生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

2598 ・アメリカの大統領は大きく変化しそうですが、日本は安倍一強で何も変わらず

2016-02-20 09:47:05 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信2598(160220)をお届けします。

・アメリカの大統領は大きく変化しそうですが、日本は安倍一強で何も変わらず

 序盤戦最大のヤマ場であるスーパー・チューズデー(3月1日)で、ヒラリーかサンダースか、あるいはトランプかなど、変化がいろいろ出てきそうです。アメリカは、大きく動き出しそうです。

 しかし、日本は安倍一強でほぼ変化なしのようです。なにしろ民主党の動きが遅いからです。岡田氏は一体何をしているのでしょう。

 たとえば、自民党でも、右派の安倍氏に対抗するなら、谷垣幹事長や岸田外相などほかにも候補はいるはずですが、だれも積極的に名乗り出る人間はいません。例えば、谷垣氏や岸田氏にしてもこれといった具体策があるわけではない。自民党でホイホイと上がってきただけで、これといった政策があるわけではありません。

 もちろん、野党の方にも責任があります。野党こそ、政権党を倒す大きな使命があるはずですが、それをどのように達成するか、なんの対策も考えていないといっていい。

 日本は、安倍政権で潰れるか。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安倍で可いはずがない のに。 (まともさ)
2016-02-20 10:18:52
日本と日本国民にとって、安倍で可いはずがない のに。社会が毀損されています。こんなイヤな流れの中で、次のことが伝えられています。

<< 安保法廃止法案を提出 5野党、違憲と訴え

安倍と安倍の仲間らの化けの皮を剥がそう。
知性のカケラを持った人が。 (まともさ)
2016-02-20 10:25:09
< 自民党でも、右派の安倍氏に対抗するなら、谷垣幹事長や岸田外相などほかにも候補はいるはずです。
安倍の仲間の、痴性の政治屋がゾロゾロ。
小泉シンジロウ氏が虎視眈眈かな?

コメントを投稿