サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

春うらら、世田谷の妹夫婦の家へ

2014年03月30日 | お出かけ
3月29日 今日は汗ばむくらいのお天気でしたね。世田谷の妹夫婦の家へ遊びに行きました。


世田谷線の線路わきの桜の木が3~4分咲いていました。やっぱり春はいいなあ。


線路沿いに巨大なツバキの花。直径15センチくらい。バラの花見たいです。「大事に育てたのだから折らないでください」という手書きにカードが下がっていました。

妹夫婦の家には、義弟の姪っ子のカズちゃんが遊びに来ていました。カズちゃんのパパ、すなわち義弟の義弟が趣味の農業でつくるお野菜を届けに来たんですって。


義弟の心臓手術成功と元気回復を祝して、晩ご飯前に梅酒で乾杯しました。義弟の妹カヨちゃんがつくる梅酒はすご~くおいしいです。


カズちゃんが持ってきたツクシ。今年の初ものです。お家が埼玉の幸手なので、近所で摘めるんですって。私も明日にでも、私のツクシ秘密基地に行ってみよう。


カリフラワーのアンチョビいため。私好みです。


トマトとルッコラのサラダ。豪快盛りです。


牛肉薄切りの塩コショウ焼き。上等なお肉のときはシンプル焼きがおいしい。


明日から“かきな料理”です
カズちゃんが持ってきた新鮮な“かきな”のお裾分けを抱えて帰りました。長さ60センチもあります。


かきなって、苦みがあっておいしい菜っ葉だけど・・・と、お家に帰ってWikipedia を見たら、「在来種のアブラナの変種」だって。つまり菜の花ですね。ビタミンやミネラルはホウレン草や小松菜を上まわるそうです。
とりあえず、明日はカキナとベーコンとチーズのパスタしましょう。


Get Well Soon のミッキーさん

義弟が入院中、枕元に置いておいたミッキーさんを、今日、返してもらいました。お花を持ったミッキーが立っている台にGet Well Soon と書いてあります。


実はこのミッキー、20年も前に私が乳癌の手術をしたとき、当時、ロスに住んでいた妹が見舞いにきてくれて、ロスで買ってきてくれたのです。ミッキーの効力で、私はget well soon できたので、その効力を期待して、入院中の義弟に貸してあったのです。義弟もおかげで、get well soon できました。ミッキーちゃん、ありがとね。


   「HPのトップ頁」へ







コメント

わが母校・滝野川第7小学校がTVに出ました

2014年03月29日 | 食べる
3月28日 NHKテレビで、近頃の少子化で、都心の小学校の子供が減ったという話をやっていました。ぼんやり見ていたら、滝野川第7小学校は全校生徒47人とか・・・エッエッ、滝7小って、わが懐かしの母校じゃないの!


この子たち、私の後輩ってことですね。校舎も建て替えられていますけど、場所は昔とおなじところにあるはずです。

 
ネットで見たら、滝野川第7小学校、リッパなホームページがありましたよ。モットーは「ひとりひとりの個性・特性を伸ばす教育」だって。私、そんな教育してもらったかなあ。


これが校章です。モミジの種と七という字を組み合わせたデザインです。滝野川は昔、モミジの名所だったそうです。
一見、トンボに見えるので、校旗を掲げて遠足とか行くと、ヨソの学校の子に「トンボ学校」とからかわれました。兄の学帽にも、このトンボ・マークがついていました。


昨年の卒業式の写真です。トンボの校旗が見えますね。校旗が変わっていないのが嬉しいです。(子供の写真以外の写真は滝七小のサイトから)
生徒が減っても、がんばって存続させてくださいね。今度、行ってみようと思います。町のようすもすっかり変わっているでしょうけど。


  ヒイラギじゃなくて「ヒイラギナンテン」ですって

一昨日の頁で「これ、ヒイラギの花かしら?」と書いたら、高校の友人ハマコさんが、「ヒイラギナンテン」だと教えてくれました。

 
ヒイラギナンテンはメギ科メギ属。「春先に黄色い花をつける」とWikipedia にありました。トゲトゲの葉っぱですが、よく見ると、ヒイラギと違うみたい。

 Wikipedia
これがほんとのヒイラギ。モクセイ科モクセイ属。

このブルーの可憐な花はハナニラ。(まえにも教えていただいたのですが、度忘れしました。)ニラのような匂いがするからハナニラと呼ばれますが、野菜のニラとは近縁ではないそうです。英語名は「スプリング・スター」、「ベツレヘムの星」とも呼ばれるそうです。ハナニラよりずっと素敵なネーミングですね。


今夜はロール・キャベツ

ときどき食べたくなるロール・キャベツ。面倒なようで意外と簡単ですね。トルコ製のトマト・ペーストとキューブ・コンソメ入れて煮ます。

 
4個つくりました。急いでつくったから、形は悪いけど・・・

 
おいしくできました。2個食べて・・・

 
あと2つは、明日、妹の家に遊びに行くので、お土産にすることにしました。

 
今日のサラダはレタスとドライ・プラム、マカロニ少しとクルミ。このあいだ買ったマスタード・ドレッシング、毎日使っています。

 
シリコン・カップでキッシュ
このところ、シリコンカップに凝っています。


 明日のお土産にミニミニ・キッシュもつくることにしました。ベーコンとホウレン草と玉ネギを炒めて入れて、卵には豆乳少々、お豆腐つぶして少々、粉チーズたくさん入れました。バターもクリームも入っていないからヘルシーです。

 
レンジでできました。朝ご飯でも、夜の前菜でも。


   「HPのトップ頁」へ

コメント

桜はまだ咲かないけれど・・・

2014年03月26日 | 植物
3月26日 東京は桜まだですけれど、わが聖蹟桜ヶ丘の桜通りは桜まつりの提灯が並びました。提灯に灯がともる日暮れ時の眺めがいいです。

お花が咲くと、通りに屋台が出たり、踊りがあったり・・・

今年は夜桜見物するつもりです。


 ヒアシンス咲きました!
 
青紫の繊細な花が咲きました。ヒアシンスはイラン、テュルクメニスタン辺りが原産で、オスマン帝国が栽培したのが、ヨーロッパに伝わったのですよ~。

 Wikipedia
 
16世紀、オスマンのスルタン・ムラト3世(在位1574~1595)はヒアシンスを愛し、山地から5万本のヒアシンスを集めさせ、宮殿の庭に植えさせたそうです。オスマンが園芸化した花はチューリップだけではありません。


 今日、街で出会った花たち

 
淡いピンクの乙女ツバキ。フリフリのドレスを着た女の子みたい。ツバキ科ツバキ属。ふつうのツバキと違って花芯が見えませんね。

 
これ、ヒイラギの花でしょうか? 葉っぱを見ると、ヒイラギみたいですが。ヒイラギという名は、ひりひり痛むという意味の「ひいらぐ」という動詞から来ているんですって。葉っぱのトゲトゲに触れると痛いから。モクセイ科モクセイ属。

 
ボケです。草ボケというのかな。地べたに近いところで咲いていました。大学時代、武蔵野の自然の中で暮らしましたが、春になると、雑木林に、草ボケが赤い花をつけていました。バラ科ボケ属。

 
薄水色の清楚な花。春先に庭先や道端でよく見かけます。まえに名前を教えていただいたと思うのですが・・・。

 
沈丁花の香りがして、足を止めました。香りは香木の沈香のようで花は丁子のようだから沈丁花ですって。

 
お正月頃、丸まっていた葉ボタンがこ~んなにのびちゃっていました。これはこれできれいです。葉ボタンて、キャベツの仲間を観賞用に育てたものですって。だからアブラナ科アブラナ属。自然と人間の合作ですね。


今夜はポーク・サラダ
メーンになるサラダ、つまり究極の手抜きご飯です。

 
 豚の薄切り肉を焼いて、果物酢、ワイン、オリーブ油などで味つけし、ちぎったレタスや豆苗にどさっとのせました。グリーン野菜はサッと熱湯くぐらせて、水気絞って使うと、お肉ソースとよく絡みます。お醤油味ソースでもいいと思います。
右は千切りニンジンのヨーグルト・サラダ。ガーリックとオリーブ油が入っています。

 
コーンと豆乳のスープ。コンソメとバター少々。


「HPのトップ頁」へ



コメント

オスマンとハプスブルクのTV見ました

2014年03月24日 | 
3月25日 NHK「世界史を彩った二大帝国オスマンとハプスブルク」とかいう番組を見ました。

イスタンブールがたっぷり見られたし、ウイーンも懐かしく見ました。ウイーンには友人がいて、2度訪れています。

あら、トルコ航空のジェム・ハサン・アルデミルさんが出ているわ(中央)。いつもスーツのジェムさんがオスマンの皇子さまみたいな恰好しています。写真、ぼやぼやですけど。

ウイーンのお菓子も、トルコのお料理もいろいろ出ました。これはマントー。ヨーグルトがたっぷりかかって見えませんけど、トルコのミニゆで餃子。
トルコ料理は麻布十番のトルコ宮廷料理のお店「ブルガスアダ」のシェフ、ディキメンさんがレポートしていました。メフメット2世がお好きだったという子羊とドライ・プルンの煮込みが、すごくおいしそうでした。食べた~い!


  ヒヤシンスの蕾が出てきました
ご近所の花壇、紫の蕾が可憐です。このところ暖かいから、明日には咲きはじめるかも。

 
ヒアシンスを見ると、必ずギリシア神話の美青年ヒアキントスを想い出します。アポロンと愛し合っていたのが、西風ゼピロスの嫉妬にあって・・・。


ポテト・ダンプリングがおいしくできました

このあいだ買ったこれを使って手抜きですけど。昨日の晩ご飯。

 
ダンプリングのパウダーに卵と水を加えてこねて、おだんご作ります。卵入れなくてもいいけど、入れたほうがおいしい。中に炒めた挽肉と玉ネギ入れましたけど、なにも入れなくてもいいし、クルトンなんか入れてもいいです。

 
お湯でゆでます。浮き上がってきたらOK。キチンペーパーにとって・・・

 
フライパンでパン粉をいって、焦げ色つけて、おだんごにまぶします。

 
おいしそうでしょ。むっちりもっちり、おいしい。これとスープでおなかいっぱい。パンも用意したけど食べられませんでした。

 
ホウレン草とハムのミルク・スープ。簡単でおいしいです。ホウレン草は炒めてから入れました。


でもって、今夜は、こんなダンプリング

 
昨日の残りのダンプリングを、今日はキャベツといっしょにトマト味で。昨日よりおいしかったかな。中にお肉入れたのは正解でした。


   「HPのトップ頁」へ


コメント

桜の蕾がふくらんでいます

2014年03月23日 | 
3月22日 今日はお天気、青空、白い雲。桜の蕾を観察して歩きました。

日当たりのよいところと悪いところでは蕾の状態がずいぶん違いますね。

川面に青空と白い雲が映っています。のどかな土曜の午後です。

今年の初タンポポ摘みました。サラダに入れて野の香と苦みを楽しみます。

春が来た。晴天。土曜と3拍子そろって、スタバの屋外席はいっぱい。

消費税アップ前に、いろいろお買いものしようと、ショッピングカートを持って出かけたのですが、いつもの輸入食料品店のセールへ。
これ、ポテト・ダンプリング、つまりジャガイモのオダンゴつくるパウダー。前に使ったことありますが、とてもよいです。とってもお安くて、びっくりして買いました。ドイツ製。ドイツ人ポテト好きですものね。

 
左は韓国のユズ茶の小瓶。これ、お茶としても飲めるけど、ジャムとしてパンにも合うし、お料理に入れてもいいし。まえに大瓶買って、よかったので。
右はディジョンのマスタード・ドレッシング。フランス製。マスタードといえばディジョンだから、いいかなと思って。

お天気がよかったので、干しておいたお大根が1日で半乾きになっていました。しんなりしたのをピクルスやサラダにしたり、炒めたり。1人でお大根1本はなかなか食べられませんから、買うとすぐ半分くらい干しちゃいます。

昔、自分で編んだセーター、色が気に入っていて捨てられません。なにげなく、ほどきはじめたら、とまらなくなって、ぜんぶほどいてしまいました。昔はみんな、セーター、ほどいて、編みなおして着ていたんですよ。いまのところ、編み物する暇はちょっとないけど・・・。


今夜はなんとなくカレー

なぜかカレーが食べたくなりました。チキンのモモで中辛。ご飯少なめ、カレー多め。

カレーのときもサラダはたっぷり。ブロッコリーとリンゴにヨーグルトソース。


4月には旧友エルカンが来日


これはイスタンブールの旧友アクバイラク・ファミリーが経営するショップ「Yoruk Collection」。カーペットやキリムを初め、ジュエリー、陶器、骨董品等々、趣味のよいものがいっぱい。歴史的建物を改装した店内の雰囲気もステキです。
お店のマネジャー、エルカンさんが奥さんのベイハンさんと4月に訪日。東京は短期間のようだけど、お花見ができるといいですね。エルカンは高校生のときからの古い友だち、英語はもちろん、日本語も話します。

Yoruk Collection  address: Yerebatan Cad. No:25 Sultanahmet/Istanbul
  Tel: 0212-528-0099
  E-mail: info@yorukcollection.com


   「HPのトップ頁」へ: 





コメント

冬に逆戻りしたみたいな日でしたね

2014年03月20日 | 食べる
3月19日 3月も半ばを過ぎたのに、今日は寒かったですね。ダウン着ている人も大勢いました。

元気に咲いてるミニ黄水仙。丈は20センチくらい。ピーピー鳴いてるヒヨコ見たいで、かわいいです。


カップケーキ焼いて、お見舞いに

手術後の義弟はどんどん元気になっているそうです。お見舞いのお菓子もたくさんあるというので、バターやクリーム使わないヘルシー・カップケーキ焼いて、お見舞いに行ってみることにしました。

ドライ・プラムとクルミを刻んで入れました。シリコン型を使って15分で焼けます。

パンとケーキのアイノコみたいなケーキです。お菓子の空き箱に入れました。

フキノトウの白みそあえも少~しだけ。季節ものですから。

「天皇陛下と同じ手術だ」と義弟は威張っていました。もう3日もすれば退院です。クリミア情勢について、おしゃべりしてきました。


急いでつくった晩御飯

でかける前につくっておいたホウレン草のヨーグルト・サラダ。前菜です。ガーリックきかせてあります。ワインにぴったりです。

このあいだつくったパプリカ・チキンがおいしかったのでアンコール。このまえはバターライス添えましたが今日はパスタです。どっちもおいしい。


野菜サラダにコーン入れても、おいしいですね。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

土屋雪子さんの個展、28日からです

2014年03月18日 | 食べる
3月17日 大学の友人、土屋雪子さんが今年も新作を発表します。眺めているだけで、心がほのぼの暖かくなる雪子さんの絵、私は大好きです。
お出かけのごついでに、国分寺へ。毎年、多くの新作を発表していらっしゃる雪子さんの創作意欲に敬服。

「卓上・マンドリンなど」79×55cm 水彩


  第7回 土屋雪子作品展 
  3月28日(金)~4月2日(水)AM11:00~PM6:00
  次男画廊 国分寺駅南口 徒歩2分
  TEL:042-325-5897


  Spring has come ! 

ご近所の紅梅。濃いピンクの花が満開です。このお宅は白梅も咲いています。

毎日通る道の花壇で芽を出したチューリップたち。どんな花が咲くのかな~。

暖かくなると公園に子供たち、ママたちが集まってきますね。

川原の階段にも日向ぼっこの人が現われます。

川原でクロちゃんも2羽、日向ぼっこ。この頃、カルガモちゃんが見えなくなったのは、このコたちのせいかと心配です。


“野草愛ずる姫君”の季節到来
フキノトウが芽を出したので摘もうと思っているうちに、あっというまに育ち過ぎ。でも、摘んできました。

マイタケといっしょに天ぷらにしました。葉も茎も揚げて、苦みと香りで春の野を満喫。


レモン・ケーキ焼きました
このあいだトニコさんにいただいたレモン、ひとつはお料理に使って、ひとつはジュースとピールにしてとってありました。

レモンのジュースも皮も入れて、バターは使わず、オリーブ油少々入れてヘルシーに。

シリコン・カップ使って15分で焼けました。

レモンのいい香り。冷めたほうがおいしいと思います。
 


   「HPのトップ頁」へ
コメント

春よ、来い♪ 

2014年03月16日 | 食べる
3月15日 駅前の花壇にクリスマス・ローズが咲いていましたが、まだ寒いのか、ちょっといじけていました。

クリスマス・ローズは「ヘレボルス」の1種。クリスマス頃咲くヘレボルスをクリスマス・ローズと呼ぶのですが、日本ではヘレボルスをすべてクリスマス・ローズと呼んでいます。キンポウゲ科だそうですが、キンポウゲとは雰囲気ぜんぜん違いますね。

お花の少ない寒い季節からずっと元気に咲いていてくれる日本スイセン、健気です。スイセンを見るたびに、イスタンブールの小さなお友だちフリアちゃん(スイセンちゃん)を思い出します。


今日はお見舞いに行きました
西新宿の東京医大病院へ。2,3日前、義弟が心臓の手術しました。でも、とっても元気なので、びっくり、安心しました。


病院の窓から高層ビルが見えます。ヒルトン・ホテル、センタービル、野村ビルなど。
妹も来ていたので、食堂で3人でお茶飲んで、フツーにおしゃべり。とても元気なので、お見舞いという感じじゃなかったです。


  妹とヴェトナム料理に行きました

病院の帰りに新宿で晩ご飯食べることにしました。妹がまえに行ったことがある「ヴェトナム・アリス」というお店。ルミネの7階です。土曜日なので、どこのお店も行列ができています。私たちも外の椅子でしばらく待ちました。


「夜のランチ」というヘンな名前のメニューたのみました。春巻き3種とヴェトナム麺“フォー”のセットで1500円。アオザイのおねーさんがサービス。私も妹もヴェトナム旅行の経験あるので、ヴェトナム話しながら・・・。


ヴェトナムといえば生春巻きですね。薄い皮に包んだ具が透けて見えます。蓮の実が2個ついています。


これは揚げ春巻き。挽肉とお野菜入りで、中華の春巻きに似ています。


蒸し春巻きです。それぞれ違うタレやお味噌で。


その後、チキン入りのフォーで、おなかいっぱ~い。ヴェトナムで食べたフォーにはかないませんけど、まあおいしくいただきました。


ヴェトナム・グッズがいろいろ飾ってありました。満席の店内にパクチ(香菜)のような東南アジアの匂いが漂っています。


ヴェトナム・コーヒーは2人ともあまり好みじゃないので、同じビル内の「アフタヌーン・ティー」でお茶して帰りました。


  昨日、富沢商店に行ったら・・・

「トルコのドライ・フルーツ、お安くなってま~す」と言う声が・・・。乾燥イチジクやプラムが確かにお安いようです。


「ドライ・フルーツお買い上げのお客様には、トルコ風エコ・バッグをプレゼントで~す」どこがトルコ風なの? 「トルコのタイルをイメージしたデザインです」なるほど、白とブルーの図柄がトルコ・タイルっぽいかも。コットンのしっかりしたバッグなのでお買物用によさそう。


プラムを買って、バッグもらいました。イスタンブールで売ってる、大きくて、ふっくら分厚いマラティヤのプラムには遠く及びませんが、まあ、おいしそうです。


「トルコdeパン・レシピ」というペーパーもらいました。ドライ・フルーツ使ったパンやスコーンのレシピが書いてあります。この紙に書いてあるDELTA という会社がトルコから乾燥フルーツ輸入しているのかな? 


   「HPのトップ頁」へ
コメント

コッパーはアナトリアの土の香り

2014年03月14日 | トルコ関係
3月13日 日本からイスタンブールに帰った旧友アルパッサンから、お礼電話が来ました。久しぶりの日本、楽しかったようです。よかった。「関西では日本旅館に泊まって温泉に入ったよ~」と嬉しそうでした。


  1980年代イスタンブールの思い出はコッパー細工

お土産物も時代とともに変わります。この頃、トルコのショップであまり見かけなくなったコッパー細工の飾り皿、80年代はお土産屋さんでよく見かけました。

電動ドリルで細かい図柄を彫りつけたコッパーの飾り皿です。80年代は職人さんが店先で作業しているのをよく見ましたが。
旧友アルパッサン兄弟が店先を借りてカーペット・ビジネスを始めた「ギュル・デコラシオン」というお店でも、店主のシュレイマンおじさんがコッパー細工していました。これもシュレイマンおじさんの作品。おじさんはもうずっと前に亡くなりました。

コッパーにチューリップを描いた小さなお皿。私のお気に入りです。30年見ていても飽きません。


オスマン時代は宮廷でもコッパーの食器を使っていました

骨董屋で買ったコッパーのお盆。これは飾り用ではなく、お盆として使われていたもの。直径42センチ。トルコでは大きなお盆を台にのせて、ちゃぶ台にしていました。いまもします。日本のちゃぶ台みたいに簡単に片づけられて、とても便利。

コッパーはキリムによく似あいますね。アナトリアの土の香りです。チャイをのせてみました。

これは昨夏、ラマザンの夜店で買いました。マルディンから来た職人さんが叩いていました。思わず買いました。なんに使うの? ただ眺めていればいいのです。


   パプリカ・チキンがおいしくできました

ハンガリー料理チルケ・パプリカーシュです。白いのは最後にかけたサワー・クリームです。

おいしくできたので、簡単にレシピをご紹介。チキン胸肉に粉をまぶして、バターでいため、多めの玉ネギのスライスとニンニク入れ、コンソメと、トマトペースト少々、ベイリーフ入れ、パプリカ・パウダー多めに入れて、塩コショウ、少し水も足して10分くらい煮ます。
ハンガリーではポテトやパスタに添えるみたいですが、私はバターライス。パプリカは辛いのと辛くないのがありますから、辛くないほうね。
めっちゃおいしかったから、ちかぢかリピートします。ハンガリー土産にいただいたパプリカ最高です。

トルコ人の大好きなメルジェメキ・チョルバス(レンズ豆のスープ)です。トルコ人流にレモンを絞って。

ニンジンのヨーグルト・サラダ。千切りにしたニンジンをお塩でもんで、少しおいて、お塩を洗って、しんなりさせると食べよいですね。ブロコリーとレーズンでデコってみました。

ブランチに焼いたホットケーキ。焦がしちゃいましたけど、中にマシュマロ入れたら、お菓子風になりました。


   「HPのトップ頁」へ
 
   
コメント

妙に寒かったけど春。クロッカスが芽を出してる

2014年03月12日 | 植物
3月11日 近所のお宅の花壇をふと見たら、あら~、黄色いクロッカスの蕾。このところ妙に寒かったけど、春は来ているのですね。

クロッカスの原産地はWikipedia によると、エーゲ海岸からアナトリアだそうです。わが陣営の花だと知って嬉しくなりました。


桃の節句も過ぎて・・・


お雛さまのお下がりの菱餅を小さくカットしました。これをお日様に干して揚げると、かわいい3色おかきになります。


ころころコロッケ

 
一昨日、ポテトサラダしたとき、蒸したジャガイモが少し残ったので、炒めた挽肉と玉ネギを混ぜて、オダンゴにしておきました。

コロモをつけて揚げて、今夜のメーンディッシュ“ポテコロ”です。私って質素。

シメジとシイタケのリゾット。タマネギとニンニク炒めて、コンソメも入れて、残りご飯をミルクで煮て、できあがりにチーズ。簡単おいしい!


デザートは得意のマシュマロ・バナナ

今日もロッキイ・マウンテンのマシュマロのセールしていたので、そうだ、マシュマロ・バナナしよう。バナナをスライスして、レモンをまぶしておきます。

マシュマロとバナナをこんな感じにお皿にのせて・・・

レンジでチンして、シナモンふります。シナモン不可欠。コドモ味ですが、私のお気に入りのデザート。


新聞スクラップ


トニコさんが日経新聞のトルコ関係の記事を送ってくださいます。経済オンチにもわかりやすい記事が多くて勉強になります。
妹から届く新聞切抜きには、ときどきニューヨーク・タイムスのトルコ関連記事もあって、日本の新聞とはひと味違って、おもしろいです。


   「HPのトップ頁」へ
コメント