漢方談話 (埼玉県日高市にあります漢方専門薬局 環のブログです)

フェルデン グループ稽古第三月
個人稽古 第四金
営業時間:10時~16時

沼津で福島先生の勉強会 後半

2016-03-22 11:19:25 | 旅行
さて、二日目の朝を気持ちよく迎えました。

朝ごはんはつけていないプランなので
早めのお昼を、勉強会前にとります。

近所でとろうと思っていたのですが、ぎりぎりになって
せっかくならお寿司を食べようとなり、検索。
一件目のお寿司屋さんは超人気店
11時半営業開始、11時から名前を書いて待つことが出来るが
予約はできない。

ふむ~。

11時出発の予定を、10時45分にして、ロビー集合に変更
ところが、言いだしっぺの私たちが遅れるという事態に・・。
その後駐車場まで行って、いざ出発!となったら
今度はメメちゃんが、部屋にコートを忘れたという・・・

結局11時5分くらいにそのお店に到着したのに、もう長蛇の列!

無理だ!

というわけで、沼津港のお寿司屋さんへ。

こっちも、とっても美味しかったです!
あ~~、うなぎにお寿司に、幸せすぎる。
でも、最後にアジだけ もう一貫いいかしら?と、思ったら
妖精ストップが入る。
やめとけ、食べすぎ!と。笑

やっぱり?!汗

それから、雑貨屋さんを一回りして、勉強会会場へ

12時45分開場 13時半開演。
12時45分にはもうたくさんの方々。

久しぶりの福島先生は、登場からテンションが高い!
6時間の究極勉強会のはじまりです。

今回は、自立型と依存型のお話を中心にお話くださいました

まず目標を明確にすること、それが本気であるならば
原因を自分の中に探し、改善することができるから
それは何でも達成することができること。

でも、あきらめどころを持っている人は、
他人や環境のせいし、あきらめる。
そして、原因を他人や環境のせいにし、自己正当化する
自分が悪いんじゃない、あの人はこうしてくれないから
あの人がこうするから、
会社がこうだから、時代がこうだから、政治がこうだから。
いいわけはいくらでも作れてしまう。
ただ、これは、すべて自分の過去からきていること。
思い込みなのであります!

過去がそうだからといって
未来もそうだとは限らないこと。

そして、達成したいことを達成するには
「思い」のレベルがあって、その思いのレベルを高めること。

これが、今回私は衝撃でした☆

あ、私意外に思いが低い! 笑

なぜ?
そう、
失うことを恐れている自分に気付いたのです。

でも、本当は失うものなんて何もないはずなんですよね。
所詮、この世は借りの場所。借りの身。
捨て身になっていない自分を気付けたことはとても大きな収穫でした。
よし!これからは、どんどん捨てていくぞ~~~!

最後は、ヤマトのムービーで、私は
始まる前から、泣いちゃいましたがな、
もう、あの話しが始まると思うだけで感動してしまうヤマトのムービー。
やばいんですよ。
ヤマトで働きたくなるムービー。


一緒に参加させていただいた初めて参加された方々も
瞳がキラーーンと輝かれていました。
これがまた、何より嬉しかったりします。
なぜかというと

世界を変えるメンバーが増えたから!

ピンチかチャンスかは自分で決められる。
すべてがチャンス
失敗などない、そこには成長があるだけ。

福島先生、みなさま、スタッフの方々
大好き~~~~!!!

ありがとうございま~っす!!

この時19時45分くらい
翌日から仕事なので、さっさと帰ります。
でも、
お昼に行けなかった行列のお寿司屋さんに後ろ髪をひかれる。

というわけで、いっちゃいました。笑

こちらはとっても上品なお料理の数々でした、
おいし~~~~!来てよかった~~。

さて、出発出発!
21時に沼津を出て、みなさんを送り届けて
なんとか今日中に自宅に到着!

妖精ドライバー、ミッション達成おめでとうございます!
美味しくて、楽しくて、泣いて、大笑いして
心も胃袋も最高に楽しい二日間でした。

みなさま、ありがとうございます!!
あ~、幸せ。

**************

これは、沼津前日の土曜日の夕飯

肉団子と玉ねぎの甘酢
さつまいものサラダ
みそ汁
プチトマト
高菜
かまどごはん



旅行前なので、元気を補っておく
豚肉、サツマイモ
それから、運転があるので血流をよくする
玉ねぎやお酢、甘酢は黒糖を使います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沼津で福島先生の勉強会 前半

2016-03-22 11:13:56 | 旅行
心はともに
皆様 おはようございます

連休でした、
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

日曜日より あの!
超自立型リーダー福島正伸先生の講義を聞くべく
沼津に入りました。

この日を指折り数えて楽しみにしてまいりました♪
福島先生のお話は何度聞いても 笑えて、泣けて、そして
ハートに火をつけられちゃうんですね~。

いつも妖精と二人で受けにいくのですが、
今回はいろいろな方にお声をかけさせていただいて
5人で参加します。

お昼からの出発で、ご飯は食べてからの集合でしたが
一応おにぎり8個作ってもっていきました。
あまったら、翌朝食べられるように抗菌目的で紫蘇を混ぜ込んで

11時に家を出て、お昼なら普通は高速は空いているんですけれど
超渋滞!
なんと、はやくもおにぎり完売! よかった。
まぁ、半分は私が食べたんですけどね。笑

沼津に3時半ごろ到着。
妖精ドライバー完走でございます!ありがとうございます!

そして楽しみにしていた ウィークエンドブックスへ♪
みんなで、黙々と本を読み、選び、購入。
今回も素敵な本がありました。
セレクトが好きです。

それから、ホテルへ。
ここで名古屋組と集合!
こうやってメンバーがどんどん集まっていくって
すごく楽しいです。なんだか勇者の物語みたいです。
もちろん主役は そーちゃんマン(御年2歳半!)
サービス精神旺盛で、愛くるしいんですっ


そして、沼津には
おいし~~~うなぎがございます。
今回3回目ですが、今回が一番美味しく感じました。
みんなで行ったからかな?
普通、美味しいお店って二回目、三回目だと初回の感動ほどじゃなかったり
しませんか?うなよしさんのうなぎは、どんどん美味しくなるって
すごいことです。

全身でうなぎを味わって、もだえるほどに美味しさに感動し、
その後
男性陣は夜の界隈へ。
女性陣、軽くおしゃべりして就寝。
なにせ、明日が本番!

メメちゃんが、私の部屋を出た後、ドラマは起きたのでした!

メメちゃんが、エレベーターに向かったところ
中国人の男性に「ちょっと部屋にきて、教えてほしい」と
聞かれたそうです。

めめちゃんの心の声

(え~~、あやしすぎるだろ~~!どうしよう
 部屋に入って、ドアとは閉められたら・・・。
 あ、でもバッグにはさっきフロントで借りた果物ナイフが入っている!
 いざとなれば・・・)

↑この人、少林寺拳法2段だし、空手初段だしね。ナイフを使うまでもないと思うけれど・・・。

それで、部屋に向かったところ、大勢の中国人男女が
SDカードとテレビに格闘していたそうで、
それが映らないとのこと。
中国語と日本語と英語とを駆使して、なんとか意思の疎通をしながら
めめちゃんがフロントとやりとりをしたそうです。

中国人女子たちが寿司すめに座るベッドの狭い間に
あなたも座って座ってとのご接待

しまいには、中国人に中国語を直され、レクチャーしてもらったとか。笑


結局、SDカードは映らないテレビということが判明して
お力にはなれなかったらしいのですが、
楽しかったそうです。

翌朝聞いて、おねーちゃん、びっくりですわ。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

究極の選択

2015-10-30 08:51:11 | 旅行
愛する皆様 おはようございます

易を立てることがあります。
だけれども、迷っていても
易を立てないこともあります。

その違いは、
易を立てるときは、複数の選択肢があるとき
易を立てないときは、
それを遂行すること自体に意味があるとき
つまり結果が重要ではなく。
または、それ以外に道がないとき。
そういう時は易は立てません。

迷いが起こるのは、いろいろな恐れが生じるからだと思うんです。
困った事が起きないようにという恐れ。
まだ起きてもいない未来へ 無意識でいってしまう。そう、今を生きていないということ。
そもそも
困ったことってなんでしょうか?
損失?
世間体?
常識外?

これまで培った思い込みが自分の心を縛り、自動的に思いが未来へ旅立つ。

恐れがあるときに、易をたてている自分がいるのを感じます。

引越ししたお家
古い家が好きですので、築50年のビルしました。
リノベーションされて今をときめく工業系です
無垢の床、漆喰の壁に
アイランドキッチン





荷物の多い私達には、オシャレが過ぎた。
そう、寝られないくらいに。
もっというと、寝るスペースがないくらいに。

移ってすぐに、
また引っ越すという案がでました。

普通なら、えーーーです。

あの労力
私もですが、あのおじいちゃんたちの労力
そして、お金のことだってある。
何にもまして、部屋が可愛い。

でも、妖精は全く迷わないんですよ。笑
自分の心地よさに関して、一切の常識や思い込みを意にかいさない。
まぁ、人間じゃないから当然?
人間は悩みます。

人間は易を立てることにしました。
この部屋を手放したくない執着と、
経済的な損失の心配と
一ヶ月に二回の引越しはありえないっ常識という足枷。
何か拠り所が必要となっているのを感じました。

次の家は、易の中でも一番安定する卦がでました。
まさに家が定まる卦でもあり、びっくり。
この卦を出したくても今まで一度も出たことない卦です。

そして、今のお家に関しては
移りゆく季節、
臨機応変にって


でも、この住まいは、同じビルの方々が信じられないくらい親切!
街の人たちも予想を裏切るサービスのオンパレード!
こんなに温かい街に住んだのは、初めてです。
だって、どこにいっても、初めて会う方々が優しくしてくれるんですもの。
愛があるんですよ、天国ってこういう所かなって何度思ったことか。

というわけで、満月の翌日に、次の家に引越しました。。。。。

今回はトラック二台
3人のお兄さんが来てくくれて、
次の家に到着したら、お兄さんが6人になってました!

親切、丁寧、筋肉、素晴らしい引越し屋さんでした。感動。

というわけで、
前回はすべての手続き、家に関すること以外も、つまづいて
何度もやり直しが入り、
今回の場所では一発で、全てがスムーズ


何かが違うと感じる気持ちを大事にすると、
何を望んでいるかが見えてくるってアラン、コーエンが言っていました。

勉強になる出来事でした。

ネット環境も間も無く調う予感です。
近日中には写真もアップさせてください。
ワクワク。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小値賀島が教えてくれたこと

2015-08-23 11:22:39 | 旅行
愛するみなさま こんにちは

小値賀島で知ったことがあります。
小値賀島も高齢化がすすんでいますが、三日目に訪れた野崎島。
野崎島はかつて600人以上の方が住んでいたのに
とっても美しい島なのに



段々畑も見事に作られているのに



今は、無人島で、



それはなんでかな~と思ったら

それは

島に電気が通ったから、なのだそうです。

それまで自給自足できていた島の人々に現金が必要になって
出稼ぎに出るようになって、島から若い人々が消えていく

高齢化がすすむと、いずれご近所に迷惑をかける前に
一緒にすまないかと、都会の子供たちから声がかかり出て行く

人が住まない島は、海がとっても綺麗でした。

でも 何かが喉にひっかかる。

”インフラが整備された生活を、お金をもってなんでも買える生活を
 みんなが平等にするのがいいよ”

と、一見
善良で、正義に見える旗を掲げて お世話をやいていく

でも、それは本当の誠意ではない場合があると思うのです

依存をさせる形態作りだったとしたら?

あることを思い出しました。それは
戦後、食料が足りないでしょ?と優しいマスクで、
給食にアメリカの小麦、アメリカの飼料の販売経路を作り、牛を育てさせ牛乳を投入
パンと牛乳を定番化させた学校給食。

プランテーションという 「絶対買うから、作って作って!」と
現地で単一の食物ばかり作らせ、値を落としたたき買い
その国は自給自足が壊され、畑は外国の砂糖、バナナやカカオのために使われ
自分たちの食料は輸入に頼る

電気は必須!と、原発を売りつける

学校は大事!学校で子供たちを洗脳する
(西洋式のお勉強、消えた和算、武道など)

医療が必要でしょ!と、薬がないと治せない人々を作る
(伝統医療の否定)

これらをされたのはどこの国か。
いいこともあると思うのです
きっと。
でも
本当の支援というのは、その国、その人が自立できるように手をかすこと
ずっと頼らせて、カモにするのは優しさではないんじゃないだろうか?


一人一人が自立して生活できるようにしたり
コミュニティーごとに自立が成り立つようになれば
搾取という形もなくなるのではないかとも思いました。

水や電気が自給できたらいいのになぁ。
柳田ファームさんの、あうんユニットなどはまさにこれに一役買うのでしょうね~。

自分の価値観
電気はあったほうがいい、文化的な生活が一番!
これも、本当かどうかは分からないということを思いました。
便利なものだけど、生活様式によって絶対それが必要とは限らない。
自分の価値観を他人に押し付けないことなら、一人一人が出来ることだな~と思いました。

日本の政治について、なかなか分かりにくいのですが
山本太郎氏を見ていると、本当に熱い気持ちになります

http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5050





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015はじめての島巡りの旅 三福工芸さんへ 最終日

2015-08-21 19:00:57 | 旅行
7日目
20日は、10時50分の船で、佐世保へ向かいます。

あっという間の3泊4日の滞在でした。
最後は
お土産も。
お店は7時から開いていますので、向かいました。

お土産屋さんのおばさんもとっても気さくな方で、すごくおまけしてもらっちゃいました。
すみません、ありがとうございます!

それで、いろいろお話していたのですが
どこのお店も東京からのお客さんは多いとおっしゃいます。

お土産屋さんのおばさんも、やはり同じようにおっしゃっていて
「何もないとこやけど、何かいいものが(島に)ありましたか~?
私らは都会に憧れますよ」

って。

おばさんは、リップサービスでおっしゃってくれたのだと思います。

でも、ふと思ったのです、
こんなに美しい海と空と美味しいお魚と優しい人々がある島は
決して何もなくはない。
だけど、ソレは、逆に都会に住む私たちにも同じことが言えて

私には都会の良さが全然分からないのだけれど
それって、実は何か大切なことを見落としているのではないかなぁと思いました。

何もない なんてことはないんだ。
都会の良さが分からないものに、田舎の良さが分かるわけがないのかもしれません。
都会の良さが分かる人には、田舎の良さもわかる。
ないものねだりをしている限り、どこで暮らしたって同じなのかもしれません。
何を見ようとするのかということ。

いつも、そこには 変わらず素晴らしいものがあって
それに気づくか、気づかないか だけなのかもしれません。

そんな気づきを与えられて、島をあとにしました。
おぢかツーリズムの方は船が出港するまで手を振り続けてくださいました。
担当してくださったKさんが、本当に温かい方でしたので
ちょっと泣きそうで、しっかり見るのがつらかったです。

そして佐世保からは、車に乗り換えて福岡にいきます。

前回五月の九州旅行で、熊本のある工芸館で、個展をされていた
福山さんという方にその時、たまたま初めてお会いしたのですが。

妖精の素敵メーターが振り切れ、すっかりほれ込んだ
福山さんの作品。今回は、あらかじめお電話させていただいて
アトリエを見学させてくださいとお伝えしてあって、
そちらに向かいます。

妖精は大きな作品を気に入っていました。
五月に私が
すっごくかわいい!と思って購入したのが

こちらの写真立てです。



お土産にもいくつか購入しました。

同じものは二つとありません。

カードを立てて使っています



カードを立てて飾るということをしたことがなかったのですが
その空間が急に立体的になって見えることに気付きました

さて、到着しました。

福山さんのアトリエ
三福工芸さんです



もともとお父様の代から始まった家具職人さんのお店なのだそうで
古いかっこいい機械もならんでいました。

福山さんも、家具も作られます



福山さんのお人柄がまた凄いんです。
私たち夫婦、たった二人のために、作品の説明をしてくださいました。
福山さんの作品が大好きで、結局3時間も、
あれも見せてください、これも見せてくださいとお邪魔してしまいました・・・。
福山さんは、一つも嫌な顔されずに、なんでも見せてくださいました。

福山さんの作る木工作品は、利便性などを追求したものではなく
使う方の心が豊かになるようにと思われて作られているのがとっても伝わってきます。
作品が、本当に温かいんです。

そして、売れるかどうかではなく
「よか」と思うか
「う~ん、ちょっとな~」と思うか

よか!と思うものは、個展へいきます。
う~ん というのは、なんども塗りを重ねたり
けずったり、しばらくほったらかして
アイデアが降りてくるまで 置いておいたり。

そして、置いておいたものが、すごくいいものに生まれることもあるとのこと。

狙っているわけではなくて、どういう絵になるか分からないのがまた楽しいのだそうです。

家具職人さんなので、木の切れ端がたくさんあります、
きっと一般的には廃材として片付けられそうなものが
福山さんの目にかなうと
「これなんか、面白そうやろ」と、キラキラした目でその
木の切れ端を、見せてくださいます。

その木のよさ、才能を最大限に引き出す役割を担っているかのように
木の魅力、木のいいところにフォーカスされている
福山さんは、ご自身の仕事をすごく楽しそうに説明してくださいます。

そんな 福山さんには大きな作品もたくさんありますが

この度、環の商品として、写真立てを仕入れさせていただきました。

じゃじゃーーん


名前は私が勝手につけさせていただいちゃいますが

ハーモニカ 


陰と陽


ジャポン


積み木


草と虫


来週月曜日から環の店頭に並びます♪

ぜひご覧いただけましたら幸いです♪


さて、夕方6時に福岡を出発しました。
暗くなってきた頃、高速の電光掲示板に
関門トンネル通行止め というサインが。

ええええ~!?

でも、橋は問題なく通れました。
妖精は運転。広島の宮島を過ぎたころ

「そろそろ、寝ようよ~」と私がいうと

「うん、あとちょっとだけ運転しておく、今空いてるし、走りやすいから」
と、妖精
その言葉を聞いたのを最後に、私は助手席をほぼフラットに倒して爆睡。
目が覚めると、朝五時。そして、そこは小牧でした!!
うっそ~!ビックリ。大笑い!


そこから、私が運転を変わって、諏訪湖まで。
私がジャンクションが多いところは苦手なので、中央道に入るまで
頑張ってくれたのでした。感動!すごいよぉ!

このドライブがまた楽しいんですね~。
ドライブ中っていうのが、またよく眠れるんです。
緑(りょく)ちゃん(うちの車)もよく走ってくれました!ありがとう~。
そして、出会った全ての方々に感謝です。


長い旅ブログにおつきあいいただき、ありがとうございます!

ではでは、また環の店頭で、
このブログで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

みんな大好きー!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加