自己満日記

最近疎遠になっている方への情報発信のため、
また、低下した自分の記憶力補助のために気づいたことを記録します。

おもてなし武将隊見参!

2010-09-23 17:35:16 | Weblog

最近、東海地区では「おもてなし武将隊」なるものが話題になっています。
織田信長や豊臣秀吉に扮したイケメン?の若者達が、名古屋城や各地のイベントで
おもてなし&パフォーマンスをするというもの。

最初はどうなることかと思いましたが、最近はそれなりに貫禄も出てきて、
TV番組に出ても、落ちついて見られるようになりました。
さらに仙台では、この「おもてなし武将隊」を参考にしたという、
「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」なるものも結成されたそうです。

先日、会社近くのサンクスで「おもてなし武将隊弁当」なるものをみつけ
おもわず購入してしまいました。
ちなみに自分が購入したのは「加藤清正 しそ御飯肉巻おにぎり」。
実はこの「しそ」にも理由があるらしく、どうやら朝鮮出兵の際に、
「しそ」で部下の望郷の念を和らげたというお話からだそうです。
(ってパッケージに書いてありました)



名古屋には、あまり有名な観光地がありません。(個人的感想です)
名古屋城はあるものの中は近代的だし。
以前名古屋に住んでいる時も、せっかく訪れてくれた友人を連れて行く場所にも
困ったものでした。
少しキツイ言い方になりますが、最近では2005年愛知万博がもっとも名古屋が輝いて
いたように感じています。

そんな中に現れた「おもてなし武将隊」
その面々も加えて、最近では「武将都市ナゴヤ」を前面に押し出したキャンペーンも
行われています。
人を呼べる観光地というものは、一朝一夕にできあがるものでもなく、
またお金もかかりますが、これは良いアイデアだと思います。

愛知といえば、先にも挙げた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった三英傑が活躍した土地なんですよね。
地元の人はそれを誇りに感じていますが、他の場所に住む人たちには、正直なところ
あまりその印象はありません。
今回は、名所・旧跡を前面に出すのではなく、「人物」を前面に押し出して、アピール
している部分に感心しました。
最近の歴史ブームに乗っかっただけ。という意見もありますが、それでも評価に値する
ものだと思います。

「ひこにゃん」のように一匹(?)のキャラクターが町おこしの起爆剤になった例もあります。
これを機に東海地方を訪れてくれる人が増えるといいですね。

コメント