サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

ウチの前の植え込み

2018年05月31日 | 植物
5月31日 ウチの前の植え込み、お花やハーブを植えたりしていますけど、四季折々の変化があります。クリスマスのために植木屋さんに植えてもらったモミの木も、ユキコさんにいただいて植えた山椒の木も、どんどん大きくなってきました。

    

南天と言えば、赤い、かわいい実を思い出しますが、いま、こんな清楚な白い花が咲いています。
 
  
 
育ち過ぎたヤツデから、毎日、天狗の葉ウチワみたいに大きな枯葉が落ちてくるので、拾ってゴミ袋に入れています。天狗さまって、どうしてヤツデの葉っぱを持っているんですか? 八つ手というけど、ヤツデの葉は7つか9つの奇数に分かれているのよ~。


スパゲッティ・バジリコが食べたくて植えたバジル、元気です。


植物に興味ないお宅の前の植え込みは,ドクダミが生い茂っています。嫌われ者のドクダミですけど、白い花がきれいです。


歌集「ハチドリの羽音」


大学の後輩・芹沢弘子さんの歌集「ハチドリの羽音」が届きました。美しい装幀ですね。題名ですぐ妹夫婦が住んでいたLAの家を想い出しました。ハチドリってホヴァリングしながら、お花の蜜を吸うんですよね。弘子さんが初めてハチドリを見たのもアメリカ南部ですって。
弘子さんは俳句を10年余なさってから、短歌を始めたそうです。だからかしら、お歌はのびのびと、自由を謳歌しているようです。からっとさわやかな、気持ちよいお歌です。

 全身を月の光の中に容れ望遠鏡に見るクレーター


今夜と昨夜のご飯


今夜は鶏モモとシイタケのクリーム煮。おいしかったわ。

 

コーン缶と牛乳でつくったポタージュと、キーウイとトマトとサラダ菜のサラダ。ヨーグルト+マヨ・ソース


昨日はズッキーニにツナ缶とチーズをのせてレンジでチン。

 

リボン・ニンジンとレーズンとクルミのサラダ。エンドウマメのスープ。牛乳も入ってます。


「HPのトップ頁」へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本トルコ協会の総会で明治記念館へ

2018年05月30日 | 
5月29日 今年もいつもと同じ明治記念館の「曙の間」です。


青山1丁目から明治記念館までの東宮御所沿いの道、緑が溢れて、ときどきジョギングの人が走っているくらい。

  Wikipedia

並木はユリノキです。こんなに丈高くなるんですね。ユリノキはモクレン科、こんな花が咲きます。チューリップみたいな花が咲くので、英語名はアメリカン・チューリップ・ツリー。


明治記念館のクラシックな庭で、お食事してる人たちがいました。バーベキューかしら。


日本トルコ協会の総会に総裁の彬子女王殿下が出席なさるのはべつによいのですが、殿下が退場なさるまで、宮内庁のお達しとやらで、会場で写真が撮れません。会場で友人同士がスマホで写真撮り合うのもだめだって。バカみたいですね。それなら、さっさと退場していただきたいのに・・・写真は殿下がやっとご退場で、拍手で送っているところ。宮内庁って、なに考えてるんでしょうね。今日は協会の新会長・小林栄三氏やメルジャン駐日トルコ大使のご挨拶もありました。


海上自衛隊の方々が来賓で見えていました。戦争は嫌いだけど、軍服男子は凛々しくてよいですね。


総会にご出席の沼田準一氏からいただいたトルコと日本の国旗。「ケイタイにでも下げてください」って。イラン・イラク戦争のとき、窮地に陥っていたイラン駐在の日本人たちを、トルコが救援機を出して、ぎりぎりのところで救出してくれたことは、映画にもなって、かなり知られた話ですが、沼田さんはその救援機に乗って命拾いした日本人の1人です。だから、沼田さんのトルコ愛は筋金入りです。

CHANGING SHOES


パーティだからと、ワンピー着ると、ヒールの靴はきたくなる。とくに立食レセプションの時はね。でも、往復はラクな靴がいいなあ・・・だから、私は、いつも会場に着くとすぐ、化粧室で靴をはきかえます。そういうヒト、多いようですよ。今日も帰りに化粧室でスニーカーにはきかえていたら、お仲間が3人もいました。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「結う人 編む人 縫う人」展

2018年05月27日 | 
5月27日 3年前に南青山に「Gallery Palette」というギャラリーをオープンした旧友の秋間三枝子さん、次々に手芸関係の作家たちの展覧会やワークショップを開いています。


「結う人 編む人 縫う人」と題した、3人の作家の展覧会、通知をいただいて、おもしろそうなので出かけました。今日が最終日。


表参道の並木の緑。日曜だから、明治通り周辺は、若いコたちと外国人がいっぱいだけど、南青山はフツーに静か。


ギャラリーに着いたら、ちょうどワークショップが終わったところでした。白い帽子の人が三枝子さん。


今日のワークショップで皆さんがつくったブックカバー。これなら私もつくれそう。


ビーズ・フェルト刺繍作家のPieniSieni の堀内恵子さんの作品に目を奪われました。立体刺繍なんて初めて見ました。


バッグかわいいでしょう。でも、これらは非売品です。

 

これはもうバッグというよりオブジェ、アート作品です。「こんなのつくるヒト、キチガイですね」と申し上げたら、「ええ、ヘンタイです」とご本人。


フェルトの花たち。フェルト細工は切るだけだから、わりと簡単なんですって。


立体刺繍の蝶。すごい迫力です。


立体刺繍のチューリップ。フェルト地に、びっしり細い糸を刺して立体感を出しています。チューリップグッズ・コレクターの私としては欲しかったけど、手間と時間がかかった作品なので値段はつけられないって。


お花刺繍のスニーカー。べつの作家の作品ですけど、かわいいですね。堅いスニーカー地に細かい刺繍、すごく大変な仕事と思います。


   今夜のご飯


キュウリ、トマト、玉ねぎのチョップド・サラダに、フライドオニオンぱらぱら。


ポーク・ジンジャー、おいしくできました。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早起きして渋谷へ行きました

2018年05月25日 | 
5月24日 遅寝遅起きのサチコさんが、がんばって早起きしてAM10:00にNHKに行きましたよ。某プロジェクトに巻き込まれて、これも浮世の義理と、朝7時に起きました・・・もうイヤ。


この薬局のサトちゃんはスッポンポンに帽子です。今日は暑くなるという予報。


渋谷駅前から30分おきに、NHK行きのバスが出ています。9時45分発に乗りました。会談約40分。I氏とF氏と、館内食堂でコーヒー飲んで、ひといき入れて渋谷へ。

 

ハチ公周辺は週日なのに人がいっぱい。ほとんどは英語でない言語を話す外国人で、みな競ってハチ公と写真を撮っていました。なんだか異様な光景でした。


新宿で、おなかがすいて、デパートのトップの中華料理店で、ひとりで“堅焼きそば”食べましたけど、驚いたのは、ひとりでランチを食べているオバサン、オバアサンの多いこと!


   お天気いいので・・・


地場ものを売ってる八百屋さんで、イレギュラーなシイタケを、お安く売っていました。お日さまに干しておいたら干しシイタケができました。


高齢の従姉弟夫婦から転居通知。成城の素敵なホームにお引越ししたようです。自分の時間がたくさんできて、したいことがたくさんできたら、それもいいかも・・・。


今夜もエンドウマメ


チキンライスにエンドウマメたくさんいれました。


ズッキーニ、ニンジン、玉ねぎなど、残り野菜と、ベーコンとコンソメで野菜スープ。コショウびしばし、粉チーズぱらぱら、簡単おいしい。


昨日は小アジの唐揚げ。小さなお魚でも、頭も骨もきれいに取らないと嫌なの、私。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街を歩いても、お花がいっぱい

2018年05月23日 | 植物
5月22日 住宅街を歩いてもいろんなお花が見られる季節、楽しいです。


毎年、垣根いっぱいピンクのバラが咲く近所のお宅、2,3年前、写真を撮っていたら、お宅の方が出ていらっしゃって、バラの花をたくさん切っていただきました。


雑草化しているヒルガオ、かわいいですね。朝咲いて、昼にはしぼむのがアサガオ、朝咲いて、昼になっても咲いているのがヒルガオです。

 

ツツジって見飽きている感じですが、これだけみごとに咲くと、やはり感動です。


これ、モチノキの花だと思いますけど。子供のとき、庭の隅にあって、親がモチノキだと教えてくれました。


アジサイもそろそろ咲きはじめましたね。もうじき梅雨。


紫のエンドウマメさん、ようこそ


クール便で届いた新鮮な紫エンドウです。枚方のS氏のお手づくりのお豆。

 

サヤは紫ですが、中のお豆はフツーに緑です。おもしろいですね。

    

お豆といっしょに届いたこれ、なんだと思います?「みかんの実」ですって。こんなのが、やがておいしいおみかんになるのでしょうか。おみかんの赤ちゃん、初めて見ました。


さっそくエンドウマメいただきました

 

昨日、さっそくお豆ごはんを炊きました。オカズはシイタケの肉詰めフライ。


今夜はオムレツのサイドにお豆。左はズッキーニ・チーズ。


ベトナム風サラダ。蒸し鶏とキャベツとニンジンですが、ドレッシングはナンプラー、ニンニク、ゴマ油、レモン汁、トウガラシ、砂糖、しょうゆなど。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドンから訪日中の友人をかこんでミニ・クラス会

2018年05月22日 | 友だち
5月21日 今日はロンドンから訪日中のフサエさんをかこんで、ミニ・クラス会です。会場はわが母校の、新装なった千駄ヶ谷キャンパス。お天気にも恵まれて・・・


見違えるようにきれいにな千駄ヶ谷キャンパスには、総合政策学部が入っていて、2Fに同窓会室があります。


同窓会室の一隅に、わが母校の創設者・津田梅子先生の写真が掲げてありました。


定刻1時には16人、全員が顔をそろえました。皆さんのお顔が見えるテーブルの配置です。


茶懐石ずしの「有職」のお弁当を、アキコさんが手配しておいてくださいました。茶巾ずしとちまきずしのほかに、おいしいお料理が少しずつ、いろいろ入って楽しいお弁当、おいしかったわ。和菓子のデザートの後・・・


お紅茶を入れて、フサエさんから最近のロンドン事情など、うかがいながら、フサエさんのロンドン土産のケーキやクッキー、チョコレート。


   イギリスはおいしい

 

クッキー、と~てもおいしかったわ。フサエさん、かわいい紙ナプキンまでロンドンから持ってきてくれました。


アキコさんがレーズン・ケーキを切っています。ジンジャー・ケーキも。食べきれないので、おウチにいただいて帰りました。


  できたピカピカのきれいな校舎


1Fのラウンジ。学生さんたち楽しそう。女子大の雰囲気って好きです。


2Fの図書館

 

会の後、眺めのよい屋上で写真。私、今日は働こうと思ってジーンズで行ったけど、ちょっとお行儀悪い感じでしたね。
 

屋上から南新宿のタワーも、改築中の国立競技場も見えます。今日も楽しい午後でした。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月晴れ爽やか、桜ヶ丘公園へピクニックに

2018年05月20日 | 食べる
5月20日 AM10時、ベッドでぐずぐずしていたら、お隣りのK教授ご夫妻から、お天気がいいからと、ピクニックのお誘いです。ピクニック大好きの私は飛び起きました。

 

お弁当は用意してくださるそうだけど、私もなにか・・・ご飯を炊いて、お揚げを煮て,稲荷ずしと、小松なのゴマ和え。ニンジンとレーズンとクルミのサラダを、12時出発までに、電光石火、つくりましたよ。サチコさん、すばやい。


目的地は、お花見や銀杏拾いに行く桜ヶ丘公園。青空に白い雲、お天気ピカピカです。日曜なのに人は少なく、木々の緑の中に、こんないいピクニック・プレースがあるのです。


ゴチソウが並びました。教授がそば粉で焼いたガレットに、チキンや玉ネギや、いろいろ包んで、ゴマ・ソースで。トマトと卵のトルコ風も、赤ワインも、おいし!。


緑に包まれて、おいしいランチ。サチコさんのシアワセ顔。ウグイスがホ~~ホケキョッ!と鳴きつづけています。


誘ってくださった教授ご夫妻。こんないい場所を3人で独占なんて、ぜいたくですね。


さわやかな空気と緑の風、おしゃべりがつづくうち、おなかもいっぱいに。


デザートはスイカとチョコ。これ、カツエさんがオーガニック・チョコにナッツをのせてつくりました。


お花見広場には家族連れがピクニックに来ていました。


帰りは植物観察をしながら、山道を下ってウチまで歩くことにしました。


グミの赤い実がなっていました。


緑の山から住宅街に下りると、天国からこの世に帰ってきた気分。青空にタチアオイのピンクの花。エーゲ海岸で見たタチアオイの群生を思い出しました。


住宅街の中で畑をしているお宅が結構あります。ネギ坊主かわいい。


帰り道、カツエさんに撮っていただいたショット。今日も楽しい午後でした。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青山の青葉の銀杏並木、風さわやか

2018年05月20日 | お出かけ
5月17日 青山の伊藤忠ビル内で、同志社大学の内藤正典教授のレクチャーがあります。タイトルは「トルコの変革ー欧米は何を見誤っているのか」。内藤教授の一連の講義のオーディエンスはほとんどトルコ関連企業のビジネスマンですが、おもしろそうなので出かけました。

  

青山の銀杏並木の緑が、すさまじいばかりです。黄金の銀杏もいいけど、緑の銀杏並木もすばらしいですよ。


内藤教授のレクチャーは人気あります。講義が始まる時には、教室はぎっしりになっていました。トルコの現状、政情を語らせたら、内藤教授の右に出る者はいないでしょう。内容のほとんどは私も知っていることですが、快刀乱麻の“内藤節”はわかりやすく、小気味よく、聞き終わって、ああ、おもしろかったあ・・・という感じ。


講義の帰り道、おなかもすいたし、イチョウ並木を少し入った“KIHACHI”で遅いランチすることにしました。このお店のテラス席、最高ですよ~。


青々と茂る銀杏の巨木の下で、お茶や食事ができます。秋、銀杏が色づくと、みんなこの並木へ来ますが、緑の季節もいいですよ。

 

ランチタイムは終わってましたけど、“今日のパスタ”はやっていました。チキン入りの、ちょっとぴり辛。おいしかったわよ。食べながら、空を仰げば、緑の天蓋。


帰りにデパートで、ミニクラス会のデザート買って・・・


月曜日、ロンドンから来日するフサエさんをかこんで、大学の友人が集まってミニ・クラス会するので、デザートを物色。京都「清閑院」の「花菖蒲」というお菓子を買いました。ひとくちでいただけるような小さなお菓子ですが、包装がオシャレでしょ。


夕方、植込みの枯れ枝を下していたら、葉っぱの裏に蝉の抜け殻。え~っ、この抜け殻、去年の夏から、ここにはりついていたの? 信じられない。


   「HPのトップ頁」へ」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友人のフラワーデザイン展を見てから谷中散歩

2018年05月18日 | お出かけ
5月16日 旧友ナツエさんはずっと昔から、オーストラリアのワイルドフラワー・デザインをお稽古していて、ときどきグループ展をします。今回は千駄木のギャラリーなので、千駄木駅でヨーコさんと待ち合わせて・・・ 


この頃、住宅を改装したような、小さなギャラリーが多いですね。このギャラリーも小路の奥で、なかなかみつかりませんでした。


会場は皆さんの力作がいっぱい。ワイルド・フラワーを素材にした作品ですが、活け花風のも、オブジェみたいなのも、立体的タブローも。


一隅に、小花でつくられた丸い球体がゆらゆら、幻想的な空間ができていました。


から2つ目がナツエさんの作品。ナツエさんは大昔、私がスペイン語を習っていたときのクラスメート。長~いおつき合いです。

 

皆さんの作品を拝見してから、千駄木駅のそばで、3人でコーヒーブレーク。その後、せっかく千駄木まで来たのだからと、谷中を歩いてみることにしました。


谷中銀座を歩いてみました


千駄木から谷中銀座へ行く途中にあったレトロなおせんべ屋さん「菊見せんべい総本店」、創業明治8年という老舗です。江戸前の手焼き堅焼きです。昔懐かしいガラスケースに注目。ヨーコさんとナツエさんがおせんべ物色中。


江戸時代から、ここ団子坂界隈で、年に一度、菊人形の見世物があり、人出でにぎわったそうです。それに目をつけ,菊見の土産物にと、おせんべを売り出したのが、この店の創始者です。屋根の上のレトロな看板が見事ですね。私、子供の頃、駒込近くに住んでいたので、ご主人やお母様と、いろいろ昔話しました。


「指人形“笑吉”工房」と書いてあったので、のぞいてみたら、指人形をつくって、上演もしているアトリエでした。今日は貸切りでしたけど、ふだんは3人いれば上演してくれるんですって。

 

倉庫を改装したカフェ。右は「谷中ぎんざ」入口。細い小路に、いろんなお店がごたごた並んでいます。


ここも外国人ツーリストがいっぱい。屋根の上の猫は置物です。

 

近頃珍しくなった鮮魚店や、下駄や草履のお店。


テレビで見たことがある「夕焼けだんだん」。谷中銀座はごたごたしすぎで、あまり魅力なし。谷中には他によいところがあるのでしょう。


歩き疲れて,おなかも空いたので、おそば屋さんで天ぷらそば。お値段のわりには、天ぷらがちょっと貧弱。


谷中の墓地を通って、日暮里駅まで歩きました。

 

墓地の散歩もいいですね。桜を見に、春に来たい。


巨大な古木。樹齢何百年でしょう。日暮里駅からJRで帰りました。楽しい1日でした。

 

{菊見せんべい」で買った堅焼きせんべいとパイ。こんな堅焼き食べたの久しぶり。


ナツエさんにいただいた布製の手づくりエンドウマメ。ケイタイに下げましょう。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大谷翔平君が渋沢栄一の『論語と算盤』を読んでいる

2018年05月16日 | 
5月15日 今日,所用あって、飛鳥山の渋沢史料館に行きましたが、館長さんの話では、あの“二刀流”の大谷翔平サマが,澁澤栄一の『論語と算盤(そろばん)』を読んでいるというのです。ほんと~?

news.nifty.com

翔平君の古巣・日本ハムファイターズの栗山英樹監督は、国立大卒(学芸大)、大学教授の経歴を持つ唯一のプロ野球監督と言われますが、澁澤栄一の『論語と算盤』を読んで深い感銘を受け、チームメンバーに『論語と算盤』の新書を配ったというのです。二刀流のすばらしい才能だけでなく、一度会った人はみな、その魅力のとりこになるという翔平君の“人間力”は、ひょっとして『論語と算盤』の影響もあるのかも・・・なんて考えると、澁澤一族の者としては、わくわく嬉しい気がします。

 

『論語と算盤』は澁澤栄一の講演の口述をまとめたものです。それを現代人に読みやすよう現代語訳されたのが、この新書です。

  『現代語訳 論語と算盤』渋沢栄一 守屋 淳訳 ちくま新書 820円+税


飛鳥山は緑いっぱいでした


さるプロジェクトに巻き込まれて、今日も王子の飛鳥山にある渋沢史料館に行きました。JR大塚駅からちんちん電車に乗って。


江戸時代からお花見の名所だった飛鳥山、戦前、その3分の1は渋沢邸で、数棟の建物があったのですが、第2次世界大戦の空襲で焼失し、いまは晩香蘆と青渕文庫の2棟が残るのみです。


緑に包まれた渋沢史料館。お花見の頃とは、ずいぶん雰囲気が違います。会議室で館長とF氏と、しばし会談。


史料館の2Fの窓からの眺め。いまは緑がいっぱいですが、お花見シーズンは、この窓いっぱい桜になります。帰りも都電で。私、路面電車が大好きなのです。


  ハイビスカス咲いたあ!


3年目のハイビスカス、さきましたあ! すご~く嬉しい。


今日のご飯はフライド・サーモンでした。


卵とシイタケのチキン・スープ。


   「HPのトップ頁」へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加