サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

私、サソリに2度も遭遇したことがあります

2011年08月31日 | 
8月30日 夜中、ベランダにいるとき、虫に刺されたらしい。腕がはれて痛かゆくて、なおらないので、皮膚科に行きました。
皮膚科は1時間待ち。近くのパン屋さん「ルパ」にオヤツを食べに。

 

これ、「パリパリ・ゴマ・チーズ」という名前の小さなパンケーキ。まえにも食べて、おいしかったので。外がパリパリで、中にチーズとろり。レシピを知りたいけど、多分企業秘密ね。

皮膚科のドクターは「化膿していないから大丈夫。かいたから炎症起こしたんでしょう」と塗り薬くれましたけど。まさか東京にサソリとかいませんよね。

 Wikipedia

昔、イスタンブールで友達の家に居候してるとき、ストーブの煙突掃除を手伝っていて、サソリをつかんじゃいました。

その後、やはりイスタンブールの友人の家で、ベッドの下からヘンな虫が出てきたので、ティッシュに包んで、「平たくてエビみたいな虫がいたよ」と言ったら、「ヒエーッ、アクレプ(サソリ)ジャないか。刺されたら大変だよ~!」と、友人は飛び上がりました。

「サチコはすごいよ。サソリを素手でつかまえるんだから」と、いまでも言われています。
コメント

ラマザンといっしょに夏も終わろうとしています

2011年08月29日 | 
8月29日 この季節になると、毎日のようにベランダに油蝉さんのご遺体が転がっています。1日に2匹のときも。なぜかみな、おなかを上にして仰向けです。
  

何十年もしぶとく生きる人間に比べて、なんとはかない命でしょう。
捨てるとき,お経は知らないので、賛美歌を歌ってあげます。


涼しくなってきた夕方の川原で遊んでいる子供あり。
釣りの初心者らしく、釣竿の扱いも下手くそ。兄弟かな、友達かな。


猛暑は終わった。今夜は小エビのマカロニ・グラタン。メチャ暑い頃はグラタン大好きのサチコさんも、さすがに敬遠していました。
エビちゃんのほかに玉ネギをよ~く炒めて、シイタケも。コンソメも入れてチーズでカヴァー。久しぶりにおいしかったです。


お野菜も食べないとね。ありあわせのズッキーニとナスのシンプル・バター炒め。塩コショウにちらっとお醤油。
右はミックス・ピクルス・サラダ。キュウリ、赤カブの甘酢漬けに、つぼ漬けタクアンを少~し混ぜて赤、緑、黄色です。
コメント

トルコの子供たちが日本の被災地へ「友情の架け橋」絵画展

2011年08月29日 | トルコ関係
8月28日 トルコの子供たちが日本の被災地の子供たちを励まそうと、友情溢れるステキな絵を描いてくれました。題して「友情の架け橋」(Sevgi Koprusu)絵画展。

たくさんの絵を届けてくれたのは、トルコのボランティア団体「GEAレスキュー・グループ」の方々です。


今日、渋谷の「文化総合センター大和田」で「友情の架け橋」絵画展のオープニングが開催され、大勢のトルコ人と日本人が会場を埋めました。

 
桑原敏武・渋谷区長と来日したGEAのメンバーの方々

イスタンブールのアジア側のウスキュダル区と渋谷区は友好都市協定を結んでいるので、渋谷区の協力もあって展覧会の開催となりました。

「GEAレスキュー・グループ」は災害のあった地域を支援する活動をしているトルコのボランティア団体。昨年はパキスタンに行ったそうです。今回は10人のメンバーが来日。おそろいのTシャツと元気な笑顔で会場を明るくしていました。


どの絵も、明るい色使いと、のびのびとした自由な構図で、元気なトルコの子供たちの暖かい友情が伝わってきます。

 
左の絵は最年長の18歳の作品。プロの漫画家のように上手です。

 皆さんが帰った後の会場。

渋谷駅から5分。ぜひごらんくださいませ。
この展覧会は9月4日まで
 ギャラリー大和田 TEL:03-3464-3251

 


    HPのトップ頁へ
コメント

文鎮を置くと、読書に気合いが入ります

2011年08月27日 | 
8月27日 文鎮というオブジェが好きです。とくに洋書を読むとき、文鎮を使います。書類の上にポンと置くと、気持ちが落ち着きます。

  

いま、いちばん使っている文鎮。トルコ共和国建国の父、ケマル・パシャ・アタチュルクのプロフィル入りの文鎮です。
ずっとまえ、元トルコ陸軍将校の友人ハッサンにいただきました。ガラス製ですが、重さと大きさが使いやすく気に入っています。


フクロウさんつきの文鎮。使いにくそうで使いよいです。中央にレンズがはまっているのがミソ。文鎮兼レンズとして使えて便利です。
鎌倉の家に転がっていたので、「要らなかったら、ちょうだい」と言ったら、義姉は「だれかにもらったんだけど、私は使わないから、どうぞ」と、くれました。
トルコ東部の町ヴァンで買った玄武岩。ヴァンの郊外チャヴシュテペという山の上に小屋を建てて、玄武岩にクサビ型文字を彫って売っているメフメットさんというオジサンの作品。

クサビ型文字を独学で勉強したそうで、私の名前をクサビ型文字で彫ってくれるというので、たのんだら、帰りのヒコーキの時間ぎりぎりまでかかって彫り上げて、ホテルまで届けてくれました。
でも、私、クサビ型文字なんか読めませんから、残念ながら SACHIKO SHIBUSAWA と彫ってあるかどうかわかりません。小さいのに、ずっしり重くて、これも使い勝手がいいです。


コメント

スエーデンのお土産の小さなトナカイさんはなんでしょう?

2011年08月26日 | 友だち
8月26日 昨日、アフタヌーン・ティーでお会いしたサトコさんから、スエーデンのお土産の小さな木のトナカイさんをいただきました。
かわいいけど、これ、なにかしら? ペンダント・ヘッド?

なんと、これ、お鍋の縁に挟むものでした。お料理するとき、お鍋のフタをちょっとだけずらしておきたいときあるでしょ。


なるほどね。スエーデン人もおもしろいこと考えますね。楽しく使わせていただきます。



超~簡単、今夜の前菜。ズッキーニとトマトとチーズです。
ズッキーニをコロコロに切って、2分チン。ザクザクに切ったトマトを混ぜて塩コショウ。チーズをのせて3分チン。お料理とはいえませんね。

ネットで見て、あんまり簡単なのでダメモトで試してみたら、トマトの甘酸っぱさと、とろとろチーズ、3者のハーモニーがなかなかです。


   HPのトップ頁へ
コメント

おいしい、楽しいアフタヌーン・ティー。8人集合しました

2011年08月25日 | 友だち
8月25日 ウチを出るときは降っていた雨も、目白駅を降りたら、すっかり止んでいました。
PM1:00,椿山荘のラウンジ「ル・ジャルダン」に大学の仲間が8人集合しました。今日はアフタヌーン・ティーの日です。


緑が溢れるお庭を眺められる快適なラウンジです。考えたら、私、椿山荘って、友人の結婚式や、小学校のクラス会、外国のお客様のおもてなしなどで何度も来ていますが、ここはお庭がきれいだからいいですね。

アフタヌーン・ティーはやっぱり女性が多いです。まず、好みのお紅茶を1人ずつ小さいポットで、ていねいにサービス。


お待ちかねの3段トレイが出てきましたよ。一番下がサンドイッチ、真ん中がスコーン、いちばん上がスイーツ類。いっただきま~す。


お菓子みたいに見えますけど、凝ったサンドイッチです。スパイシー・ツナとアボカドのハワイアン・オープンサンド(左下)とブリーチーズのバゲット・サンド(左上)がおいしかったです。


スコーンは3種類。クリームとジャムをつけていただきます。スイーツが食べられなくなるといけないので、1個はペイパーに包んでバッグに。


スイーツはフルーツ・ジェリーやムース。甘酸っぱいタルト・ポアールがおいしかったわ。陶器はノリタケのかわいい小花模様でした。

お紅茶をお替りして、4時までおしゃべり。帰りに日本庭園をお散歩しました。


緑溢れるお庭には、鯉の泳ぐ池や赤い橋、こんな庚申塔もありました。


これは結婚式用のチャペル。この鐘楼わきの階段で、式の後、よく写真を撮っています。
「じゃあ、またね」と旧友たちとお別れ。おいしい楽しい午後でした。
コメント

今日の夕方の雲、すごい迫力でした

2011年08月24日 | 
8月24日 めちゃ暑かったのが、涼しくなったと思ったら、また暑くなって、今度は突然の雨。ヘンなお天気の時は空を見てください。雲がおもしろいです。

ウチのベランダからの眺めです。雲の動きがすご~い迫力でしたよ。

夕方、買物の帰り、小学生の群れが「アーッ、ひつじ雲だあ!」と叫んだので、空を見たら、すばらしい雲でした。

この写真はWikipedia

「よく知ってるのね、ひつじ雲だって」と言ったら、「学校で教わった」って。
ほんとに羊の大群がうごめいてるみたいです。
高積雲というのが正式名称らしいです。まだら雲とも、むら雲とも。


ヨーロッパ旅行大好きなチズコさんから絵葉書が届きました。南仏プロヴァンスのセナンク修道院。
緑に包まれた修道院と、前庭にひろがるラヴェンダー畑の眺めが観光客を喜ばせているようですが、修道院では、いまもシトー修道会の修道士たちが厳しい戒律を守り、祈りと労働の日々を送っているそうです。

ラヴェンダーのドライ・フラワーを小袋に入れて枕元に置くと、花の香りが催眠薬になります。不眠症の方、お試しください。


     HPのトップ頁へ    
コメント

シカゴのテオちゃん、もう4歳、こんなに大ききなりました。

2011年08月22日 | 友だち
8月22日 赤ちゃんのときから、ときどき登場していただいているシカゴのテオマンちゃん、もうすぐ4歳、大きくなりましたね!
子供の成長って、ほんとに早くて、びっくりです。


パパはトルコ人のアジズさん、ママは日本人のジュンコさん、写真はもちろん、左側のかわいい子です。右は幼稚園のお友達ですね。
テオちゃん、幼稚園の人気者ですって。9月からモンテッソーリに通うんだそうです。新しい環境でも、きっとまた人気者になるでしょう。

昨日、きれいな胃袋を確認して、食欲全開。晩ご飯で~す

昨日の胃カメラで、わが目できれいな胃袋を確認しました。ピロリ菌も去年、退治しました。
今日は涼しいし、食欲全開です。


ズッキーニとナスをたっぷり入れたスパゲッティ・ナポリタン。ガーリックきかせました。


サーモンの香草焼き。ローズマリーとオレガノたっぷり、オリーブ油で焼いて、お酒とお醤油ちらっと入れたソース。
トマトに玉ネギとパセリのせて、ドレッシングかけたサラダ。血液サラサラを願って生玉ネギを。
コメント

胃カメラなさったことあります? いまはすご~くらくなの、ご存じ?

2011年08月21日 | 
8月21日 今日は胃カメラの日。以前だったら、暗~い気持ちで、しぶしぶ出かけるのですけど、いまはヘーキ。べつにルンルンじゃありませんが暗くなりません。

ちょっと前までは胃の内視鏡って、口からだったでしょ。なさった方はご存じだけど、あれって、苦しいですよねえ
でも、“経鼻内視鏡”つまり、お鼻からの内視鏡はほんとにぜんぜんラクチンです。私、今日二度目です。
モニター見て、先生とお話しながら、らく~に終わります。「いま、十二指腸の入口に来ましたよ」とか「去年あった良性ポリープなくなってるみたいですね」とか。

胃カメラ怖がってる方、いまはラクチンですからぜひ気楽になさいませ。


昨夜8時から水分しかとっていないので、オヤツにクリームパン買いました。クリームパンて、私の子供のときから、なぜかこんなグローブ型でしたよ。

フワフワッのパンに、とろ~りカスタード・クリーム。お菓子だと思えば、おいしいけど、この頃の日本独特の「むっちり、モチモチ」とか「フワッフワ」とかのパンは、パンとしては邪道だと思います。

私にとって、パンとは、やはりクラストぱりぱり、中は気泡が入ったバゲットです。
コメント

サンドイッチ・ジャムボン、だ~い好き

2011年08月20日 | 食べる
8月20日 昨夜、前菜に生ハムをいただきながら、これでサンドイッチ・ジャムボンつくったらおいしいだろうなと思いました。ふつうサンドイッチはロースハムですけど。

で、外出の帰りに、セイセキでいちばんおいしいバゲット買ってきました。クラストはパリパリ、中は気泡が入ってふんわりのパンです。



レタスとチーズと生ハムとトマトをたっぷり詰め込んだバゲット、おいしかったあ!トマトスープを合いの手に、一気食べしました。私、これ、1週間食べつづけてもいいです。

大昔、初めてパリを訪れたとき、サンドイッチ・ジャムボン食べてパリジェンヌ気分でした。


デザートは昨日つくったバナナ・プディング。材料はバナナとヨーグルトと豆乳とゼラチン。プディングのつもりが、なんかババロワ風になってしまいました。トルコのブドウ・シロップ、ペクメズをかけました。


私のお気に入りのスタバのオープン席、今日は涼しいので人がいっぱいです。暑いときは、だれもすわりません。
コメント