同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

オバタ

2016-07-31 22:23:34 | 個人練習 : 小畠 和也
7/25月
ロード
回復走 18.25km

7/26火
ローラー
10分(r.5分)×4
219w.221w.219w.224w

楊さんに応援してもらった。

7/27水
ロード
日吉、美山コース 130km 151w
高雄 2分51秒 330w

途中まで川元さん、中野、小林さんもいたが先頭交代はしていないので普通のペース走。

7/28木
ロード
京北往復 70km 140w
40分おきにスプリント

思ったより昨日の疲れが残っている。のに今日も予定より疲れを溜めてしまった。

7/29金
ロード
流し 17km
インナースプリント 3本

練習後、東京へ。宮地さんがずっと運転してくれて自分は後部座席で爆睡。気づいたら東京でした。


7/30土
ロード
湾岸クリテ
C3 B 1位

レースは先頭でスタート。5周目あたりのコーナーで前の選手が落車して、巻き込まれはしなかったがチェーンが落ちたのでニュートラルが適用された。2周分みっちり休憩してレースに復帰。9周回目あたりで先頭でコーナーを入って下りで少し踏んだらまさかの集団から抜け出す。すぐに吸収されると思って力を使いすぎないようにマイペースで走っていたが5秒差ほどをキープしてなかなか追いつかれない。一度は法政の選手が追いついてくるもすぐに後退していく。残り8周あたりで吉川さんや白崎さんから逃げれるぞと言われたので覚悟を決めてペースアップ。最大で25秒差ほどまで開いたが最後は2位と17秒差で逃げ切れた。1人になってからは、登りでペースを落とさないように踏んで、コーナー後の下りでしっかりペースを上げて平地区間は足をためるという一定のリズムで走ることを心がけた。実況だけでなくたくさんの人がタイム差を叫んでくれたり応援してくれたのでなんとか最後まで踏み続けることが出来ました。
自分1人のために今回サポートで来てくださった松本さん、宮地さん、ありがとうございました!

7/31日
ロード
回復走 22km

雲ヶ畑の川でアイシング。午後は映画を見に行った。世にも奇妙な物語的な、不気味でなんか後味の悪い終わり方のお話だった。明日からまた練習や合宿頑張ろうと思います。
コメント

2016-07-29 18:28:37 | 個人練習 : 森達哉
7/25
ピスト
ローラー 30分 30秒もがき30秒レスト×5
筋トレ
腹筋30回
背筋30回
腕立て30回
7/26
休養日
7/27
レッグカール 25kg 6回×5×2
アームカール 15kg 10回×3
腹筋 30回
デッドリフト 40kg 10回×3
腹筋30回×2
体幹 1'30×2
7/28
花脊峠→サンダイコー 70km
花脊TT 25'49
サンダイコーで中森君と出会い栗尾峠を登って帰りました。
7/29
京見 15km
京見TT 9'37
奮発して買ったmavicのタイヤが1ヶ月そこそこで前後輪両方穴が空いたのですごく悲しいです。二度とmavicのタイヤは買いません。
コメント

中野

2016-07-26 11:58:38 | 個人練習:中野雄太
7/22 移動日


7/23 白馬クリテリウム ポイントレース形式
3C 36位

最前列からスタート。ニュートラルで前から3列目に入り、5番手以内で回す。しかし、2周目の途中のコーナー立ち上がりで足をつる。そのままいっきに集団後方へ下がる。キープしようとしたが、痛すぎて、集団から遅れたグループで完走を目指す。そのまま、5人くらいで先頭交代をして周回を重ねる。8周目、もう一度つりかけたが、どうにかスピードをキープ。この集団の中で一番にゴールしようと思い、最終周回の最後のコーナーを2番手で入ったが、そこからかける時にもう一度足をつり、ゆっくりとゴールした。


7/24 白馬クリテリウム ロードレース形式
3B DNF

朝起きた時、足の痛みが増していた。そのため、とにかく完走を目標にする。最前列からスタートしたが、みんなかなり激しく位置取りをする。そこで、足が痛み踏めず、集団の真ん中くらいになる。コーナーでイン側に車体を入れるなど、少しずつ位置を上げたが、ずっと足は痛み続け、徐々に位置が落ち始める。そして、遅れた集団に入り、周回を重ね、18分くらいで切られた。


今回のレースは、コンディションが合わせられていなかった。足を攣ってレースを棒にふるのはもったいないし、1日目はそのような状況で完走できたのだから、もう少し上の順位を狙えたかもしれない。もっと、自分の身体に向き合う。


7/25
ローラー (ピスト、負荷なし)
30分×2

回復走レベルでペダリングを意識した。
白馬でペダリングロスを大きく感じた。
コメント

オバタ

2016-07-25 15:03:25 | 個人練習 : 小畠 和也
7/18月
ロード
回復走
雲ヶ畑をたらたらと。30.3km

小林さんと川に入ってアイシングした。

7/19火
ローラー
2分(r.2分)×5
314w.324w.331w.323w.312w

試合に向けて、量を減らしながらしっかり追い込む。

7/20水
ロード
1分(r.90秒)×5
403w.420w.415w.426w.415w

雲ヶ畑の最初の登りのところで往復。ダンシングのみ。

7/21木
ロード
400mスタン3本 52/16
515w.531w.559w

1本ごとに上げていくイメージで。

7/22金
ロード
流し 18.2km
途中でインナースプリント×3

いい感じに疲労が抜けていっているように感じる。

7/23土
ロード
白馬クリテ1日目
ポイントレース方式 3位まで昇格
3A 10位 2ポイント
先頭列からスタート。まずは4周回目の一回目のポイントに向けて、ペースを上げて人数を減らしつつ足をためれるようにローテに加わりながら集団前方で回す。1回目のポイント、力を使いすぎないようにライン直前で3位の選手をさして2ポイント獲得。その後も次のポイント周回に向けて再び集団前方で足をためる。しかし6周回目の最初のコーナーで後輪に異変を感じ、少し進んだところでパンクだと気づく。ニュートラルが適用されたが止まった場所が悪く集団が通り過ぎてしばらくしてからスタート。集団との差を30秒、20秒、30秒と維持することはできたが追いつくことはなくラストは先頭と1分差で単独18番目でゴール。

7/24日
ロード
白馬クリテ2日目
ロードレース方式 2位まで昇格
3A 3位
先頭列からのスタート。本スタート後は基本先頭から5番手以内でローテに加わりながら走る。最後のスプリントまでに4人くらいに絞っておきたかったので先頭をたくさん引きコーナーでペースを上げる。早い段階で集団は10人ほどに減っていた。たまに逃げを試みる選手もいたがすぐに吸収しながらラスト3周回に入る。ラスト2周回のコーナーが続くところで駒沢の古川選手と2人で抜け出せたので一緒に逃げようとしたが思ったより自分が先頭で踏めず、ラスト周回に入ってすぐに捕まってしまう。コーナーが続くところで古川選手と信大の高橋選手が2人で飛び出したが足がなくなりかけていてすぐに反応ができなかったため、最後のスプリントで刺すことだけを考えて集団に戻る。誰かを風除けにしてスプリントをしようと思っていたが自分の後ろにいた大工大の塚本選手がかなり加速した状態で自分を抜いていったのですぐにチェックできず4番手で最終コーナーを通過。高橋選手はパスできたが古川選手は逃げ切り、塚本選手にも追いつくことはできず3位でフィニッシュ。

周りの選手としっかりコミュニケーションをとってずっと5番手以内をキープできていたのは良かったが、たまには後ろに下がってみんなの顔ぶれや疲労具合も確認しておくべきだった。そうすれば今回のような大工大の選手のアタックにも十分対応できていたように思う。駒沢の古川選手のコーナリングはすごかった...
コメント

2016-07-25 14:35:56 | 個人練習 : 森達哉
7/21
コセキに自転車を持っていきメンテナンスをしてもらいました。
雲ヶ畑 42km
7/22
ローラー30分
白馬に向けて出発
7/23
白馬1日目
ポイントレース10周16kmクラス3C 14位
初めてのレースで無事に完走出来たことが嬉しかったです。
7/24
白馬2日目
ロードレース 14周22.4kmクラス3A16位
前日は集団から脱落した時に一緒に追走できる人が周りにいなかったので、追走集団で上手く声かけが出来たことは進歩だと思いました。
コメント

高井 7月

2016-07-25 08:24:08 | 個人練習:高井久就
7/17(日)
・OFF
→朝から夜まで勉強.....

7/18(月)
・信楽まで
→テスト勉強が忙しくなってきたので、いつもより少し時間を少なく、スピードを上げて強度を高めた。
下ハンを持つととても走りが安定する、これからもしっかり使っていきたい。

7/19(火)
・ピストローラー 高回転もがき
→ピストに少しずつだが慣れてきた気がする。ロードも楽しいが同じくらいピストも楽しい。
腹筋に力を入れて、重心をしっかりのせるイメージをするとお尻が浮かないイメージ

7/20(水)
・OFF
→勉強、勉強

7/21(木)
・和束コンビニ
→一人で走ってると向かい風が本当にしんどい。
でも少しずつだが向かい風でもしっかり走れるようになってきた。
長い坂のところでは前に誰かいると想像してもがいてみた。最後までスピードも持ったしいい感じ。

7/22(金)
・OFF

7/23(土)
・ピストローラー
→40kmくらいで一時間回した。その後高回転の練習。

7/24(日)
・大正池
→小林さんと。
ダンシングのコツや今度のことなどなどいろいろ教えてもらった。
とてもためになることが多く、自分のフォームも改善されたと思う。
本当にありがとうございました。
コメント

中野

2016-07-21 22:00:17 | 個人練習:中野雄太
7/18 オフ


7/19
ロード 27.9km, 83W, 1:01
新町→家

東寺まで中西さんと。中西さんにフォームについて指摘されたので、ポジションも含め直す。


7/20
ロード 28.1km, 118W, 1:01
家→新町

白馬の準備をする時間がこの日しか取れないので、新町へ行き準備した。前回の準備不足だった点を念入りに。


7/21
ローラー (ピスト、負荷つき)

9割をイメージして45分間。ロードに乗りたかったが。

ウェイト
コメント

ミズモト

2016-07-21 11:13:58 | 個人練習:水本 凌
7/11
オフ

7/12
オフ

7/13
固定ローラー
低負荷で10分アップ
高負荷、山岳モードで1時間50分
低負荷で10分ダウン

高負荷で週末の美麻ロードの登りのイメージをつけれたと思う。

7/14
オフ

7/15
家→浜大津→新町キャンパス

今週もう少し練習をしたかった。
体が重い感じがした。

7/16
TRS
1kmTT 1分16秒5

一周毎のタイムのばらつきが激しく、3周目が目に見えてたれていたので、もう少し、2周目をセーブしても良かった気がする。

ポイントレース 結果9人中5位

スタートで前だった二人がややこしい動きをして出遅れ、無駄足を使ってしまった。
スタートしてからは、1〜5周目は様子をみてポイント周回の6周目を集団の後方で通過、その後集団がバラけたところを狙いアタックをかけたが、2周回ほど逃げて集団に復帰しようとしていると、明星がアタックかけて来ていた。最終的にその人が1位だったのでついていけば良かった。あそこで、後ろを時折見てスムーズに後ろにつけば結果は変わっていたはず。基本的にそのあとはズルズルと落ちていきゴールした。
勝負に絡むことができることはわかったが、まだまだ、先頭交代の仕方やアタック後の動きなどを改善しなければならないと感じた。しかし、面白いレースだった。

7/17
美麻ロードレース カテゴリー3
結果 FAD (Finish After The Deadline)

スタートは、小林さんのおかげで先頭のど真ん中からできた。
パレードランでは前に1人入れて、二列目で待機し自分の存在をアピールしながらポジションを保てた。
正式にスタートしてからは、登り区間なのもあり先頭から位置を下げ、同じくらいのペースの選手を探して登った。
一周回完了のスタートフィニッシュでは、先頭と1〜2分ついており、先頭復帰をするために、下りと平坦で頑張ったが、登りで、離される。登りで、集団から落ちた選手を、横目に完走を目指して、他の選手と協調して走った。3周目では、立命館、4周目は慶應の選手と平坦を頑張り、前の集団と合流して、そのまま、4周目の登り途中まで、その後は、1人旅で足切りを恐れながら走って、ゴールした。
基本的に、地足が足りないと感じたレースだった。登りがヤバイ、高負荷で長距離を踏む練習をしなければならないと思いました。疲れた…

7/18
下鴨→家
約30km

足で、パレードが開催されているようだ。

7/19
・家→新町 約30km
・小林さんと冨島さん
江文でスプリント練×5 約30km
→大原→新町
・ウェイトトレーニング
・下鴨→家 約30km

計)約90km

スプリントはもっと、上半身を使わなければならない。あと、回転数!スプリント力はトラック、ロード共に必要な力なのでつけていきたい。

7/20
家→大正池→伊賀→信楽→宇治田原→家


信号待ちもあったので、もう少し平均速度は速いと信じてます。
足がしんどく信楽での登りで全然踏めなかった。しかし、全体的に見れば結構追い込めました。今週の白馬が楽しみです。

7/21
オフ
コメント

2016-07-20 20:55:20 | 個人練習 : 森達哉
7/18
雲ヶ畑 30km
筋トレ
腹筋30回
背筋30回
腕立て30回
7/19
クランクを外しての掃除とワイヤーの交換
7/20
雲ヶ畑 33km
筋トレ
腹筋30回
背筋30回
腕立て30回

6/20~
走行距離1001km
コメント

全日本学生RCS第3戦 大町美麻ロードレース

2016-07-20 11:24:36 | 試合レポート
2016年7月17日 (日)
全日本学生RCS第3戦 大町美麻ロードレース


出場選手:クラス3
     中野雄太(文情2)
     小畠和也(商2)
     水本凌(経1)
    
     クラス1+2
     中西健児(政4)

距離:クラス3 50.4km(12.6km×4)
クラス1+2 163.8km(12.6km×13)
天候:雨、曇り

結果:クラス3
小畠 44位
水本 FAD
中野 DNF

クラス1+2
中西 DNF(完走者9名)


【出走前】
宿の周辺で各自アップ。クラス3では周回数が少なく、補給の余裕がないので特に気を使って飲食料を持たせる。
選手らはそれぞれ落ち着いた様子が見られたが、試合経験の浅い水本に緊張を感じられた。
クラス3とクラス1+2の間に時間があることでサポート陣の配置が想定と変わり、やや慌ただしくなってしまった。


【レース展開 クラス3】
3人とも最前列からのローリングスタート。
1周回目は22分で、早くも集団から遅れる選手が出始める。1周目完了時点で小畠は集団の中盤。水本と中野は集団から1分以上後ろを単独で走行。
2周目完了時には集団と各選手の差が更に開き、小畠は1分20秒、水本は4分、中野は4分30秒の差がついていた。この回で小畠はメカトラがあり、変速がうまく作用しなかったそうで、今までに見たことのないような生気のない表情をしていた。
3周目完了時では小畠は3分20秒、水本は5分の差がついていた。中野はDNF。
最終周、トップ選手から7分10秒差で小畠が44位で単独ゴール。水本は10分差で単独ゴール。FADとなった。


【レース展開 クラス1+2】
1周目中間で数人のアタックがかかったものの吸収された模様。
2周目完了後、ちょうど補給地点に差し掛かる位置で、先頭の10人ほどと8秒差をつけられたメイン集団から中西がアタック!
その後の試合実況アナウンスを聞くにブリッジならなかったと思われる。
先頭グループ・追走グループがメイン集団と差を広げ、先行の2グループに中西は属さず、メイン集団を走行。
3周回完了時点で、先頭グループと追走グループが合流し11名の先頭グループに。30秒差で中西属するメイン集団が先頭を追う。
4周回途中のアナウンスでは先頭とメイン集団の差は1分と伝えられていたが、メイン集団からの飛び出し4名をきっかけに集団が縦に伸びたせいか、4周回完了時の手動計測では、メイン集団の中西と先頭集団との差は40秒ほどであった。
さらに5周回で、先頭とメイン集団のタイム差は縮まり、5周回完了時には15名の先頭グループと15秒差でメイン集団が迫った。そのメイン集団先頭が中西であった。
6周回完了時、中西属するメイン集団と先頭グループとのタイム差は25秒。
7周回完了時、中西は先頭と2分差。メイン集団か、飛び出した追走の2人組とは20秒差。
この追走の流れで、次周回中間地点では、追走グループは9人にまでふくらみ、先頭の1分50秒後ろを走行。その後もメイン集団から飛び出した幾つかの追走グループがうまれたが、中西はその第一追走9名のグループで走行。8周回を終える。
9周回途中で中西、追走グループからドロップ。9周回完了時には、追走グループから4分ほど離れて中西は5人ほどのグループで走行。
10周回途中でDNF。
 

【感想】
 前日のTRSでそれぞれが調子を上げており、RCSではそれぞれ良い結果が期待できるのではないかと考えていました。実際の結果に対しては各自で思うところはあると思いますが、特に水本はレース中ほとんどが単独での走行となり、それでも諦めず完走したこのレースは彼にとって大切な時間となったのではないでしょうか。
 私自身では久々の大人数での遠征となり、全体に気を回すことが難しかった場面もありました。全てが計画通りに行くとは考えていませんが、自分がいないところで他の誰かがどんな目的を持ってどのように行動しているのかについてもしっかり考えられるように余裕を持ちたいです。

2回生マネージャー 楊燕華
コメント

オバタ

2016-07-18 21:19:34 | 個人練習 : 小畠 和也
7/10日
ロード
佐々里峠往復 133.8km 144w 中西さん、中森くん
基本10分交代

7/11月
ローラー
FTPテスト
5分310w
20分 244w

川元さんに応援されながら。今の自分の実力が数値として出て分かりやすい。とりあえずはFTP強化を目的に練習メニューを組んでいく。

7/12火
ロード
日吉ダム往復 133.8km 152w
10分(r.5分)×2

雨が降ったおかげで涼しい中で練習できてよかった。

7/13水
ロード
日吉ダム往復 108.2km 146w
1分 512w 栗尾回避で

今日も雨。終わったあとの整備が大変だが良い練習ができて良い。

7/14木
ロード
京産回って帰ってくるコース
全開スプリント×1 max856w 高回転×2

7/15金
オフ

1時間ロードに行くつもりだったが試合の準備や移動で時間がなくなり乗れなかった。

7/16土
バンク
TRS第3戦 松本自転車競技場
4kmIP 5分7秒993

しっかり調整できて臨めた。骨折後の復帰試合だったがタイムを13秒ほど縮めることができて自信になったが、A基準を切れなかったことは残念。
明日の美麻ロードに向けていい調整になったと思う。

7/17日
ロード
美麻ロードレース C3 51.4km
44位
先輩方に場所取りをしてもらって先頭列からスタート。ニュートラル中も集団前方を維持して、本スタート。1周目、何度かアタックはあったが特に動きはなく自分は集団の前方をキープしてスタートゴールラインを通過。この時点で集団は既に40人ほどだったように思う。2周目の長い登りも集団10番目あたりで余裕を持ってクリア。この時には集団は30人?あたりだったと思う。しかしその後の一気に下って一気に登るところでアウターからインナーに落とした時にチェーンが落ちるトラブルが発生。すぐにアウターに入れて直そうとしたがうまくいかず、集団が通り過ぎてから降りて直し、再出発。場所が悪く下りの目の前だったためその時には既に集団は視界から消えていた。
その後は集団から千切れた人たちで先頭交代をしながら走り、44位でゴール。

チェーンが落ちただけではなく、今回は整備不良が目立つ試合だった。1つ目は試合前日、ハンドル周りに微妙にガタが出ていることが発覚。直そうとしたが結局完全には直らずそのまま出走。特に問題はなかったが前日にストレスを抱えてしまった。今日ベアリングなどを掃除してグリスアップしたらすんなり直った。明らかにただの整備不足。
2つ目はリアの変速。レース中、ロウギアに入らなくなったり、入ったと思ったら上がらなくなったりした。前日の試走の時は特に問題なく走れていたので、当日の朝少し変速がおかしかったがチョコっと調整をしただけで出走した。今日シフトワイヤーを外したらSTIの中でワイヤーが切れかけの状態で出てきた。試合前にワイヤーを交換していればこれも回避できたはず。

今後の試合はこのような下らないことでレースを台無しにしないように今まで以上にしっかり心や体だけでなく機材の準備も完璧にして臨む。

コメント

中野

2016-07-18 13:59:00 | 個人練習:中野雄太
7/12
・出力TT 5分→291W, 20分→227W

先月より10Wほどあがった

・ローラー
20分×3 (ピスト、負荷なし)
2.3セット目に8〜9割で6分キープ

・ロード 40km
京田辺→CR→京田辺 (川元さんと)

4kmのスタートのイメージを行った


7/13
・ローラー
20分アップ→(20分,r10分)×2→20分ダウン

雨が降っていたため、メディオをイメージしてのローラー練習。

・ウェイト


7/14
ロード 100.5km, 81W, 4:09
京田辺→新町
新町→サンダイコ→新町(森と)

京見で1分の出力を計測。378Wとかなり低い。レースでついていけない原因かもしれない。最後は下りを少しせめ、登りで負荷をかける感じで走った。


7/15 移動日


7/16 TRS 美鈴湖 (4kmIP)

朝は周回20周。
本番前40分ほどからローラーでアップ。30分ほどまわし、そこから出走までは回った。

5.28.286

1,2周目で突っ込みすぎた。徐々にペースを落とそうと思ったが、決めていたラップタイムを保つことができなかった。もっと最初から最後まで平均的に走れば結果は変わっていたかもしれない。

美麻試走


7/17 美麻ロード 197W

朝はローラー15分からコース1周でアップ。

スタートは1列目から。ローリングの間も3列目くらいをキープ。1つ目の登りで集団の真ん中くらいに。下りで位置を上げたが、その後の登りでチェーンが落ちかける。少し減速してしまった。その間に集団後方へ。3つ目の登りで踏めなくなり遅れた集団に入ってしまう。そのまま、遅れた集団の中で周回を重ね、3周目終わりできられた。

やはり、斜度が上がるところなど短いが踏むところで遅れる。修善寺の時よりは良くなったが、まだ出力は足りていない。




コメント

高井 7月

2016-07-17 20:03:08 | 個人練習:高井久就
7/11(月)
・信楽と和束の間まで
→昨日までフレキャンだったので、少し体が休まっておらずだるかった。
けれどしっかりave30km以上で走れて安心した。そろそろテスト勉強もしないと.....

7/12(火)
・ピストローラー(20秒もがき→2分r)×5
→川元さんにみてもらいながら、ピストに速度計をつけながら行った。
最初はピストに全然慣れていなかったのでしっかりもがけるように、丁寧に指導してもらいながら練習した。
最後は少し良くなっていたと思うが、まだお尻が浮く傾向があるのでしっかり腹筋をしめる等意識したい。
一人じゃない練習は本当に楽しいなぁ。

7/13(水)
・回復走
→軽く疲労を流すイメージで。ダンシング練習を混ぜつつ。

7/14(木)
・和束コンビニまで
→火曜日に川元さんにポジションを変えてもらって、すごい走りやすくなっていた。
いつもは最後らへん疲れてくるが余裕をもって最後まで走れて、スピードもave30kmを超えていていい感じ。

7/15(金)
・OFF
→勉強。

7/16(土)
・ピストローラー(30秒もがき→1分30r)×5×2
→本来は長く乗らないといけないが、テスト勉強がやばいので短時間でグッと追い込むメニューにした。
前より高回転が出来るようになった気がする。
コメント

2016-07-17 18:52:01 | 個人練習 : 森達哉
7/16
美山 112km
冨嶋さん
途中から一人での練習になったけれどかなり追い込めたと思います。帰りの栗尾峠で見知らぬおっさんにアタックをかけられて勝負をしてしまったのですごく疲れました。
7/17
スプリント練習×5 42km
練習前に京大の方にポジションを見てもらいました。ペダルが回しやすくなったかなと思います。

6/20~
走行距離938km
コメント

2016-07-15 13:35:02 | 個人練習 : 森達哉
7/13
ローラー30分
7/14
ロード 26km
小林さん 冨島さん
車上ウェイト
ロード64km
中野先輩 小林さん
サンダイコー
1日に2回に分けて練習するのは初めてでした。
7/15
ロード 京見→雲ヶ畑→えぶみ 47km
小林さん
京見TT 9'53
小林さんのアドバイスもあり10分を切ることが出来たので嬉しかったです。

6/20~
走行距離784km
コメント