勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハドソン川の奇跡 / Sully

2016年09月25日 | 洋画(アメリカ系)
後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。

いやぁ、あの奇跡の後、サレンバーガー機長がここまで厳しい追求を受けていたとは、寡聞にして知りませんでした。不勉強でした。仕事とは言え、NTSBの追求がここまでとはね。まぁ、NTSBはプロフェッショナルの集団(の筈)ですので、一時の感情による追求では無いと思いますが、それにしても、サレンバーガー機長の経歴、経験を踏まえないような調査は何とも不愉快ですね(苦笑)。しかも、一時は空港への着陸可能というシミュレーションの出ていて、サレンバーガー機長は絶体絶命。自身の取った措置への絶対的な自信と経験が有ったので、結果としてそれをひっくり返すようなシミュレーションをさせることが出来たんでしょう。そのシミュレーション結果と、CVRのモニタリング、エンジンの状況の確認などが出た後の公聴会の雰囲気は、手のひらを返してサレンバーガー機長を称える雰囲気。やっぱり、机上の空論(シミュレーション)と実際(CVRとか)は違うんですね。

原題が『Sully』と言うように、USエアウェイズ1549便不時着水事故と言うより、サレンバーガー機長そのものを描いた作品になっています。そりゃそうですよね、USエアウェイズ1549便が飛んでいたのは、わずか208秒なんですから。でも、事故そのものではなく、サレンバーガー機長に焦点を当てたクリント・イーストウッド監督も慧眼ですね。それが有ったので、この映画が作品として成立したんですね。

副操縦士のジェフリー・スカイルズをアーロン・エッカートが演じています。アーロン・エッカートもいい俳優ですが、この作品は、サレンバーガー機長を演じたトム・ハンクスに限りますね。ぶっちゃけ、彼だけでも良かったかも。いや、アーロン・エッカートに失礼だな。申し訳ない。

最近、ANAの現役機長さんの話を聞く機会が有ったんですが、その機長さん曰く『プロパイロットとアマチュアパイロットの違いとは何か? プロパイロットでも、アマチュアパイロットで上手な人よりも操縦が下手かもしれない。でも、プロパイロットは、絶対に失敗しない。それがプロとアマチュアの違いです。』と言う事を言っていました。納得です。そう言う意味では、サレンバーガー機長は、まさにプロ中のプロだと思いました。

いい作品でした。流石クリント・イーストウッド監督。

タイトル ハドソン川の奇跡 / 原題 Sully

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
原作 チェズレイ・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー『機長、究極の決断』
出演 トム・ハンクス(チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー)、アーロン・エッカート(ジェフリー・スカイルズ)、ローラ・リニー(ローリー・サレンバーガー/チェズレイの妻)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ある天文学者の恋文 / La cor... | トップ | ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして? (すぷーきー)
2016-10-11 23:28:12
TBありがとうございます。
>原題が『Sully』と言うように、USエアウェイズ1549便不時着水事故と言うより、サレンバーガー機長そのものを描いた作品になっています。
ですよね。事故限定の話ではなく、事故+サリーの話でしたね。
助かった後、こんなことがあったとは知りませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事