イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11安打4点と15安打3点

2019-06-30 20:24:23 | 野球
 今日の巨人・ヤクルト戦。

 わが家で映る範囲のチャンネルでは中継がありませんでした。

 スポーツナビで経過を見ていました。
 8回表に1点とって、3:3の同点。
 9回表にも1点とって、4:3と逆転。巨人がそのまま逃げ切りました。

 ヒットの数がすごいです。巨人も11本打って4点なんだけれど、ヤクルトは15本打ったんだけれど3点。

 どんな展開だったのか中継がなくて残念でした。
 9回の決勝点は坂本選手の二塁打。
 5打数3安打で打率を.304まで戻しました。
 交流戦はよっぽど相性がよくなかったのかな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨中のCBC賞

2019-06-30 20:18:17 | その他のスポーツ
 今日の中京11R、CBC賞(GⅢ)。

 「みんなのKEIBA」で見ていたら、雨の降り方がすごかったです。
 テレビ画面だと望遠レンズを使うでしょうから、その分、より激しさを感じるのかもしれません。

 馬は雨をどう意識するのでしょう?
 自然界であれば、雨であろうと風であろうと、あるいは暑さ、寒さ、どれも受け入れるしかないんだけれど、競走馬の場合はそういう部分での管理はしっかりされているのでしょうから。

 ということは雨の中でも調教をやったりするのでしょう。

 勝ったのは1番人気のレッドアンシェル(福永祐一)で、そういう意味では荒れたレースになることはなかったです。

 荒れたのは函館11Rの巴賞。小雨の時間帯もあったようですが、11Rの時は曇り。芝のコースは稍重。
 13番人気のスズカデヴィアス(勝浦正樹)が勝って、WIN5がこの時点で103票に。
 次がCBC賞で、1番人気なのに33票残り。
 福島11RラジオNIKKEI賞も3番人気のブレイキングドーン(田辺裕信)が勝ったから、そんなに減らないかと思えば、最終的に当選は3票!!
 スズカデヴィアスを予想した人は、穴ねらいの人が多かったのかな?

 払戻金は101,316,500円。
 パッと読めない…。英語だと103million 316thousand 500となるのでしょうから、カンマの打ち方が英語だなぁとあらためて感じました。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今回のはチャンスではなかった?

2019-06-30 19:53:34 | Weblog
 NHKニュース7で、米朝首脳会談のことが伝えられ、経過等を考えると、陸上競技の日本選手権の中継が中断されてもしかたないかなと思いました。

 それにしてもどれくらい突然だったのでしょう?
 日本政府のコメントは出ていませんでした。NHKが伝えなかったのか、出ていないのか。

 安倍総理は、拉致被害者救出に向け、いかなるチャンスも逃さず…と話していました。
 5月19日。いかなる条件も付けずにと言った時の話で。
 今回のはチャンスではなかったのかな?

 チャンスというのはchanceで機会の意味だと思うんだけれど、これまでにもチャンスを逃していて、これからはチャンスを逃さないのかとも思ったけれど、どうなんでしょう。
 トランプ大統領と親密だと強調しているのに、今回のことは知らなかった? 
 そんなこともないと思うけれど、そういう部分はニュース7で触れられませんでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

場内アナウンスは、アブデルハキーム サニブラウン

2019-06-30 18:54:46 | 陸上競技・ランニング
 陸上競技の日本選手権。
 トラック競技最後の種目は男子200m決勝。

 選手紹介は、名前が先で名字があと。
 アウトレーンからなので、Yoshihide Kiryuからでした。

 サニブラウン選手をどう紹介するのかと思ったら、Abudul Hakim Sani Brownでした。
 アブデルハキームが名前で、サニブラウンが姓というのでいいのかな?
 
 向かい風1.3mで20秒35。
 優勝は順当なんだけれど、小池祐貴選手が食い下がって20秒48。

 疲れが残っているというインタビューの答えもあったけれど、記録としては大いに不満だったのでしょう。
 
 「悪コンディションは慣れっこ」と言ってたので、疲れと終盤の力みかな。
 世界陸上でもっといい走りをするということでしたから、期待したいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女子5000mのレースが…

2019-06-30 18:46:01 | 陸上競技・ランニング
 陸上競技の日本選手権。

 女子5000mのレースが始まったと思ったら、何か音声も画面も違うものに。
 ちょっとしたら画面が陸上に戻って、またすぐに違う画面。

 トランプ大統領。
 録画予約をしておいたのに、開始が15分遅くて、それもトランプ大統領か…?
 金正恩委員長と会ったようで、そっちが優先ですか、中継としては…。

 女子5000mだと15分以上かかるから、その間にやるんだろうと思ったら、陸上競技に戻ったときには、サニブラウン選手のレース前の様子でした。

 結局、全競技が終わってから、女子5000mのラスト50mくらいが映って、勝ったのは木村友香選手でした。
 せめて、途中で切り替わってしまったことを伝えて欲しかったなぁ。
 
 廣中璃梨佳選手が3位に入ったこともトピックスだと思うし、レース全部を映していれば話題はたくさんあったんだろうと思います。残念。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卜部蘭、2冠

2019-06-30 18:38:57 | 陸上競技・ランニング
 陸上競技の日本選手権。
 女子800mは卜部蘭選手が勝って、1500mとの2冠。

 どちらかといったら、800mのイメージが強いので、妥当かなと。
 昨年までのベスト記録でいうと、800mは2分04秒86で日本歴代25位。1500mは4分16秒35で同38位。
 ただ、800mの記録は東京学芸大3年の2016年、1500mは昨年なので、取り組み方が違ってきているのだと思います。

 今日の優勝タイムは2分02秒74で自己ベスト更新。
 28日の1500mは4分15秒79だったから、こちらも昨年までの記録を上回っています。

 800mと1500mの2冠は、平成8年の早狩実紀選手以来だと。
 平成8年っていつ? 1996年。そうすると、早狩選手が24歳の時。どちらかというと、3000mが強かった印象なので、800mでも優勝というのはちょっと意外な感じがしました。
 調べてみたら、その前後は岡本久美子選手が優勝。なるほど。
 
 卜部選手の活躍については、横田真人さんの指導が大きく関わっていると思います。新谷仁美選手と同じように。
 今日の実況でも、横田真人さんの名前が出ていました。

 秋田大の広田有紀選手は5位。2分05秒35は自己ベストより1秒ほど遅いんだけれど、さすがに医学部6年生としては、自己記録更新というのは難しいでしょうね、きっと。
 
 記録はもうちょっと出るといいんだけれど、見応えのあるレースでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

IWCを脱退

2019-06-30 11:26:37 | Weblog
 日本がIWCを脱退。
 日本経済新聞の記事によれば、30日に政府が正式に脱退を発表したようです。

 今年の初めには脱退するという話が出ていたと思うけれど、今までの期間は何だったの?

 同記事に書いてありました。
 『昨年末に離脱を通知した。6月30日に離脱の効力が発生した』

 さっそく、7月1日から商業捕鯨を再開。
 脱退するのは、トランプ大統領がよくやっていることですが、イメージよくない…。
 日本だと国際連盟脱退を思い浮かべます。
 松岡洋右ですか。かなり古いです…。

 最近だと、イルカのことに関して、WAZAとJAZAの関係があれこれあって、JAZAから脱会する水族館があるとか、そんな出来事も思い出します。

 どっちも共通する部分がありそうですが、でも、だいぶ違う気もします。

 いずれにしても話し合いでうまく解決できないのは、外交全般に共通かな。
 話し合いさえできないことが多いくらいだから。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

棋聖戦、渡辺二冠が2勝目

2019-06-30 11:13:38 | 将棋
 将棋の棋聖戦第3局は、挑戦者の渡辺明二冠が勝って2勝目。

 これまでの2局は後手番が勝って、第3局は先手番の渡辺二冠が勝ち。
 棋譜を見たら、序盤から渡辺二冠やや優勢の展開。
 そのまま押し切っての勝利という感じでした。

 五番勝負なので、あと1勝でタイトル奪取。
 とはいえ、第4局は豊島将之三冠が先手番となるので、順当ならば2勝2敗のタイになると思います。

 最終局までいって欲しいと期待しますが、このところ渡辺二冠も好調なので、奪取というのもあり得るでしょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一塁にランナーいても振り逃げ

2019-06-30 11:08:09 | 野球
 昨日の巨人・ヤクルト戦。
 7回表巨人の攻撃。
 亀井が三振。しかし、キャッチャー捕球できず。
 振り逃げ。

 ランナーは一、二塁でした。
 一塁にランナーがいても振り逃げできる?
 できるんですね。ツーアウトだから。
 
 ノーアウトまたはワンアウトの時はだめ。
 なぜかというと、もし振り逃げ可能だと、キャッチャーが故意にこぼして、振り逃げさせてダブルプレーにしちゃうという可能性が出てくるから。

 ツーアウトならば、一塁に送球するプレーだけで3アウトになるから。
 昨日の場合は、送球がランナー側にそれたこともあり、タイミングはアウトだったのに、ファーストミットからボールがこぼれてセーフでした。ランナーと接触したようです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キャッチャーマスクをよく振って渡した亀井

2019-06-30 11:03:16 | 野球
 昨日の巨人・ヤクルト戦。
 BSフジで中継がありました。

 5回表、亀井がキャッチャーフライを打って、キャッチャーはマスクをとって追いました。しかしとれず。

 戻って来た時に、亀井がキャッチャーマスクをよく振ってから渡していました。
 おそらく土がついていたのではないかと。

 雨のため、試合開始が30分遅れました。
 豪風の始球式もあったし、地方球場の開催は簡単には中止にできないと思います。
 昨日の秋田は、日中雨降りでどうなるかと思ったのですが、試合ができてよかったです。

 亀井がキャッチャーマスクを振ったことが、グランドコンディションを示しているのかなと思いました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする