自己満日記

最近疎遠になっている方への情報発信のため、
また、低下した自分の記憶力補助のために気づいたことを記録します。

7月の3連休は赤穂海浜公園オートキャンプ場に(赤穂海浜公園オートキャンプ場 その1)

2018-08-28 07:05:00 | キャンプ
6月、7月と急に仕事が忙しくなり、ブログも更新が停まっていましたが、8月になってやっと少し落ち着きました。
更新をサボっていた間のネタもいろいろあるので、少しづつ更新しています。

まずは7月の3連休キャンプから。
キャンプ場も予約済みだったため、この連休だけはしっかり休みを取りました。
ここ数年の恒例の夏キャンプ。
今年は、赤穂海浜公園オートキャンプ場です。




今回はなんと2泊3日です。
2日目の日中は、みんなが集まってバーベキューをする予定だったため、キャンピングカーサイトを予約しました。
キャンピングカーサイトは10名までOKなので、デイキャンプのみで数名参加する場合でも、10名以下なら1サイトで良いんです。
区画サイトを2つ借りるという方法もありましたが、結果としてこれが正解。


借りたサイトには、東側と南側に木があり、日中でも日陰がありました。
このおかげで、日中のバーベキューでも暑さに耐えられました。
西側は道路になっていたので、西日があたる時間は暑かったですけどね。

赤穂海浜オートキャンプ場は、山陽自動車道の赤穂I.Cから車で10分ほどの場所にあり、かなり便利です。

途中、あこうぱんで翌朝用のパンを購入。


さらに釣具屋に寄り、いよいよ赤穂海浜公園オートキャンプ場に到着です。

チェックインの14:00にはまだ1時間早かったので、1時間のアーリーチェックイン分の400円を払って入場しました。
隣に赤穂海浜公園があるので、そこで時間を潰してもいいのですが、今回はスクリーンタープに加えてテントも立てるので、少しでも早く準備をしたかったんです。

日中の一番暑い時間帯での設営ですが、前述のようにキャンピングカーサイトには木陰ができていて助かりました。
こちらはお隣のサイトです。


まずはテントを立て、お次はいつものスクリーンタープです。
慣れた作業なのであっという間に終わるはずが、ここでトラブル発生。
天井部分の四方に入れる1本のポールの長さが足りません・・・
前回のキャンプで、ショックコードが切れたので、直しておいたんですけどね。
バラバラになったポールをすべてショックコードに通したはずなのですが、どうやら1本足りないようです。
他のポールと本数が合っているか確認しなかった自分のミスです。

とはいえ落としたはずはないし、家にもなかったので、タープの袋の中にあるはず。
車の中と合わせて必死に探したのですが、結局見つかりませんでした。
他に代わりになりそうな棒も無いし、諦めかけた頃、何気にポールを通す部分を確認すると、ありました!!
どうやら前回ショックコードが切れた際に、ショックコードから抜けたポールの1本だけが残ったようです。
これでなんとかスクリーンタープも立てられます。

1時間程時間をロスしましたが、なんとかタープも立てられたので、お次近くのスーパーで買い物です。

バーベキューは翌日のお昼の予定なので、この日は自分が子供の頃のキャンプの定番、カレーです。
ご飯も昔ながらの飯盒で炊きました。


甥っ子姪っ子用に辛くないカレーにしましたが、美味しかったです。
やはりキャンプで食べるカレーは美味しいですね。

この日はテントで寝ましたが、思ったよりも涼しくて、ぐっすり寝られました。
少しの間、サーキュレーターで空気を循環させていたのも良かったかもしれません。
いずれにしても、この猛暑にも関わらず暑くて寝付けないということがなかったのは幸いでした。

下のバナーをポチッとして頂けると、更新頻度とやる気が上がっていきますので、宜しくお願いします。
コメントも大歓迎です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村






コメント

お久しぶりです

2018-08-04 15:20:56 | Weblog
気がつけば、前回の更新から1ヶ月以上が経過していました。

今年の猛暑にも耐え、体調はなんとか維持していますが、なにぶん仕事が忙しくて。

おかげで、この1ヶ月半以上の間で2日以上続けて休んだのは1回だけ。
なんとか唯一の連休はキャンプに行きましたが、その他は遠出もしていません。


その忙しさもこれからは落ち着くはずなので、キャンプ情報は後日アップする予定です。

下のバナーをポチッとして頂けると、更新頻度とやる気が上がっていきますので、宜しくお願いします。
コメントも大歓迎です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



コメント