サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

丘の上の隠れ家フレンチ・レストランで3人ランチ

2011年09月30日 | 食べる
9月30日 あっというまに病気が治った元気印のキミコさんの快気祝いと、10月22日からまたまたトルコ歴史の旅に出かけるサトコさんのボン・ヴォヤイヤージュのランチ。私のお気に入りの丘の上の隠れ家レストラン、聖蹟桜ヶ丘の「エール・ダンジュ」へ。

めだたないけど、おしゃれなアプローチです。


オードブル、黒く撮れちゃってよくわかりませんけど、ペースト状にしたサバをナスで丸く包んで、上に香草がのっています。私、サバは苦手なのですが、すご~くおいしくいただいちゃいました。


これゴボウのスープです。クリーミーな中にゴボウの風味がとってもおいしい。全粒粉の自家製パンも最高。

これはサトコさんが召し上がったチキンにリゾットを詰めたお料理。キノコもたっぷり。ひと口、盗みましたけど、軟らかい若鶏もリゾットも、うまうまでした。

チキンを切るとこんな感じ。うまそ~でしょ。

私とキミコさんはお魚にしました。イトヨリとホタテに温野菜もいろいろ。

デザートは3種から選べます。私たちはケーキ盛り合わせ。キイチゴと洋ナシのシャーベット、洋ナシのタルト、チーズケーキ、チョコケーキ。

 「エール・ダンジュ」 042-357-4080


   ビーズ細工の日本トルコ友好アクセサリーいただきました

小さな安全ピンにビーズを通してつくった日本とトルコの国旗です。サトコさんのお友だちがつくっってくださいました。嬉しい~い!


おウチでGジャンの衿にとめてみました。かわい~い!今度、トルコに行ったら、トルコ人に見せて自慢します。
コメント

イスタンブールの古道具屋で買ったこれは、なんでしょう? 

2011年09月30日 | トルコ関係
9月29日 これも80年代、イスタンブールの骨董屋というか古道具屋で買いました。
直径20センチ、深さ5センチの浅い銅の器です。


トルコ通の方なら先刻ご存じ、ハマム(浴場)用の手桶です。オスマン時代のものです。
取っ手のない手桶なんて使いにくそうと思われそうですが、これ、片手で持って、お湯を浴びるのに使ってみると、とても使いいいのです。

トルコのハマムでは、いまでもこれと同じ大きさ、同じ形のプラスティック製の手桶が使われています。


今夜のポテト&チーズ・サラダです。細切りチーズの袋に書いてあったレシピをアレンジしました。
ゆでたポテトを拍子木に切って、さらした玉ネギ、炒めた挽肉、細切りチーズと混ぜて、粒マスタード入りのドレッシングであえました。
生玉ネギとマスタードでオトナの味です。いくらでも食べられそう。


昨年買ったハロウインの仲間たちが出てきたので、オバケちゃんといっしょに、パンにプツプツさして遊びました。
 
今日もバスで多摩センターに行きましたが、天気がよくて気持ちよかったです。明日も夏並みの気温だそうです。


   HPのトップ頁へ
コメント

久しぶりに「私のトルコ・グッズ」のご紹介です

2011年09月29日 | トルコ関係
9月28日 コッパー製のおシャモジです。もちろん、オスマン時代物です。
写真では大きさがわかりませんが、全長60センチあります。

1980年代、東京でキリム展をしたとき、会場の装飾用に骨董屋で入手した銅器類の中からゲットしたものです。当時だから手に入りましたが、骨董類が品薄になってきたいま、貴重品です。
長い柄にびっしり模様が入っているのが泣かせます。

こんな大きいのはふつうの家庭では使わないから、レストランか、大家族の家で使っていたものだろうと、骨董屋は言っていました。

銅ですから、磨けばピカピカになりますが、ピカピカにしたくないので磨きません。ウチのリビングにぶらさげてあります。どういう空間に暮らしているのでしょうね、このヒトは。



晩ご飯です。サーモン・パスタなどというと聞こえはいいですが、甘塩シャケが一切れ残っていたのです。玉ネギ、ガーリック、オリーブ油はがっつりです。

このDakota Growers というアメリカ製の細スパゲッテイ、アメリカ製だし、お安かったし、バカにして食べてみたのですが、予想以上のおいしさでびっくり。
カッペリーニの細さですが、小麦がいいのだと思います。私、パスタ大好き。マカロニもも好きだけど、細スパ大好きなのです。
コメント

リンゴさんとブタさんは仲よしなので・・・

2011年09月28日 | 料理
9月27日 お肉とフルーツを煮ると、おいしいですね。ポークの塊とオレンジとか。今日は薄切りポークとリンゴがあったので煮ることにしました。「豚肉 リンゴ レシピ」で検索ポン。いろんなレシピが出てきましたよ。

  

薄切り肉に粉をまぶして、ちょっと焼いておきます。玉ネギを炒めて、くし型5ミリ厚さに切ったリンゴを投入。レーズン、白ワイン(お酒)、ブイヨン、トマトペースト。お肉も入れ、水も適宜入れて、細火で煮込みます。


おいしかったですよ~。ネットのレシピはトマトケチャップでしたけど、トマトペーストのほうが絶対いいと思います。

    あやしうこそ ものぐるおしけれ その2
催眠剤がわりに数独します。数独というと「頭の体操?」なんて言うヒトがいますが、私の場合は、お勉強の後の「頭のリラックス」です。

まえは「ニコリ」の数独の本を買っていましたが、いまはネットのをプリントします。難易度ランクは初級、中級、上級、専門級、最高級と5段階ありますが、私は数独の達人ですから、最高級しかしません。


たとえば、これは昨夜の催眠剤、最高級でしたけど、あっというまにできちゃいました。もっとむずかしいのないかなあ。


    HPのトップ頁へ
コメント

「やどをたちいで眺むれば・・・」 青葉と紅葉の間の季節

2011年09月26日 | 植物
9月26日 雨もよいの朝、所用あって多摩センターへ。木々の間をバスが走ると、青葉たちがあわてて秋色になろうとしていました。
「もう9月、終わるんだ~」と、あわてている葉ッパさんたち。


多摩センターに行くと、よくランチを食べに寄る京王ホテルの中の「南園」という中華料理店。上品な薄味なのが気に入っています。


ときどきいただくえびそばです。えびの他、ふくろたけ、タケノコ、青菜が入っています。 

   なにやらゆかし、石垣の花

“雑草愛ずる姫君”としては、なにげないところに、ふっと咲いてる小さな花にドキッとします。これから寒くなるのに、日陰の石垣で健気です。

多摩センターの帰り、ふとスーパーに寄ったら、ウチのほうよりずっとお安いのでびっくり。同じ多摩市でもお値段て違うんですね。


季節のリンゴがお安かったので6個買って・・・今夜の簡単デザート。クシ型に切ったリンゴをお砂糖とブランデーで煮て、冷やして、シナモン振ってヨーグルトのせました。
コメント

ポテト・ニョッキがおいしくできました

2011年09月25日 | 料理
9月25日 いつかテレビで見たポテトのニョッキがおいしそうだったので、つくってみました。ふつうのニョッキはつくりますが、ポテトのニョッキは初めて。おいしくできるかな。

 

ポテトをゆでてマッシュ、マッシュ。薄力粉を加減をみながら少しずつ混ぜてコネコネ。バター少しと塩少し。シンプルです。  


オダンゴに丸めて、つぶしてから、フォークの背でミゾをつけます。ミゾをつけたほうがソースがからみますから。


熱湯でゆでればできあがり。浮き上がってきたらOKですね。

つくっておいたミートソースをたっぷり。ぷりぷり感のある90点くらいのポテト・ニョッキができました。
できたてもおいしかったけど、冷たくなってからも、プリッとしておいしかったです。今度はヨーグルト・ソースを用意しましょう。
コメント

お化けちゃんとオヤツ・タイム

2011年09月24日 | 
9月24日 昨日からウチにいるお化けちゃんとすっかり仲良しになって、勉強中もオヤツ・タイムもいっしょです。


    今日はなんとなくトルコ・コーヒーつくりました。

 

日本トルコ協会発行の雑誌「アナトリアニュース」の新しい号が出ました。私の連載「イスタンブールあちらこちら」は、今回は「旧市街の中心・アレムダル通りの歴史の跡」です。
私はアナトリア考古学研究所長の大村幸弘先生の連載の愛読者です。毎号、トルコ関連記事がいっぱいのこの雑誌、日本トルコ協会の会員に配布されています。



今日見た釣人さん、2週間前の土曜にも同じ場所で見た人です。帽子が同じです。まえは短パンでしたが、今日は長ズボンに長靴でした。


    HPのトップ頁へ
コメント

店頭はかわいいハロウイン・グッズがいっぱい

2011年09月24日 | 
9月23日 ケーキ屋さんも花屋さんもハロインだらけ。西洋のフシギなお祭も、日本のコマーシャリズムとしっかり結びついてしまいました。

 お化けちゃん、かわい~い

カボチャのジャック・オー・ランタンに、かわいいお化けちゃんがおすわりしています。私、精霊、魔女、お化けの類が好きなので思わず買いました。毎日、このお化けちゃん見ていたら、とても楽しいです。

10月31日はケルト人が1年の始まりとした日だそうです。ハロウインには故人の霊が家族を訪ねてくるとも聞きました。日本のお盆みたいですね。

このお化けちゃん、からだをくねっとさせていますが、なにかに似てる? あ、鬼太郎の妖怪軍団の「一反木綿」に、ちょっと感じが似てるかも。

 一反木綿はちょっとコワイですね


昨日、届いた日本アラブ協会発行の『季刊アラブ』。今号の特集は「堕ちたカダフィ」。この雑誌、毎号、興味深い記事が多いです。定価600円。


トルコ・ファンにはおなじみの内藤正典先生も「トルコ内政とシリア情勢」という記事を書いていらっしゃいます。

表紙の絵は「アレッポ城」。私、トルコのハタイからバスでアレッポに行ったことがあります。アレッポ城の絵、胸キュンの懐かしさです。
コメント

「暑さ寒さも彼岸まで」って、ほんとですね

2011年09月23日 | 植物
9月22日 秋のお彼岸頃、咲くから彼岸花。別称曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。去年、KIKUKOさんが撮った写真があんまりきれいなので、またおめにかけます。遠くから見ると赤いジュウタンのようです。

 Photo by KIKUKO

 Wikipedia

彼岸花見ると、秋だなあと思います。
日本ではお墓に咲く花とか、不吉な花とかいわれることもあるそうですが、マンジュシャゲという名は仏典のサンスクリット語のmanjusaka に由来し,「天上の花」という意味なんだそうです。おめでたい花なのよね。


お彼岸だから、おはぎでもつくるの? 違いま~す。二次発酵中の丸パンです。
暑いときはパン焼く気になりませんでしたけど、久しぶりに焼きたてのパンが食べたくなって。

    不揃いのパンたちができました~

でも、焼きたてはおいしいですよ~。強力粉100%で、ドライイースト、バター、お砂糖、塩少々だけのシンプルなパン。粉150グラムで、プチパン6個です。


   HPのトップ頁へ
コメント

嵐、すごかったですね。1日、お家に籠城でした

2011年09月22日 | 
9月21日 被害に合われた方のことを思えば文句は言えません。1日、おウチでおとなしくしていましたよ。ウチは川に近いけど、高台で、マンションは3Fだから心配はないのですが、庭の巨木がわさわさ揺れるのがすごかったです。


昼間はこんな揺れかたでしたが、暗くなってから、ザワ~ザワ~と揺れて。ドングリさん、みんな落ちちゃったでしょうね。
机に向かいながら、台風情報見たりサッカー見たり。2:0でしたね。マレーシア相手なら前半で3:0くらいいくかと思っていたんですけど。


パソコンの掃除屋さん全員集合です。皆さまはどんなもの使っていらっしゃいます?私、ご飯つくりながらパソコンいじったりするから、キーボード汚します。ときどきクリーナーとガーゼの布で拭きます。

パソコンの掃除屋はキーボード係とディスプレー係に分けられますね。いちばん使っているのは、やはりボタン刷毛みたいなナイロン・ブラシです。電源切った後、お疲れさまとこのブラシでキーボードをナデナデしてあげます。
コメント