同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

オバタ

2015-07-27 23:52:22 | 個人練習 : 小畠 和也
7/24金
ローラー
30分間+高回転5本

レポートが残っていたため、短時間集中でペダリングを意識して練習した。高回転は少しコツをつかめた気がする。良かった。


7/25土
ロード
京見~サンダイコー~小林さん周回5周~高雄 91km 中西さん、川元さん、南さん、京産の佐藤さんと。

久しぶりの高強度な練習でとてもきつかった。平地が全然踏めなくなってた。周回練はほとんどアタック争いに参加することができなかったが約2週間のブランクがあった割には走れていたと思う。


7/26日
ロード
京見~サンダイコー~10分間×3本(サンダイコーと裏花背の間で)~裏花背 87km 中西さん、川元さん、宇佐美と。
1本目 中西さん、川元さん、宇佐美と。自分は付き位置で。
2本目 宇佐美と先頭交代しながら。
3本目 個人TT

帰りの花背の下り終わりの所で初めてのパンク。
昨日もだったが平地で高スピードを維持する力が落ちていると感じた。最近練習できていなかったのもそうだが、体重が少し落ちているのもだいぶ影響していると思う。もっと食べよう。

7/27月
オフ

レポートを早目に終わらせてロードの整備やストレッチ、部屋の掃除などをした。今日でテストは終わり、あとはレポートが一つだけ(金曜まで)。ゆっくり寝れる。
整備後はモチベーションが上がって良い。
コメント

宇佐美

2015-07-26 20:24:56 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/20(月)
オフ

7/21(火)
ローラー練習
5M 3セット

疲労が取れてると思っていましたが全然取れていませんでした。
最初からバテバテで練習としてはあまりよくありませんでしたが、川元さんに見ていただきながらしんどい時の回し方を意識して練習することができました。

7/22(水)
ローラー練習
40分
体幹 2分 1分レスト 3セット
V字腹筋 1分 1分レスト 3セット
背筋 40回 3セット

疲労が溜まっていたので、軽い練習。ペダリングの練習を入れたり高回転もがきも5回ほどしました。高回転もがきの安定感が良い!

7/23(木)
筋トレ
スクワット 30kg 10回 40kg 10回 50kg 10回 60kg 10回×3セット 70kg 5回 75kg 3回×3セット 40kg×3セット
体幹 90秒 30秒レスト 3セット
V字腹筋 1分 1分レスト 3セット

新しくなった筋トレ器具を初めて使った。

7/24(金)
ロード練習
雲ヶ畑~持越~高雄~部室~雲ヶ畑×2本
83km 3時間28分

前日のスクワットがだいぶふとももにきていたので雲ヶ畑~部室は半分サイクリングなかんじで練習しました。雲ヶ畑は全力で走って、持越~京見間は下りの練習とコーナリングの練習をしました。特に鋭いカーブ手前でギアを落とすように意識しました。サイクリングから帰ってくると川元さんが待ち構えていました。それから京産大の佐藤先輩も合流して雲ヶ畑を2本走りました。軽めの練習のはずがだいぶハードな練習になりましたが、内容的には素晴らしい練習だったので良かったです。

7/25(土)
ロード練習
小林周回6周
97km 3時間半くらい

レース形式(アタックは登りのみ)での練習でした。1周目からみんなとてもアグレッシブに攻めてくるのでだいぶしんどかったです。ただ以前に比べてアタックへの反応も良くなってきているので、こういう練習を通して自分の成長を確認できるのはいいことだなと思いました。

7/26(日)
ロード練習
サンダイコー~花背
87km 3時間半くらい

サンダイコー~花背間の信号が無い道でTTのようなことをしました。1本目は4人で交代しながら、2本目は小畠と二人で、3本目は1人で、それぞれ10分全力でっていう練習でした。3本目の1人走の時にすごい集中力が上がって、ギアシフトもいい感じでしたし、ペダリングや走り方もきつい場面場面でベストな選択ができたかもっていうくらい良かったです。その練習が終わった後は川で遊んで、花背から帰りました。
コメント

オバタ

2015-07-24 10:16:41 | 個人練習 : 小畠 和也
7/20月
オフ


7/21火
ロード
LSD 高雄~美山周回1周半~高雄 110㎞

ゆっくりはゆっくりで脚にじわじわ来てきついなと実感。後半少し腰に痛みが出たので帰ってからストレッチを重点的に行った。


7/22水
ローラー

ロードに行こうとした瞬間に急に大雨が降りだしたためローラーをすることに。それで気分がなえてしまい全然練習に集中できなかったため早々に切り上げた。
最近ペダリングが雑になっている気がする。改善したい。


7/23木
筋トレ
体幹など

家でレポート作成の合間に整骨院の先生から教わった体幹メニューをしてみた。いい感じ。ローラーに乗ろうと思ったが課題に追い詰められていたため断念。もっと早くから計画を立ててしておけばよかった。
コメント

宇佐美

2015-07-21 13:22:27 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/19(金)
オフ

7/20(土)
オフ

ローラーちょっと乗りました。

7/21(日)
国体予選兵庫
1キロ 3位 1.09.80
ポイントレース 2位 25点

1キロは突っ込みがクソだった。最近、筋トレをしていなかったのが原因かと思います。ポイントレースは思っていたより走れましたがまだまだ改善点が多いです。作戦ももっと考えないといけないし、警告を受けないように走らないとダメだしとにかく課題が多いので、もっと経験をつんでいきたいと思います。
コメント

オバタ

2015-07-19 23:56:24 | 個人練習 : 小畠 和也
7/16木
ローラー ピストで。
アップ10分
負荷付き 10分×1 3分×1 間は10分
速めの回転を意識して10分
ダウン10分

せっかくの全休だったので長距離を乗りたかったが、台風の影響で風と雨が強かったためローラー練にした。日曜の1㎞に向けて少し追い込む感じでやった。


7/17金
オフ


7/18土
バンク
周回練25周回
一周スタ
一周フラ

周回練は恐怖心との戦いだった。車間を開けすぎていたし、周りもしっかりと見れていなっかたし、ペースを少し落としてしまうしダメダメだった。
明日の1㎞は1分15秒を切れるように頑張りたい。


7/19日
TRS@松本
周回練25周回
1㎞ 1分15秒802

初めてのバンクの試合でとても緊張した。1㎞は50/15で走った。2周目に入ったくらいからきつくなってきて、3周目は思いっきり垂れてしまった。
練習の時の48/15で走った1㎞とは違うきつさがあり、49/15までしか使ったことがなかったのに50/15で走ったのが裏目に出てしまったと感じた。またここ2週間ほど腰の痛みで思うように練習ができていなかったのも影響していると思う。次に1㎞を走るときは最低でも1分15秒は切って、できれば13秒台で走りたい。あと個抜きでもB基準を切りたい。
周回練ではバンクで走る技術がクソなせいで力を出せないまま遅れてしまうということがあったので、夏合宿でのバンク練で出来る限り改善していく。
遠征全体の感想としてはたくさんの失敗があり学ぶことがいっぱいあったと思う。強い学校を見ていて学ぶことも多くあったし次回からに生かしていきたいと思う。
コメント

宇佐美

2015-07-16 21:22:38 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/14(火)
朝:ローラー練習
負荷付き20分
夕:5M 3セット

負荷付き20分はポイントレースを意識して3分ごとにもがいきました、最後のもがきからは逃げのつもりでかなりのハイペースで回せました。5Mはすごくいい感じでした。すごくいいポジションを見つけたので良かったのだと思います。

7/15(水)
ロード練習 雲ヶ畑~サンダイコー~花背の手前~サンダイコー~高雄 98km 3時間とちょっと

中西さんとロード練習でした。じわじわ脚にくることに弱いので、このコースでもっと練習していきたいです。折り返しで中西さんについていけなかったのが、申し訳無く思うと同時にめちゃくちゃ悔しかったです。もっと強くなって弱点を克服していこうと思います。

7/16(木)
オフ

だいぶ早くに帰ってきたので、掃除して、ゆっくりお風呂に入って、第82回全日本選手権のポイントレースの動画を観戦しました。解説もついていて非常にわかりやすく、面白い試合でした。

祇園祭?なにそれ

…。
コメント

COUPE DE AACAカップ 第7戦

2015-07-16 03:36:34 | 試合レポート

COUPE DE AACAカップ 第7戦

日時:2015年7月11日(土)
会場:国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前 特設コース
天候:晴れ
出場選手:1-1 中西健児(政策3)
     1-2 冨嶋奎太(経2)
出場者数:1-1 60人/1-2 60人
競技距離:1-1 4km×20周回80km 周回賞・10周完了時
      1-2 4km×8周回32km 周回賞・3周完了時

結果
中西、冨嶋ともに完走。
5位以下であったため、公式リザルトなし。

前日に積み込みを済ませ、朝7時20分に新町キャンパスを出発。
安定のドライバー宮地の運転で、会場に到着。大変暑い。
傘をさして陽ざしから選手を守ろうと思ったがその努力もむなしく、
試合前の自転車整備の段階で中西さん、冨嶋、ともに汗だく。
適度にリラックスした和やかなムードで、出走準備やアップを済ませていた。



12:00~ 1-2 冨嶋出走

冨嶋はコース外側の最前列からスタート。
道幅が比較的狭いコースであったこともあるのか、
集団が縦に長く伸びた状態で試合が進んだ。
レース後半まで逃げもなく、集団に切れ間ができることはなかった。

1周目、冨嶋は9番目にラインを通過。2周目ライン通過時に、
3周完了時の周回賞に向けてグッとペースがあがる瞬間を肌で感じた。
2周目では5番目にラインを通過、トップとの差はほぼなく、
周回賞に向けてトップに食らいついていく走りだった。
ペースが上がったものの3周目でも集団に切れ目はなく、逃げも決まらなかった。
冨嶋は12番目ほどの順位でラインを通過。後で聞いた話、正直周回賞を狙っていたが、
海外選手の勢いに身の危険を感じ、3周回途中で順位を落としたそうだ。

4周回目で順位が25番ほどになり秒差は6秒ほど。
それとほぼ同様のポジション・秒差で5周目を終える。

6周回目、ゴール地点に入ってくる前から、明らかに前周回よりスピードが
あがっていることが分かる。ここでこのレースで初めて集団に切れ目ができる。
ふたりの選手が集団に約8秒の差をつけライン通過。集団中間で冨嶋も懸命にもがく。
ペースアップにしっかりついていき、集団内の順位は落ちていない。

次の周回、
先頭ふたりと集団(中間に冨嶋)の差が3秒ほどに縮まった状態で最終周回へ入る。
冨嶋に関わる順位の大きな変動はなく、冨嶋は集団中間に位置する状態でゴール。
正確ではないがだいたい30番手ほどか。




13:30~ 1-1 中西出走

レースを終えたトミシマが中西のために、
スタート位置最前列の場所取りをしてくれていたが、
本人は中間地点からの出走をご所望。ご自身の希望通り、
ちょうど集団の中央部からの出走となった。

先ほどの1-2クラスの試合よりも集団がバラけるのがはやく、
2周目の地点ですでに集団に切れ目が見受けられた。
集団から抜け出し前を走るのは7人、このなかに中西も属する。
トップとメイン集団の差は2周目完了時、10秒。
3周目では先頭を引くのは4人になり、中西もメイン集団の中間位置までさがる。

この4人と集団の差がより劇的になったのは5周目。
先頭と追走集団の差は、秒にするとこの地点では28秒であった。
そしてここで補給の水は冷たいか?と聞かれる。
6周目では先頭は3人に、その12秒後にまた3人が追走、
その30秒後にメイン集団がラインを通過。
中西はその集団の中間に位置する。
この周回で冷たい水を用意できている旨を、叫んで伝える。

7周目、手渡した勢いでボトルの蓋が開き爆発し、補給失敗。
集団から抜けている先行数名はアタックの掛け合いで人数が増えたり減ったり、
順位が入れ替わったりしたのちに8周目で15人の逃げ集団となる。
このあたりでは中西は追走集団中間地点をキープ。
そしてこの逃げ集団は13周目で吸収されることとなる。

再びひとつになった集団の後方で中西は走行。
14周目、メンバーが入れ替わり、またもや13名の逃げ集団が形成され、
今度はその集団に中西も属した。この周回で水を補給。
そしてこの次の15周目完了時に、中西は先頭でラインを通過することとなる。
それ以降は逃げ集団のなかで中間の位置をキープしていた。
中西の苦しい表情の特徴なのか口角が上がっていたのが印象的であった。
ペースが安定しない逃げ集団は最終周回にメイン集団に飲み込まれた。
19周目、メイン集団に中西が見当たらず動揺。1分ほど遅れてライン通過。

後できくと、集団前方で落車が発生し、道幅の広くない区間が災いして多くの選手が
足止めを余儀なくされた、とのこと。中西もそのなかのひとりであった。
トップゴール後からしばらく遅れてゴール。




感想
今回、選手のパフォーマンスを妨げる補給ミスがありました。
ボトルのふたのしまりが不十分であったことが原因であろうと考えています。
今後このようなことがないよう、確認を徹底します。

灼熱の太陽と、コースのコンクリートの狭間で炙られるかのような天候で、
大変厳しい環境のもとでのレースでしたが、中西さん・冨嶋の双方から、
メイン集団、ひいては逃げる先頭集団のペースに食らいついていくという気概を感じました。

以前私が、冨嶋のクリテリウム形式のレースを観戦したのは、4月の
全日本学生選手権クリテリウム大会でした。参加者のレベルの違いが存在することは
百も承知なのですが、前回のレースでは見ることができなかった、集団の中で
自分のポジションをキープするべく全力でもがく冨嶋の姿に感動しました。

また、中西さんは途中メイン集団後方まで順位を落としたものの、
終盤先頭でラインを通過し、最終周回まで先頭の逃げ集団での走行をキープしました。
ご自身の前回の試合、全日本ロードレースで落車アクシデントに見舞われ、本来の実力を
発揮できなかったということで多かれ少なかれ思うところはあったろうと傍からみていて
感じましたが、この試合が少しでもインカレへの前向きな布石となることを祈るばかりです。

先頭を走行する中西さん


松本のお気に入り写真の『お花と冨嶋』


お二人ともお疲れ様です。
宮地、運転・サポートありがとう。


2回生マネージャー 松本瑞希








コメント

オバタ

2015-07-15 23:27:05 | 個人練習 : 小畠 和也
7/13月
ローラー
ピストでローラー50分+高回転1分×3 インターバルは2分。

ペダリングがまだまだ...。高回転の時にケツが跳ねている。


7/14火
ロード
LSD 80㎞ 高雄~美山の少し手前~高雄 

腰の調子は良い感じ。久しぶりにある程度の距離を乗れて楽しかった。早くロードにいっぱい乗りたい。


7/15水
ローラー
ピストでローラー40分 間に30秒もがき×5本をいれて。

腰の方は問題なし。TRSが終わったら様子を見ながら練習の質を戻していく。
コメント

宇佐美

2015-07-13 23:57:30 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/10(金)
オフ
昨日の疲れがすごく残っていたので

7/11(土) 7/12(日)
フレキャン

フレキャンはグダグダだったけど、体育会としての意識がよりいっそう強まった。

7/13(月)
筋トレ

デッドリフト 30kg 10回×2セット
40kg 10回×2セット
50kg 10回
5キロの重りを持ちながら腹筋 10回×6セット
広背筋 15kg 15回 左右2セット

今日は一日中予定が詰まっていたので、寮に帰ってきてから軽く筋トレをしました。ここ最近、全然練習ができていないのであと数日はしっかりと追い込んで、週末の試合に向けて調整していきます。
コメント

オバタ

2015-07-12 21:09:34 | 個人練習 : 小畠 和也
7/8水
ロード
雲ケ畑×1 9割くらいで。

平地では腰に痛みはなかったが上りに入ってから腰に痛みが出始めたため、3本行くつもりが1本で中止することに。
練習後、整骨院に行って診てもらったが腸腰筋やハム、お尻の筋肉にだいぶ疲労がたまっていたらしい。一週間ほど練習量を抑えて様子を見てみる。あとストレッチしっかりする。

7/9木
ローラー
ピストで40分ほどペダリングを意識してのローラー練

TRSもあるのでもっとDHに慣れたい。


7/10金
ロード
サイクリング1時間(雲ケ畑へ)

上りでもギアを軽くして、踏み足をあまり使わないようにすれば痛みは出なかった。
5限後、整骨院へ。水曜より痛みはだいぶ軽くなったし、疲労で硬くなっていた筋肉もだいぶほぐれてきたように思う。


7/11,12
オフ
フレキャンに行ってきた。
友達もできたし、みんなと話をしていて部活に対する真剣な姿勢を感じた。自分も強い意志を持って目標を追い求めたい。しかし疲れた。日帰りで良くないですか?



コメント

宇佐美

2015-07-09 23:22:45 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/6(月)
ロード練習 中西さんと
高雄~もずきょう~神明峠 60km 2時間40分

初めてのコース。神明峠はなかなかハード坂でした。1本目も2本目も登りでちょっと離されてしまった。2本目は頂上附近の少し平坦な道で脚をためて一気に抜こうとしたが、あっさり対応された…。「余裕だった」とのこと…。悔しい!

7/7(火)
ローラー練習

メディオ10分 一回

疲れのせいか全く、脚が回りませんでした。オフにするべきだったか…。反省します。

7/8(水)
ロード練習

江文 5回~20分休憩~5回(インターバルは6分)

江文はハードだと来るたびに感じます。後半でコツを掴めたのかいい走りができました。やっぱり考えながら走るのは大切だなと実感。

練習後にOBの坂井さんに焼肉をご馳走していただきました。ありがとうございました。もっといい記録を出せるように練習に取り組んでいきます!

7/9(木)
ローラー練習

1M 5本

負荷2で1分もがき。死ぬほどきつい練習です。脚とともに根性が鍛えられる気がします。
コメント

オバタ

2015-07-07 22:10:29 | 個人練習 : 小畠 和也
7/4土
ローラー
アップ10分
負荷付き10分×3本(ピストで)インターバルは10分。
ダウン10分

宇佐美と浅野に見てもらいながらの練習。きつくなってきてから下を向きがちになっているので、改善していく。
川元さんのスクラッチ予選での逃げは本当にかっこよかった。


7/5日
ローラー
ピストでローラー40分

朝食を食べる前だったので、あまり追い込まずペダリングを意識して練習した。
川元さんスクラッチ決勝8位入賞!おめでとうございます!自分もいずれはロードで全国入賞を狙えるような選手になれるよう頑張りたいと思いました。


7/6月
オフ


7/7火
ローラー
10分アップ
高回転3本
負荷付き30分(33㎞/hくらいで)
ダウン10分

今日はロード練に行く予定だったが雨でローラーをすることに。なかなか気分が上がらなかったが、いざローラーを始めると集中して練習することができた。
高回転は以前よりケツが暴れなくなってきたように感じた。負荷付きは軽めのイメージで引き足を意識して回した。
練習後、あんじゅさんと小石さんにご飯に連れて行っていただきました。ありがとうございました。
コメント

宇佐美

2015-07-05 18:30:43 | 個人練習 : 宇佐美 元基
7/3(金)
オフ

7/4(土)
周回練習 アップ+10周
ローラー練習 5M 2回
3M 1回
1分もがき 負荷2 1回
ギア51/15

初めてベロドロームで走りました。とにかく怖かった…。おびえながら走りました。カーブに入った時の押しつけられる感覚もすごかったです。ローラー練習はコンディションが良かったのかだいぶ追い込むことができました。
スクラッチ予選、川元さんの逃げがかなりかっこよかったです!

7/5(日)
周回練習 アップ+10周
ハロン 2回
ローラー練習 5M 3セット ギア50/15

昨日よりは人数が少なく、あまり怖がることなく周回できました。交代もスムーズにできたと思います。ハロンがけを2回しました。思ったよりもうまくいきました。川元さんにもうまくできてると言われたのでよかったです。ローラー練習は脚の疲れがひどく、あまり良くなかったです。
川元さんはスクラッチ8位!序盤から、かなりハイペースの試合で緊張しながら観戦していましたが、入賞できて良かったです!お疲れ様でした!
この2日間、全日本のトラックのレベルを間近で見ることができて学ぶこともありましたし、モチベーションにも繋がりましたし、本当に良かったです。インカレまで2ヶ月を切りましたし、今の自分の力ではまだまだ入賞には届かないと実感したので、この2ヶ月で成長できるようにしっかりと練習します。
コメント

オバタ

2015-07-04 11:03:11 | 個人練習 : 小畠 和也
7/1水
ローラー
アップ10分
負荷付き10分3本
→1、2本目= 40km/hキープ
3本目=42km/hキープ
それぞれラスト1分15秒はアタックをイメージしてのもがき。
ダウン10分

確実にローラーで回す力は付いてきていると思う。朝起きてから腰の調子が良くない。


7/2木
ロード
逆江文~途中~花織トンネル前~今出川 中西さん、川元さんと。

一昨日もこのコースを走ったがやっぱりきつい。まだ車間距離を開けてしまう癖が抜けてないので常に意識して練習に取り組む。自転車に乗っている時は腰に痛みは無いが普通に生活していて少し痛い時がある。


7/3金
筋トレ
家で体幹、スクワット、チューブを使ってのレッグカールなど。

コメント

宇佐美

2015-07-02 18:58:13 | 個人練習 : 宇佐美 元基
6/29(月)
オフ

疲れが溜まっていました…。

6/30(火)
京見TT 8分55秒
メディオ15分 2セット

京見TTは最初力抑えめでいきました。最初抑えめで走ったほうが、安定して走れてよかったです。メディオは最後に向けて徐々にペースを上げて練習。最後の1分はサドルの前の方に座り回しました。上手に回せている感じです。

7/1(水)
ロード練習
京見~サンダイコー~裏花背 87km 約4時間

京見で若干追い込み、そのあとは10分ごとに先頭交代をしながら高くもなく低くもない強度で走り続けました。サンダイコーから花背は信号も下りもほとんど無く、それが1時間くらい続き、じわじわと脚を痛めつけてくる大変ハードでグッドな道でした。いわばじわじわHGロードといった感じです。今回の練習で今までの自分に足りていなかった力を発見できたと思います。足を止めずにひたすらペダルを回すことがこんなにハードだとは思いませんでした。ロード練習に出るときは定期的にこのコースで練習したいと思います。それと、中西さんにコーナリングのことを教えていただきました。早く身に付けるためにロード練習では毎回、意識していきたいと思います。

7/2(木)
筋トレ
デッドリフト 30kg 10回 2セット
40kg 10回 2セット
45kg 10回 3セット
広背筋 15kg 15回 2セット
体幹 90秒 1分レスト 3セット
V字腹筋 1分 2セット
背筋 40回 2セット

すごく疲れていたので軽めの筋トレでした。
コメント