イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルビBB、秋田に勝利

2021-03-04 11:24:37 | バスケットボール
 昨日のB1、アルビBBは秋田と対戦。

 今季の成績は、前節まで秋田23勝16敗、アルビは12勝27敗。

 かなり厳しい試合になると思っていたんだけれど、73:53で勝利。
 
 土・日は信州と1勝1敗でした。
 
 次節は川崎戦です。この調子で好ゲームをやって欲しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BSN杯バスケ中学女子決勝

2021-03-02 09:19:22 | バスケットボール
 一昨日の深夜(日付では3月1日)、BSNでBSN杯バスケ中学女子決勝が放送されました。

 清心と大島の対戦。
 大島は長岡市立です。

 どちらも、過去に1回優勝していて、2回目の優勝を目指すという紹介がありました。

 指導者は清心が坂本一文コーチ、大島は牛膓実都樹アシスタントコーチと紹介されました。
 ともにヘッドコーチではなく、コーチとアシスタントコーチという区別もあって、そのあたりの説明は特になかったです。
 坂本コーチは鼻出しマスクで、優勝インタビューでは、鼻まで覆ってました。

 圧勝でした。78:39。ダブルスコア。
 前半終了時で38:15だから、後半は少しスローダウンしたともいえるくらい。メンバーをスターターからベンチメンバーに交代させる余裕があったということではないかと思います。

 印象的だったのは、試合前、スターターがコートに出て行くときの笑顔。
 どちらのチームもです。
 緊張感があってもいいのに、あるいは実際緊張していたのかもしれないけれど、そんなことは全く感じさせない、素敵な笑顔でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大雪の影響で1か月遅れの開催

2021-02-28 09:43:11 | バスケットボール
 昨日の深夜(日付としては今日です)、BSNで、中学男子バスケのBSN杯決勝が放送されました。

 新人戦という言い方が残っているのかもしれないけれど、U14というのが大会名かな。

 大雪の影響で1か月遅れの開催という説明でした。
 無観客での開催というのは、COVID-19の感染予防対策。
 白新中のヘッドコーチは鼻出しマスクで、それでいいんじゃないかという医療関係者の方もいるし、その場に感染者がいないという前提であれば、マスクそのものも不要なのかもしれません(優勝インタビューの時には鼻までかけていました)。
 当然、選手はマスクをしてないのですから。

 とはいえ、ウインターカップでは、COVID-19関連で棄権せざるを得ないケースが複数でてしまったから、そのあたりは検査態勢の課題があるように思います。
 
 決勝は白新中と広神中。どちらが勝っても初優勝ということでしたが、白新中のヘッドコーチは堀里也先生。鳥屋野中での実績も紹介されましたし、選手時代からずっと活躍してきました。

 広神中のヘッドコーチは藤原浩さん。特に紹介はなかったけれど、魚沼市の総合教育会議の会議録を見ると、外部コーチとして指導にあたっておられるようです。
 部員が8人という紹介はありました。
 さすがに、それだとメンバー交代の余裕度がきついでしょう。怪我はもちろん、ファールアウトというのも、絶対避けねばならない。そして、1日2試合という話もあったから、それもまたスタミナ面で大変だと思います。

 出だしは広神中のリードで、しかし、白新中は慌てることなく着実に差を詰めて、1Qは、ほぼ互角のスコア。2Q以降は、白新中がリードを広げ、最終スコアは69:44。
 白新中としては初優勝ですが、堀ヘッドコーチのことを考えると、初優勝という感じがあまりしない、そんなものも感じました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Bリーグ、オールスターゲーム中止

2021-01-11 11:03:27 | バスケットボール
 Bリーグのオールスターゲームが、開催地の水戸市から中止要請があり、それを受けて中止になりました。

 現在の状況を考えれば、妥当な判断だと思います。

 中止要請を出すというのも、ある意味決断だと思うけれど、感染拡大を考えれば、そうするしかないと思います。

 大相撲が、政府から大規模イベント中止の要請が出ていれば、中止したと言うコメントを尾車親方が取材で出していて、開催地ではなく、政府が全体の感染状況を考えて、はっきりとした方針を出した方がいいようにも思いますが、今の政府というのか、総理というのか、様子を見ているのが一番いいと思っているようで、こういうケースが出てくるのだろうと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20:0のスコア

2021-01-07 09:59:03 | バスケットボール
 ウインターカップで開志国際が棄権させられたことは、未だに納得できないというか、理不尽だと思っています。

 試合結果はどういう形で残っているのか?
 20:0でした。

 不戦敗というのはなくて、棄権した場合の20:0。
 それ以外にも20:0の試合結果はあります。

 チーム内に感染者が出た場合の棄権と、全くチーム内に感染者がなく、初戦で勝った相手の関係者に陽性者がいたから、棄権せよという指示があって、棄権。
 それでも20:0。

 それはあんまりだと思います。
 何年か経って、この年は大変だったよね、と言われた時に、20:0の試合結果が複数あって、それぞれどういう事情かまでわかるでしょうか?

 開志国際の例が出た時点で、大会中止。あるいは、棄権せざるを得ないチームが出ていた時点で、大会中止を決定すべきだったと思います。
 インターハイも国体もなかったから、この大会にかける気持ちはとても強いものがある。そういう話はスポーツ番組でもあるいは女子の決勝の中継でも出ていました。

 だけど、今はインターハイや国体の時期より、COVID-19の感染状況は深刻なのです。それが大会に影響しているのです。
 優勝チームの喜び、実施できて良かった、開催してもらったことに感謝。そういう言葉は空しさというのか、東京都での開催というダブルの意味で、不条理を感じます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルビBBのハイライト動画

2021-01-04 18:51:54 | バスケットボール
 B1、アルビレックスBBの試合、スポーツナビのハイライト動画で見ました。

 日曜日の試合が、逆転。接戦。

 土曜日は多少余裕ありとも見えるけれど、やはり京都も現状なかなか厳しそう。

 上位チームと戦っている時には、アルビのオフェンスがあんなにうまくいかないし、ディフェンスも機能しない場面見られます。

 これから、期間が空くので、新メンバーの加入もあったことですから、オフェンスもディフェンスも、どちらもじっくりと組み立てを確認して、上位チームに勝てるようになれば、地区優勝した時を思い出させてくれるような試合が期待できるかも。
 そうなって欲しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルビBB、京都に連勝

2021-01-04 12:04:08 | バスケットボール
 B1のアルビレックスBB。

 昨日も京都戦。勝ちました。連勝。

 下位チームとの対戦は落とせない。そういう状況の両チームだったと思います。
 1勝1敗かな……と思っていたので、連勝は嬉しいです。

 でも、京都もほんとに苦戦していて、ちょっとその点は気がかり。

 思えば、Bリーグは昨年、COVID-19のことで中止、再開、中止という過程をたどりました。スポーツ界では中止が早かったと思います。
 審判で発熱ありの方が出て、選手側から、不安の声もあったかと。

 今はPCR検査の定期的な実施もあるようですが、感染拡大の中、昨年とどんなふうに意識を変えているのか。

 次の試合まで、しばらく期間が開くんだけれど、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の知事から出ている緊急事態宣言発出の要請。所属チームのある都県も多いわけで、これからどんな形の対応になるのか。

 感染拡大防止を最優先に考えて欲しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルビBB、京都に勝利

2021-01-03 11:43:53 | バスケットボール
 B1のアルビレックスBB。

 昨日、京都に勝利。
 試合があるとは知りませんでした。

 三が日はお休みなのかと思っていました。
 京都も今シーズンは、なかなか勝てないという試合が多くて、そういう点ではアルビBBと共通しているかも。

 今日も京都戦。

 要するに、土曜と日曜の連戦ということなんですね。
 駅伝あり、高校生はサッカーもあるし、ラグビーもあり。
 元旦競歩も例年通りやってました。

 年末年始はスポーツイベントの多い期間というのが例年で、今年はCOVID-19の影響があるのかと思ったけれど、それも影響せずというか、影響している面も(チームが棄権とか)あるけれど、計画した以上実施するという形で、進んでいるんですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊藤領、アルビBB特別指定選手契約

2020-12-31 11:19:28 | バスケットボール
 B1、アルビレックスBBに東海大3年の伊藤領選手が加入。
 特別指定選手契約。

 開志国際出身。

 大学生はすでに2名が加入していて、若い力が増えるのは楽しみです。

 なかなか勝ち星が増えない状況を何とかして欲しいけれど、実力差が順位にはっきり出ている時期に来ていると思います。

 上位チームと下位チームの差は、そう簡単に縮めたりひっくり返されるものではないでしょう。
 そうなると、勝ち負けだけではない、どういうチームプレーをするのかとか、ミスを減らすとか、いろいろな形でチーム力アップを図って欲しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウインターカップ、女子は桜花学園優勝

2020-12-29 09:44:12 | バスケットボール
 昨日のお昼、BS朝日でウインターカップ女子決勝が放送されました。

 桜花学園と東京成徳。
 高さの差が顕著で、桜花学園強し。
 89:65。
 アマカ選手が53得点。
 いいパスを出しているから、確実に決めているというのはあると思いますが、やっぱりちょっと取りすぎというか、ハンディが必要でしょ…みたいな圧巻さ。

 東京成徳も点差を詰めていく場面があったんだけれど、追いつくことは出来ませんでした。

 スポーツが出来ることはいいなぁと思うけれど、やっていていいの?という思いも残りました。

 女子はどうだったのかわかりませんが、男子は開志国際が棄権を指示されました。対戦相手の関係者にCOVID-19の陽性者が出たから。
 そんなあんまりな…。

 もし、オリンピックでそういうことがあったら、納得します?
 勝ち上がってきているのに、1回戦で対戦したチーム関係者に陽性確認があったから、次の試合は棄権してください。そんなの絶対納得しないと思います。

 インターハイも国体もなくなって、ウインターカップだけは絶対にやれるんだと信じて、とか、こういう状況で大会が出来ることに感謝して、という言葉は出てくるけれど、実施されてないですよ。無理矢理棄権させられるチームがある。それを大会ができてよかった、ありがたいというのは、不条理を感じます。

 スポーツも出来ない状態になったら、世の中全体が暗くなるというのはあるにしても、元気いっぱいコートを走り回る選手たちと、ベンチからの声だと思うけれど、声援もあって、でも、試合が出来ずに去ったチームもある。
 
 チームや選手の責任ではないけれど、どこかに一本しっかりした方向性を出さないと、素直に喜べないという、もやもやが残ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする