サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

初夏みたいな昨日・・・

2024年02月21日 | 食べる
2月21日 まるで初夏みたいに暖かかった昨日、川原ではカルガモたちが、丸くなってヒナタボッコのお昼寝。そくへ珍しく2羽のクロちゃんがやってきて、「この丸いの、なんだろ」「やだ、カルガモちゃんじゃないの」


「こんなとこで寝てたら、人間に鴨南蛮にされちゃうよ。ぼくたちが見張りしててあげるね」


   青魚系とお豆腐系

青いお魚とお豆腐はヘルシーというけど、私、あんまり・・・おいしくして食べてみようと、ネットで研究。丸ごとの大きなイワシはコワイから、小さめのイワシの開きを買って、ショウガをきかせたタレにつけて、ぱりっと唐揚げ。おいしいわ。湯豆腐や冷奴もあまりトクイじゃないので、厚揚げをパリっと焼いたら、おいしく食べられました。


   「HPのトップ頁」へ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミノムシ見たの久しぶり

2024年02月19日 | 
2月19日 昔はミノムシなんてしじゅう見ていたような気がするけど・・・ウチの前に、クリスマス用に植えてもらったモミの木にミノムシがいました。
 

ミノムシって、ガの幼虫だって。枯葉や枯枝で袋状の巣をつくって、枝からぶらさがる・・・ヘンな虫ですね。「みのむし鳴く」というのは秋の季語になってるけど、ミノムシは鳴かないそうです。枝から取ろうとしたけど、しっかり枝にくっついていて取れません。


    草花とお雛さま

 

冬は、草花はおウチの中に入れて、ガラス越しに日光にあてています。でも、お雛さまには日光はあてたくない。カーテン閉めたり、開けたり、悩んでいます。


     徳川美術館のお雛さま
 

昨年の今ごろ、名古屋に用事があって行った翌日、徳川美術館でお雛さまを見てきました。お雛さまを愛でたお姫様方の雅な姿が浮かんできます。館内撮影禁止なので、外に飾ってあったお雛さまとポスター。


美術館の隣りの日本庭園・徳川園も散策。池があり、滝があり、よいお庭です。徳川園は尾張徳川家第2代光友の別荘だった地だそうです。


   ベトナムの想い出、生春巻き

輸入食品のお店でライスペーパー(生春巻きの皮)を見たら、楽しかったベトナム旅行を想い出しました。春巻きの皮を1メートルくらい積み上げて売っているお店があったわ。


私が初めてつくった生春巻き。なんだかいびつだけど、ベトナム味に、おいしくできました。甘酸っぱいタレを作って、ショウガとニンニクも入れて。ライスペーパーまだたくさんあるから、今度はもっと形よく作ります。青菜といっしょに、チーズやハムを入れても、おいしいかも。


   「HPのトップ頁」へ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日は谷保天神へ梅見に

2024年02月17日 | 
2月17日 来週からお天気くずれてくると聞いて、今日は谷保天神へ梅見に。セイセキからバスで20分です。


「天神さま」とは平安時代の文人・菅原道真公。「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」の道真公です。谷保天神は梅林でも知られています。


菅原道真は学問の神様とされているので、受験生たちもお参りに来ますね。

 

お参りの前に梅林に行ったら、梅はいま見ごろ。土曜なので梅見客も多く、甘酒や、「合格まんじゅう」、焼き芋などのお店も。


白梅の清々しさ、紅梅の艶やかさ、どちらもいいですね。秋には梅の実を拾いに来る梅林です。


梅林の隅にある小さな祠(ほこら)。白梅と似合っていますね。

 

小さな屋台のお汁粉、どうせちょっぴりだろうと、たのんだら、お餅2つも入った、おいしいお汁粉がたっぷり。お茶も、お汁粉もアツアツ、梅を見ながら優雅なオヤツタイムです。


フツー、神社は鳥居をくぐったら階段を昇りますよね。このお宮は階段を下って神殿に向かいます。これを「下り参道」というのだそうです。

 

みんなの健康から世界平和まで祈ったので、長いお参りになりました。お守りや絵馬を売ってるお巫女さん、かわいい。小学生の頃、あのお衣装に憧れていました。


道真公のお供と言えば牛サンですね。菅公が亡くなられたとき、牛もぐったりして死んでしまったんですって。その牛サンの石像です。

 

天神様には合格祈願の絵馬がいっぱい。「神だのみはダメでしょ、まじめに勉強しなさい」と思って、絵馬をよく見たら、「合格しました!ありがとうございます」という絵馬もいっぱい。みんなお礼参りに来るんだわ。天神様のご恩を忘れないイイコたちも多いのね。


     今夜のご飯

鶏そぼろと炒り卵をのせたご飯。右はサーモン・フライですけど、ちょっと焦げちゃいましたね。


   「HPのトップ頁」へ





   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百草園に梅見に

2024年02月15日 | 
2月15日 梅は見ごろ、風は少々強いけど,お天気も上々、セイセキの駅で、妹夫婦と妹の友人のキクコさんと待ちあわせ。タクシーで百草園へ。


百草園は山の斜面に、こぢんまりと整備された美しい庭園。江戸時代(1716年)、徳川家康の長男・信康追悼のために建てられられたお寺がオリジンらしい。


梅見る前に、まずはお弁当。花よりダンゴですね。ひらひらと梅の花びらが舞ってくるテーブルで、妹たちはサンドイッチ、キクコさんは卵巻きずし、私は・・・

 

お稲荷さんの手作り弁当。4人でシェアするサラダとドレッシングも用意しましたよ。お外で食べるお弁当はおいしいわね。


百草園には50種の梅が500本あるそうです。紅梅白梅が、起伏のある園内にあんばいよく配置された、見事な庭園です。

 

「不許葷酒入山門」(葷酒山門に入るを許さず)の石柱はお寺があった頃の名残ですね。足元に福寿草、かわい~い!


石段を登っていくと、中央広場で、「松連庵」という茅葺の庵があります。23日になると、ここに「吊るし雛」が華やかに飾られるのですが。

 

松連庵の土間には、こんな古風な囲炉裏があって、ひと休みできます。左はお雛さまが飾られるお座敷。


広場には緋毛氈を敷いたベンチがあって、焼きダンゴやおそばなど売っています。


「心字の池」の橋の上で、シダレザクラをバックにしたサチコさん。コートを脱いで撮ればよかったわ。


左からカツオ、マチコ、キクコさん。

 

お地蔵さまって、かわいいから好き。右は芭蕉の歌碑。若山牧水、徳富蘆花、田山花袋と言った文人たちも百草園を訪れています。


入口近くの斜面のスイセンの群生。なんと清々しいながめでしょう。寒さにも負けない、元気なスイセンたち。


帰りは下りなので、山の中の散策コースを駅まで歩きました。落葉の下り道は滑って危ない。京王線セイセキ駅で3人と別れておウチへ。楽しい午後でした。

 

百草園で買ってきた「よもぎ茶」を熱いお湯で,ていねいに入れたら、なかなかおいしい。カフェインレスだから、夜飲んでも大丈夫ね。


   「HPのトップ頁」へ





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お雛さま飾りました

2024年02月11日 | 
2月12日 お雛さま飾りました。押し入れから大きな箱を運び出して、緋毛氈にアイロンかけて・・・結構、重労働。暖房消しても汗ばむような大仕事です。
 

飾り終わって、雪洞に灯をともすと、嬉しさがこみ上げてきます。明日、菱餅と雛あられを買ってきましょう。桃と菜の花はフェイクです。3月3日が近づいたら、ホンモノ買ってきます。


ご近所の紅梅きれい。紅梅って白梅より早咲きなのかしら。


カルガモちゃんとシラサギさん

カルガモちゃんとシラサギさん、最近、お友だちになったらしく、今日なんか仲よくいっしょにひなたぼっこです。


榮一さんのバースデーだって

  

今年は渋沢栄一が1万円札の顔になるので、新装なった深谷の栄一の生家「中の家」を訪れる観光客も増えているようですが、栄一さんの誕生日、紅白のおまんじゅうが訪れる人に配られたんですって。

 

昨日、NHKのニュースで、紅白のおまんじゅうをもらってる観光客を見ました。栄一の生家は長く修復中でしたが、いまは2階まで見学できて、アンドロイドの栄一さんの話も聞けます。


   薬局の支払いマシーン

かかりつけのクリニックのそばの薬局に、こんな支払いマシーンが入りました。薬といっしょにもらった紙のバーコードをかざせばいいので、確かに能率的になったはずですが・・・
薬局に来る人は高齢者が多くて、機械の前でうろうろしてる人も。結局、薬局の人が出てきてヘルプしているので、私、オバーサン2人助けてあげました。「ぴかぴかしてるところに、バーコードあてるのよ」と言っても、「年寄りには、わからない」とか言って。わかろうとしないから、わからないのよ。高齢化社会です、高齢者だと甘えてちゃダメよ。


   今夜と昨夜のご飯

 

左は牛肉とブロコリーのオイスタソースと、子供の頃、大好きだったチキンライス。右は小アジのフライ。お魚はお刺身以外は、あんまりトクイじゃない私は、フツーのアジより小アジのほうが食べやすい。


   「HPのトップ頁」へ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近所の人も知らない公園

2024年02月10日 | 
2月10日 「コロナ増えてますよ。2度かかる人もいるから、気をつけてください」と、かかりつけの先生に言われました。気をつけないとね。


シラサギの赤ちゃん、よちよち歩きながら,お魚取りの練習中。かわい~い。


近所の人も「原峰公園? 知らない」と言う原峰公園。鎌倉街道に面した入口がこれ。うっそうとした竹藪に入っていく小道、これが公園の入口?という感じ。昨日、梅は咲いたかなと行ってみました。

 

山の斜面の城跡を利用した公園だけど、自然のまんまで、深山幽谷感があります。こんな古びた木の橋もあって、危ないから、渡るなと書いてあります。梅はまだ2分咲き。


こんな東屋もあるけど、人けはなし。もう少ししたら、梅見の人が来るかも。


だいぶ登ったところに、紅梅が咲いていました。残んの雪と紅梅、絵になりますね。斜面を登りきると、桜が丘のロータリーはすぐです。

 

ロータリーの前のカフェで、ロータリーを眺めながら、ロータリーを模したロータリー・ケーキをいただきました。このお店、ひと休みにちょうどよいところにあります。帰りはバスで山を下りました。


   赤松良子さんのシャイロック

先日亡くなられた赤松良子さん、政治家、官僚、外交官、日本ユニセフ協会会長等、ご紹介しなくても、皆さまご存じですよね。女性の地位向上に力を尽くされた方です。赤松さんは津田塾大学の前身の津田塾専門学校を卒業後、東大に入られたので、私たちの誇るべき大先輩です。私、赤松さんが学生時代、英語劇で「ヴェニスの商人」のシャイロックを演じられたのを見ています。小柄な赤松さんが大きく見えるほど、迫力あるシャイロックでした。最近まで、お元気だったと聞いておりましたが・・・ご冥福を。


   今夜のご飯

ハンバーグを焼こうかと、お肉と玉ネギをこねたけど、ハンバーグはフランス屋でよく食べているので、ミンチカツに変更しました。甘夏とレタスの爽やかサラダも。


   「HPのトップ頁」へ








   





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東風(こち)吹かば・・・

2024年02月09日 | 
2月8日 お天気よいので、少し歩こうと、バスで山を登って、桜ケ丘のロータリーへ。斜面を下って観音寺から鎌倉街道へ出て、お気に入りの熊野神社へ。梅の様子を見に、原峰公園に行けばよかった。


「せきど観音」と呼ばれる観音寺は、趣きのあるお寺ではないけれど、歴史はあります。澁澤家の菩提寺・深谷の華蔵寺と同じ真言宗豊山派なので、お参りしておきましょう。


またお会いしましたね、「やすらぎ地蔵さん」。


「六観音」です。千手観音や馬頭観音はよく聞くけど、いろんな観音様が6体勢ぞろい。このお像は江戸時代(天明元年、1781年)に奉献されたものですって。


鎌倉街道をちょっと歩いて熊野神社へ
 

赤い前掛けの、このお地蔵さまたち、かわい~い。残んの雪と、しだれ梅、いい眺めでしょ。


このしだれ梅が見たくて、熊野神社に来たのです。観音寺や熊野神社のある鎌倉街道のこの辺り、「関戸の戦場跡」なのです。敗走する幕府北条軍を、新田義貞の軍が多摩川を渡って追撃、この辺りで合戦となり、多くの戦死者も出ています。


たくさん歩いたのでおなかが空いて、無性にアップルパイが食べたくなって、パン屋さんのイートインでひと休み。


   セーターが仕上がった

昔、セーターは、しばらく着ると、ほどいて、編みなおすのがフツーだったんですよ。若い方はびっくりかも。編みかけのセーターが出てきたので、ちょっとずつ編んで、やっと完成させました。途中で毛糸が足りなくなってきたので、余り毛糸でお袖にボーダー入れて、ついでに飾りポケットも。あったか~いホームウエアできました。


エッ、サチコ、ほんとに編物できるの? と言われるかもと思って、毛糸玉と編み棒の証拠写真。昭和の女の子は手袋や襟巻くらい、みんな編めたのよ。


   久しぶりにカレー


インド屋さんのカレーはよく食べてるけど、おウチでカレーつくったのは久しぶりかも。市販のルーに、ケチャップやウスタソースを少し入れて、おウチ味のおいしいカレーできました。ご飯はバターライス。


   「HPのトップ頁」へ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

氷柱(つらら)と霜柱

2024年02月07日 | 
2月6日 雪降りましたね。地震被災地の方々には寒さや雪は厳しいことでしょうが、東京でも年に1度や2度は雪くらい降って欲しい。私、イスタンブルの雪道で滑って転んで、手首骨折して以来、雪道にはめちゃくちゃ注意しています。


河原にも寒々と雪が残って、サギも、カモも、釣り人もいません。舗装道路はあっというまに乾いちゃったけど。


子供の頃、私、都内の山手線の内側に住んでいましたけど、さくさくと霜柱を踏んで学校に行ったわ。よそのおウチの軒のつららを折って、かじったことも。いまの都会育ちの子は、つららも、霜柱も、見たことないのかも、かわいそ。

 

セイセキの駅前のOPAというビルのトップフロア、イスとテーブルがあって、ひろびろ眺めもいいので、ふだんはヒトがいっぱいだけど、今日はがらすき。昨日の雪のせいか、今日は人出が少ないみたい。


帽子のオジーサンの暴言と外相

このブログは政治や政治家の話は書かないことになってるのですが、今日はちょっと・・・暴言に反論すべきだったというヒトもいるけど、愚かな無礼者など相手にしないほうがいいわ。バカは死ななきゃ治らないといいますから。「年齢や容姿を揶揄した」と言われてますけど、「おばさん」という言葉は、年齢の揶揄ではなく、「成人女性への蔑称」ですね。
ついでに言うと、上川陽子さん、平均的70歳の女性を考えたら、とてもおきれいですよ。70歳にもなると、薄くなった白髪頭に毛糸の帽子かぶって、スッピン、オシャレなんかおりちゃってる女性、いっぱいいます。陽子さん、背筋ぴんとして、ヘア・カラリングも、メークもしっかり、お洋服もステキ・・・とやかく言われる筋合いはないわ。


   今夜のご飯

小松菜をたくさん食べようと思って、鶏胸肉とタケノコと中華風炒めしました。セロリとキノコの中華風スープと、久しぶりに焼きそば。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅が咲き始めたようね

2024年02月05日 | 
2月4日 おウチにいるときは、なるべく自分でご飯作っています。デパ地下のオカズは見た目おいしそうだけど、塩分控えめ薄味主義の私には、お味濃すぎ。おウチにいるときは、パソコン作業や読書の合間に、晩ご飯の下ごしらえしておきます。今日は「この頃ご飯」のいろいろ。

   
  おウチ・ピザ
 

強力粉とドライイーストで生地作って、冷蔵庫にあるもののせて焼くミニ・ピザ。ベーコンとコーンをのせて(左)、トマトとチーズものせて・・・


焼けましたあ! 焼きたて、かなりおいしい。左はセロリとハムのマヨ・サラダ。


季節の菜の花、辛子和えで食べたあとの残りを、牛肉と卵とオイスタソース。カニカマとレタスや白菜のマヨ・サラダは簡単おいしいので、よくします。

 

いつか深谷の親戚がつくってくれたおネギのかき揚げがおいしかったので、トライしてみたけど(左)、こがしちゃった。ついでに、コーンのかき揚げも。右はズッキーニとベーコンと卵のマヨ・ソテー。コドモ舌の私は、こういうもの、わりと好き。


ネットで見たアボカドとチキン。またしようと思うほど、おいしかった。

アジア・カップ、ミトマさん復帰に期待してたけど、イランに負けちゃったわねえ、グスッ。ワールド・カップ頑張りましょう。


   「HPのトップ頁」へ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

懐かしの丸ビル、丸の内

2024年02月03日 | 
2月2日 兄が小学2年、私は学齢前のとき、子供2人だけで初めて電車に乗りました。父が家に忘れた書類を丸ビルまで届けに行ったのです。白いピケの帽子をかぶっていたから夏ですね。山手線で東京駅で降りて、大きなビルの中に革靴の音が響きました。お使いのご褒美に、父に連れられて行ったお店で、イチゴ・ミルク食べた。このところ、しばらく丸の内を歩いていないので、遅いお昼を食べに行きました。

  

東洋一のビルだった、かつての丸ビルも、1999年、取り壊され、2002年、新しい丸ビルができました。建て替えられても丸ビルは丸ビル、懐かしさを感じます。


平成生まれの丸ビルは、36階建て、中央が吹き抜けになった、こんな感じの近代的ビルです。

 

35,36階はレストラン街ですが、こんな眺めの良いスペースもあって、外国人や「おのぼりさん」がいました。


5階のレストラン街に、麻布十番の洋食屋「満天星」があったので、オムライス食べました。落ちつける、いいお店。


旧東京中央郵便局「kitte 丸の内」へ


東京駅前にあった中央郵便局も、2013年、「kitte 丸の内」という商業ビルになっちゃいましたね。中央郵便局だった頃、記念切手かなにか買うのに、ここに並んだことがあったわ。

 

いまも入口に赤いポストと「〒 東京中央郵便局」という看板があって(左)、1F には郵便局もあります(右)。


旧郵便局長室からの眺め。東京駅前を見下ろす絶好の位置ですね。私が「kitte 丸の内」に寄ったのは、一般公開されている旧局長室を、ちょっとのぞいてみたかったから。

 

局長さんの机には、黒い電話や、古めかしい電気スタンド、置時計、ペン皿などが置いてありました。中央郵便局の歴史を感じます。


  赤煉瓦の東京駅へ


東京駅はいつもなにげなく通過しているけど、改めてみると美しい建物ですね。1914年に、レンガ造りの3階建て、すご~い!戦災で損壊したドームの修復が2012年に完成。東京駅建設には渋沢栄一も深く関わっていて、レンガは深谷製でした。


ふだんは見あげることもなく歩いているドームだけど、カッコいいですね。南北ドームとも、ほぼ同じデザイン。東京駅は国指定重要文化財だって。

 

東京ステーションホテル健在ですね(右)。東京駅ができた翌年1915年開業、戦災で損壊して修復。駅の中とは思えないオシャレなホテル、一度、泊まってみたいなあ。新丸ビルにも寄って、丸の内、もっと歩きたかったけど、早めにおウチへ。


    今夜のご飯

お昼が遅かったので、晩ご飯は白菜とチキンボールのクリーム煮とパンで軽めに。


   「HPのトップ頁」へ   



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする