サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

快晴。お墓参りして、お散歩して、お土産買って、東京へ

2017年04月30日 | お出かけ
4月28日 「朝ご飯できたわよ~」と、ヒサコさんにドアを叩かれて起きました。お天気はいいし、外は緑がキラキラです。


朝ご飯の後、新屋敷の裏庭の竹やぶでタケノコ掘り。かなり採った後だそうですけど、今朝は4本掘りました。落葉の下から、ちょこっと頭を出しているタケノコ、かわいい。


ユスラウメがなっています。赤くなったら食べられます。


ヒサコさんとタダオさんが植えたジャガイモ、もうじき花が咲きそう。


お庭の池に金魚さんがたくさん。餌をあげると、ワーッと集まってきました。


お庭のお花を摘んで、ヒサコさんと、近くの澁澤家の墓地へ。この墓地のお墓はぜんぶシブサワさんです。澁澤家の家紋の「抱き柏」を入れたお墓も。写真右端に見える屋根が、澁澤栄一の生家です。


これが栄一の生家“中の家”です。ミュージアムになって見学できます。このすぐそばに、父の生家“大澁澤”と呼ばれた“東の家”がありましたが、いまは跡形もありません。


中の家の隣りに、深谷名物「煮ぼうとう」のお店があります。フェトチーネみたいに、平べったいおうどん。子供の頃、祖母がつくってくれました。


新屋敷のそばに「青淵公園」というステキな公園ができていました。青淵は澁澤栄一の雅号。


小川と桜並木。ここでお花見したいなあと思いました。


流れと橋、東屋。緑いっぱい。ピクニックしたくなります。


帰りはヒサコさんに新鮮なミニトマトた~くさんと、タケノコを水煮にしたのをいただきました。


ヒサコさんに岡部駅まで送ってもらう途中で、道の駅によって、少しお買物。深谷名物の「ネギ入りおせんべ」珍しいので買いました。


ホウレン草入りソーセージも初めて見たので・・・。


お野菜もお安くて買いたかったけど、重いから、肉厚のシイタケ買いました。


これは「もちあられ」。炒って、お砂糖やお醤油で味つけすると、あられができるんですって。


岡部駅から湘南新宿ラインに乗れば、ダイレクトに新宿です。


おウチへ帰って、いただいたタケノコをお揚げと煮ました。


昨日、N家でいただいた足利の銘菓「香雲堂本店」の四角い最中。大きいので、デザートに半分いただきました。風格ある味のお菓子です。
楽しい2日間でした。神川町のNさんご夫妻、新屋敷のヒサコさん、ありがとうございました。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

移築された父の生家を訪問、父の生地・深谷の血洗島で一泊

2017年04月30日 | お出かけ
4月27日 子供時代によく訪れていた深谷市血洗島の父の生家は、その一部が、何十年も前、埼玉県児玉郡に移築され、いまはN家の邸になっています。私にとっては懐かしい血洗島のわが家“東の家”をもう1度、見てみたいというのが、今回のN邸訪問です。


八王子を9:12発の八高線に乗って、高麗川(こまがわ)で高崎行きに乗り換え、11:23丹荘(たんしょう)着。


丹荘駅はなんと無人駅です。駅の周辺には、おそば屋も、カフェも、スーパーも、コンビニも、な~んにもありません。サンドイッチ持ってきて、よかったわあ。


目的地の神川へ行くバスは12:26発です。関東の空っ風、赤城おろしが吹きまくっています。通行人もほとんどいません。海外ひとり旅をしているときの気分になって楽しくなってきました。


バスからの眺め。行く手に小高い山が見えます。道を歩いている人はいません。


N邸にやっと到着しましたが・・・


はっきり言うと、「あら~、こんなに小さくなっちゃったの。これ、“東の家”かしら?」というのが、第一印象でした。移築と言っても、城館のような建物を再現したわけではなく、その一部を縮小して建てたのです。それはわかっていたのですが・・・


雨戸がガラス戸になっているのは、まあ当然として、建物の高さは3分の2くらい。1階の床の高さは、昔の家は3倍か4倍でした。かつてのわが家は、利根川の氾濫に備えて、床は、床下を子供が駆けまわれるくらい高かったのです。巨大な屋根瓦もない。建物全体がちまちまと縮小されています。


家から門を見たところ。“わが家”の家から門までの距離は、この3倍はあり、門の大きさも3倍ありました。大きければよいと言うものではありませんけど、ホントです。かつての持ち主の娘とはいえ、快くお宅の内外を見せてくださったN家ご当主ご夫妻には、ただただ感謝あるのみ。


お手入れの行き届いたお庭には、八重桜がいまを盛りと咲いていました。


おいしいお茶や柏餅をいただきながら、ご当主ご夫妻から、いろいろお話をうかがいました。“東の家”を移築されたのは現在のご当主のお祖父様だそうです。かつての、わが家には何畳間がいくつあったかもわかりませんが、お座敷もこぢんまりとした分、だだっぴろかった座敷にくらべて瀟洒に感じられました。


澁澤栄一の甥・元治博士の書が、お座敷に。「和を以て貴しと為す」


かつての“東の家”の2階は蚕室で、父や叔父が子供の頃、自転車を乗りまわして遊んだほど広大でした。縮小されたお家でも、いま2階には12室お部屋があるそうです。

懐かしの“東の家”訪問の感想は、ヘンなたとえですが、「たとえ臓器だけでも生きていて欲しい」と、愛児の臓器移植を承諾する親のような気持でした。東の家の断片でも受け継いで、ご自邸として、いまに生かし、残り香をとどめてくださっているN家の皆さまに感謝。


親戚のヒサコさんの車で血洗島へ


深谷市血洗島のわが“東の家”の分家“新屋敷”のヒサコさんが、車で迎えにきてくれました。ヒサコさんにとっても、東の家は子供時代からのなじみの家です。40分ほどのドライブで、血洗島に到着。お墓参りは明日にして、晩ご飯の支度。新屋敷のお庭には草花いろいろ咲いていました。寫眞はテッセン。


ヒサコさんといっしょに、ギョウザを包みました。


庭で掘ったタケノコの煮物とタラノメの天ぷら。とれたてのトマトのサラダなど。新屋敷の当主タダオさんと孫のケイスケ君と、にぎやかに晩ご飯。夜はヒサコさんちの2Fのベッドルームでぐっすり。


   「HPのトップ頁」へ





コメント

明日、移築された父の生家を訪ねて、埼玉の僻地(?)へ

2017年04月26日 | お出かけ
4月26日 父の生家は埼玉県深谷市の血洗島でした。“東の家”“大澁澤”と呼ばれた家は、戦後、ひとり住んでいた祖母が亡くなった後、その巨大な建物は取り壊され、一部は埼玉県児玉郡のN家に譲渡され、移築されました。
一度、N家を訪ねて、子供の頃、何度となく訪れた懐かしい家を見てきたいと思いながら、離れも、築山も、お蔵も、門もなくなり、雨戸がガラス戸になっているお宅を見ても、がっかりするだけと、いままで訪れずにいましたが、最近になって、やはり1度、お訪ねしてみようという気になったのです。


これは群馬県藤岡市と埼玉県児玉郡神川町の境にある下久保ダムです。N家はこの近くということですが、交通の便はめちゃくちゃ悪いようです。


これがN家。なんかちまちまとしちゃって、かつての城館のような“わが家”の威容は失われていますが、お家にあがれば、きっと、上がり框や柱など、懐かしい部分も残っているでしょう。お勝手、お風呂、トイレなんかは、当然すっかり変わっているでしょうね。


明日は、八王子から八高線で丹荘という駅で降りますが、この駅はなんと無人駅で、バスは1時間に1本もありません! なので無人駅でバスを待ちながら食べるサンドイッチ用意しました。帰りは血洗島の親戚が車で迎えに来てくれて、血洗島で一泊。久しぶりに父母のお墓参りもしてきます。


今夜はサーモンとアスパラのタリエリーニとコーン・スープ。


いただいた鳴門ワカメとお揚げとコーンのサラダと玉ネギとトマト。
・・・この頁、2,3日お休みになります。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

私、もしかして、お買物じょうず?

2017年04月24日 | 
4月25日 セールとか特売とか、わざわざ行ったことないし、東京人なので値切るのは嫌いですけど、おトクなお買物することあります


2,3日前、スーパーに行ったら、魚河岸セールというのをやっていました。マグロは終わって、大きなシャケを分厚く切って100円だって。おシャケと、黒ソイというお魚も買いました。ヤス~。


日曜日がお休みの八百屋さん、土曜はおトクなコーナーができます。大束のホウレン草もブロッコリーも100円でした。わが町セイセキは、多摩センターや永山にくらべて、なんでもお高いのですけど。


ブティックで、なにげなくセールのブラウスを見ていたら、店員さんが「お客様にぴったりお似合いのがあります」と、奥から、こんなかわいいブラウス持ってきました。これもセール品だそうで、ウソ~ッというお値段。流行のフレア・ブラウス欲しかったのです。カワイイから、ヨソユキに着ちゃうかも。


今日のピンポ~ンは・・・


枚方のS氏のご旅行のお土産が届きました。珍しいとちの実のお菓子と鳴門のワカメです。ありがとうございます。


とちの実は見たことありますが、食べたことはありません。風味のよい、やさしいお味のお菓子でした。

  Wikipedia

とちの実って、こんな栗みたいな実です。それはそうと、栃木県て、トチノキが多いのでしょうか?


今日の前菜はタケノコの木の芽和え


木の芽を摘んで、ミニすり鉢でぐりぐりすると、あ~、いい香り。


いただいた鳴門ワカメです。おいしい、ヘルシイ。


アスパラはベーコン巻がポピュラーだけど、今日は刻んで炒めちゃいました。


メーンはシイタケの肉詰めフライ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

ミニ鯉のぼり立てました

2017年04月24日 | 
4月23日 今日も昼間はTシャツ1枚。あっというまに初夏の気分ですね。


ウチの前の植え込みに、昨年買ったミニ鯉のぼりを立てました。い~ら~か~の波と、雲の波・・・


キャンディが入ってた鯉も、ビワの木に下げました。山椒の木も葉っぱ青々・


花、花、花の季節


毎年、みごとな花を見せてくれるご近所のフジ。お手入れがいいのでしょうね。


これ、ナニワイバラというバラの1種ですって。大宮にお住いのコマイさんのFacebookから拝借。こんなバラ、私、初めて見ました。江戸末期、浪速商人が日本に入れた花だとか。香りがいいそうです。1度、実物にお目にかかりたいものです。


チューリップで描いたお百姓のオジサンとカエルさん。びっくり~!これは枚方のS氏のメールから。ご旅行先の豊岡市で見たチューリップ園ですって。豊岡の人ってオチャメ。


やっぱりこのほうがきれいだわ。


野草愛ずる姫君、今日はフキとタンポポ


マンションの前の坂道のフキがだいぶ育ってきたので、ハサミで切ってきました。


スジを取って、切って、1度,ゆでこぼしてから・・・


お酒、本だし、お醤油で煮て、おかかをトッピング。前菜1品できました。


タンポポはレタスを少し混ぜて、カリカリベーコンとオリーブ油でジュッ。今日のサラダ。


メーンはチンジャオロースー。あと、オムレツも焼きました。


デザートはイチゴ煮とヨーグルト。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

おしゃべりがはずむ「八基会」。楽しい夜でした

2017年04月21日 | お出かけ
4月20日 暑くなく寒くなく、なにをするにもよい季節ですね。


あ、もうハナミズキが咲く季節が来ました。セイセキの駅の近くにハナミズキの並木があります。


歩道橋の階段を登ると、こんな近くでハナミズキの美しい花が見られます。


     今夜は八基会。市ヶ谷へ


靖国通りの桜並木は緑の並木になっていました。もう青葉の季節ですね。


八基会会場は例によって、市ヶ谷のトルコ・レストラン「ボスポラス・ハサン」です。


トルコの赤ワインでカンパ~イ! 例によって、メゼレル(前菜)に始まって、サラダとケバブいろいろ。デザートはバクラバとドンドルマ(アイスクリーム)。同じメンバーでも、なぜかおしゃべりは尽きません。右から妹、フクチさん、私、親戚のヒサコさん、妹の夫


10時過ぎ帰宅。持って帰ったバクラバでお茶しました。

 

お茶やチョコや食品いろいろの輸入会社をしていらっしゃるフクチさんが、今日もみんなにスイスのオーガニック・チョコのプレゼント。右の瓶はマレーシア産のチリ&ガーリック・ソース。唐揚げとかに添えると、おいしいかも。


     昨夜のご飯は・・・


鶏挽肉と玉ネギを大葉とノリで巻いて・・・


薄い衣つけて揚げました。衣なしも。ポン酢で。


豆苗の10秒ゆで、ゴマあえ。冷凍してあったお刺身の残りも入れて。


クスクス・サラダ。トマト、キュウリ、玉ネギ入り。オリーブ油とレモン汁。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

動物園の帰りに、高幡不動尊に

2017年04月18日 | お出かけ
4月18日 一昨日、多摩動物園の帰りに、初めて高幡不動尊に行ってみました。セイセキから近いのに、行ったことなかったのです。


高幡不動駅を出て、商店街になっている参道を5分も行くと、山門と五重塔が見えてきます。


正しくは高幡不動尊金剛寺。1342年に山中から移築された不動堂は、東京都最古の文化財建造物ですって。


お線香の煙もうもう。日曜だからか、屋台のお店が出て、お参りの人もいっぱい。お不動様って人気あるのね。


新選組の土方歳三の銅像。彼は武州多摩郡日野、いまの日野市に生まれました。このお寺は土方歳三の菩提寺ですって。


みごとなシダレザクラ。芝居のセットのような眺めですね。


橋を渡ると、小さな弁天堂。弁天様もいらっしゃるんだわ。


この春、見た最高の花いかだ。


お土産屋さんでは「高幡不動まんじゅう」や「土方歳三まんじゅう」を売っていましたが、私は「ほどくぼ小僧まんじゅう」というのを買いました。


ほどくぼ小僧とはなんぞや? 「文政5年(1822)、中野村(八王子市東中野)の勝五郎(8歳)は、突然、自分の前世は、程久保村(日野市程久保)の藤蔵で、6歳の時に疱瘡で亡くなった男の子だったと話して、大評判になりました・・・」おもしろい話ですね。ラフカディオ・ハーンも、程久保小僧の話を作品に書いているいるそうです。


かわいい小僧の焼き印が押してあるおまんじゅう。


今夜のご飯は“アラブの風”


缶詰めのミックス・ビーンズと枝豆のサラダ。オリーブ油とレモン汁とお塩で。


久しぶりにクスクス。アラブの風が吹いてきた。チキンと野菜のカレー煮といっしょに。


キャベツたっぷりのトマトスープ。


デザートはお砂糖とレモン汁で煮たリンゴとヨーグルト。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

お天気いいので、多摩動物公園に行きました

2017年04月17日 | お出かけ
4月16日 お天気いいので、思いたって、多摩動物公園に行きました。昭和紀念公園はチューリップを見に2度も行ってるし、動物公園はわりと近いので、まえから行こうと思っていたのです。予想以上に楽しめましたよ。


今日、歩いた中でいちばんおもしろかったのは昆虫館。とくに蝶の温室が気に入りました。こんなきれいなチョウチョ、こんなに近寄って見られます。


聖蹟桜ヶ丘からバスで高幡不動駅へ。この駅から動物公園行きの京王線が出ています。こんなかわいい電車です。


動物公園駅は待合室からトイレまで、動物のイラストいっぱい。


動物公園駅。駅を下りた人は100パーセント、動物公園に行きます。


入口に大きな象さん。お天気の日曜だから、小さい子を連れたパパ&ママがいっぱい。


入口でマップをもらって歩きます。緑あふれる多摩の丘陵地帯。1日で歩いてぜんぶ見るのはむり。アップダウンが多いから、足弱さんは無料のシャトルバスで見たいところへ。


見晴らしのよい「さくら広場」で、まずお弁当。今朝、急いでつくったお弁当だけど、緑の春風がおいしくしてくれます。

 

カラフルなインコたち。緑の中に点々と、いろんな動物たちのお家があります。


ムササビさんは木のうろの中に丸まって出てきません。


マレーシアのバクだって。プールに入ってジャバジャバ歩きます。


顔をアップで撮っても平気。人に慣れているんですね。


たくさん動物見たけど、昆虫館が気になります。


入口にクワガタ?のオブジェ。こういうもの好き。


ハチさんにもカマキリさんにもなれますよ。


東京では近頃、アリさんも見なくなりましたね。


オサムシ(右)の歩き方とムカデの歩き方の解説。生物学者になる!という子供が出てきそう。


サチコさん、お待ちかねの蝶の温室。広い温室の中を何万の蝶が飛びまわっています。非現実の世界みたい。

 

蜂蜜を薄めたのを入れたお皿に、蝶たちが嬉しそうにとまっています。シュールな眺めです。蝶の世界、また来たいほど気に入りました。


出口のそばのショップには動物のぬいぐるみがいっぱい。「Zoo Cafe」でソフトクリーム食べて帰りました。帰りに、高幡不動に寄りましたけど、その話はまた今度ね。


「HPのトップ頁」へ
コメント

明日は復活祭ですね

2017年04月16日 | 
4月15日 イエス様がよみがえらえた日、イースターはサクラが終って、チューリップさん、ようこその季節。


卵は生命力の象徴ですって。陶器と大理石の卵たち、トルコとルーマニアとハンガリーで買いました。


ウチの前の植え込みに、イースター・デコしました。ウサギさんの縫いぐるみを買いたかったのですが、かわいいのが見つからなかったのでチューリップ。


    八重桜の出番です


毎年、楽しみにしているウチの前の坂道の八重桜数本、咲きはじめましたよ。満開を待っています。


これ、シロヤマブキで正解だと思いますが、道端で雑草化して咲いています。花の形もシンプル、小さな白い花、控えめに、奥ゆかしく、可憐です。


サトちゃんも、サトコちゃんも春姿


薬局のサトちゃん、昨日までマフラーしていましたが、今日は真新しいTシャツに着替えていました。


青森の新鮮なリンゴを買って・・・


このあいだ熊本の人がイチゴを売っていたところで、今日は青森の人がリンゴ売っていました。新鮮な大きなリンゴが5個で税込500円。


とりあえず2個はジャムに煮て・・・


熱湯消毒した空き瓶に。ペースト状まで煮ないで、リンゴの甘煮という感じ。バター・トーストに、これをのせて食べるのが好き。


小エビのマカロニ・グラタンがおいしくできました


マカロニとシイタケと小エビの上に、ブロコリー。この上に、とろけるチーズをたっぷり。


できましたあ。今日は飛びきりじょうずにできましたよ。オイチ~!


トマト・スープと・・・


ダイコンとハムのマヨ・サラダです。


   「HPのトップ頁」ヘ
コメント

「エベレスト・キッチン」に行ってみました

2017年04月13日 | 食べる
4月12日 ウチからセイセキの駅に行く途中に、1年くらい前、「エベレスト・キッチン」という風変わりなレストランができました。


店構えも、ちょっと“日本離れ”しています。エベレスト料理なんて、あり得ないから、多分ネパール料理、要するにインド料理みたいなメニューでしょう。今日、近くへ行く用事があったので、ブランチ抜きで、1時半頃、行ってみました。ドアを開けたら「ナマステ~」だって。インドみたい。


カレーのランチが3種。写真入りのメニュー出されたけど、ウエイターさんも、キッチンのシェフも、日本語ぜ~ぜんダメ。カレーとナン、ミニサラダ、飲物(ラッシー)のランチセットに、タンドーリ・チキン1個つけてもらいました。
ウエイターさんに「英語は話す?」ときいたら、うなずいたけど、英語もほとんどダメ。ネパールから来たばかりらしい。若い男性のお客が1人いて「ライス・オカワリ!」と言ったら、パッと反応したから、必要最小限の日本語はわかるのでしょう。


タンドーリ・チキン、スパイシーで、おいしかったわ。食べていたら、もう1人、日本語の達者なネパール人が外から帰ってきました。


これはグラブジャムンとかいうデザート。「チーズとミルクをこねて・・・」と言ってたけど、私的にはあまりおいしくなかった。ナンとカレーはおいしかったけど。


楽しい本が届きました



 「パリ 音楽留学ノート」 駒井ゆり子 じゃこめてい出版 1500円+税

先日、コンサートに行ったソプラノ歌手・駒井ゆり子さんの著書が届きました。2004年から5年間のパリ音楽留学生活日記。音楽や美術から、グルメ、街歩き、旅行・・・楽しさいっぱいです。
 

街歩きも、旅も、おいしいものも好きな私は、こういう本で、ひとときシアワセになります。


    幹から花、かわいい


幹から直接、顔を出して咲いてる桜の花、ルール違反みたいですけど、かわいいですね。


テイクアウトしたナンで晩ご飯


唐揚げポテトとチキン・モモのケチャップ炒め。コドモ味になるかなと思ったけど、スパイスきかせたら、おいしいオトナ味になりました。


ゆでたブロッコリーとピールしたニンジンを、レモン汁とオリーブ油にちょっとマリネしたサラダ。


昨日はカボチャ・コロッケ。円盤型は挽き肉と玉ネギ、真ん丸はチーズ入り。


レタスとタンポポに、お刺身の残りをプラスしたサラダ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント