安藤豊ブログ【日記・活動記録・地元秋田のPRなど】

秋田県で活動中の安藤豊のブログです。日記や日々の活動記録、美しい自然に溢れる地元秋田のPRなど。HPもあります。

JR東日本から盆踊り支援

2018年09月19日 | Weblog

JR東日本の鉄道文化財団から、今年も2年連続で「地方文化事業支援」として西馬音内盆踊り保存会に助成金を頂くことになり、昨日贈呈式が行われました。

(写真左から菊池秋田支社長、太田財団専務理事、柴田保存会会長)

昨年度の助成事業では、太鼓ケースや三味線などのお囃子道具を購入しましたが、今年は端縫い衣裳や鼓などを買い揃え、盆踊りのもう一つの魅力である踊り衣裳の保存継承にも使わせてもらう事になりました。

昨年は、豪華列車の「四季島」が盆踊り鑑賞のために運行され、今年も寝台列車「カシオペア」の乗客が盆踊りを堪能されました。

財団からは 太田専務理事や菊池秋田支社長などが出席され、保存会による西馬音内盆踊りの実演を堪能されました。


松喬苑敬老会

2018年09月18日 | Weblog

町の特別養護老人ホーム「松喬苑」の敬老会が行われ、入所者や大勢のご家族などが参加して長寿をお祝いしました。

最長老は今年100歳を迎えた宮原あつ子さんで、代表して町からの記念品をお渡ししました。

アトラクションは恒例の「劇団まどか」の歌と踊りのショー。親子3代で運営する地元劇団で、毎年ボランティアで出演してくれ入所者も楽しみにしています。

私は挨拶で「平成最後の敬老会になりますが、40年前に天皇皇后両陛下が皇太子時代に松喬苑を訪問され、入所者を激励されました。それを記念して中庭にお手植えの松と訪問碑があります。両陛下のご長寿にあやかり元気に長生きしてください!」とお話しました。


 


全町学童相撲大会2018

2018年09月17日 | Weblog

大相撲9月場所が盛り上がっていますが、こちらの相撲も大盛り上がりでした。

37回目の全町学童相撲大会兼御嶽神社奉納相撲が行われ、大相撲に負けず劣らずの熱戦が繰り広げられました。

選手宣誓は羽後明成小6年の藤原朱空(しゅら)くんで、練習の成果を発揮すると力強く宣誓し、その言葉通り明成小は団体優勝と個人戦でも優勝しました。

団体、個人とも熱戦続きで、場内に詰めかけた家族など応援団からどよめきが上がる取り組みも数多くありました。

西馬音内のお祭りが終わると稲刈りが始まり、秋本番を迎えます。


秋の畑仕事

2018年09月16日 | Weblog

9月は2度の3連休がありますが、昨日は公務がなかったので畑仕事に励みました。

朝イチの仕事はさつまいもの収穫です。

紅あずま、紅はるか、安納芋の3種類を植えましたが、結構な収穫になり芋料理が楽しみです。

次はイチゴの定植です。ランナーから苗を育てていました。

自家採苗なのでウイルスフリー苗ではありませんが、来年の春が楽しみです。

芋の収穫跡地にはホウレンソウとシュンギクを蒔きました。右隣はブロッコリーです。

大根やカブは順調に成長していますが、白菜、キャベツは少しいじけ気味です。

この後はニンニク、玉ねぎの定植が待っているので、黒マルチで床を作りました。

畑仕事で汗をかくことはストレス発散に最高ですね。

 


我が家の玄関

2018年09月15日 | Weblog

玄関はその家の顔と言われ、玄関が汚いと福の神が嫌がって入って来ないと言われています。

そんなわけで26年前に自宅を新築した時、玄関を広く取り綺麗にして福の神が入りやすいように間取りしました。

玄関の下駄箱の上も物を置けるスペースにして、今多くのこけしが集まって会議をしています。

季節の花も飾っていますが、基本的に自宅で作った花を飾っています。

さらに、障子の前には妻が手づくりした縮緬細工の花を飾っており、今朝季節の花コスモスに模様替えしました。

いつも福の神が舞い込んでばかりではありませんが、交通事故に遭って障害者になった息子も含めて、家族が健康で暮らせている事に感謝する毎日です。


元西地区敬老会

2018年09月14日 | Weblog

町内7か所で敬老会が開かれていますが、昨日は元西地区の敬老会に出席してきました。

75歳以上の対象者は322人で、その内99人の方が参加してくれました。

挨拶で「キョウイクとキョウヨウ」という言葉を紹介し、キョウイクとは今日行くところがあること、キョウヨウとは今日用事があることが大事だと話しました。

年を取ると家に引きこもりがちになりますが、用事を作って積極的に活動する事が大事なようです。

元西こども園の年長組22人が、元城盆踊りやダンス、歌などを披露して、会場からはやんやの声援と拍手が送られてました。

今年の敬老会も、台風で延期した三輪地区と松喬苑を残すのみとなりました。


決算審査終わる

2018年09月13日 | Weblog

2日間にわたる平成29年度決算の審査が終わり、一般会計など10の決算全てを認定していただきました。

2日目は、農林、教育、建設、上下水道、病院などの審査があり、それぞれ事業効果の検証や不用額の中身、今後の事業展開への課題など、貴重な意見をいただきました。

今年度はまだ折り返しを迎える手前ですが、議会からの指摘を念頭に来年度予算や事業に反映すべく検討を重ねます。

毎年のことですが、決算審査が終わると少しほっと一区切りがつき、年度後半に向けて気合を入れ直します。


決算審査

2018年09月12日 | Weblog

昨年度の決算審査が2日間にわたって行われています。

今回から決算委員会の模様もインターネットで生中継されており、議会審議の見える化がさらに進みました。

 決算審査は1年間の行政執行の結果が数字に表れており、議員からは厳しい意見も数多く出されます。

初日は地方創生や商工観光などに多くの質疑が出されましたが、効果の検証が難しい分野でもあります。

様々な指摘を次年度以降の施策に生かして行きます。

今日の1枚は、この夏1番お世話になった冷し中華です。具材も多く美味しいメロンが乗ってくるのも特徴です。冷し中華ももう終わりですね。


9月議会一般質問

2018年09月11日 | Weblog

開会中の9月町議会の一般質問が2日間にわたって行われました。

今回は7人の議員が一般質問に立ち、災害対応や学校へのエアコン設置、放課後児童クラブや人口減少対策、巡回バスの運行計画、農業問題など幅広い分野にわたって質疑が行われました。

先日の地元紙に、県内某市で一般質問が2人しかおらず議員の怠慢ではないか、という記事が載りましたが、羽後町ではいつも8人前後の議員が一般質問に立ち、活発な議論が行われています。

予算確保の問題があり、何でもかんでも実施できない事情も説明して理解を求めていますが、「それにつけても金の欲しさよ。」という心境になります。


インターンシップ報告会2

2018年09月10日 | Weblog

地方創生「未来の学校」の一環で行われているインターンシップの報告会が行われ、(株)そば研で研修を行なった吉永 宗(そう)君が成果を発表しました。

吉永君は宮崎大学1年生で、出身は滋賀県ですが北日本に来たことがなく、今回の研修に応募したそうです。

研修テーマは「農業後継者確保につなげるためのホームページ内容拡充」で、1か月の研修中に体験した事を、若者らしい感性でホームページのリニューアルに結びつけてくれました。

そば研の猪岡代表から修了証書をもらった吉永君。

学生、受け入れ企業双方に収穫の大きな取り組みになりました。

羽後町が大好きになった吉永君。またぜひ来て下さいね。


トレーニングルームオープン

2018年09月09日 | Weblog

三輪地区にある民話伝承館(むかし語り館)に設置を進めていたトレーニングルームが昨日正式にオープンしました。

健康寿命を伸ばすことなどを目的に、ふるさと納税で頂いた寄付金を活用し、トレーニング機器21台設置して運動の機会を提供します。

愛称を募集していましたが「うごトレ」に決定し、最優秀賞の佐藤遼馬君(受賞者は弟)と優秀賞の菅原充さんに記念品を贈りました。

10日間ほど無料開放しましたが、町内外から多くの皆さんにご利用いただき、本格的な器具とスタッフの対応にお褒めの言葉をたくさんいただいています。

私も利用者登録をしましたが、180人目で予想以上の嬉しい反響です。

ぜひたくさんの皆さんにご利用いただき、健康寿命を伸ばしましょう!

 


敬老会も始まる

2018年09月08日 | Weblog

9月は敬老月間。羽後町でも4日の田代地区を皮切りに町内7か所と松喬苑など老人施設で敬老会が行われます。

議会本会議などと重なる日は浦田副町長が出席して挨拶しますが、6日は休会だったので私が明治地区の敬老会に出席しました。

今年は、75歳以上の対象者263人の内80人が出席して長寿をお祝いしました。

明治へき地保育所の子どもたち7人も駆けつけ、歌や踊りを披露してくれました。

参加した人たちは、可愛い子どもたちの演技に目を細めて見入っていました。

明治保育所も来年は入所児が4人になる予定で存続が難しくなります。

少子高齢化の影響はこんなところにも現れています。

 


町政懇談会始まる

2018年09月07日 | Weblog

北海道で大きな地震が発生し大変な事態になっています。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

大規模な停電も発生しており一日も早い復旧をお祈りいたします。

そんな中、毎年町内11か所で開いている町政懇談会が始まりました。

初日の5日は西馬音内地区のコミュニティセンターで行われ、参加者は8人と少数でしたが、時間を延長して活発な意見交換を行ないました。

冒頭に私から町政報告を行ない、台風21号など災害への対応や地域公共交通の見直し、むかし語り館へのトレーニングルームの設置、好調な道の駅の状況などを報告しました。

参加者からは、町内を流れる西馬音内川の浚渫や冬季の流雪溝の運用、小路の除雪、カラス糞害防止のための立木の剪定、ふるさと納税の活用や防犯カメラの設置など身近な要望や質問が数多く出され、対応をお答えしました。

9月は町議会、町政懇談会、敬老会と、朝から夜までハードな行事が続きます。

町民の声にしっかりと耳を傾け、誤りのない行政を執行して行きます。

 


役場の花を変えました

2018年09月06日 | Weblog

9月になったので、役場に飾ってあるパンフラワーを変えました。

1階のロビー横には、ひまわりを中心に白、紫の都忘れ、天狗の鼻のようなアンスリウム、赤のヒペリカムなどのアレンジです。

2階の総務課カウンターには一重のバラの小品を飾りました。

町議会が始まったので、4階の議会廊下には白のカサブランカやピンクの松虫草などで華やかにアレンジしています。

職員はもちろん、来庁者の皆さんにもホッとした気持ちになっていただければ、との思いを込めています。

もちろん、全て妻が作り貯めた粘土細工のパンフラワーです。


9月町議会始まる

2018年09月05日 | Weblog

昨日から9月定例町議会が始まり、初日は行政報告や提案説明などを行ないました。

行政報告では、農産物の生産販売状況や羽後高校タイ短期留学、西馬音内盆踊りの開催状況、民話伝承館に新設したトレーニングルームなどについて報告しました。

9月議会は決算議会とも言われ、昨年度の一般会計などの決算について審査が行われます。

決算の収支は、一般会計から病院会計まで全て黒字決算となり、1年間の努力が結果に表れました。

今回から、2日間にわたる決算特別委員会の審査もインターネット中継されることになったので、自宅や職場などで議論の内容が視聴できます。

お時間がありましたらぜひご覧ください。