自己満日記

最近疎遠になっている方への情報発信のため、
また、低下した自分の記憶力補助のために気づいたことを記録します。

福井・加賀小旅行 後編

2009-07-26 20:29:01 | Weblog

吉崎御坊から若干道に迷いながら、途中に設置された看板だけを頼りに「日本元気劇場」に到着。
本日グランドオープンのはずが、思ったよりも駐車場の車が少ない・・・
プレオープンとやらで少し前からオープンはしていたそうなので、そのせいでしょうか。

 

で中の施設はどうかというと、「日本のブロードウエイを目指す」とのことで、幾つかの劇場でショーが開催されていたのですが、「別料金を払ってまでも・・・」というのが正直な感想。
いっそ入場料金に全て含まれていれば、一回は観てみたかったんですけどね。

 

登場するキャストはイケメン揃いらしいので、若い人には良いかもしれませんが、もっと「時代村」的なものを期待していた自分にはちょっと。
でも当日のゲスト「はるな愛」はしっかりとみてきました。

さて当日の宿泊はというと、今回の旅行の1週間前に必至で探した「山中温泉」です。
そりゃあ夏休みに入ったばかりの3連休初日ですからね。混んでて当然。
比較的リーズナブルな上、最後まで残っていた部屋だったため、正直あまり期待していなかったのですが、部屋も広いし温泉も気持良いしで十分満足しました。
おかげで日頃の疲れをしっかりと癒せたようです。

この「山中温泉」、自分としてはあまり馴染みのない温泉なのですが、温泉街らしくちょっと散策できる場所もあり、のんびりとできる温泉街です。
町をあげて観光客を誘致しようといった意気込みも感じられますし、また今度ゆっくり来たいと思います。

  

翌日は、福井港で釣りをした後に最終目的地の「丸岡城」に。
「丸岡城」は柴田勝家の甥である勝豊によって築城され、天守閣が現存する数少ないお城の一つです。
あいにくの雨模様にも関わらず多くの人が見学に来ていましたが、その中に今はやりの「レキジョ」と思わしき人々も訪れており、昨今の歴史ブームを痛感しました。

 

決して大きな城ではなく、天守閣のみが残っているという感じでですが、天守閣内部の急な階段や、天守閣から見ることのできる石瓦など一見の価値ありです。

以上で今回の旅行も終了。
石川県といってもほんの一部を訪れただけなので、次回はまたゆっくりと金沢などをまわりたいと思います。

 

コメント

福井・加賀小旅行 前編

2009-07-20 20:08:39 | Weblog

待ちに待った3連休。
またもや福井と、さらに加賀まで出かけてきました。

前回の小旅行は、福井県の永平寺周辺まで。
今回のメイン目的地は、福井県の更に北部となる、三国にある東尋坊と加賀の山中温泉です。
(その他の目的地はいつもと同様に道中に決めます)

まず目指すは東尋坊。
北陸道の金津ICから一般道を走ること30分。
なにやら訳が解らないうちに、お土産屋の店員さんに案内されるまま駐車場に車を停め(無料です)、数分歩くといきなり断崖が見えてきました。

 

この断崖ですが、特に柵やロープが張ってあるわけでもなく、ギリギリまで自分の足で近づけます。
高所に弱い自分にとっては、それほど近づかなくてもスリル十分。

 

さらに東尋坊といえば、東尋坊タワー。
通天閣と同様に年代を感じさせるタワーでした。

 

車に戻る途中、海鮮丼に舌鼓をうちお腹も満腹。
さて次はどこに行きましょう。


そういえば「日本元気劇場」とやらが本日グランドオープンとのこと。
かつては同じ場所に「加賀百万石時代村」があったらしいのですが、自分はその前身にも行ったことが無いので良く解りません。
なにぶん、石川県に足を踏み入れるのは今回が初めてなもので。
どうやら、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケ地となる、戦艦三笠のセットがあるらしいのでひとまず向かうことにしました。

で、その途中に「吉崎御坊」を見つけました。
以前にガイドブック等で見かけた覚えはあるのですが、加賀に向かう途中にあったのも何かの縁。
せっかくなので立ち寄りました。

 

ここ吉崎は、かつて本願寺の蓮如上人が布教の拠点とした地。
ゆったりとした気持ちで、歴史を感じながら各お寺や高村光雲作の「蓮如上人銅像」を見てきました。
やっぱりお寺や史跡はゆっくりと観光したいものですね。

 

さて次こそは、「日本元気劇場」を目指しましょう。

後編へ続く・・・

コメント