漢方談話 (埼玉県日高市にあります漢方専門薬局 環のブログです)

フェルデン グループ稽古第三月
個人稽古 第四金
営業時間:10時~16時

リトリート施設なるもの 最終日

2014-09-27 12:10:35 | 旅行
三日目の朝は、晴れました!


朝8時から散歩です。
皆さん集合して、まずはラジオ体操からスタート
何十年ぶり!?だけど、体が覚えているんですね~。
完全に洗脳されている。笑
ご当地ラジオ体操で、東北弁でした。面白い!

いざ!


まずは、有明山神社を通りました
すがすがしい神社で、ご挨拶


でっかいキノコが道端に、写真がわかりにくいですが
膝くらいあります


ウソです。足首くらいでした。


黄金の稲と山をみながら、どんどん歩きます。


こんな丸太の橋も、びよんびよんしなりながらわたります


森に入っていきます


木々の間から見える山がまた美しい




川にきました


雨上がりなのに、水が透明!


禊だ!っと、靴と靴下をぬいで、足だけ失礼しました。
たくさん歩いていたので、冷たい水をうけて
ふくらはぎが、ドクンドクンしました。
いい刺激になったと思います。



この川は一日見ていたいと思うくらい、美しかったです。

またテクテク歩いて
こんな橋も



橋の上から、川をみます



またテクテク歩いて、森の中、
一年分の森の空気を吸ったかもしれません




そして、プライベートリバーなる秘密の場所へ



写真より、ずっとずっとエメラルドグリーンで、美しい!
この左が滝になっていて



プチ・ナイアガラです!
まさか、こんな高低差の滝とは!というくらい
豪快さになっているのでした。

二時間くらい散歩して、戻ってきました。
朝ごはんは、テラスでいただきました。



野菜カツが美味しかったです。

舌鼓を打っていたら、私の右ひざに
ガシ!っと何かが飛び降りてきました。

大きな大きな茶色いカマキリでした。
コールテン地のパンツを履いていたのに、カマキリの一挙手一投足が
感じられる重み。

スタッフの方が
「ま~~、立派なカマキリ」と、言ってくださいました。

誰かいち早くコイツをどけてほしい!
そう、思った時、
カマキリとはお友達の妖精がひょいっとつまんで
持って言ってくれました。さすが!

さて、いよいよ退園だ~。
今日はハーブ園に行こう!と、すると車のミラーにトンボが止まって
車が走りだしても、逃げないんです。
おやおや?キミはどこまで着いてくるつもりだい?
何か言いたいことがあるのかな?なんていいながら出発したら
すぐに妖精が

「あれ!?おかしい、パンクか!?」と、車をすぐに脇に止めました。

なんと、本当にパンクしていました!
大きな釘が刺さっていました。
私は生まれて初めての体験でしたが
妖精はアメリカにいたころ、2回釘でパンクしたそうで
やはり経験者の落ち着きというのは、違いますね~~~。

トンボはいつの間にかいなくなっていました。
これを伝えたかったのかな?

ゆっくり施設に戻って、妖精は、たんたんと道具を取り出して
応急処置をして、一番近くのディーラーに持って行くことに!

いやぁ、ドキドキしました。

幸いディーラーで見てもらえて、
置いてあった北斗の拳を読みながら、
一時間弱ほど待ったでしょうか?
あっという間に仕上がって、出発!北斗の拳って面白いですね。

こういう旅こそ忘れないものですよね~~。なんて、お気楽な。
それにしても、山の中とか、高速じゃなくて、雨の中でもなくて良かったのでした。
ラッキー!

ハーブ園も気持ちよかったです。



とても丁寧なお庭でした。




見晴らしもよくて



黄金の稲穂が、季節感も出しているのでした。


体験で、アロマのフレッシュミストを作りました。
道具を全部そろえていただいて、ただ作るというのは
なんて、楽チンなのでしょうか!楽しかったです。
私はイランイランとミントが香るものを、
妖精はオレンジとミントが香る爽やかなタイプになりました。


さて、次なる施設へ。
車で走っていたら、横断歩道にランドセルを背負った子供が二人いたので
妖精は車を止めました。
すると、小学生の男子二人は手をあげて、ダッシュで横断歩道を渡り、
くるっとワレワレの方に振り返って、
90度のおじきをしてくれたのです!
いまどき、ガソリンスタンドでもそんな丁寧なおじぎは見られないですよってくらい
礼儀正しさ。

こちらが恐縮して、思わず深ぶかとおじきを返していました。

こ、この小学生たち、なんなの!?凄すぎる!

彼らの礼儀に
妖精はすっかり心が洗われたとのことでした。

その後、道端で会う子も、みんなご挨拶してくださるんです。
安曇野の学校教育、素晴らしい!

そして、蔵久というかりんとう屋さんに行きました


200年の建物とのことですが、揚げたてのかりんとうが
いただけて、これがとっても美味しいので、思わず買いすぎてしまいます!

最後は八ヶ岳に、ご飯を食べに行きました。
八ヶ岳でご飯を食べるときは、きまってここなんですが
テラスに座りましたら
今日は、なぜか、最初から美しい黒猫が一匹やってきて
ず~~~っと側にいるんですよ、
しかも、なぜか私の横に座って。

ん~~、食べにくいじゃないか、キミ。

ちょっとあげてもいいんだけど、それで、
お客さんにまとわりつくようになってしまったら、
お店が迷惑に思って、保健所行きになっても困るし、
何もあげませんでした。

さりげなく、お会計のときに、お店の人に
「お店で猫を飼っていますか?」とききました
全然さりげなくないですね・・・

そしたら、
「飼っていないし、そもそもこのあたりには、猫なんて全くいない!
いるとしたら、シカとか、猪ですね」とのこと。

え?猫が一匹もいないですって?

なんだろう、なんだったんだろう。

猫のメッセージは結局分からずじまいでしたが
森と動物と人の温かい旅でした。

いつか、リトリート施設で
フェルデン+ヒプノセラピーの
心と体を元に戻す ワークショップなんてやりたいな~と思ったのでした。

今回の旅は今までにはない感じのものでした、

リトリート施設につきあって、連れて行ってくれた妖精にも感謝です!

そして、この旅で出会った全ての方々
施設のスタッフの方々、
多くの出会いに感謝でいっぱいです♪

ご縁は、いつも必要なときに与えられているそんな気がしました。
コメント

リトリート施設なるもの 第二夜

2014-09-27 11:55:19 | 旅行
二日目の朝は、ポタポタしとしとという雨音で目覚めました

まず朝ヨガです!

木のカンカンカンという音が響いてきたら、始まります。

朝ヨガは、ちょっとフェルデンに似ていました。
動きによる体の変化、動いた後の体の変化に意識をむけるという
とっても心地いいタイプのヨガでした。
ポーズもいくつか作りました。

ヨガをしているうちに、太陽がでてきて、日差しがでてきました
それがまた、感動的でした。
まるで、体の目覚めとともに、天気が晴れるようでした。



妖精は朝ヨガを、さぼりました。
皆さんが、
あら、ご主人は来ないの?
と、気にしてくださいました。
そんな温かい雰囲気に心までポカポカ。有難いですね。


さて、朝ごはんです。


美味しい!揚げ玄米餅のあんかけかな?
とっても美味しかったです♪
全てに魂がこもっていて、ワクワクで作られたお料理は
素材と作り手のエネルギーで満ちているパワーフードに感じました。

ご飯を食べて、妖精は昼寝。私は一人でぶらりと散歩しました。
このあたりは、サルも出るし、クマも出るそうで
サルに出会ったら、目を合わせないこと
クマには出会わないように、鈴をつけていくこと。でも会ったら、後ずさりで離れること
そんなことを習って、私は念には念を!で
鈴を二つもつけて、ジャランジャランアピールしながら
歩きました。
願わくば、狐に会いたい!と思いながら散歩したのですが
小鳥一羽とも会いませんでした。

まぁ、雨だし!
動物はきっと、うっとおしかったんでしょうね。うるさすぎる!

妖精は部屋から、ジャランジャランと鈴をつけて歩く音に起こされ、
間抜けなのが来るなぁと思ったら、私だったそうです!失礼な!


その後、妖精と一緒に施設内のカフェに行って見ました。

これまた胸キュンの建物



中はまるで、絵本の中みたい





ここで、ケーキとスコーンとクッキーとお茶をいただきました。
ここでも、セルフで洗います。
妖精も手馴れた手つき


こちらの建物にもテラスがあって、窯焼ピザの窯もありました



そこでいただきました。


待っている間、太極拳をしました。
気持ちよかったです~♪

こちらでは、天使のオラクルカードがあって、
ひいてみました。
「このリトリート施設でどのように過ごしたらいいでしょうか?」

というテーマで
ストレスのタンクを満タンにしてやってきた妖精がひいたのは
こちら



「アウトドア」

外に出なさい
外にでて、新鮮な空気をすって
ストレスを手離すために自然とつながりなさい、そして
新しいクリエイティブなアイデアを受け取りなさい

ですって~~~。さすが天使からのメッセージ!

じゃあ私の過ごし方は?
実は昨夜、体調のご相談を皆さんから頂いて
少しお話しさせていただきました、でも出過ぎたことしちゃったかなぁと
思ったりしていました。
そこへ出たカードは、



「カウンセラー」

あなたのアドバイスによって
多くの人は利を得られる

って、そっか、そっか、ホッとしたのでした。

天使からのメッセージは、もうどこかから見てるんじゃないか?
というくらい、心を覗かれているようでした。

そして、カフェをあとにして、お部屋に帰ったら
外で子供が「キャッキャ」いう声が

あれ?園内は子供は来れないはずなので、おかしいな~?と、
もしや!?

窓から見ると、誰もいない。
ただ、木が大きくゆっさゆっさとゆれているではないですか!

すぐに、ズームつきのカメラをスタンバイ!
その途中で、ドスン!と、音がして、サルが目の前に落っこちてきました。
着地したんでしょうけど、私の目には、まるで落っこちたかのよう

そして、次々に親ザルに続いて、小猿たちがいるではないですか!






親です


もう、まるで人間のように見えました。
こういう外国人いるよね!みたいな・・・。(失礼)

確信しました。
私はサルが好き!

そうだ、私はサルが好きだった!

「猿の惑星」を、なぜか見逃せないのも、
動物園にいけなくなったのは、檻ごしに寂しげなオラウータンを見てからだったのも
猿が好きなんだ

人間と99%以上遺伝子が一緒で、
人間のようであり、自然の中で暮らす姿になんとも惹きつけられるのでした。

そうか、私は猿が好きだったんだ・・・・。

それをかみ締めながら温泉につかりました。

また、温泉で今日も素敵な方を捕まえちゃうぞ!と
思って、一人で、誰か来ないかな~~~っと、蜘蛛のように
待っていたのですが、待てども待てども、来ない。瞑想しながら
のんびりしていました。

しばらくして、かわいい女の子が二人きた!
やった~と思ったのだけれど、もうのぼせそうで
結局、入れ違いで、私は出ました・・・。


木のカンカンカンする音が聞こえてきて、ご飯!



デザートは


美味しいです。
よくこんなにも毎日丁寧に作れるなぁと、ドキドキするのでした。
そして、おいてある飲み物も抜かりがないんです、とっても美味しいんです。

香の物の盛り付けがこれですもん


かわいすぎです。

スタッフの方がキラッキラな笑顔で輝いている方ばかりなのでした。

この施設で、一番楽しんでいるのは、間違いなく
スタッフの方だと思うくらい!

夜は、夜ヨガでした。

夜は妖精も参加しました。
妖精は生まれて初めてのヨガです。いろいろ先生に直してもらっていて
ちょっと笑えました。
ほとんど仰向けに寝ながら、意識で肉体をゆるめていくワークでした。
そして、面白かったのは、体が動くときに湧き上がる”感情”に意識をすること。
なんと、手を握るという行為だけで生じる”感情”があったのでした。
なに~!
動作と感情。
太極拳でいう心と肉体の連動の意味ってコレも含まれるかも!

そして、ヨガの先生がとってもとってもキュートで
小さなお釈迦さまみたいな方でした。私にくださったアドバイスが、ずばり!
「目からの情報が多いですね、必要ない情報には目をつぶってみてください」

ぎゃふん!
視力アップにさらにまた大ヒントをいただいたのでした。




夜は10時消灯です。

まるでここに集まった方々と合宿生活
そんな感じで面白い、

合宿が子供の頃から苦手という妖精は
ストレスから解放されに旅行にでかけ
別のストレスが加わることで、いつものストレスを手離すという
とても、面白いリラックス法をしているのでした。笑


ブツブツ言いながら・・・。寝たのでした。




コメント

リトリート施設なるもの 第一夜

2014-09-27 11:20:12 | 旅行
環は営業しておりますが、わたくしめは少しお休みをいただいて
リトリート施設の見学(遊び)に行って来ました

こちらでございますl


初日は到着と同時にパラリと雨。

でも、お天気なんてものともしない木の魅力的な建物でした。

こんな中庭を囲むように建っています



さて、初日のお部屋は一階のベッドのお部屋でした
ラベンダーの香りがするお部屋なのでした
というか、施設の中、どこもいい香りでした


いろいろ泊まってみたくて、無理をいって
二日目は二階の畳のお部屋にしていただきました。

清潔感のあるお部屋です、
決して広いとはいえないけれど、落ち着く空間でした

おトイレと洗面所は共同ですが
お花がいつも飾ってあって、綺麗です。

お風呂は、天然温泉で、しかも塩素が全く入っていないそうです。
ヒノキ風呂(?)で、木の香りがぷんぷん!
深呼吸をたくさんしたくなるお風呂でした。
とろとろのお湯で、ちょっとぬるめで、しっかり長風呂できるのが
嬉しかったです。

お風呂に入ると
素敵な方がいらっしゃって、すかさずお話させていただきました。
ご友人の方とご一緒にいらしていて、
なんと、うちの数駅違いの駅にお住まいというご近所のご縁!
すごいですね~~。嬉しくなりました。

お風呂から上がって
そうこうするうちに、お楽しみの夜ご飯

お食事はセルフサービスで受け取り、お皿は自分で洗って
拭いてもどします。

ここから受け取ります


お食事は時間が決まっていて、カンカンカンと木を打つ音がなったら
みんなで集まって一緒に食べます、席も自由です。

お食事はこのテラスが見えるお部屋です



暖炉もあって


ここで、朝はヨガがあり、夜もヨガをやったりします。

ご飯は、マクロビオティックで、玄米菜食です。



こちらのご飯はもう、愛情がた~~っぷりで
お腹もいっぱいだけれど、胸がいっぱいになりました。

そして、毎回お食事の説明がまた、細かく教えてくださるんです。
お勉強になります。

ご飯とお汁はおかわり自由です。
妖精はもちろんおかわり。
本人は小声で言っているつもりが

「大盛りで!」っという声がお部屋の隅まで聞こえてきました。ぷぷぷ

夕飯にはデザートまでありました


緑豆とココナッツのぜんざい。
よく、この甘さでストップ出来るなぁと、その味覚のセンサーに感服!
お吸い物もそうなのですが、”ちょっと薄いな”の
ぎりぎりのところの見事な位置なのです。
私も、このくらいの味の位置を目指したいと思ったのでした。

さて、満腹のお腹を引きずりながら、
夜は予約を入れたハーバルサウナです。

すっごく狭いらしい、ぎゅうぎゅうらしいと聞いておりました。

こんな場所です。写真は翌日撮ったので明るいのですが
この日は雨だし、夜で真っ暗!

車で山の家という離れまで連れて行ってもらいます


素敵な建物なんです。
ここで、着替えます。Tシャツと短パンに。

山の家のすぐ手前にある建物で、まずは休憩


薪がつんでありました


この薪をサウナにも使うのかしら~~


外にはこんなキッチンも


サウナです


石の建物です。
中は、真っ暗です。本当に真っ暗!


でも、思ったほど狭くはなかったのでした。

富士山と浅間山の溶岩を、カンカンに熱して、
そこにラベンダーを煮出したお湯をザパーンとかけると
水蒸気と、ラベンダーの香りが立ち上がり、これを全身にあびて
汗をかくことを繰り返します。
15分経ったら休憩のインターバルで1時間行います。
毎回香りが変化していくのでした。


それで、真っ暗な中、7名の参加者+スタッフの方で
まずは自己紹介から。

みなさんそれぞれ、全く違う場所で生活されている方々が
このハーバルサウナで出会ったという面白さがあり、
さらに、みんなで話していると、時間があっという間で
とても、一人だったらこんなに長くは入っていられないねと
口々に言い合ったのでした。
そして、汗びっしょり!

汗の量と比例して、体がどんどん軽くなっていきました。
もう、階段だって、飛び上がれちゃうよ~というくらいに、
軽くて軽くて。
あぁ、こんなに痰飲がたまっていたのか~。よどんでるな~と
感じたのでした。
このサウナは毎週受けたいくらいでした。
しかも!
汗びっしょりになった体はお風呂に入らず、そのまま寝てほしい!とのこと。
Tシャツも短パンも洗えないので、お部屋に干して、そのまま寝ました

そしたら、翌朝!
お肌がラベンダーのと~~ってもいい香り!
しかも、あんなに汗びっしょりのTシャツまで、ラベンダーのいい香りで
びっくり仰天でした。

一日目は無事に(!?)終了!!




コメント

みんな違う望みをもっている

2014-09-22 23:11:56 | Weblog
肉体を持つことと
持たないこと

これを選べるとしたら、どっちを選ぶだろう。

元気があればなんでもできると 思っていますでしょうか?

健康がなければ、やりたいことができない と、思っていますでしょうか?

私はずっとそう思ってきました。

でも、それは正しくもあり、間違いでもありました。

肉体があるときは、健康と元気は、何かにチャレンジしたり
学びや気付きを得るための原動力になります。

でも、肉体を選ばないときは、
健康や元気は、何の価値もないものになります。

肉体は、重力にしばられ
歩く速度も走る速度も遅く、空は自由にとべないし
時間は一つで、後ろから前に、過去から未来に向かってしかすすまない。

でも、肉体がない世界では
そうじゃない。
それらの縛りが何一つないから、いつだって
望むとおり。

望むとおりだから、いいこともそうじゃないこともある。

肉体という制限があるから、いいこともそうじゃないこともある

どっちがいいとか、悪いとか、そういうことじゃなくて

それは 単なる選択肢に過ぎないということ。

自分が何を望むのか
そのために必要な方を選ぶ、ただそれだけに過ぎないということ。

そして、私たちは一つで、みんな繋がっていたということも。
だけど、肉体を卒業される瞬間に立ち会うのは
いつだって、さみしくなるし、悲しいし、悔しくなる。

寂しくなったり、悲しかったり、悔しくなるのは、
自分の価値観にしばられるからだと気付いた
元気な肉体を必要とするのは、自分の価値観なのだと。

本質を見れば、必ずうまくいっている。
相手の思いに寄り添えば、それはきっとうまくいっていることなのだと思います。

何をやりたいか、それはみんな違うということ。


コメント

博士の情熱的な愛情 れんこんとかぼちゃの甘辛煮

2014-09-21 20:44:34 | 秋の野菜料理
本日、行って来ました、初のパシフィック横浜へ!
ディーパック・チョプラ博士の講演会に(涙)

同時通訳のかっこいいイヤホンを借りて聴くのです。
その通訳がまたお見事なくらい綺麗な日本語で分かりやすい!
3人くらいの通訳の方が交代で、されていました。
博士の英語はゆっくりで、愛があふれていて
とっても分かりやすいのですが
如何せん、単語がちんぷんかんぷんなので
通訳がとっても有難かったです。

そして、内容は、これがまた素晴らしく面白かったです。

とくに感銘をうけたことのメモ
*遺伝子というのは微生物であり、その95%に
 自分の感情の影響を与えることが出来ること

*体というのはプロセスであって、構造物じゃない
 (つまり、変化するということ)

*過去にも未来にも自分はいないよ
 今を完全無欠にいきること、今は永遠だから

*言葉を選ぶこと、優しい言葉を使うこと
 その言葉は相手にとって必要な情報なのか、一時停止して考えること
 感情にひっぱられるときは常に一時停止ボタンを使うこと

*より深いレベルで自分を認識すること

*超越、主体と客体を超えること
 私たちは一つである

そして、何より素晴らしかったのは
瞑想を誘導してくださったこと。
ヒプノですよ~。
本当に素晴らしい誘導で、涙が溢れるあふれる
でも、今日は私はしっかりメモしないとなので
瞑想しながら、メモメモ。
回りは、すっかり寝落ちしている人が多くて、イビキまで聞こえてきました(笑)
お昼をきっとたくさん食べてしまったんでしょうね~。分かる!
私たちは朝から何も食べずに行ったので、寝はしないけれど
妖精は、猫でも連れてきたのかなってくらい
お腹がミャーミャー鳴っているのでした。
それにしても、心地いい時間でした。

この誘導は、今後のリラクゼーションのヒプノセラピーをご希望の方に
取り入れさせていただきますね。
ご自分でも確実に出来るようになるやり方なので
ぜひ、ヒプノセラピーをお楽しみにされてくださいませ♪

ディーパック博士は、何より瞑想が鍵だとおっしゃいます。
上記のことができるためには、瞑想が大切だと。

自分は何者で、何に感謝をして、何をしようとしているのか
常に心に問いかけること
自分の答えではなくて、宇宙とつながって
沸いてくる答えに耳を傾けること。

ね、ヒプノセラピーと同じですね~。

あぁ、お話をうかがえて本当によかったです!
この瞑想誘導体験は、本からでは得られない
宝物です。しっかり、皆様にお伝えさせていただきますっ!


一昨日の夕飯です


蓮根とカボチャの甘辛煮
柳田ファーム枝豆
7分づきかまどごはん
納豆

秋にれんこんを食べるというのもとっても体にいいです。
夏は暑さで「心」(しん)を消耗しているので
心に届く食材です。
体を潤し、血流もよくし、胃を開いて、もれでるものをとめる
という働きがあります。

秋になって、なんか調子が出ないという方にもおすすめです。

かぼちゃも元気をつけるので、とってもいい組み合わせになります。










コメント