生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

161205 ・「こがんとこに父親ばすてて帰るとね」

2016-12-05 12:53:31 | 政治

こんにちは。生き生き箕面通信161205(2810)をお届けします。

・「こがんとこに父親ば捨てて帰るとね」

 むかし、母親を捨てて帰る話がありました。「楢山節考」です。母親思いの息子は、自分を案じる息子のために、死んでいくことをなんとも思っていません。

 最近は、新聞を開くとそこには多くの人の死があります。その中には、多くの親が子どもかかえ死んでいます。

 人間は生きるためにどうすればいいのか。あるいは、どのようにして職を得るのか。人々は、なけなしの税金を払って、この世に生きています。この人たちの税金は、戦争を行うためのものではありません。

 「楢山節考」の高齢者福祉に、つまり介護施設に親を入れることは、“楢山まいり”にいくことと重なり、評論家の大木文雄は「老いと死は人間の根源的な問題の根源的神話であるとしています」。「鮭は産卵のために、死を選ぶ。『楢山』には神が住んでいるということである」ともいっています。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 161204 ・「セルフネグレク... | トップ | 161207  ・安倍首相の”NHK殺... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事