ホームメイド・ケフィアを好きな方のために

ホームメイド・ケフィアをこれから始めたい方、すでに始めている方のブログです。ケフィアについての感想や質問をお書き下さい。

ケフィアからの生物活性化合物と健康に対するそれらの潜在的な利点 :系統的レビューとメタ分析

2022年01月19日 15時36分23秒 | Weblog
コーカサス地方から発したケフィアは現在では世界各地で作られています。ケフィアの製造方法にはケフィアグレインで発酵させる職人的方法と、ケフィアグレインから分離した乳酸菌・酵母スターターで発酵させる工業的方法があります。ここに紹介するレビューはその両方で作られたケフィアに含まれている機能性成分の作用機序について、網羅的に解説しています。弊社のホームメイド・ケフィアは工業的に作られるケフィアスターターを家庭で作りやすく小分けr包装したものです。最近、ケフィアグレインからプロバイオティクスを分離する目的で多数の研究論文が発表されるようになりました。このレビューはそれらの論文を精力的に集めていますが、工業的に作られているケフィアは網羅できていないようです。
したがって、結果はケフィアグレインによるケフィアに偏ってるように思いますが、その点を考慮すればケフィアの健康価値についてよくまとまっています。図はケフィアの機能性成分の作用機序を示しています。PCはこちらを、スマホの方はこちらをクリックして、日本語に翻訳したレビューをご覧いただけます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腸内細菌叢、肺の状態および冠状動脈性心臓病の間の相互作用、そしてプロバイオティクスがこれらにどのように影響するか?

2022年01月13日 13時28分59秒 | Weblog
今日紹介するのはドイツの科学者によるレビューです。著者による要旨の一部を次に引用します。「健康な腸内細菌叢の重要性は強調しすぎることはありません。その組成の乱れは他の臓器にまで及ぶ様々な症状を起こす可能性があります。・・・ここでは腸と肺の軸に沿った臓器官コミュニケーション、および肺と冠状動脈性心臓病の間、および心血管疾患と腸内細菌叢の間の相互作用について説明します。COVID-19感染の臨床転帰にも影響を与えるこの器官の三角形は、免疫細胞や短鎖脂肪酸やトリメチルアミン-N-オキシドなどの免疫調節因子を含む多数の受容体とエフェクターによって接続されています。腸内細菌叢はこれらのそれぞれにおいて重要な役割を果たし、したがって肺と心臓の健康に影響を及ぼし、この相互作用は両方向で起こります。腸内細菌叢はプロバイオティクスの経口摂取によって影響を受ける可能性があります。」PCの方はこちらを、スマホの方はこちらを、クリックすると日本語でお読みいただけます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

乳酸菌を利用した新型コロナに対する経口ワクチンの開発

2022年01月07日 11時37分21秒 | Weblog
ホームページに「発酵乳・腸内細菌叢の科学:研究の最前線」というページを設けて、先端的な研究論文を紹介していますが、今年最初に紹介する論文は”SARS-CoV-2経口ワクチン開発のための潜在的なアジュバントおよび送達システムとしてのLactiplantibacillus plantarum.”です(PCはこちらから)。.ちなみにLactiplantibacillus plantarum は、ホームメイド・ケフィアの発酵菌の一種Lactobacillus plantarumと同じ菌種ですが、最近種の名称がLactobacillusからLactiplantibacillusに変更になりました(但しこの論文に記載されている菌株と同じではありません)。SARS-CoV-2は新型コロナの原因ウイルスです。このウイルスに対するワクチンは既に実用化されていることはご存じの通りですが、使用中のワクチンは筋肉注射する全身ワクチンです。新型コロナは鼻腔や肺の粘膜から感染しますから、粘膜で防御効果を発揮する粘膜ワクチンが望ましいが、著者によると乳酸菌ワクチンは粘膜と全身で効果を発揮できるとのことです。アジュバンドとはワクチンの効果を高める作用のことで、乳酸菌にはアジュバント効果の強い菌が多い。Lactiplantibacillus plantarumは胃の強い酸性に耐えて腸に達してコロニーを形成できるので経口ワクチンとして使用できるなど乳酸菌ワクチンのメリットが多い。実用化が待たれるところです。図は腸および呼吸器組織におけるウイルスに対する耐性および免疫応答に対する経口投与された組換えLactiplantibacillus plantarum株の有益な効果を示しています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

増え続ける研究論文の発表

2022年01月04日 13時49分40秒 | Weblog
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
上図を見てください。これはAntioxidants 2021, 10(11), 1845に掲載されたThiago M. C. Pereira らのレビュー「脳腸軸の新たなシナリオ:神経変性疾患に対するケフィアの治療作用」からの引用ですが、ここ数年この分野の研究が著しく進歩したことがわかります。私は新しい文献に接するたびにワクワクします。中には理解を超える研究論文もありますが、読んでいるうちになんとなくわかってくるのが楽しくて、皆さんとぜひ情報を共有したいと考え、ホームページに「発酵乳・腸内細菌の科学:研究の最前線」という紹介ページを作りました。ホームページからリンクを付けて日本語訳を読めるようにしています。ご興味のある方は(PCの方はこちらを、スマホの方はこちらを)クリックして読んでください。今年も出来るだけ多くの研究論文を紹介したいと思っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

発酵食品や発酵飲料は腸内細菌叢をサポートします。

2021年12月28日 09時57分02秒 | Weblog
"COVID-19に対する微生物叢を介した食事および栄養介入"
このレビューは、COVID-19感染による重症化を防ぐための食事、栄養について述べています。
著者らがレビューの中で述べているケフィアについての記述を次に引用します。
”ケフィアは、宿主の免疫力を調節し、ウイルスや細菌の感染の可能性を減らし、多くの宿主の代謝状態に利益をもたらす、安価な自家製の発酵ミルク飲料です。ケフィアの発酵プロセスには、乳酸菌と酵母の共生作用が含まれます。
細胞株研究は、T細胞増殖の減少に対するケフィアの効果とジカウイルス曝露の細胞変性効果を報告しました。乳酸桿菌を含む新しいケフィアは、樹状細胞の天然アジュバントとして作用し、いくつかのサイトカインの分泌を促進し、細胞傷害性T細胞の活性を増強し、ウイルス感染に対して作用します。”
樹状細胞は”免疫の司令塔”と言われている抗原提示免疫細胞です。ここで述べているケフィアは弊社のケフィア菌ではありませんが、コーカサスのケフィア粒を起源とするケフィアには数多くの乳酸菌・酵母が含まれており、世界には多くのケフィアが作られています。ケフィア粒からスクリーニングした乳酸菌や酵母によって、それぞれのケフィアの風味や効用が変わりますが、樹状細胞を活性化する乳酸菌については研究報告が多く、ケフィアが自然免疫を活性化してアジュバンド効果を持つことは信憑性があるように思われます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ケフィア研究の最先端情報を紹介します

2021年12月22日 13時57分11秒 | Weblog
今年(2021年)10月に投稿されたばかりのホットな情報です。神経変性疾患(ND)は、中枢神経系(CNS)のさまざまな領域の軸索およびニューロンのゆっくりとした段階的な変性を特徴とし、運動および/または認知障害を引き起こします。 これらの複雑な障害は、神経変性を悪化させる2つの主要な全身状態である酸化ストレスと炎症と密接に関連しています。 このレビューは、パーキンソン病(PD)、アルツハイマー病(AD)、認知症、てんかんなどの慢性神経障害の重要な原因である酸化ストレスと炎症に対するプロバイオティクス ケフィアの治療上の利点について議論しています。
上図は、著者らが心血管/腎臓病とケフィアを使用したプロバイオティクスサプリメントに焦点を当て、有益な細菌に曝露した後のマウスとラットでの実験的調査で観察されたいくつかの直接的/間接的な交感神経遮断メカニズムを示しています。ただし、ここに紹介するレビューは弊社の商品について論じているものではありません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ケフィア研究の最前線を紹介します

2021年12月14日 09時53分49秒 | Weblog
感染症あるいは慢性疾患にDysbiosisが注目されるようになりました。Dysbiosisは日本語で腸内毒素症と記され、腸内細菌叢のバランスを欠いた状態を示します。ケフィアやヨーグルトはプロバイオティクスとして、腸内細菌叢のバランスを改善する働きがあり、世界の多くの研究者によって発酵乳の効用が解明されつつあります。今年8月に発表されたレビュー”ケフィアと腸内細菌叢:人間の健康への影響”はケフィア研究の最前線の研究論文を紹介しています。上図はケフィアなどのプロバイオティクスの使用は、脳腸軸に直接影響を与え、生物の恒常性の調節に影響を与える可能性を示しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腸内細菌叢の健全化によってCOVID-19の重症化を何処まで防げるか

2021年12月03日 15時55分47秒 | Weblog
新型コロナも終息に向かうかと思いましたが、また新しい変異株オミクロンの出現によって、再び緊張状態になっています。ウイルスは常に変異を繰り返して、ワクチンの開発と”いたちごっこ”を繰り返すことになるのだろうか?
腸内細菌叢によってCOVID-19の重症化を防げるという確たる証拠はまだありませんが、10月に最先端の研究論文をまとめたレビュー”腸内細菌叢とCOVID-19の免疫系に対するその影響—ナラティブレビュー”が発表されましたので紹介します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

脳-腸相関について最先端の論文を紹介します。

2021年11月25日 11時51分41秒 | Weblog
最近、脳-腸相関という言葉をよく耳にするようになりました。上図はイタリアとイギリスの研究者の共著によるレビュー”腸内細菌叢:脳の老化と認知障害における重要なコントローラーと介入ターゲット”から引用した脳-腸相関図です。
著者等は、脳機能を維持するために健康な腸内細菌叢を保存することの重要性を強調しています。タイトルをクリックして日本語に翻訳した論文を読んでください。原著を読みたい方はこちらをクリックしてください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

免疫調節性乳酸桿菌がSARS-CoV-2感染に対する耐性にプラスの影響を与える能力

2021年11月02日 12時10分53秒 | Weblog
新型コロナウイルスの感染に対する抵抗力を高める乳酸桿菌の能力について最近発表された研究論文を紹介します。上図は免疫調整性乳酸桿菌ここではラクトバチルス・プランタラムの新型コロナウイルス感染に対する抵抗力を示しています。図中b,cはコントロールを、a,b はラクトバチルス・プランタラムの菌株を示しています。弊社のホームメイド・ケフィアもプランタラム菌で発酵させていますが、著者によるとこの能力は菌株依存的だそうですから、ケフィアを食べてどれだけ抵抗力が高まるかわかりませんが、発酵乳の力には可能性を感じます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヴィーリの粘り(菌体外多糖)は腸内で酪酸をつくる菌を増やします

2021年10月27日 11時28分46秒 | Weblog
自社の研究論文を紹介します。
腸内細菌は偏性嫌気性であるために培養が難しいが、光岡先生が培養技術を開発し人の腸内には100種類100兆個の細菌が存在することがわかりました。
その後、遺伝子解析により腸内細菌が分析されるようになり、腸内細菌の解析が進み1000種類100兆個の腸内細菌が存在することがわかってきました。
上図は遺伝子解析技術(次世代シーケンス)によって、ヴィーリを食べさせたマウスの腸内細菌を解析した結果を示します。
ヴィーリを食べさせたマウスには次図に示すようにムリバキュラムが増えることがわかりました。
ムリバキュラムは哺乳類の腸内に普遍的に存在することがわかっていますが、これまでどのような働きをするかわかっていませんでした。私達の研究でムリバキュラムは酪酸を産生することがわかりました。酪酸は腸管上皮のエネルギーを与え蠕動を促し便秘を防ぐ働きがあることがわかっています。さらに酪酸には抗炎症効果や腸内毒素症を改善する可能性が指摘されています。

光岡先生の培養技術の開発によって発見されたビフィズス菌が、現在人の健康に大いに貢献していますが、遺伝子解析によって存在が一挙に増えた1000種類の腸内細菌の働きはまだほとんどわかっていません。ムリバキュラムの健康効果の解明を期待しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腸内細菌叢は人の寿命にも影響する?

2021年09月21日 14時02分29秒 | Weblog
上図はJohn P. Haran & Beth A. McCormick著の論文”Aging, Frailty, and the Microbiome—How Dysbiosis Influences Human Aging and Disease”からの引用です。
図は人の一生における腸内細菌の変化を表しています。図中の放線菌門は主としてビフィズス菌です。乳幼児期は母乳栄養児も人工栄養児もビフィズス菌が多数を占めていますが、成長に伴いビフィズス菌が減ってきます。注目すべきは100歳近い高齢者の腸内細菌に占めるビフィズス菌が多いことです。著者はこの点について触れていませんが、100歳に近くなると誰でもビフィズス菌が増えてくるということではなく、ビフィズス菌が少ない人は早く亡くなって、ビフィズス菌が多い人が100歳まで生きているということではないでしょうか? この論文は腸内細菌が人の寿命や老化を支配している可能性を示しています。さらに次図を見ると、認知症や関節リューマチ、糖尿病、感染症なども腸内細菌によって影響される可能性を示しています。腸内細菌叢は食べ物によって変わります。乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスによって腸内細菌槽を改善できます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ感染おける腸内細菌叢の重要性

2021年09月13日 13時28分36秒 | Weblog
最近発表された143の研究論文を網羅したレビューを紹介します。下記のタイトルをクリックしてレビューを読むことが出来ます。
COVIUD-19における腸-肺軸の腸内細菌叢変調
著者は新型コロナは呼吸器だけではなく、消化管にも感染し腸内毒素症をおこして、消化管免疫に変調をきたし新型コロナの症状を悪化させると述べています。
次図には腸内毒素症を生じた場合と健康(ユービオーシス)な場合の腸内細菌叢の状態を示しています。
著者によればユービオシスを保つためにプロバイオティクスの重要性についても述べています。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ(COVID-19)に感染して軽症の人と重症化する人は、何に違いがあるのか?

2021年09月02日 15時42分57秒 | Weblog
この問いの回答を示唆するレポートがドイツの科学者によって発表されましたので紹介します。
タイトルをクリックすると、和訳したレポートを読むことができます。
タイトル;COVID-19は腸内細菌叢にどのように影響しますか?
高度な内容ですが、著者は次の通り要約しています。

•腸内細菌叢は健康の重要な要素です。
•腸、腸内細菌叢と肺の間には、いわゆる肺-腸軸と呼ばれる双方向の相互作用があります。
•COVID-19感染は、回復した(PCR陰性になった)後も持続する顕著な腸内毒素症を伴います。
•腸内細菌叢の組成は、SARS-CoV-2感染に対する免疫応答に影響を与える可能性があります。
•腸内毒素症は、特に高齢と併存疾患(肥満、糖尿病、メタボリックシンドローム)の状況で、いわゆるサイトカインストームを伴う重度のCOVID-19のリスクを高めます。
•プレバイオティクスとプロバイオティクスが胃腸管と肺の両方で抗ウイルス免疫応答を強化できるという証拠が増えています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リモート授業を行いました

2021年07月23日 16時52分57秒 | Weblog
弊社に勤務していたマリア・ヨトヴァさんが立命館大学食マネジメント学部の准教授になったことは以前紹介しましたが、マリアさんに頼まれて臨時講師としてリモート授業を行いました。
弊社の創業から今日までの商品開発の苦労話や、ケフィアやヨーグルト、ヴィーリの起源やその健康効果などについて話をしましたが、はじめての経験でしたが楽しい授業が行えました。
最近は学会もリモートで参加できるので、気軽に聴講できるようになり、出不精の私には非常に助かっています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする