同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

全アマ レースレポート(清水)

2010-06-29 08:44:05 | 試合レポート
目標:レースレベルが自分の現在の実力よりも明らかに高いので、完走することを目標にスタート


結果:DNF(6周完了時)



レース前:雨のため、テント設営や準備に少し手間取る。意外と気温があるので、ローラー漕いだら、テント下で3人同時にしたこともあり、すぐに暑くなった。

レース序盤:号砲後、右側から一気に捲って集団前~中程へ。4つ目くらいのコーナー5人程前で落車発生。ギリギリかわす。そこからは位置をキープするが、少しずつ抜かされていく。どんどん中切れが発生するので、それも埋めつつ走る。なんとか先頭後方にぶら下がるような格好で、三段坂へ。ここでペースがぐっと上がり、集団から脱落。

レース中盤:7~8人ほどの集団で回しながら、走り続ける。メンバーの脚が登り以外は比較的揃っていたので、ある程度回る。登りは元気のある者、ない者の差が激しく、遅れる者は待った。

レース後半:メンバーが増えたり、減ったりを繰り返し、最終的に3人となり、回し続ける。3人の疲れが見えてきて、ペースが上がらなくなったころ、先頭から12分遅れになり、6周完了時で下ろされた。

ゴールしてから:雨でびしょびしょ&泥だらけなので、直ぐに身体を拭く。自転車は既にレースを下りていた島西&加藤邦に任せた。


良かったこと、
・課題が見つかる。
・パンク、落車等のアクシデントに巻き込まれていない。パンクは本当に多く、それで勝負圏から脱落した人間も多かった様子。


悪かったこと
・レース中、なにもアクションを起こしてない。集団に付いて行って、そのまま千切れた。


これから:高負荷での耐久力がない。ところがある程度の地脚はあるので、集団から脱落した後に、回しながらならばある程度、走り続けられる。登りで集団のペースが上がった時に、付いていけるような、心臓への強い負荷の練習が必要。
合同練習時に宇治川Lのような平地では余裕があっても、大正池のような登りで生き残り続けられないのは、心臓への負荷が足りていないせいだと思われる。

コメント

合宿2日目

2010-06-14 09:47:25 | 合同練習
天気予報が雨だったので、

TTじゃない組は宿から自走。90kmほど

TT組はTT練を往復2本と片道1本して車で帰宅。75km

この1週間調子を落とさずに埼玉TTに挑みます。

この2日間サポートで来てくれた岩崎さん、長コーチありがとうございました。
コメント

全日本学生個人ロード(渡部)

2010-06-12 22:29:33 | 試合レポート
目標 完走

結果 5周完了時DNF

~レース内容~

スタート位置ははカテゴリー分けされてしまい、集団の後方に。
6km地点までパレード走行した後に正式なスタート。
1周目は集団が膨らんで前に行けず、2周目の下りで集団の中盤に。
2周目の一つ目の登りで一気に集団の前方に出た。
しかし、先頭のローテーションに加わってしまっていくらか足を使ってしまい、2つ目の登りで集団の中盤へ下がる。
3周目はその位置のまま下った。
しかし、登りでカウンターアタックがかかり、集団からちぎれてしまう。
その後も周りの選手と走ったが、5周目完了時にきられてしまった。

~反省~

登りで前に出られたのはよかったが、出過ぎて足を使ってしまった。
あと、緩い登りではなく、急な登りのアタックについていけるよう、強度の高い練習をしようと思う。
コメント

合宿1日目

2010-06-12 20:37:59 | 合同練習
今日は琵琶湖にTT合宿をしにきています。

チームTT組(海老瀬、清水、加藤、畑段、梅原)、
補欠組(島西、渡部、田中、三木、大菅、東)

サイクル組(白崎、森井、熊坂)にわかれて練習しました。

とても暑かったですが集中して取り組みました。

明日は雨の予報ですが、1本1本真剣に頑張ります。
合宿には岩崎さんとOBの植村さんが来てくれました
コメント

全日本学生個人ロード レースレポート(しみず)

2010-06-08 00:49:51 | 試合レポート
長距離レースなので、例によって朝ご飯はたくさん食べる。宿舎のあたらし屋さんは朝早いのにもかかわらず、おいしい朝食を用意してくださいました。


6月に入ってから調子が悪く、身体も疲れぎみ。しかし逆にそのことが、特に変な緊張感もなく、リラックスしてスタート。
先週の美山の教訓を生かし、なるべく集団前方に行くために、チャンスを探る。


登り始めの正式スタート後に、続々とペースアップが図られる。これも美山の教訓だが、集団内では無理にギヤをかけても力の無駄遣いなので、高回転&シッティングを使って登る。が、ズルズルと集団後方へ。1周目通過時で集団後方。



2周目からは平坦から下りを使ってサイドから前へ行こうとするが、ある程度まで行ったところで詰まってしまった。コンクリートとアスファルトの段差で、コケかける。


2周目の最後の坂で集団から切れた。
下りで数人とパックを形成。その中でメトロポリタンの2人が「頑張って追いつきましょう」と檄を飛ばしてくれたので、ローテして平坦の最後で集団に追い付いた。

しかし、直後の登りでのペースアップに付いていけなくなった。そのまま、いくつかの人と集団を作って走り続けるが、登りでペースを上げ、下りで脚を止めるのでとても辛い。
翌々周の4周完了時で下ろされた。



よかったところ:下りの処理。レースをこなす度に改善していると感じる。

悪かったところ:・高負荷に耐えられない身体。登りが耐えられない。
          ・少しビビリが入った。


総括すると、練習不足によるところが大きいと感じた。特に、5月に入ってから、会計や各種手配の仕事、勉強の本格化などで絶対的に乗る量が少なかったところが問題。
ある程度の量を乗らないと、身体の調子もわからないし、逆に調子を落としてしまう。
乗りながら調子を見ていくことが重要だと思う。




コメント

しまにし

2010-06-06 18:58:53 | 試合レポート
6月6日(日)晴れ

結果:2周半でDNF

感想:ケガから復帰後のレース、もっと走れると思ったが、全くついていけなかった。

練習での負荷と試合の負荷が全然違うと感じた。


個人練習の負荷をあげなければ試合でまた全くついていけないだろう~

来週は電気悪そうだけど時間見つけて追い込みたい。
コメント (1)

個ロード

2010-06-06 16:05:09 | 合同練習
8時出走

12.6km×13周

5周完了時点で梅原を除き残りはDNF

残り6周でコースの民家が火事になり、一時中断。


再開後は一気にペースがあがり梅原も残り2周を残してきられてしまった。

完走者0

来週は合宿、再来週は埼玉TT追い込んで頑張ります。
コメント

個ロード前日

2010-06-05 21:10:24 | 合同練習
9時に田辺を出発し、16時に美麻に到着しました。

コースを2周して自走で宿にいきました。

筋肉を意識して重いギアを踏んだり軽くして心拍をあげたりしました。


朝が早く長丁場なのでしっかり休みます。
コメント

美山ロードレースレポート 渡部

2010-06-01 05:59:21 | 試合レポート
5月29日(日) 美山ロード 晴れ

一周10km×7周

目標:なるべく前で完走

結果:6周でDNF

~レース~

アップはコースを一周試走したのち20分前まで30分ほどローラー。

スタートは前のほう。

1周目から4周目までは集団の中盤にいた。
補給は全くとらず、水分はあまりとらなかった。
4周目の最後の平地の立ち上がりなどで足に違和感が出始める。

5周目の平地で右端から一気に前に行き、集団の20番目ぐらいに。
しかし、登りで足がつってしまい集団の後方に下がってしまう。
登りきったが、下りでまた足をつってしまい平地で集団からちぎれる。

6周目はせめて完走はしようと走ったが、スピードが出なかったのと、何度も足が回せなくなったりして、最後にきられてしまった。

~反省~
アップで十分体を温めたし、朝にストレッチもしたので、足がつってしまったのはレース中に原因があったのだろう。
登りでは足を回すというより踏んで登っていたので足に疲労が溜まり過ぎてしまった。
また、違和感が出始めるまでに水分をあまり摂取していなかったのがよくなかった。

集団の前で走ろうとレース前には考えていたが、実際には集団の中盤にいただけになってしまった。
C1でのレースということで気負いしすぎて、消極的になりすぎた。
足をつかってでも前に出たほうが結果的には楽に走れるとわかってはいたが、出来なかったのが悔やまれる。
個ロードでは必ず集団の前の方で走り、完走を目指す。
コメント