イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

なぜ正面から引っ張る?

2018-09-24 18:49:27 | Weblog
 昨日のS☆1のあとの報道フロアからのニュース。
 飛行機を引っ張るというのがありました。
 ボーイング767-300を150人の子供たちで引っ張ったけれど、動かなくて親も加わったらやっと動いたと。重さは約92t。

 車輪がついているんだから、重さは単純な物差しとはならないでしょう。

 ロープをつないで正面から引っ張っていたんだけれど、反対側を何かに固定して、中央部分を横に引けば、子供150人の力で楽勝動くのではないかと思いました。せっかくの機会だから、そういう実験をやればいいのにと思いました。

 固定は、飛行機もう1機でブレーキをかけた状態なら動かないでしょう。
 
 自動車同士を結んで、1台固定なら、たぶん、大人ひとりの力で動かせると思います。
 
 勉強としては、中学理科の「力の合成・分解」に相当するでしょうが、そういう理屈は抜きにして、正面から引っ張るのと横に引っ張ったら小さな力で動いたという、驚きや感嘆が、きっと科学好きの増加につながると思います(期待です)。
コメント

トルコの街にC-HR

2018-09-23 20:22:01 | Weblog
 今朝7時のBS1ワールドニュース。

 トルコからのニュースの中で、白いC-HRが映っていました。
 トルコの街にも似合っているというか、ごく自然におさまっていました。
 
 調べてみたら、現地生産あり。

 トルコと日本のつながりは、エルトゥールル号遭難事件のことでも友好関係というのか、信頼関係というのか、そういう話もありますが、今はエルドアン大統領がいろいろ話題になっていて、今日のニュースもその関連だったのだと思います。

 トヨタは世界各地で生産しているから、トルコが特別ということもないでしょうが、海外拠点は現地の情勢が気になることと思います。
コメント

わたしの主張県大会、入賞者全員女子

2018-09-23 11:41:27 | Weblog
 昨日、中学生によるわたしの主張の県大会がありました。

 知人の息子さんが出ていたので、結果が気になっていたのですが、地元紙に出ていた記事で、入賞者は全員女子でした。地区としては全員中越地区。

 県のHPに大会のことが出ていて、参加者14名のうち男子は4名(名前で判断しました)。入賞者は4名。男子が1人くらい入ってもいい割合ですが、0だとしても数学的には妥当なんでしょう。

 報道資料には審査員名が出ていて、9名。相応の肩書きのある方々。
 もしかして、中学生の反応、あるいは若者が聞いた時の印象等、違った角度で評価されたら、結果が違うという事があるかも。

 審査結果が公表されることはないのでしょうが、できたら、審査員名は匿名(審査員A、B、C…)で、誰にどういう得点をつけたのか一覧表があったら、いいかも。
 全員にまんべんなく評価されたのか、ある人には感銘をあたえることできたけれど、別の人には全く訴える要素がなかったとか、そういうのがわかるような気がします。
 講評があるから、その中で、各自のいいところが取り上げられたかもしれません。
コメント

障害者限定の試験

2018-09-22 10:43:17 | Weblog
 地元紙に省庁の常勤職員として、障害者限定の試験を実施するという記事がありました。

 障害者雇用の水増し問題を受けてのこと。
 数を増やそう、雇用率のつじつま合わせ、という印象を受けます。

 なぜ、障害者を雇用してこなかったのか、その点をはっきりさせるのが先だと思います。
 障害も、視覚なのか聴覚なのか、あるいは下肢、上肢、あるいは内臓障害というのもあります。
 身体障害に限らず、心身障害という観点で、さらにいろいろなケースがあります。

 その中で、どういう障害種の人なら、どういうサポートが必要とか、どういう業務を担当してもらえるかというのを、きっちり検討するには、かなりの時間が必要だと思います。
 省庁側も人事担当だけでなく、全職員が障害についての理解を深めないと、全くの数合わせに過ぎない「障害者限定」の試験になりかねないような懸念を感じます。

 昨日のNEWS23では、出生前診断のことを取り上げていました。障害者を排除することになりかねないんじゃないかという意見も出ていました。
 強制不妊手術の問題も全く未解明です。
 津久井やまゆり園で起きた事件も、考察がなされたとは思えません。

 障害、障害者のことをもっと考えないと、数字を追いかけるだけの出来事になってしまうような気がします。
コメント

3800円と1200円のカツカレー

2018-09-22 09:03:06 | Weblog
 昨日のNEWS23で、自民党総裁選関連のことを伝えていました。
 出陣式で食べたカツカレーの数と、安倍総理が獲得した議員票が一致しないと。
 食い逃げという言葉を使っていましたが、代金は食べた人が払うのではなく、総理が振る舞う? それって買収?

 そもそも、3800円のカツカレーって、一体どれほど豪華なのでしょう。ホテルニューオータニと言ってたように思います。超一流ホテルのレストランなのかな?
  
 先日、NEWS23の総裁選討論で、安倍総理は生活保護家庭の高校進学率が上がっていると、強調してましたが、そういうことを思いやるなら、3800円のカツカレーというのはもったいないというか、無駄遣いとはいわないけれど、300人以上が食べていて、やっぱり庶民とははるかかなたの経済感覚で、まして経済的苦しさで生活保護を受けているという、そういう状況は全く気にとめることもないんだろうなぁと思ってしまいました。

 石破氏の陣営もカツカレーで、こちらは1200円。それでも高いような…。

 新潟市にはヒュリカというカレーショップがあって、カツカレーが600円とか700円だったような。
 東堀にあったヒュリカはなくなって、今は駅前にあるようです。カツカレーは1080円。やっぱりそこは時代の流れというか、値段が上がっているんですね。

 最近は、マラソン大会のあとも、コンビニのおにぎりとか、参加賞のおにぎりとかで、昼食をすませることが多いし、外食の価格が全くピンとこないのですが、3800円のカツカレー、やっぱり高い……。
コメント

8つの区を4つにする??

2018-09-21 20:34:12 | Weblog
 NHK新潟のHPに、篠田市長が8つの区を4つにした場合、人件費を年間9億円削減できると話していることが出ていました。

 市長選に立候補する人たちで議論して欲しいとも。

 今さら無責任な…という感じもします。政令指定都市になるときに、もっと慎重に考えるべきだったことじゃないかということでは?

 他の政令指定都市がどうなっているのか、仙台市を調べてみたら、人口は約105万人。
 区は5つ。青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区。
 なるほど。そうすると、新潟市の場合4つの区で、同じくらいの区人口になるのかな。

 ならば、最初から考える、あるいは自身が市長をやっている間に検討するという事案のようにも思います。 
 ただ、人件費が減るというのは、職員数が114人減るという想定。それはそれで、大きな問題というか、減らされる立場になったら大変のように思います。
 選挙戦でやれと言われても、各候補者が案を検討する時間はないでしょう…。
コメント

事務次官は適材適所ではない?

2018-09-21 20:23:29 | Weblog
 文部科学省の事務次官が辞任とNHKニュース7で伝えていました。

 事務次官は適材適所で決められているわけではない?
 総裁選の時にNEWS23で、安倍総理と石破氏の討論があって、佐川宣寿氏が国税庁長官になったことを問われて、総理は「適材適所だった」と答えていました。

 事務次官はどうなのでしょう? 
 適材適所で配置しても、個人の責任として、こういう問題は起きるという考え方?
 そういうことのない人を選んで配置するのが、適材適所のように思うのですが、不適切な接待というのも、よくわからなかったので、また別のニュースを見たり読んだりして、詳しいことを調べてみようと思います。
コメント

東北学院大出身のプロ野球選手

2018-09-20 11:15:26 | Weblog
 昨日、仙台市で起きた警察官刺殺事件。

 別の警察官の発砲で、犯人は死亡。
 地元紙には東北学院大の学生と出ていました。

 プロ野球選手いたと思って、有名な。
 最近だと本田圭佑投手。サッカーの本田選手と同姓同名。西武です。

 西武といえば、岸孝之投手も東北学院大OB。現在は地元楽天です。
 岸投手が西武時代にバッテリーを組んだことのある星孝典捕手も。

 今回の事件とは全く関係のないことですし、事件を起こした学生も、どこの大学であるかというのは、動機と無関係かもしれないけれど、大学名が記事の中にあって、ついOBのことを思ってしまいました。 
コメント

新潟県と日体大のスポーツ振興協定

2018-09-20 10:58:19 | Weblog
 新潟県が日体大とスポーツ振興に関する協定を結んだと、地元紙に出ていました。

 なぜ、日体大? 体育大というのは、スポーツにおいて一番適切かもしれませんが、それだとしても日体大だけではありません。
 スポーツ関連の学部・学科を持つ大学を含めると、相当数の該当がある中、なぜ日体大?

 ヒントは「本社来訪」の中にあるかも。
 日体大理事長・松浪健四郎、学長・具志堅幸司、評議員・三宮博己というお名前がありました。
 理事長松浪氏なんですね。花角知事とつながりがあるかも…。
 三宮博己氏は、新潟医療福祉大じゃない? 
 日体大のHPに理事・監事・評議員一覧が載っていて三宮博己氏は非常勤の評議員。専任区分は卒業者となっていました。
 日体大OBだったんですね。沼垂高校時代に佐藤恵選手の指導をされました。

 日体大は、駅伝監督がパワハラ問題で解任され、高校教員時代のことを考えると採用した大学側の責任も問題視されています。
 それは大学にとって、ほんの一部のことかもしれませんが、ちょっとタイミング的に、スポーツ振興に関するというのは、少々疑問も。

 かの有名な「エッサッサ」 好きな人もいるけれど、ああいうのはちょっとね、という人がいるのも確かなことで、特定の大学との協定、どうなんでしょう?

 もちろん、現役・OB・OG、素晴らしい選手・人材を輩出しているのは間違いないことですが。
コメント

分子が増えたのか、分母が減ったのか

2018-09-20 10:38:35 | Weblog
 自民党総裁選のニュースの中で、安倍総理が有効求人倍率が全都道府県で1倍を越えたと、それがアベノミクスの効果と強調しています。

 有効求人倍率は割合ですから、分母と分子があります。
 分母は有効求職者数。分子は有効求人数。

 ということは、有効求人数はそのままでも、有効求職者数が減れば、有効求人倍率は高くなります。

 東京あるいはその周辺では、分母も分子も大きくなっているかもしれませんが、いわゆる地方だと、分母が減っているところかなりあるのではないでしょうか。

 公害問題で大きな被害が出たのは、濃度規制であって総量規制ではないから、薄めてしまえばどれだけでも排出できるという実態。

 倍率も、同じことで、絶対数を見ないと、実態がわからないという点があると思います。
 
 有効求人倍率の実数はどんなことになっているのか、その数字も欲しいところです。
コメント