ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

表面に鉄分が滲みだしてくる

2017-09-30 | ギャラリー樟楠
 

 
鉄分を多く含んだ土は、焼成時に表面に鉄分が滲みだしてくる。
白化粧の派手さを抑える長石釉のマットな仕上がりに滲み出した鉄分がよく映えた深鉢。
小さめの高台から 柔らかな丸みで立ち上がった姿も素敵です。
 
 
雷神宮窯
木村勲 陶展
9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/23・24・30・10/1・7・8・9
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147
 
 
コメント

左右に灰をかぶった平鉢

2017-09-30 | ギャラリー樟楠



左右に灰をかぶった平鉢。
なぜ、このように違う色になったのでしょう。
一概には言えませんが、薪窯は うつわが置いてある場所によって酸化と還元に分かれます。
もしかしたら、その真ん中に置かれていたのかもしれませんね。
 
 
雷神宮窯
木村勲 陶展
9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/23・24・30・10/1・7・8・9
 
 
コメント

木村勲 陶展2週目

2017-09-30 | ギャラリー樟楠
木村勲 陶展2週目です。
過ごしやすい陽気、心地よい陽ざしの中で感じる薪窯焼成のうつわ達。



それぞれに個性があり、美しく、格好良い。
 
 
雷神宮窯
木村勲 陶展
9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/30・10/1・7・8・9
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147
 
 
コメント

木村勲 陶展 2日目(ギャラリー樟楠)

2017-09-24 | ギャラリー樟楠
木村勲 陶展 2日目です。
昨日の初日、薪窯焼成された壺に何を活けようか迷い、秋分の日らしくススキを(なにが秋分の日らしいのか不明ですが)。
ギャラリーの近くにある、見沼の自然をちょっと連れてきちゃいました。



本日も木村さん在廊です。
皆さま、お待ちしております。
 
雷神宮窯
木村勲 陶展
9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/23・24・30・10/1・7・8・9
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147

 
 
 
コメント

菅野由貴子さんの絵画展がはじまりました(銀花ギャラリー)

2017-09-23 | あるぴいの銀花ギャラ...
明け方まで降り続いた雨も上がり、秋の気配を感じながら、菅野由貴子さんの絵画展がはじまりました。






 
アクリル画、銅版画、そして蜜蝋を使った作品を出品してくれました。


アクリル


銅版画


蜜蝋画
 

動物たちを主役に、それぞれにあたたかな物語を感じます。
移ろう季節の中、朗らかに 和やかに お楽しみください。
 
 
Natural
菅野由貴子 絵画展
2017.9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/29(14:30~)・10/9
作家HP pukanno.com/ 
 

あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
048-647-2856
コメント

アルピーノ村 銀花・樟楠 ギャラリーからのおたよりです。2017.9.11

2017-09-22 | マダムとし子から
アルピーノ村 銀花・樟楠 ギャラリーからのおたよりです。2017.9.11

もう9月、秋らしい風が吹いて 庭の片隅では、ちゃんと彼岸花が小さな穂先を伸ばしています。
1日10cm位伸びているように思います。今朝は一輪、花火のような花が開き始めていました。
お彼岸を忘れず、咲いてくれてます。
 
なかなか落ち着いてくれない世界情勢。温暖化が原因なのか思いがけない天候不順、大荒れの気象変化。
当たり前の日常のありがたさをあらためて思います。
 
銀花と樟楠、2つのギャラリーで、兵庫県の椿野さん達の集い展。
35年程前、初めて出会って アートの世界に生きる人の生きざまに触れ、色々、見たり 聞いたり 考えたり。
そして、私達、食の世界にいる調理人やサービスマンの姿勢も共通している点もたくさんあることを思い知って
誇りを持って取り組みました。
食とアート、どちらも人間らしく生きるのに大切な、必要なことと思います。
変化する時代に対応していくこと大切です。
今、今、基本のたくさんの仕事をして、腕だけでなく、身体全体でも覚えて、
センスや感覚だけではない実力をしっかり持つことも重要と思っています。
若い人たちと一緒に働き、新しい風にも吹かれ、互いに良いところを吸収しましょう。
 
埼玉県神川町で、薪窯を焚く木村勲さん、イラストレーター 絵本作家の菅野さん
生越の石川真理さん、そして実力派、荒川尚也さんの硝子作品もやってきます。






  あるぴいの銀花ギャラリー
  9月23日からの展示



Natural
 菅野由貴子 絵画展
 2017.9/23(土) - 10/9(月・祝)
 11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 作家在廊日9/23・10/9
 作家HP pukanno.com/
 -------------------------------------------------------
 詳細&スタッフコメント
 
 ======================================

 あるぴいの銀花ギャラリー
 10月14日からの展示



石川真理
 暮らしの中の器展 -2017-
 10/14(土)-10/29(月・祝)
 11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 作家在廊日10/14・16・19・21・23・26・29
 ----------------------------------------------------
 詳細&スタッフコメント
 
 ======================================
 
 
 ギャラリー樟楠
 9月23日(木)からの展示
  

 
雷神宮窯
 木村勲 陶展
 9/23(土) - 10/9(月・祝)
 11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 作家在廊日9/23・24・30・10/1・7・8・9
 ----------------------------------------------------
 詳細&スタッフコメント
 
 会場の様子(搬入日)

 ======================================
 
 ギャラリー樟楠
 9月23日(木)からの展示

 

-灯-
  荒川尚也 ガラス展
  2017.10/14(土)-10/29(日)
  11:00 ~18:00 火・水定休
  10/14作家在廊
 ----------------------------------------------------
 詳細&スタッフコメント

 ======================================
 
 11月3日からは、岡山県の仁城義勝さん、逸景さん親子の木のうつわ展も開催。
 酒器展の予定もありますので、どうぞ おたのしみに。

 ---------------------------------------------------- 
 
ギャラリーのパソコン不具合により、メールマガジンの送信が遅くなりました。
 大変申し訳ありません。
 また、現在もホームページの更新ができない状態にあります。
 最新の情報は、このブログ、又は各SNSにてご確認ください。

twitter
銀花Facebook
樟楠facebook
https://www.instagram.com/kusukusu_ginka_takeshi/
 
 
 
 
コメント

木村 勲 陶展搬入日。

2017-09-22 | 企画展・うつわ
木村 勲 陶展搬入日。
搬入日と言いながら、実は一昨日に搬入作業は完了しておりました。
明日の初日に、角皿などが追加で届きます。






 
今回は、埼玉県北部の神川町で、薪窯で焼成されたうつわの展示です。
煮物などが増える季節に、使い勝手の良い鉢ものを中心に出品してくださいました。







粉引きや刷毛目などの白化粧、数種類の灰釉のうつわ達。
煮物だけでなく、カレーやパスタも美味しくなりそうです。



明日から、土の魅力を存分にお楽しみください。


 
 
雷神宮窯
木村勲 陶展
 
9/23(土) - 10/9(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日9/23・24・30・10/1・7・8・9
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147

 

 
コメント

木のうつわ  仁城義勝・仁城逸景(ギャラリー樟楠)

2017-09-18 | ギャラリー樟楠



木のうつわ
仁城義勝 仁城逸景
 
2017.11/3 (金) - 11/19 (日)
11:00 -18:00(最終日16時まで)火・水 休み
仁城義勝 11/5・6 在廊
仁城逸景 11/11・12 在廊




六月、轆轤の音が鳴り響く工房で、逸景さんの木地仕事にふれる。
削っては触り、また削る。サイズやフォルムは手が憶えているのだ。
八月、ラジオの音の隙間から僅かに聞こえる刷毛の音、義勝さんの塗りの仕事に魅入る。
それは伝統的な塗りではなく、木のうつわを永く、気兼ねなく使ってもらうための漆。
仁城さん達は、それぞれが木地の仕事と塗りの仕事に携わり、農作業と同じように一年をかけて仕上げる。
季節を追いかけ、気候に悩む仕事。
「木の命をを無駄にしたくない」とうつわとして用を担うことのできるものは全て仕上げる。
それは、多少クセのあるうつわも生まれるということ。
個人的にはそんな、うつわとの出会いは大歓迎である。
以前にお求めの方で、修理や塗り直しを希望の方は、会期中にお持ちください。
来年の秋に届きます。
 
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147
048-641-9156
 
 
コメント

荒川尚也 ガラス展(ギャラリー樟楠)

2017-09-18 | ギャラリー樟楠



-灯-
荒川尚也 ガラス展
2017.10/14(土)-10/29(日)
11:00 ~18:00 火・水定休
10/14作家在廊
 
 


鹿や猪が 庭にひょっこりと顔をだす、自然豊かな京都の山にある工房。
山に湧きだす水の如く 透明度の高いガラスに踊る こまやかな気泡。
透る灯りの輝きは、朝陽のように暖かく、壁に映る光は日を浴びて輝く朝露のよう。
涼を求めるだけではない、暮らしや心を照らすガラスの灯(ともしび)。
展示には 灯りだけではなく 泡ガラスの花器やうつわ、オブジェ、
昔ガラスに想いを馳せた、ゆらゆらと揺れる景色も楽しめる 呑むためのうつわ。
ホウ珪酸ガラスを使った 茶器や温かな飲物にも対応したうつわもご覧いただけます。
 
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1‐147
048-641-9156
コメント

石川真理 暮らしの中の器展 -2017-(銀花ギャラリー)

2017-09-18 | あるぴいの銀花ギャラ...



石川真理
暮らしの中の器展 -2017-
10/14(土)-10/29(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
作家在廊日10/14・16・19・21・23・26・29


 
越生町の山深い芹ケ沢に、石川さんの陶房がある。
40年近い陶芸家生活。土をこね作品を作り、誰よりも先に使う。
日常の器、おもてなしの器として、
耕された土から生まれた素材の料理を盛る。
「作り手と使い手」「食と器」のことをいつも考えると言う。
大胆さと繊細さを併せ持つ作品が並ぶ初個展。
その中で梅の木灰を使って作られた梅空釉の
優しくも深い空色に魅了される人は多い。
私もその一人。
食べ物の美味しい季節、ぜひ楽しんで使ってほしいです。
(木村昭子)
 
 
 
あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
048-647-2856
 
 
コメント