がつお

カツオのお刺身にミョウガと大葉とウドを合わせて和風ドレッシング。


旅行前に、ヘアサロンに、ヘルス・チェックも


昨日はヘア・サロンに行って、今日は病院に。多摩センターに向かうバス道、緑の中に吸い込まれそうです。


病院で会計を待ってる人たち。お年寄りばっかです。杖ついてる人、車いすの人、若い人に付き添われて、よちよち歩く人。高齢化社会きわまれり。


病院の廊下には、油絵だの、手工芸品だのいろいろ飾ってありますが、この紙細工のクラゲ、よくできています。おもしろくて、ず~っと眺めていました。


手づくりお野菜が届きました

大阪のS氏から、また、お手づくりお野菜いただきました。これはおだいこんです。


古代種のエンドウ豆ですって。見るからに、古代っぽいお豆。さやは紫ですが、お豆はきれいなグリーンです。珍しいもの、ありがとうございます。


おダイコン、切ってみました。きれいでしょ。鮮度ばつぐん。


晩ご飯にサラダにしてみました。おダイコンの辛味をおさえるのに、蜂蜜入れたマヨネーズであえたら、おいし~い!色どりも、かわいいでしょ。


今夜は昔風スパゲッティ・ナポリタンをつくったので、古代種エンドウをグリンピースがわりにぱらぱら。


昨日は久しぶりにミニ・ピザ焼きました


強力粉90グラム使ったミニ・ピザ。ナスとトマトソースとベーコンとチーズの相性って、すばらしいです。


   「HPのトップ頁」へ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブル行きが決まって、いろいろ忙しく・・・

2016年05月11日 | トルコ関係
5月10日 イスタンブルの旧友から、6月2日、娘イレムの結婚式にぜひ来てほしいとメールが来ました。イレムちゃんは赤ちゃんのときから、というか、ガムゼちゃんのおなかにいるときから知ってるコです。いまはモデルみたいな、すらりとした美しいレイディです。


イスタンブルのボスフォラス沿いに立つベイレルベイ宮殿、贅を尽くした、かつてのスルタンの離宮で、いまはミュージアムになっています。「ベイレルベイ宮殿で結婚式するのよ」というガムゼのメールを見たときは、びっくりしましたけど、庭かどこかをイベントに貸しているんですって。
テロが恐いと、観光客激減のイスタンブルですが、イスタンブルっ子は優雅に楽しく暮らしているんですね。


ドレスは古いの引っ張り出して、靴やバッグも点検。「ベイレルベイだったら、夜なんか海峡の風が冷たいから、はおるものないとだめよ」と、イスタンブル在住の友人が言いました。確かにそうね。なに着たらいいか、わからなくなりました。


フューシャの花が咲きました


今朝見たら、フューシャの風船みたいな蕾が割れて、ランタンみたいな花が3輪揺れていました。花屋さんではフクシアとか言われていますが、英語はフューシャ。鉢に植えて、ぶらさげると、見映えしますね。


シロウリのサラダ


シロウリって、ふつうはお漬物ですけど、サラダもいけると雑誌で見ました。お塩で少ししんなりさせてから、レタスと混ぜて、かにかまのトッピング。すりごま+マヨ+オイル+酢のドレッシンぐで。


2日連続でシロウリ・サラダしました。


ニンジン3対ポテト1のポタージュ。


小エビとシメジのパスタ。できたての湯気でカメラのレンズがくもっちゃった。


   「HPのトップ頁」へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧友と10数年ぶりに、セイセキでランチ・デート

2016年05月07日 | 友だち
5月7日 ミドリさんに赤ちゃんが生まれて、お祝いに行ったのは、このあいだのことのようなのに、赤ちゃんはもう高校生だって!びっくり。まさに光陰矢の如し。


国立から車でセイセキまで来るというので、お気に入りの隠れ家レストラン「エル・ダンジュ」を予約しました。お店の前で待っていたら、緑の中をミドリさんがやってきました。


私の好きな席をちゃんと取っといてくれました。だから、このお店好き。


オードブルはお野菜のテリーヌ。中心にエビが入ってます。このお店のお料理、見た目かわいいだけでなく、ほんとにおいしいのです。10数年ぶりでも、たちまち話がはずんじゃうから、お友だちっていいなあ。


クリカボチャのポタージュ。おいし~い。ミドリさんは毎日、高校生の男のコのお弁当つくってるんだって。スマホでお弁当の寫眞見ました。ボリュームすごい、おいしそ。男のコ、底なしに食べるって。


メーンは私はお肉にしました。カモです。お野菜もたっぷり。


ミドリさんはお魚。イサキのグリルです。サイドは洋風茶碗蒸し。ミドリさん、明日は富山に出張だって。富山は私も何年か前、講演に行ったわ。砺波市とトルコのヤロバは姉妹都市なのです。


デザートは私も緑さんもガトー・ショコラを選びました。シャーベットもついています。コーヒーもおかわりして、ゆっくりおしゃべりができました。


ランチの後は桜ヶ丘公園へ


聖蹟桜ヶ丘という地名は明治天皇がお花見に行幸されたことに由来します。昭憲皇太后のお歌の石碑の前で、ミドリさんポーズ。若いときはモデルしたこともあるミドリさん、相変わらずカッコイイです。


杉の古木。枝がねじくれて、樹齢数百年という感じ。ヒマラヤ杉かしら。
駅前まで送ってもらってサヨナラ。楽しかったわ、また、会いましょうね。


フクローさん名刺入れ


こ~んなかわいいフクローさんの名詞入れ、ミドリさんにいただきました。み~んな違うフクローさんなのが面白いですね。私、この頃はチューリップ・コレクターですけど、その前は“知の象徴”フクローを集めていました。いまもたくさんあります。


フクローさんの皮製のブローチ。バッグにつけようかと思います。Thank You!


今日は暑かったので・・・


晩ご飯のデザートはアイスクリーム。先日、お隣にいただいた山形のチェリーのシロップ漬け飾りました。

   「HPのトップ頁」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの日。トルコ人歴史学者の講義を聴きに町田へ

2016年05月06日 | トルコ関係
5月5日 端午の節句、子どもの日ですね。今日のオヤツはもちろん柏餅です。こしあんとみそあんと両方食べたかったのですが、みそあんは売り切れでした。


♪柱のきずはおととしの 五月五日の背くらべ・・・ という古い歌、ご存じの方おいででしょうか? ♪ちまき食べ食べ にいさんが はかってくれた背のたけ・・・


子どもの日だから子供時代の寫眞


スポーツ選手や芸能人の子供時代の写真をTVでみせていましたので、私も子どものときの寫眞。毎夏、ステイした千葉の大原海岸。私(左端)と兄と妹。末の妹はまだ生まれていません。


母と私と妹と、おそろいの水玉を着ています。子供時代、黄金の日々です。


ボアジチ大のキュチュクヤルチュン先生の講義を聴きに・・・

夕方から講義を聴きに、町田に行きました。タイトルは「アジアの西トルコから東をさして」。明治から昭和を生きた大谷光瑞の話がメーンでした。

聖蹟桜ヶ丘からバスで永山、永山から小田急で、新百合丘乗換えで町田。意外と簡単に行かれました。

会場は町田市民フォーラム。


お写真を見て、こわ~いお顔!と思いましたが、ご紹介いただいて、ちょっとお話したら、笑顔の魅力的な、とても感じのよい方でした。
歴史学博士。ボアジチ大学で日本史、アジア史、日本語、翻訳講座など指導。同学アジア学研究所研究員。「大谷光瑞と土耳古」という著書も。


日本語、みごと過ぎます! 目をつぶって聞いていたら日本人です。

 Wikipedia

明治から昭和にかけて活躍した大谷光瑞はご存じの方も多いでしょう。浄土真宗本願寺派法主で、伯爵という身分でありながら、1920年代にトルコのブルサで絹織物の工場を共同経営したり、トルコの経済発展のために働きました。おもしろい日本人がいたものですね。

講義はおもしろかったけど、終わったのは八時半。おなかすいた。お友だちとカフェに入って、パイを食べました。


町田の「絹の道」


帰り道、ごちゃごちゃした商店街に「絹の道」という石碑がありました。幕末から明治にかけて、甲府、八王子方面から、町田をへて横浜港まで生糸が運ばれたそうです。ホントのシルクロードとは関係ないけど・・・


絹の道の石碑と記念撮影。左から元イスタンブル総領事・松谷浩尚氏夫人、私、お嬢さんの松谷晶子さん、日本トルコ協会の大川常任理事のお嬢さん。


おそい晩ご飯


コーンと卵と粉チーズの黄色いご飯。


玉ネギの甘酢漬けにカニカマのせて、オリーブ油かけました。おいし~い!


サツマイモとリンゴのサラダ。ヨーグルト・マヨ・ソース。


   「HPのトップ頁」へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブルのマコトさんが一時帰国中なので・・・

2016年05月03日 | 友だち
5月3日 今回のマコトさんの一時帰国は、ご実家のお引越しなので、いろいろ忙しそう。なので、ランチ・デートです。12時、聖蹟桜ヶ丘駅で待ち合わせ。「今回の帰国で、まだ食べてない日本食はなに?」ときいたら、「とんかつ」ということなので、京王デパート最上階のとんかつ屋さんに行きました。


マコトさんのお土産はイスタンブルのロクムの老舗「ハジ・ベキル」のお菓子です。

このところ、ISやPKKのテロに、シリア難民に、観光客激減に、EUに、ロシアに、ギュレンに・・・多事多難のトルコ、話は尽きません。でも、トルコ人、意外とみんな悠々と暮らしているようですね。


オスマン・チョコ(?)もいただきました。金紙にスルタンやハレムの美女のシールが貼りつけてある、おかしなチョコです。

食後は駅前スタバの屋外席に場所を移して、おしゃべりのつづき。1980年代、90年代のイスタンブルの話、ISやPKKの話、民族や宗教の話・・・。


昨年もいただいたお菓子の老舗「ジャフェル・エロル」のカレンダー。西暦の下にイスラム暦が書いてあったり、おもしろいです。4時頃、マコトさんと別れて、おウチに帰ると・・・


ミニ鯉のぼりと山形のチェリー

 おや、玄関のドアノブに袋が下がっています。急いで中を見ると・・・


ミニ鯉のぼりです。ふくらんだおなかの中には・・・


お菓子がぎっしり詰まっていました。


山形のサクランボのシロップ漬けも出てきました。このステキなギフトは・・・お隣のK教授宅かなと、メール・チェックしたら、やっぱりそうでした。Thank you!


チェリー、かわい~い! アイスクリームかプディングといっしょにいただこうと思います。


山形県鶴岡の羽黒山に旅行に行かれたそうです。添付していただいた写真は濃霧の林、幻想的ですね。


子供のとき、家族で箱根に行って、濃霧で車が動けなくなったことを想いだしました。


ミニ鯉のぼりは、おなかのお菓子を出して、♪甍(いらか)の波と雲の波・・・と歌いながら、ウチの前の木の枝に下げました。


今夜のデザートは、マコトさんにいただいた「ハジ・ベキル」のロクム。ピスタキオやニンジンが入った、ちょっと変わったロクム、おいしい。


ユキコさんちのミモザの花


何年か前、ユキコさんの個展に、ミモザの小さな鉢植えを差し上げたのですが、ユキコさんがそれを庭に植えておいたら、こんなに育って、今年も花が咲いているそうです。ミモザって強い植物みたいですね。私も植えてみようかしら。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加