勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイ・ハード4.0(2007年)

2007年06月30日 | 洋画(アメリカ系)
あの男が12年ぶりに帰ってきた。悪いときに、悪いところにいる、とことん不運な男。その男は、ジョン・マクレーン。一回目はビル占拠、二回目は空港占拠、三回目はマンハッタン占拠。そして四回目の今回は、全米が占拠されます。ちょっとネタバレがありますので、ご注意ください。

コンピュータシステムへのサイバーテロによって、アメリカが麻痺してしまうと言う今回のシチュエーションですが、日本アメリカで、コンピュータトラブルによる飛行停止があったりして、結構シャレにならないですよね。もっと言えば、エストニアがサイバーテロに遭遇していますしね。国全体が、サイバーテロで麻痺してしまうと言うのは、”今そこにある危機”です。

三回目のマンハッタンでの戦いは、ちょっと話を広げすぎたし、すこし笑いも取ろうとしていて、イマイチな感じもありましたが、今回は、”まじめ”にテロと戦っています。でも、これまでどちらかと言うと対立しがちだったFBIと協力して事態にあたっていると言うのは、マクレーン刑事も成長したのでしょうか(笑)。それと、これまでのテロは、犯人からの要求があって、それに対処していくと言う要素があったのですが、今回は、その要素は余りありません。って言うか、最終的に犯人は判明するのですが、それは犯人から何らかの要求があって判明すると言うより、頑張って暴き出したと言うのが正しいシチュエーションでしょうね。でもやっぱり、世の中金なんですね。テロリストの最終的目的はいつも金です。

ちょっと興味深いのが、見た目が中東系に見えないことも無いクリフ・カーティスがFBIの捜査官を演じていること。これは、テロリストと言うと中東系というステレオタイプのイメージを払拭するためのキャスティングなのでしょうか? 彼は『コラテラル・ダメージ』でテロリストの親玉の役をやっていたので、ちょっと面白く感じました。

衝撃的な初回、二回に匹敵する、スケールの大きな作品だと思います。12年待った甲斐がありました。それにしても劇中、やたらと”アルマゲドン”と言うセリフが出てきたのは、どう言う事なんでしょうね。

タイトル ダイ・ハード4.0
原題 Live Free or Die Hard
日本公開年 2007年
製作年/製作国 2007年/アメリカ
監督 レン・ワイズマン
出演 ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、マギー・Q、ティモシー・オリファント、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クリフ・カーティス

[2007/06/30]鑑賞・投稿

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ゾディアック(2007年) | トップ | 傷だらけの男たち(2006年) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB出来ませんでしたので (くまんちゅう)
2007-07-01 20:14:46
TB出来なかったのでコメントで失礼します、URLも記事の物はエラーになってしまいました。

ブログやっててもデジタルに弱いので、サイバーテロは怖いです。
舞台は広がっていますが、小物の使い方とか伏線の張り方とか最初の2作の感じに近かった気がします。
アクションも良かったですが、その辺も楽しかったです。
TBさせていただきました (タウム)
2007-07-18 01:56:26
ノンストップアクションで、予想以上に楽しめました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事