サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

暑いけど、なんとか元気

2024年07月11日 | 
7月11日 アキコさんとセイセキでランチ・デート。今日は、最近できた中華のお店「香華園」にしました。ランチタイムのお客は高齢者ばかりですね。

 

私はちょっとピリ辛の「冷やし担々麺」(左)、アキコさんはフツーの「冷やし中華」。暑いから、やっぱり冷たいのがいいわね。来月、誘われている小旅行の話や、われらが津田梅子先生がお札になった祝賀会しようか、とか・・・。

   

アキコさんに淡路島のお土産いただきました。「オレンジ・スティック(チョコレート)」です。


砂糖漬けのオレンジ・ピールにチョコをコーティングしたスティック。おいしいに決まっていますね。

       たれ目の百合子さん
  

鬼百合が咲く季節になりましたね。前にも書きましたけど、私,鬼百合を見ると、小池百合子さんを想い出します。カイロから帰ってきて、キャスターになる前の百合子さんに、私、アラビア語をちょっと習いましたが、授業の合間の雑談で、百合子さんが「私、鬼百合って言われてますから」とおっしゃったのです。たれ目の、かわいいお嬢さんでしたけど、たれ目のヒトって、キツいこと言っても、優しい感じでトクね・・・と、釣り目のサチコは思います。


       渋沢栄一襲撃事件
      

渋沢研究会の是澤博昭さんから「渋沢栄一襲撃事件と東京市水道鉄管問題 ー渋沢像の形成過程における一考察ー」という冊子が届きました。栄一は1892年、52歳のとき、暴漢に襲われたことがあります。乗っていた馬車の馬の足が傷つけられただけで、本人は無事だったのですが。水道を一刻も早く完成させたかった栄一は外国製の水道管の使用を主張しましたが、これに反対する者が暴漢を雇って襲撃させたのです。しかし、まったく私欲のためではなかった栄一は、いささかも動ぜず、この事件を回顧しています。


冊子を入れて送っていただいたクリアファイル、かわいい。若き日の渋沢栄一が徳川昭武のお供で、パリ万博へ出かけたときのイラストですね。中央の子供が、まだローティーンの昭武、徳川慶喜の異母弟です。左が栄一。この渡欧が栄一に大きな影響を与えたことは、ひろく知られていますね。このファイル、かわいいから愛用しよう。


    質素・ヘルシー・おいしい

メーンは鶏胸肉とズッキーニのオイスターソース。胸肉はコスパいいだけじゃなくて、と~てもヘルシーなのよ。そぎ切りにして、フォークで突いて、お酒につけてから調理すれば、軟らかくておいしい。サラダはレタスとカニカマ。ヒジキも煮ましたよ。質素・ヘルシー&おいしいの見本です。


   「HPのトップ頁」へ




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

言うまいと 思えど今日の 暑さかな

2024年07月09日 | 
7月9日 暑いから、昼間はウチにこもっていたいけど、出かけないわけにもいかなくて・・・


駅前の花壇に,涼感溢れるこの花、アガパンサスという名だったかしら。

  

「ロッテリア」で、今年初のかき氷食べました。最初のひと口、ふた口は、おいしくて、生き返った気分だけど、ぜんぶは食べきれませんわ。

 

いまクーラーが壊れたら生きてゆけません。「どうぞ壊れないで」と、毎朝、お水をあげて拝んでいます(ウソ)。外出時は必ず、冷たいお茶持参。この保冷袋はとっても有効で、冷た~いお茶が飲めます。


   埼玉新聞は栄一さん大特集

 

郷土の偉人・澁澤栄一がお札の顔になったので、埼玉は県をあげて祝賀ムード。7月1日~3日の埼玉新聞は栄一さん大特集です。

 

深谷市民の友人・荻野勝正さんもコメントしていました。荻野さんは郷土史、とくに栄一の親友であり師でもあった尾高惇忠の研究をしておいでです。

        栗山英樹さんと「論語と算盤」
埼玉新聞7月3日号  
       

大谷翔平さんを育てたことでも知られる栗山英樹さんは、栄一さんの「論語と算盤」の愛読者でいらっしゃいます。「渋沢の精神を、日本人が理解できる時代がようやくやってきました」と栗山さんはおっしゃっています。


      この頃ご飯

昨日はナスのスパゲッティ。右は、ざっとゆでキャベツに、冷しゃぶ肉のせたサラダ。ドレッシングは和風でも洋風でも。


今夜は、ネットで見たズッキーニの焼きびたしをつくってみました。オリーブ油で焼いて、冷た~くして、コンソメスープかけて、おいし!


   「HPのトップ頁」へ


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暑いけど、投票に

2024年07月07日 | 
7月7日 一昨日、アメリカからチェリーが届いたから、シェアしてくれるという義弟からの電話。セイセキまで来てくれるというので、ランチすることになりました。


妹夫婦はアメリカに長く暮らしたので、アメリカにお友だちがいるのです。アメリカン・チェリーは日本でも売ってるけど、アメリカ直送のチェリーは大きくて、つやつや。妹はいま、入院中なので、義弟のカツオさんと「フランス屋」でランチ。

 

こんな箱で空輸されてくるのね。私も、いただいた桃をシェアして、フルーツ交換会になりました。


アキコさんといつも食べるハンバーグ・ランチを食べて、食後は大好きなプディング。


   栄一翁お気に入りの「とらや」の霙羹(みぞれかん)

   

飛鳥山の渋沢栄一史料館から「とらや」の「霙羹(みぞれかん)」という珍しいヨウカンが届きました。明治38年、渋沢栄一が飛鳥山の邸宅に徳川慶喜、伊藤博文、桂太郎、井上馨らを招いて茶会を開き、茶懐石の最後に出されたのが、この霙羹だったそうで、新札記念に「とらや」さんに再現していただいたんですって。写真は左から渋沢栄一、伊藤博文、桂太郎。


黒練羊羹に道明寺羹を重ねて、大地とミゾレを表現したそうです。昔から東京の和菓子と言えば「とらや」。私の母方の祖母は日本橋生まれの江戸っ子、おもてなしや、お土産と言えば「とらやの羊羹」でした。


   暑いけど、投票に・・・

 

行ってきましたよ。4時頃、パラソルさして、水を持って出かけたけど、暑かったあ!投票所の小学校にたどりついたら、投票所は冷房なくて、扇風機だけ。係のヒトたちだって気の毒。異常気象、地球温暖化なんですよ、市役所のヒト、配慮が足りないわ。
 予想通り、勝利は百合子さんでしたね。私、「若いヒト、若いヒト」とわめいていた人には、入れませんでした。写真はスポーツ報知から。


   今夜のご飯

ぐしゃぐしゃに見えるのはマーボナス。レタス・炒飯がおいしかったので、またしました。卵とベーコンとレタスと鶏ガラスープで、おいしくできちゃう。サラダの代わりに、キュウリとミョウガと大葉の甘酢。


   「HPのトップ頁」へ



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川で洗濯をしていたら、和歌山から桃がどんぶらこ(うそ)

2024年07月04日 | 
7月4日 暑いから、今日はおウチに立てこもり。雑用に追われて、なんだか忙しい。


川原の緑がすごい。あそこに大きなパラソル立てて、コンロでお茶沸かして、プチ・カフェあったらいいなと思うけど・・・日本の狭量な行政は絶対許可しませんね。


道端で勝手に咲いてるオシロイバナ、かわいくて大好き。

 

桃がドンブラコじゃなくて、ピンポ~ンとやってきました。桃太郎さんが出てきそうな,丸々とした、和歌山あら川の桃です。枚方のS氏からのギフト。おいしそ!


      逝ける人々
 

2024年判の文芸年鑑が届きました。かわいいピンクの表紙にびっくり。冒頭に「逝ける人々」と題した頁があって、2023年に亡くなられた方々のお写真が並んでいます。皆さま、まだご存命のような気がしていましたが・・・。個人的には存じ上げなくても、並んだお写真を見ると、感慨深いものがあります。大江健三郎氏、永井路子氏、森村誠一氏、山田太一氏、伊集院静氏、平岩弓枝氏・・・懐かしいお名前ばかりです。


   「新札おめでとう!」の電話
   

昨日は、高校の友人のハマコさんと大学の友人の順子さんから「お札出たわね、おめでとう!」と電話が来ました。なにしろ今回の新札は、私、澁澤家の子孫として、また津田塾大の卒業生として、ダブルで喜んでるので・・・。妹夫婦と祝杯をあげたいところですが、妹はいま、入院中なので、一人でお祝いに、おいしいもの食べに行きました。


   イスタンブルをしのんで、今日はサバ・サンド

 

イスタンブルのガラタ橋名物サバ・サンドは、でっかいパンに、骨もよくとってないサバを、玉ネギといっしょにガバッと挟んだ豪快なものですが、私のサバ・サンドはずっとお上品。骨をとったサバの切り身を買ってきて、さらし玉ネギと大葉とマヨネーズも。おいしかったわ。


あと、ブロコとチーズと卵。サラダはネットで見たキュウリとチクワ。意外とおいしい。


   「HPのトップ頁」へ





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新札いよいよ明日ね

2024年07月02日 | 
7月2日 暑さはまだ、これから。アイスクリームがおいしい季節になりました。


河原のアオサギさん、ぐい~んとズームアップしました。1週間くらい前から、ひとりでポツンと同じ場所にいるヘンな子です。


   降ったり、止んだり
  

お天気の日は暑いけど、洗濯物はあっというまに乾くし、お花たちもにこにこ元気に嬉しそう。


   深谷は盛り上がっていま~す!

 

明日は新札発行。渋沢栄一の生誕の地・深谷は大盛り上がりです。テレビも深谷、深谷で、私、わくわくです。

  

澁澤記念館前もひとがいっぱい。「こんな日は生涯に1度」と喜んでいる市民も。右の子は深谷のマスコット「ふっかちゃん」。角みたいなのは、おネギです。

 

NHKもこんな感じでやってました。梅子先生はわが母校の創設者、栄一翁と梅子先生で、私、ダブルで嬉しい。

  

深谷・血洗島の伝統芸能の獅子舞ショーも催され、深谷はいまや全国区。私も深谷に行って、ワイワイやりたかったなあ。


   白玉粉でデザート2種

このあいだ、ハマコさんちに遊びに行ったとき、いただいてきた白玉粉でデザートつくりました。

 

フルーツカクテルに入れても、かわいいでしょ。食紅はもっと少なくして、ピンクにしたほうがよかったですね。


   この頃ご飯

おそうめんの上に、キュウリとミョウガ、その上に豚しゃぶ肉、大葉のトッピング。めんつゆで、おいしい。右はブロコのチーズ・クリームかけ。
 

手羽先の甘辛焼き。おいし! 右はキュウリとハムのサラダ。


   「HPのトップ頁」へ





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「血洗島 今昔」

2024年06月29日 | 食べる
6月29日 いよいよ新札発行ですね。キャッシュレス時代とはいえ、栄一翁が万札の顔になるのは、私にとって、やっぱりわくわくです。生きてて、よかった!


渋沢栄一記念財団発行の「青渕」という月刊誌。7月号の表紙は佐崎霞村作の渋沢栄一像です。今号に、私、「血洗島今昔」と題し、栄一翁の生地・深谷市血洗島に関して、一文を掲載させていただきました。

 

栄一翁の生地であり、澁澤家の本拠地である血洗島の昔を知る人も少なくなってきたので、澁澤家「東の家」のサヴァイヴァーとして、血洗島と澁澤家について、しっかりと書き残しておきたかったのです。右は昨年、改装なった栄一翁の生家「中の家」。この向かって右隣に、わが「東の家」が城郭のごとく聳え立っていたのです。


      「渋沢栄一 肖像展Ⅱ」
  

飛鳥山の「渋沢史料館」で、新一万円札発行記念企画展として、栄一翁の肖像画展開催中です。6月29日(土)から11月24日(日)まで。常設展には栄一翁の生涯が、とてもわかりやすく展示されています。入場料300円。北里柴三郎先生おひとりで3人入れますね。


      「澁澤家と開成」

「進学レーダー」という受験雑誌の8月号。私、受験雑誌なんて触れたこともなかったけど、結構、面白いですね。高校受験してみたくなってきましたよ。この雑誌に、開成高校の卒業生で、東京大学大学院博士課程の三村一貴さんが「開成の歴史」と題した連載をしておられ、今号に「澁澤家と開成」と題した一文を寄せられています。

  

渋沢栄一は、わが母校の津田塾大学の前身・津田英学塾が関東大震災で焼失したときも、再建のために多額の寄付をしていますが、開成が大正4年、財団法人になった時の寄付者芳名録の中にも栄一の名前があるそうです。また、澁澤一族の中には、明治時代から開成に学んだ人物が大勢いました。栄一の次男・篤二も、私の父・澁澤武も、2人の伯父も、開成の卒業生です。


開成中学に入学したばかりの私の父です。「ペンと剣」の記章がばっちり写っているので、「澁澤家と開成」の記事中寫眞として使っていただきました。

  

左は父が開成を卒業したときの記念写真ですが、父の隣にいるのが三島由紀夫の父君・平岡梓氏です。わが兄・澁澤龍彦と三島由紀夫が親交があったことを想うと、怖いほどの偶然! 平岡梓氏には「倅・三島由紀夫」の著書があります。「開成の歴史」にはドラマがいっぱいです。


   今夜のご飯

レタス入り炒飯がめちゃおいしくできました。左は鶏モモとお野菜のトマトソース煮込み。


   「HPのトップ頁」へ



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

星への願いはEnd the War!

2024年06月27日 | 
6月27日 七夕飾りにフェイクの竹の枝を使っています。ちょっと前までは、川原でいくらでも笹の葉が獲れたのですが、いまはやたらフェンスができて、七夕の笹も、お月見のススキも獲れません。

  

今年の短冊に書く願事は、やっぱりNo War ‼ Stop the War!ですね。Love &Peace も書きました。2週間天気予報で7月7日の天気を見たら、曇ときどき雨だって。彦星と織姫のデートのために、予報が外れるよう祈りましょう。

        ロンドンのマサエさんは・・・

     

ロンドン郊外に住む親戚のマサエさんは、訪英中の天皇皇后両陛下のパレードを見るために、25日はザ・マル(The Mall)のロータリーに張り込んでいて、熱中症にはならなかったけど、干からびそうになって、行列見たって。それで翌日もまた、バッキンガム宮殿に行ったんだって。やっぱり長年、日本を離れていると、両陛下のパレード見ると、エクサイトするみたい。写真は日本に来た時のマサエさん。「ザ・マル」って、トラファルガー広場とバッキンガム宮殿を結ぶ道のことです。

   明治神宮御苑の水連
  

旧い友人のミエコさんのFacebook に、明治神宮御苑の水連池の寫眞が出ていました。私、子供の頃、両親に連れられて、神宮御苑に花しょうぶを見に行きましたよ。水連もいいわね。来年はお友だち誘って、水連見に行きましょう。


   金魚みたいなキンギョソウ

  

公園に咲いてたキンギョソウ、金魚らしく寫眞撮ってみました。原産は南欧や北アフリカ、つまり南エーゲ海地方だって。キンギョソウという名は日本人がつけたらしい。

   今夜はカレー
 

暑くなってくると、カレー食べたくなりますね。サラダはキュウリとズッキーニの薄切りとトマト。あと、チーズやオリーブと、チャツネがわりにイチヂクの甘煮。


昨日はアジのフライ。サラダは青菜とゆで卵。小松菜でも、青梗菜でも、ざっとゆでてマヨ・サラダにしちゃいます。


   「HPのトップ頁」へ  
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オシロイバナが咲き始めた

2024年06月25日 | 
6月25日 毎年、バス停のそばに、野生化したオシロイバナが咲きます。かわいくて、毎日、楽しみ。


オシロイバナって、1本の木から、いろんな花が咲くのがおもしろいですね。絞り染めみたいな花、きれいですね。

 

白の無地と、紅紫色の無地と、2色のだんだらが、1本の木から。黄色のオシロイバナは珍しいかも。花が終わると黒い種子になって、その中に白い粉状の胚乳がはいっています。それで白粉花っていうんだって。


      星に祈りを・・・


ショッピングモールの七夕飾り、子供たちが短冊に願い事を書いています。「サッカー選手になれますように」はわかるけど、「ミニーちゃんになれますように」は、ちょっと無理なんじゃない。


栄一翁の新札で、深谷は・・・


寫眞は深谷の「みちの駅」店内です。まもなく渋沢栄一の1万円札が出るので、栄一翁の生誕地・深谷は大盛り上がりと、NHKがやっていました。店内は栄一グッズがいっぱい。

 

左は「みちの駅」で売ってる「青渕カレー」。「青渕」は渋沢栄一の雅号です。右はNHKのインタビューに応じる深谷市渋沢栄一政策推進課の田部井真一郎課長補佐。深谷市役所には、「渋沢栄一政策推進課」というのがあるんですよ。びっくりね。私、深谷市長さんとご飯食べたとき、田部井さんともご一緒しました。

  

栄一翁のシンボル「しぶさわくん」というキャラクターです。かわいいわね。いっしょに写真が撮れるそうです。瞳の星キラキラは栄一さんの熱情、私もキラキラで行きたい。


   この頃ご飯

ときどき食べたくなる唐揚げ。ズッキーニも揚げました。あと、ナスとピーマンのオイスタソースとサラダ。


青椒肉絲がおいしくできた。サラダはレタスとカニカマ。


   「HPのトップ頁」へ



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「トルコ風刺漫画展」を見に代々木上原へ

2024年06月23日 | 
6月23日 雨は降ったり止んだりですが、友人の風刺漫画家で漫画研究者の横田吉昭さんと世界漫画フォーラム共催の「トルコ風刺漫画展」を見に、ユヌス・エムレ・トルコ文化センターへ。


トルコは風刺漫画が盛んなようですね。ひとこま漫画は見ただけでクスッと笑えるものもありますが、説明を聞かないとわかりにくいものも。横田さんがヴィジターひとりひとりに、ていねいに説明していました。

  

26日までです。場所は代々木上原駅から5,6分。東京モスクの隣りのユヌス・エムレ・インスティテュート(トルコ文化センター)です。


イゼル・ローゼンタールさんを初め、トルコの有名な漫画家たちの作品も。


今日はユヌス・エムレのカフェはお休みなので、モスクのトルコ・ランチをいただきました。

 

帰りは1Fのトルコ・マーケットでお買物。クリーム・チーズとねじりチーズ。ほぐすと、こんなになるチーズです。

 

アラブ首長国連邦製のデーツと、トルコ製のイチジク・ジャムも買いました。デーツはラマザンに食べる習慣がありますね。



今日も所用あって恵比寿へ。ガーデン・プレイスの入口です。画板をひろげて、建物をスケッチしている人がいましたよ。


   今夜のご飯

小エビのマカロニとニンジン・スープとオイル・サーディン。私、頭のついたお魚は苦手だけど、オイル・サーディンは大好き。


   「HPのトップ頁」へ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新札トリオが切手になった

2024年06月20日 | 
6月20日 紫陽花行の一昨日は1日雨だったけど、昨日も今日もけろりとお天気。どうなってんでしょうね。


まもなく出るお札の3人、栄一さんと梅子さんと柴三郎さんの切手シートが売り出されましたよ。昨日、義弟のカツオさんが買ってきてくれました。ありがとね。

 

お札のお顔は3人とも、お年を召してからのお顔ですが、切手はお若い時のお顔です。梅子先生は30歳頃のお顔だって。おもしろいですね。使わないで、とっておきましょう。
   

雨の中で、花の色を深めてゆく紫陽花。紫陽花のフランス語はオルタンシア(Hortensia)だけど、「日本のバラ」(Rose du Japon)とも呼ばれるんだって。華やかに美しい紫陽花の原種は、日本に自生するガクアジサイだそうです。


   夜のトルコ軍艦
 

先日、私が東京国際クルーズ・ターミナルまで見に行ったトルコの軍艦クナルアダ号ですけど、夜のレセプションによばれた外務省の方が寫眞送って下さいました。夜の軍艦も、港のキラキラもきれいだったでしょうね。


   葉っぱのついたおダイコン
 

所用あって、多摩センターへ。この頃、葉っぱのついたおダイコン売ってないけど、多摩センターのスーパーで売ってました。おダイコンの葉っぱはおいしいし、栄養もあるのよ。

 

おダイコン1本なかなか食べきれないので、一部は干しました。おダイコンの皮はニンジンとキンピラにするとおいしい。葉っぱは細かく刻んで、ゴマ油で炒めて。


「目に青葉」の季節なので、今夜はカツオのたたき。明日はお野菜とカツオのマリネ風サラダにしようかな。


昨日は春巻きの皮が残っていたので、キャベツやツナ缶やチーズなど、冷蔵庫にあるものを巻いて春巻き。あと、キュウリの甘酢とブロコリー・チーズ。


   「HPのトップ頁」へ




コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする