ヤスジロウのdiary ♬

なみにうまれて かげをのこす

京都一周トレイル ~ ① ~

2020-06-28 | 山登り

20・6・25 Sat 


京都一周トレールについて漠然としたイメージしか持てなかった僕ですが、
ようやくそのトレールを歩く機会が訪れました。
武生に集合してtaizoさんの車で出町柳へ。
今回も先週の焼岳登山と同じメンバーで歩きました♪
出町柳(5:40)から地下鉄に乗って伏見稲荷(6:05)へ。

 

 


案内標識を一つ一つと確認しながらトレイルを進み、東山山頂公園で休憩♪
道中、これまでのサイクリングでは見ることのできなかった
この京都の風景に僕は静かな感動を覚えずにはいらませんでした。


 

 


粟田口で東海道を横切ります。
蹴上(8:50)の疎水辺りの風景は気持ちの良いところです。

 

 

 

↑何気に洒落てて気に入りました!

 

以前から登ってみたかった大文字山(10:00)が今回のハイライトでしょうか。
いつも下から眺めていた処に来れて嬉しい♪

 

 

 

下山した継いでに、慈照寺(10:55)に寄ってみました。
その後、出町の御菓子屋でお土産のお餅を買ってから
車(13:00)に戻りました。

いつになるかは分からないけれど、
トレイルを繋いで京都市街をグルリと歩けるといいなぁと思う♪

taizoさん、今回も車の運転をはじめ、
いろいろとありがとうございました。

 

コメント (2)

宝達山から七尾城址

2020-06-22 | ロード

20・6・21 Sun 

三時過ぎに起床して、車にバイクを載せて内灘へと向かいます。
内灘CTで浅ちゃんと待ち合わせをして6時前に宝達山へとバイクで出発 

 

 

 

竜宮城前に到着(8:15)

 

羽咋方面を見ています。

 

 

 

今日はまだ何も食べてないので、すしべんでカツ丼定食を補給(9:21)。
食欲も落ち着いたところで、のんびりと農道を北上して石動山へと向かました。

 

 

 

中能登鹿島辺りから石動山へ(11:20)。
山岳信仰の址地に他は何もいらない、
そんな自負に満ちているのかどうかは分かりませんが、
そうだったらいいと思う。

 

 

 

石動山から一旦下って、七尾城跡へと登り返します。
七尾湾を一望するこの景色は最高ですよ(12:15)。

なんだか、ドレミの歌が聴きたくなりました♪

 

 

 

城址から少し戻って花園藤野線から富山湾に面する
黒崎町へと下りました(13:21)。

 

 

ベタな感覚ですが、やはり海岸沿いの景色は素晴らしい♪

 

 

空腹を我慢しながらやっとここまで来ました。
当てにしていた海鮮丼のお店が閉まっていたので、
氷見の道の駅で昼食を摂りました(15:02)。

 

 

 

氷見市街からは山裾をからむルートをとって小矢部へ。
天田峠(16:46)から県境を越えて津幡へと下ってゆきました。

そろそろゴールも見えてきたので、
津幡のコンビニでアイスとジュースを補給。

 

 

津幡から河北潟を絡んで内灘CTに戻りました(17:50)。
浅ちゃん、今回もお付き合いいただきありがとうございました。
おかげさまで能登の新たな一面をみることができました。

帰宅後、風呂に入ると、
手首には日焼けを免れた時計あとが白く残っていました

Dst 166㎞

 

コメント (4)

焼岳から上高地

2020-06-22 | 山登り

20・6・20 Sat 

三時過ぎに鯖江を出発して焼岳へと出発。
メンバーはtaizoさん、ワカちゃん、シンさん、僕の四人です。
中の湯の駐車場に車を止めて出発(6:51)。

ゆるやかで歩き易い登山道をボチボチと登ってゆきます。
途中、小休止をとっていたら虫が寄ってきてどうも落ち着かない、、、
なので、休息もそこそこに出発。

 

 

 

陽射しと涼しい風が体に心地いい、そんな鞍部への登りです♪
先ほどまでまでかかっていたガスは消えて、
青空が広がりました♪

 

 

 


鞍部に到着しました。
無雪期の景色もまたいいものです♫

 

 

火口の景色と噴気の香りを満喫しながら北峰山頂へ。
ちょい見せの笠ヶ岳にも心が惹かれました。

 

 

 

焼岳山頂に到着(9:33)
雲から頭を出している槍ケ岳から明神岳までの連なりと、
雲の切れ間に覗く上高地の眺めが良い感じです。

 

 

山頂での時間を満喫した後は、
新中尾峠を経て上高地へと下ってゆきます。

 

 

 

難所を越えてやっと登山口に着きました、、、(11:50)
そろそろ林道に出れるかなぁと思ってからが、とにかく長かったです

 

 

 

河童橋(12:20)までは梓川の右岸の遊歩道を絡んでゆきました。
適度な賑わいの上高地はとても居心地がよかったです♪

 

 

 

そんな、河童橋付近でのんびりと昼食をとりました

 

 

昼食後は久しぶりに訪れる田代湿原や大正池に
寄り道しながら釜トンネルを下ってゆきます(13:58)

 

 

 

釜トンネルを抜けたら、あとは安房峠への道を上り返して終了(15:37)。

中の湯で汗を流した後は、平湯温泉でかつ丼を食べました。
そして今回ようやく温泉卵も食べることができました。

これまで上高地でのんびりと過ごす機会も気持ちもなかったけれど、
今回は焼岳登山と上高地散策の両方が楽しめてとても充実した気分になりました。
皆はどうだったろう 

「taizoさん、今回も車の運転ありがとうございました」

歩いた距離 20㎞

コメント (4)

野坂岳から岩籠山への継続ハイク

2020-06-07 | 山登り

20・6・7 Sun 

ハクイチの翌日はバイクの仲間達と山登りなので、四時前に起床しました。
寝ぼけ眼で家の階段を下ていると、筋肉痛で足元がおぼつかない感じが、、、
そして心の中で思いました、「今日はオワッタなぁ、、、」と

 

着替えや登山靴といった本日の全装を担いでバイクに乗ってシンさん宅へ(4:30)
道中、ペダルを踏んでると、やっぱお尻がイタイ~
同宅に迎えに来てくれたササマン君の車にシンさん、僕が乗って三人で敦賀へ。
途中、武生のコンビニでtaizoさん、Wちゃんと合流
総勢五人と賑やかです♪

六時前に野坂憩いの森から登り始めてると皆は先に行ってしましました
置いてきぼりとなった、そんな僕に寄り添ってくれたtaizoさんが有難かったです♫
七時過ぎに野坂山山頂に到着しました。

 

 

山頂で小休止をして山集落へと下山します、、、
え、、、また走るの、、、 

 

 

 

八時半前に山集落に下り立ち自販機前で休憩♪
ここで午後からの用事があるtaizoさん達と別れて、僕たちは次の岩籠山の登山口へ。
それにしても、お尻の谷間にパンツが擦れるとイタイわぁ、、、

 

 

 

シンさんササマン君の登魂と、風の涼しさに助けて貰いながら
なんとかここまで来れました。
振り返ると、さっき登った野坂山が見えました。

 

夕暮山から岩籠山をのんびりと辿って平原へ。ここで小休止。
今日もコーラと黒豆せんべいが美味しいです♪

 

 


平原から駄口登山口(11:40)へと下って山道区間は終了しました、、、
考えただけでもツライのですが、あとは車道を歩いて野坂憩いの森へと戻ります。
陽射しを避けて、途中のコンビニでフラペチーノを食べながら休憩

 

 

 

少年自然の家の看板があらわれました、嬉しい、、、
シンさん、ササマン君 今回もありがとうございました。

無事に車(14:30)に戻って着替えた後、
僕の望みで王将で定食を食べてから帰りました

今回も皆のおかげで愉しい休日を過ごすことができました。
こんな僕ですが、また揉んで下さい

歩いた距離 29,4

 

コメント (4)

白山一周  2020

2020-06-07 | ロード

20・6・6 Sat  

「明日こそは白山一周サイクリングをやるぞ」
と心に決め、真夜中に目覚ましをセットして布団の上で横になり目を瞑り、
そして小一時間が経過した頃、、、
アカン!一旦眠ってしまったら、きっと睡眠の快楽に抗えないまま朝を迎え、
そうやってハクイチを先送りにした朝をこれまで何度迎えてきたことか、、、

課題の先送りは止しにしょうと、意を決して布団から出て
サイクリングの支度をして5日の23時過ぎに自宅を出発~♪

 

 

 

自宅から大野まで走って適当な場所で2:30から約一時間半の仮眠をとりました。
睡魔よりも目覚めたら走り出さなきゃ、という流れの中に
自分を置いておかないと重い体が動きません、、、

四時に再び出発して油坂トンネル(5:34)を越えたところで、
やっと”ハクイチ”の気分が高まってきました。

 

 

 

 


当面のエネルギーを補給しておこうと思い、
白鳥のコンビニで朝食としてカップ麺とおにぎりをとりました。
その後、のんびり長良川の景色を見ながら北農駅(6:17)を通過、、、

 

 

 

途中でローディーに追い越されながら、ひるがの高原へ(7:14)。
牧戸側へと下って庄川沿いを北上します。

 

 

 

 



御母衣ダムを横目に通過して平瀬集落を抜けて弓ケ洞にかかる橋の上で
三方崩と奥三方の鞍部らしき稜線がみえました。
荒谷にかかる野谷橋からの眺めにも期待していたのですが、ダメでした。


 

 

白川郷に到着(8:50)。
こうしてバイクで来るのは何年ぶりだろう、、、

 

 

集落の中を写真を撮りながら歩いたり、
乗車したりして過ごしました。

 

 

 

 


人気が疎らなおかげで静かなひとときを過ごせてイイ感じです♪

 

 

荻町を後にして、コンビニで行動食を買って
鳩谷の長閑な通りでポケ~っとしながら休憩(9:42)

 

 

富山と岐阜の県境が交互に出てくる区間のシンボル、合掌大橋。

 

今回、白山中居神社も白山比咩神社も平泉寺にも立ち寄らないので
ここだけ立ち寄ってみました(10:40)

 

 

 

左岸から右岸へと五箇山集落を抜けて平集落から
山越えをして城端を横目に福光市街へ(11;55)

 

 

福光からR304号に入り金沢市街へ(13:09)

 

 

金沢からは県道と産業道路に絡みながら粟津温泉へ。
街中のスーパーでシナノゴールド一つを購入して齧りながら休憩。
ついでなので那谷寺の前でコーラを補給(15:18)

 

 

 

山城温泉からR8号にのって福井県に戻りました(16:04)。

ふと、今日が護国神社のお守りの授与日だったのを思い出し、
急いで護国神社へと向かって走ります
汗だくの姿で授与所へと行くと、一つだけ残っていました”望月の守り”が♫
巫女さんと少し世間話もできて二重に嬉しかったです、、、

その後、いつもお世話になっている”さわちゃんのお店”に立ち寄って
小一時間を過ごしました。
お店から自宅への途中、今度は片町の交差点でISのフクさんに会いました
久闊を除し、十分程ほどを過ごし、そして帰宅しました(18:55)。

もぅ疲れてヘロヘロだし、明日の早朝に約束もあるので
とっとと寝ることにします、、、

Dst 342㎞

コメント (2)

岩籠山  2020

2020-05-31 | 山登り

20・5・30 Sat 


長男と妻と僕の三人でハイキングに出かけました。
こうして皆で休日を過ごせたことが嬉しいです。

新たな思い出が一つふえました、ありがとう 

コメント

ヘコイチ ~ 部子山一周 ~

2020-05-24 | クロスバイク

20・5・23 Sat 

今日も朝寝坊で一日の勢いをそがれた感のある僕ですが、
そんな気分に負けないようにと意を決して、バイクを車に積んで池田町へ。
九時過ぎに水海の集落からバイクで出発。

先ずは、今日の道程を漠然と考えながら
水海川沿いの熊河池田線を進み彼之又河沿いの林道登り口へ(10:03)

 

 

 

彼之又川に沿った林道の途中から巣原峠への道へと入ると、
以前に走ったときよりも下草は大人しい状態で一安心。
最初は乗車もしたけど、道が荒れてきた辺りからバイクを押して進みました

 

 

 

荒れた道は更に細くなり二度目の急カーブを越えると巣原峠のある鞍部が見えてきました。

 

 


巣原峠着(10:54)
小狭い峠にあった看板類は藪の中に打ち捨てられて、
ここが巣原峠だという感慨にひたれるものは見当たらない、、、
以前にも増して自然の中へと埋もれたような感じだなぁ。

 

 

そんな峠の藪を分けると昔からのお地蔵さまが佇んでいました。
見れば不憫な気色なので、草苦しさそうな雑草をちょこちょこと除いて
少し風通しを良くしてから大野側へと越えてゆきました。

 

 

 

 

前回のときは大野側の林道は走りやすい状態だった、、、と思ったのですが、
今回走ってみると草は生え放題で、段差も出来ていてなんだか廃道のよう、、、

更に下ってゆくと沢の水が林道に入りぬかるんでいたりもするのですが、
ただ、路面の状態は少しづつでも良い方向へと向かっているように感じました。

ようやく部分的に舗装が出てきたので、ひとまず安心、、、

 

 

新しい堰堤二つを横目にそれなりに快適な舗装路を下ってゆくと
新設された観光ポイント、花栃(11:11)。

 

 

 

雲川沿いのR157(11:26)に出て、中島公園着(11:42)で小休止。
長閑な雰囲気のなかでパンを食べながら休憩♫

 

 

 


真名川沿いをひたすら下って五条方から清滝川を目指して西進。
宝慶寺線34号に合流して、宝慶寺キャンプ場から広域林道大野池田線へ。

 






云うまでもないことですが、広域林道大野池田線はツライです。
元気があるうちは乗車して走れたけれど、だんだんと押して歩く時間も長くなってきました。
そうこうしているうちに、あぁ、とうとう5番の看板があるJctに到着(14:50)

暫し立ち止まり、このまま車へと下ってしまおうか等と弱気になりますが、
ここは自分を鼓舞して部子山への上りに入ります。

 

 

 



君たちも元気だね、もうすぐ山頂だよ♪


ううぅぅ、、、5番から4番までがとにかくツラかった、、、
3番以降はそれなりに高山に来た気分が味わえるようになりました。
0番からは山道を辿ってお花を見ながら部子山山頂へ(15:45)

「これで心置きなく帰れるわぁ」という安堵の気持ちにひたりながら
食べる黒豆煎餅と麓の自販機で買ったコーラはメッチャ美味かった♬

 

 

今まで部子山なんて、、、と思う面もあったけど、
今回の部子山の山頂には癒されました♪

 

 

 


ガァァァ~っと下って水海集落に到着(16:50)
でもって、明日のトレーニングに備えて早めに就寝 

Dst 83㎞

 

 

                            

 

 

そして、アイゼントレ!

 

未明に自宅を発ち、残雪の高山へ。

 

 


アイゼン他のトレーニングを兼ねて山頂へ!

歩いた距離 13㎞

コメント (6)

新湊へ 2020

2020-05-18 | クロスバイク

20・5・17 Sun 

金沢まで車に乗せてもらい、金沢東からバイクで出発。
津幡辺りで霧雨っぽい感じの中を走ることになり
道の駅で雨が止むのを待ちます(11:00)。
何もすることもなく、ベンチで佇みながらラジオ📻を聴いて過ごすこと約一時間、、、
小止みになったところで天田峠(12:30)を越えて山裾をなぞって伏木港方面へ。

 

 

伏木といえば、僕が思い浮かべるのはパルプ工場の煙突です(13:40)。
川向うなので伏木ではなく高岡になりますが、、、

 

 

 

新湊の真ん中を流れる方生津内川に到着(14:00)。
生憎の曇り空なのがザンネン、、、

 

 

北側の通りや小路も素敵なのですが、
やっぱ、水辺の景色ばかりに目が向いてしまいます。

 

 

 

数年前に家族と一緒に見て以来の海王丸です(14:18)。
今はその船をこうしてひとりで見ています、、、

ここから自宅へと引き返すことにしました。
庄川沿いを南下して砺波市街を抜けて内山峠を越えて金沢へ。

 

 

静かな浅野川にて(18:02)

 

 

陽は沈んでも、まだ明るい感じです。
そんな美川大橋(19:27)。

 

 

 

夜の安宅集落の中で方向感覚を失い、大回りをしてしまった、、、
そんな小松空港(19:59)

 

 

 

加賀から大聖寺川へ。
右岸の140号から北潟湖左岸を通って芦原街道を南下して中角歩道橋(22:35)。

 

途中、「👓SABAE」の電光看板を眺めながら、
「返ったら何食べようかなぁ、、⁉」と考えながらヨロヨロになり帰宅(23:22)。

Dst 240,5㎞

 

 

 

                                

 

 

 

 

 

そうそう、次男が高校時代に育てていたバラが
今ではこんなに大きくなりました。
君が健やかに過ごせているのなら、父さんはそれで満足です。

コメント (2)

高倉峠/塚林道  2020

2020-05-11 | クロスバイク

20・5・11 Mon 


南条からバイクでスタート(6;30)
今日は田倉川沿いを走って、久しぶりに高倉峠へと向かいます。

 

 

あまりの涼しさに堪らずウインドブレーカーを着込みました、そんな高倉峠に到着(8:40)
県境付近は生憎のガスで眺望はなく、視界も限られて走りにくい感じです

 

 

雲の中にある峠から抜け出し、冠峠からの道と合流して行動食を補給(9:20)


 

 





徳山ダムの広大な貯水池を眺めながら走ります♪

 

 

 



国道の分岐から程近い横山ダム(10:57)へ。

 

 

道の駅(11:26)、暑くて汗が流れます、、、

 

 

 

木之本のR303から余呉へと抜ける丹生トンネル(12:50)を利用して
戻りのルートを短縮しました。

 

 

高時川の流れに暫し癒されました♫

 

 

中河内(14:30)の手前でハンガーノック状態となり、
休止を兼ねながら行動食を補給、、、

 

 



今日の栃ノ木峠への坂道はいつもよりもツラく感じました。
車への到着(15:56)。

             


 お腹をペコペコにしながら帰宅すると、今日の夕飯が
偶然にも僕の大好きな鶏の唐揚げ(※彼女が作る鶏の唐揚げはとても美味しいのです)
であることを知りとても嬉しくなりました。
そして、椀に二杯のご飯と鶏の唐揚げ山盛りとスパサラを美味しくいただきました、、、

しかし翌朝も空腹感はつづき、休日の朝はあまり食べない僕にしては珍しく
椀に一杯のご飯とおかず少々+カップ麺Bigカレー味とマック二個を食べました 

Dst 143㎞

 

 

コメント (2)

山トレ・プラス

2020-05-09 | 山登り

20・5・9Sat 

山道を辿ってトレーニング開始(6:10) 

 


プラス、池に寄ってから下山して終了(13:00)。

コメント