サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

世田谷の妹の家でミニ忘年会

2013年12月31日 | お出かけ
12月30日 今日は世田谷の妹の家へ遊びに行きます。まあ、ミニ忘年会ですね。深谷の親せきから届いた泥ネギやヤマトイモも持っていくので、キャリーバッグを引きずっていきました。

今日のブランチはリンゴとマカロニのサラダ。

遅い午後、妹夫婦のマンションに到着。窓から富士山がよく見えます。朝は雪を頂いた富士山がとてもきれいに見えるそうです。

スイセンの花が活けてありました。昨日、義弟の妹のカヨちゃんの家へ行って、もらってきたそうです。鎌倉の家でもたくさん咲いているころでしょう。清楚な日本スイセン大好きです。

テーブルの上に活花みたいにパイナップルが飾ってありました。素敵なオブジェです。150円で売っていたんですって。びっくり。


晩ご飯は中華でした。メーンはホイコウロ(回鍋肉)

前菜に干しフグ。日本酒少し飲みました。

ハルサメ・サラダ中華風。妹が腕を振るった回鍋肉は写真なんか撮らずに、おいしい、おいしいといただいてしまいました。


  冬休みで親もとに帰った学生みたいに・・・

・・・いろんなものをもらって帰りました。

カヨちゃんのダンナが趣味の農業をやっていて、妹たちがもらってきたお野菜のお裾分け。小松菜と辛子菜とトマトとヤツガシラ。

お正月用のお餅ももらいました。おせち料理はあまり魅力ありませんが、お雑煮はつくろうと思います。海苔と韓国の海苔ももらいました。

年越しそばと、そばつゆももらいました。ふだんあまりおそばを食べない人ですが、大晦日くらいは日本人らしく、おそばいただこうと思います。

頂き物のマドレーヌのお裾分け。いろいろもらっても、おネギを運んだキャリーバッグがあるからヘーキ。ごろごろとバッグを引きずって夜道をお家へ帰りました。明日は年賀状書こう。書くぞ・・・と思いながら。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

アプレ・クリスマス・パーティは楽しく終わりました

2013年12月29日 | 友だち
1月28日 恒例のアプレ・クリスマス・パーティ、今年はウチの番です。今年はナツメちゃんは手首骨折で来られませんけど、4人のミニ・パーティ楽しくやりましょう。

埼玉県深谷の親せきから恒例のネギが送られてきたところなので、オードブルにネのマリネつくることにしました。深谷のネギはこ~んなリッパですから、ポロネギみたいにマリネにいいです。

段ボールを開けて、おネギだけと思ったら、奥からホウレンソウとこんなみごとなヤマトイモが出てきました。

ネギは柔らかく蒸してから、赤黄のパプリカとセロリといっしょに、レモン汁とオリーブ油でマリネしました。盛りつけるときはパプリカとセロリを細かく刻んで、おネギの上にのせて、かわいくしました。

冬はやっぱり暖かいスープがあったほうがいいかなとカボチャのスープつくりました。おいしくできたと思います。

ちょっと目先の変わったところで、クスクス・サラダつくってみました。自分がクスクス好きだから。トマト・ペースト少し入れてピンクにして、キュウリと黄色ピーマンとレーズンとハムをいれて、レモンとオリーブ油で味つけ、冷たくして。

メーンはマカロニ・グラタンです。玉ねぎをたっぷりと、シイタケと小エビ入り。このお鍋にゆでたマカロニ入れて、220度で20分。なんとかおいしくできました。あと、オレンジとレタスとトマトのヨーグルト・ソースのサラダもつくりました。
なんたって、ミエコさんが恒例の広島カキを持ってきて、フライにしてくれるから安心です。
1時ころ、皆さん、にぎやかにやってきましたよ~♪

揚げたての新鮮カキ・フライのおいしいこと! ミエコさん、タルタル・ソースから刻みキャベツまでちゃんと用意してくださるから・・・。散らかったテーブル、おめにかけてごめんなさい。

小豆島のオリーブ、サトコさんが持ってきてくださいました。ユキコさんご持参のスパークリング・ワインで乾杯した後、白ワインMacon Village。カキによく合うワインです。

ユキコさんが食後用のラズベリーのチーズと、パリパリ・トースト(上の写真)を持ってきてくれました。おいしい、オイピ~♪

ジャ~ン!クリスマス・ケーキです。恒例のサトコさんのお持たせ。サトコさんがちゃんと予約しておいてくれました。ちゃんとミニ・キャンドルも立てて、電燈を消して。
ホステス・サチコも紅茶やコーヒーのサービスに忙しいです。


楽しいギフトも

このカギ針編みの居眠りネコちゃん、ミエコさんの手づくり。器用ねえ!3人につくってきてくれました。

このネコちゃん、寝かすと、すご~くおもしろいです。ありがとう!

こ~んなミニミニのお砂糖かわいいでしょう。ハートだのお星さまだの・・・。

オシャレなエコ・バッグ。すぐ使います。

ユズたくさんいただきました。ユズ湯しようかな。

ミエコさんがキャリーバッグでみんなに持ってきてくれたおみかんとリンゴ。


晩御飯はミエコさん手づくりのアナゴずし

・・・そして、晩御飯です。よく食べますねえ! ミエコさんが焼きアナゴと卵とホウレンソウを入れた巻きずしとお稲荷さんを作ってきてくれました。私はお豆腐のお味噌汁を用意。お漬物までミエコさんご持参。
手首骨折のナツメちゃんに電話して、みんなで交代に話しました。

今日はみんなのパワーに圧倒されて、さすがのミニーもお部屋の隅で小さくなっていました。


「HPのトップ頁」へ





コメント

戦場のメリークリスマスだわ~、フ~

2013年12月26日 | 
12月25日 暮れだというのに、パソコンはトラブルわ、虫歯が突然、痛み出すわ、年賀状はまだだわ、28日にはお友達を招待しちゃったわ・・・もう混迷のシリア情勢のような日々、戦場のメリークリスマスで~す。とにかく歯医者で虫歯の神経を抜いてきました。


 王子様の乗ってない白馬ですけど

 来年は午年なので、馬さんグッズがいろいろ売っていますね。馬さんはかわいくデザインできなそうだけど、けっこうかわいい馬さんがいます。

海外にお住まいの方のプレゼントに買った白馬。王子様は乗っていませんけど、和風の馬さん、かわいいと思いました。ピンクのリボンつけてあげました。

イスタンブールのリツコさんから、きれいなカードといっしょに、楽しいノートブックが届きました。表紙にトルコのお茶“チャイ”のイラスト。

裏表紙はトルコのゴマパン“シミット”のイラスト。トルコ関係の友だちに見せびらかして自慢します。元旦から使います。


サンタさんの5人ばやしです

毎年美しいカードをくださるヤスコさんから。今年のカードは5人のサンタさんがヴァイオリンやドラムやトランペットを演奏中。お雛様の5人ばやしみたいですね。

カズヨさんのカードに、こんなきれいな飾りがついていたので、糸をつけてクリスマス・ツリーに飾りました。グッド・アイディアだと思います。
日本人はお正月も祝うから、25日が過ぎると大急ぎでツリーやリースを片づけますが、私はキリスト教国式に、エピファニー(公現祭、1月6日)までツリー飾っておきます。


24日のデパ地下はケーキとチキンに行列


デパ地下に長い行列。日本のクリスマスはイチゴののったショートケーキとローストチキンを食べる日みたいですね。
若い子からお年寄りまで行列していました。売り子さんはサンタさんの服を着てる人とトナカイの角を頭につけている人。やがてこれが日本のトラディションになるのかも。

ずらっと並んだケーキ。でも番号札もらって並ばないと買えません。

コック帽をかぶった女の子が大勢並んでイチゴのヘタをとったりカットしたりしていましたけど、クリスマス商戦のアルバイトさんでしょうね。

でもって、私も今夜はチキン。モモのハーフですけど、完食しました。たまにはコレステロールなんて忘れて、おいしく食べましょうね。

食後はやっぱりショートケーキですね。ふわふわスポンジととろりクリームとイチゴのハーモニーはやっぱりおいしいですね。



   「HPのトップ頁」へ
コメント

イスラム教徒のクリスマス

2013年12月23日 | トルコ関係
12月23日 イスタンブールの友人エルカンがFacebook 見てというので、開けてみたら、すっかり改装したショップ“YORUK”の内部と、とんでもない“お人形さん”の写真です。アハハ

私の30年来の友人たちアクバイラク・ブラザースのお店「YORUK Collection」もクリスマス・ツリーを立てました。
ツリーには兄弟のお人形を飾ったようです。上の写真は兄弟の次男アルパッサンのお人形。アラブの王様みたいな衣装を着て、ツリーのトップでいばっています。
それにしても、ラマザンにちゃんと断食するイスラム教徒のくせに、クリスマスにツリーを立てるのになんの屈託もないトルコ人多いです。私の知ってるトルコ人のイスラム教徒はみんなそんなもの。トルコ人のそういう柔軟性というか“いい加減さ”が私は大好き。フツーにツリー立てて、ケーキ食べてクリスマスして、フツーに仏教でお葬式する日本人みたいですね。

これは兄弟の長男マイクことネジュデットのお人形。雰囲気出ていますけど、実物はもっとカワイイです。

末弟のハサンです。よく似てる~雰囲気出てる~。だれがつくったお人形でしょう。

YORUK のカーペット売り場。アンティークの戸棚とか置いて、雰囲気変わりました。

  Yoruk
     Yerebatan Cad. No.25, Sultanahmet, 34110 ISTANBUL

     +90-212-528-0099


仏教国もクリスマス
 
ふる~い友人、バンコクのタムです。クリスマス・ツリーのそばに半袖シャツでいるなんて、日本人には違和感ありますけど・・・

タムは若いときはタイ航空のチーフ・パーサーで世界の空を飛びまわっていましたけど、いまは生まれ育ったバンコクで仕事しています。


   女性のバス・ドライバー、かっこいいですね

毎日のようにバスに乗っているのに、なかなか出会わないこの女性ドライバーさん、なぜかいつも大きなマスクなので、オバサマかオネーサマかわかりませんが・・・。

女性のタクシー・ドライバーは夜なんか強盗や痴漢がコワイと思いますが、バスならその心配ないですね。女性がもっと進出していい職場かも。このあいだ、ニュースでバス・ドライバーが不足していると言っていました。


今夜はマカロニ・グラタン・レッスン

28日のアプレ・クリスマス・パーティに、マカロニ・グラタンしようかなと思いました。女の子はみんなグラタン好きだし・・・。

グラタン好きだから、よくつくるのですが、ほどよくクリーミイなグラタンって、結構むずかしい。なので、今夜はほどよい、おいしいグラタンに謙虚にマジメに取り組んでみることにしました。味はおいしいけど、ちょっと重いかな。パセリは焦げて、見た目悪くなるから、のせるのよそう。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

今年も楽しいクリスマス・サプライズが・・・

2013年12月23日 | 
12月21日 玄関のドアノブになにか下がっていました。なにかしらと見ると・・・

お菓子の詰まった赤いブーツでした。赤づきんちゃんがはくような、かわいいブーツ! お隣のカツエさんからのクリスマス・ギフトです。Thank you!

ウチのクリスマス・ガーデンも整っています。今年も木の枝にキラキラ・ボール下げました。

今年のガーデンの新顔はこのサンタさんです。結構えらそうにしていますけど。

横浜の妹からのカードですけど・・・なにかついていますよ。

あら~、こんなミニーちゃんでした。さっそくクリスマス・ツリーに下げました。

マンションの管理人さんくださったディズニーランドのマップとか今年のクリスマスのリーフレット。2,3日前、「昨日、行ってきましたよ」とまだ興奮気味。
管理人さんは(オジサンですけど)パスポートも持ってるほどの筋金入りディズニーランド・フリークです。私も日本のディズニーに数回、アメリカのディズニーにも2回行っていますけど、管理人さんにはかないません。
「スターライト・パレードだけでも見られるんですよ」ということなので、来年は「そうだ、スターライト・パレードだ!」と思いました。

これはメイッコからのクリスマス・ギフト。サン・キャッチャーです。日の当たるところにぶら下げておくと、きらきら光ります。とりあえず、ツリーのトップのベツレヘムの星の下に下げました。来年の幸運のシンボルみたいに光っています。
私、こういうもの見ると、宮沢賢治の「ホモイの貝の火」を思い出します。

これでサン・キャッチャーを包んでありました。和風の花柄の中に、リボンの代わりに、かんざし飾ったミニーがいます。布地も和服っぽいから、ハンカチじゃなくて、“ふくさ”として使います。


トルコのゴマ・ペースト「ターヒン」のサラダ
イスタンブールのマコトさんが、健康のためにトルコのゴマ・ペースト入りドレッシングでサラダ食べてるとサイトで言っていたので真似してみました。

ゆで卵とレタス、玉ネギ、オリーブのサラダにターヒン入りドレッシングです。すぐ真似する人です。
忙しいと、チャチャッとつくるチャーハン風ご飯。今日は甘塩シャケと卵とパセリで色どりかわいく。

クルトン買ったらドイツ製でした

このあいだレストランで食べたクルトンがたっぷり入ったシーザーサラダがおいしかったので、輸入食品のお店でクルトンの箱を買いました。Bon appetit なんて書いてあるから、よく見ないでフランス製かなと思って買ったら、ドイツ製でした。
Fur Suppen, Salata und zum Knabbern と書いてあります。私、ドイツ語なんて1分も学んだことないけど、「ス-プに、サラダに・・・」までは、だれでもわかりますね。Knabbern はわからなかったけど、「そのまんま食べても」じゃないかなと思って、ドイツ語のコンサイス見たら、あたりでした。Knabbern て「かじる」ことだって。

使いいいように空き瓶に入れました。

とりあえずトマトスープに入れてみました。大きめのピースがカジュアル感あっていいです。


   「HPのトップ頁」へ



コメント

昨日、やっとクリスマス・ツリー飾りました

2013年12月18日 | 
12月18日 クリスマス・カードが届く時期になりました。ネットのグリーティングも嬉しいけれど、やっぱり美しいカードに、手書きのメッセージは心暖まりますね。

今日ポストに入っていた3枚。右端はカナダ・モントリオールに住む大学の友人フミコさんから。かわいい雪景色のイラスト。春には一時帰国という嬉しいお知らせ。いっしょにお花見できるといいな。
真ん中はロンドン郊外に住む遠縁のマサエさんから。彼女は画家なので、毎年、自作の絵のカードです。いま絵本のプロジェクトに取り組んでいます。左端はバンコクに住むタムから。ふる~い友だちです。タイ航空のチーフパーサーで世界のあちこち飛んでるときは、世界のあちこちで会いました。


  昨日やっとツリー飾りました

オーナメントぶら下げるのは楽しいのですが、ツリー(フェイクですけど)を出して、組み立てるのが、ちょっと厄介です。

飾り終わってほっとひと息、ふと見たら、ミニーちゃんのほか、クマちゃん、タヌキのポン太、アヒルのガーコの縫いぐるみたちも寝室からやってきてツリーの下に集まっていました。

ツリーのオーナメントでいちばんのお気に入りはこの半透明のエンジェル。繊細なつくりが気に入って買いました。

このスノウマン君もお気に入り。デザインがすごくかわいいと思います。妹がアメリカに住んでいた頃のプレゼント。

チューリップのカップなど飾ってあるサイドテーブルにも、クリスマス・グッズを置いて・・・

壁には毎年、これをピンナップ。ずっとまえ、メイッコにもらったもの。


   ロマネスコとパスタ

ヘンなお野菜ロマネスコがまだ残っていたので・・・

ちょっとゆでてから、エリンギと蝶型マカロニとベーコン少々で炒めて、最後にチーズをトッピングしました。おいしい! おすすめ。

ブリといえば照り焼きですけど、香辛料たっぷりで、オリーブ油焼きにしました。お野菜のクッションにのせて。

健康のために海草食べようと思っても、なかなか。それで、ワカキュウを前菜として、ときどきいただくことにしました。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

美奈ちゃんの新刊本お祝いティ・パーティで銀座に

2013年12月16日 | お出かけ
12月15日 友人の堀口さんのお嬢さん,美奈さんが、杉原洋紀さんと共著で「最初のペンギン」という本を出されました。
大学を卒業して社会人になったばかりの美奈ちゃんが、エライわねえ!と感服。トルコとハーフの美奈ちゃんだから、トルコ関係の本かしらと思ったら、そうではなくて、「らくらく外国語習得術」という本でした。


  
「最初のペンギン ストーリーでわかる!らくらく外国語習得術」
   杉原洋紀 堀口美奈  講談社 1200円(税別)  
  楽しく読めて、マルティリンガルにもなれそうな気がしてきます。


 
ミニ・パーティの会場はトルコ料理店「サライ銀座店」。久しぶりに美奈ちゃんのパパにもお会いできました。
 
美奈ちゃんのスピーチです。“いまどきの若いコ”とは思えないリッパな日本語です。学生時代はモデルのアルバイトをするほどかわいくて、5言語を話すマルティリンガルで、早大の政経を卒業して、大手商社に入社。そして、こんな本まで出しちゃう美奈ちゃんを見ると、「天二物を与えず」なんてウソだあと思いますね。

パパの堀口さんも、ちょっとテレながらも嬉しそうです。


 帰りは銀座のイルミネーションを眺めて

年末の銀座のイルミネーションを見るのも、今日銀座に出てきた目的のひとつ。銀座4丁目から潮留まで歩きました。

銀座4丁目交差点です。この眺めが私の心の「故郷の山河」です。

ミキモトのツリーは毎年華やか。カメラを持った人たちが集まります。

ミキモトの指輪をかたどったデコレーション。ゴージャス!

並木通りをぶらぶら歩いて、ブランドショップや老舗のシックなウィンドウやライトアップを観賞。

みゆき通りで「2014」という文字を見て、わあ、21世紀も14年になるのかと、感慨を新たにしました。

並木通りはさすがウィンドウ・ディスプレイも洗練されていますね。

きらめく真っ赤なツリー。ショッキングだけど、カッコいいです。

小さなウィンドウに、こんなオシャレなディスプレイは、徳川時代からの暖簾を守る金箔の老舗・浅野商店。

新橋ではコンサートもやっていました。クリスマス・ギフトの商戦も盛んです。

新橋から潮留方面へ。このライトアップはすっきりしていいですね。

ライトアップ見ながら、ロマンティックしているカップルもいました。

潮留駅から大江戸線で新宿へ直行。


 なぜか今夜はハワイです

帰りの電車で「晩ご飯なに食べようかなあ?」と考えているうち、なぜか浮かんだロコモコ。このあいだTVで見たのがよみがえったようです。

目玉焼きがヘタなので、おいしそうに見えませんが、おいしかったわ。私、日本ではロコモコ食べたことありますが、ハワイに行ったときは食べませんでした。これって、グレービーソースの味次第ね。


   「HPのトップ頁」へ








コメント

今日の川原は・・・

2013年12月15日 | 
12月14日 イスタンブールも初雪。ニュースではエジプトも雪ですって。ピラミッドに雪は似合わないですね。

川原のサークルのところで子供が釣りをしていました。お魚釣れたら、サークルに入れようと思っているのかも。それにしても、この子ったら、Tシャツにショートパンツです。寒くないの?

しばらくしたら、お母さんらしい人が来ました。「そんなカッコで、風邪ひくわよ」と言ってるのかも。

数人の作業員が川原にわさわさ生えている竹を切っていました。「竹が繁って、川の流れが悪くなり、水位が上がると危険だから竹を切る」というようなことが書いてありました。でも、この竹やぶ、毎日見ているけど、川の流れに影響を与えるとは考えにくいし、こんな浅い川が溢れるなんて、もっと考えにくいんですけど。

対岸では護岸工事みたいなことしているし、多摩市役所、今年の予算を使い切るために、また不必要なことしているのかも。第一、寒いとき、川に入る仕事しなくてもいいのにね。


   アルテ・ピアッツァ・ビバイのカレンダー

北海道の美唄って行ったことありません。知っているのは、昔、炭鉱があったことくらい。なので、今日、届いたアート・カレンダーの写真を見てびっくり。
美唄出身の彫刻家・安田侃(かん)さんが、大自然の中に彫刻を配した野外彫刻公園「アルテ・ピアッツァ・ビバイ」をつくり、いまもつくりつづけているんだそうです。

カレンダーの写真を撮った友人の写真家の大野繁さんが送ってくださったのですが、すばらしいです。おもしろいです。癒されます。行ってみたくなりました。

人里はなれた緑の世界に、とぼんと立っている黒いオブジェ。なんだかかわいいです。ちょんちょんと頭を突ついて、元気?と話しかけたくなります。このカレンダー、寝室に掛けようと思います。


 突然、ビーフ・シチュウが食べたくなって・・・

ビーフ・シチュウといっても、ハインツのドミグラ・ソースの缶を使うから簡単です。お肉と玉ネギ、ポテト、ニンジンお鍋に入れて、ほおっておけばできちゃいます。

野菜サラダもたっぷり。

デザートはバナナ入りフローズン・ヨーグルト。


   「HPのトップ頁」へ
コメント

大学の仲間5人でランチョン・ミニパーティ

2013年12月13日 | 友だち
12月12日 わが聖跡桜が丘の私のごひいきフレンチ・レストラン「エル・ダンジュ」です。早くから予約して、よいお席とっておきました。
12:15分に駅の改札に集合。いちばん近い私がちょっと遅れてゴメンナサ~イ。

丘の上の隠れ家的レストランです。メニューは季節でいろいろなので、今日はなにかなあと楽しみ。

巨大なクリスマス・リースが飾ってありました。

こんなインテリアのこぢんまりと、かわいいお店です。

エビちゃんと春菊を生ハムで巻いたもの。ちらっと蜂蜜の入ったソースでいただきます。

これ、なんとゴボウのスープです。でも、すご~く滑らかで、温泉卵が入っていて、イベリコ豚のサラミがのっています。ゴボウの香りはするけど、おいしかったわ。

メーンは全員お肉を選びました。鹿児島のブタちゃんですが、と~ても軟らかくて、優しいお味のお野菜ソースです。全員パンもおかわりして完食。元気ですね。

デザートはチーズケーキとシャーベット。デザート用にはアナザ・ストマックあります。全員完食。

テーブルの黒っぽい紫のお花はなんでしょう? みんな知らないので、お店の人に聞いたら「チョコレート・コスモス」ですって。たしかにお花の形はコスモスです。チョコレート・コスモスなんて、お花や業界が適当につけた名前かなと思って、ウチでネットで見たら、ちゃんとWikipedia ものっていましたよ。

 Wikipedia

チョコレートの香りがするから、チョコレート・コスモスなんですって。私、ダークな色だからと思ったら、香りがするの? ちゃんと匂いかいでみればよかった。
メキシコ原産。キバナコスモスと交配させて、「ストロベリー・チョコ・コスモス」も開発されているんですって。へ~え、知りませんでしたわ。


  桜が丘公園の真っ赤なモミジがきれいでした

小さな葉っぱのモミジが真っ赤に紅葉して、息を呑むような美しさ。このモミジは多分、イロハモミジだと思います。

この写真、一幅の日本画のように見えません? 枯れてきた落葉樹の霞んだ淡色の中に、モミジの赤がにじんでいます。


おいしいチョコいただきました

ミエコさんにモン・ロワール(Mon Loire)というお店のチョコ「リーフ・メモリー」というのをいただきました。銀紙の中から、葉っぱ型の、いろんなお味のチョコが出てきて楽しめます。


   「HPのトップ頁」へ



コメント

雨が上がって、青空、白い雲

2013年12月10日 | 
12月10日 このあいだ、川原のフシギな石のサークルをアップしました。

川に住むコビトのいたずらかもと思っていたら・・・

日曜日見たら、子供たちがサークルを修復していました。子供たちの秘密基地だったんですね。

今日、雨上がりの午後4時に見たら、雨でカフェ・オレ色になった川の表に、青空と白い雲が映って、サークル周辺にフシギな眺めが現出していました。


 毎日、使っているお気に入りチューリップ2点

左はずっとまえ、イスタンブールのカズミさんにただいたチューリップの紙挟み。毎晩、寝る前に、明日の予定の概略を書いたメモを挟んでテーブルにおきます。
右はやはりずっとまえ、イスタンブールの書店でレジのわきにおいてあったチューリップのしおり。チェーンの先にチューリップがぶらぶらしているのがおもしろくて、飛びついて買いました。


 お野菜のくせにロマネスコだなんて・・・

スーパーでまえから気になっていた、このヘンなお野菜。「ロマネスコ」だなんてお野菜らしからぬ名前だし、ちょっとコワイ感じだし・・・でも好奇心に負けて買いました。

ネットで見たら、イタリア語のブロッコロ・ロマネスコ(ローマのブロッコリ)から来た呼び名だそうです。ローマ近郊で栽培されたとか。
サラダでも、スープでも、グラタンでも、カリフラワーと同じようにお料理すればいいそうです。

初めてだからフツーにゆでて、マヨネーズ・ヨーグルト・ソースで食べてみたら、ほっこり優しいお味なんですね。気に入りました。トルコ風にオリーブ油で蒸し煮にしてもおいしそう。

内側の葉っぱはゆでてから、シイタケとソテーにしたら、おいしくいただけました。

赤レンズ豆のスープ。クルトンたくさん入れて田舎っぽく。

コアジを唐揚げにしました。揚げたてはレモンと塩だけでじゅうぶんおいしい。

残った唐揚げは玉ネギといっしょにマリネにしました。明日のワインの前菜です。


   「HPのトップ頁」へ
コメント