ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

笠間益子 -craft&create- 岡本芳久のマル

2016-06-30 | 企画展・うつわ
 
笠間益子 -craft&create-


 
岡本芳久のマル
 
どっしりとした腰付きの岡本さんのマル。
深くしっかりと彫り込まれた線刻画に緑釉と飴釉のコントラストが美しいです。
見込みは落ち着いた色で貫入もきれい。
「ふーふーっ」と熱々のほうじ茶が飲みたくなりますね。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠間益子 -craft&create- あをさんのマル

2016-06-29 | 企画展・うつわ
 
笠間益子 -craft&create-


 
あをのマル
 
6月26日に在廊してくださった あをさん。
粉引のうつわを中心に制作されています。
今回は2種類のマルを出品してくださいました。
緑がかった灰釉のマル湯呑は、シャープな腰付きに高台の削り角がアクセントになっていて、鉄分の染み出し具合も好みです。
白いマル湯呑は粉引に黄灰釉。女性作家さんですが、逞しさを感じるマルです。どちらも大きめですが、梅雨が明けたら、氷を浮かべた冷たい麦茶を「ゴクゴク」を音を立てて飲みたいですね。
益子のヒジノワさんで定期的に開催されている「カフェあをあを」も是非。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
048-641-9156
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作家さんの作品を引取りに、益子と笠間へ

2016-06-29 | 企画展情報
 
笠間益子 -craft&create-
創造のメチエに参加していただく作家さんの作品を引取りに、益子と笠間へ行ってまりました。
 
前回のDM撮影に伺った時に続き
 
雨です。
雨ですよ!
普段の行いのせいでしょうか。
 
はじめにお伺いしたのは、高山英樹さん。



2002年に益子に移り住んだ高山さんの家はプレハブ小屋、はじめはプレハブの中でテント生活をしながら、床を貼り、風呂を作り、少しづつ家にしていったそうです。
高山さんの制作される家具は、古材を使っています。
新しい材を好き勝手に切り出すのと違い、暮らしに触れた古材、その良さを残しつつ、新しい使い手へと引き継ぐような仕事です。



今回の創造のメチエでは、家具はテーブルだけですが、素敵な鏡も届いています。ガラスで参加の杉山さんとのコラボ作品もあるのでお楽しみに!
 
雨の中、素敵な笑顔でお見送りをしてくれた高山さんの次に訪れたのが、コラボ作品のガラスを制作された杉山洋二さん。
 


クリアガラスのうつわを中心に制作れている杉山さん、印象に残る作風ながら、使いやすさや口当たりにも、しっかりと気持ちを向けています。
やさしい人柄がガラスにも写り込んでいます。


 
高山英樹さんは海外で開催される展覧会に向けての制作&渡航予定があるため、残念ながら在廊はないのですが、杉山洋二さんは、7/9に在廊いたします。
会いにいらしてください。
 
ギャラリー樟楠で開催している「益子のマル」「笠間のマル」に合わせ、益子や笠間周辺で、焼物以外の表現技法で活動されている作家を紹介する「創造のメチエ」。
見逃せない展示になりそうです。
ご期待ください。
 
 
創造のメチエ(表現技法)
7月1日(金)~7月18日(月)
11時~18時(最終日16時まで)
会期中休み7/5・12(火)

杉山洋二(笠間)
須知 大(笠間)
髙山英樹(益子)
仲田 智(常陸大宮)
古川 潤(益子)
矢野津々美(茂木)
 
「創造のメチエ」は、笠間と益子で制作する陶芸家以外の作家の展示です。
ガラス、木工、彫刻、絵画、写真など幅広いジャンルの作品を展示いたします。

あるぴいの銀花ギャラリー
330-0835
さいたま市大宮区北袋町1‐130-9
tel&fax 048‐647‐2856
mail : alpino-ginka@grace.ocn.ne.jp
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩本 拓郎展 -光と風と水と火と土と- 終了致しました。

2016-06-29 | 企画展 絵画・平面
 
岩本 拓郎展 -光と風と水と火と土と-
終了致しました。
 
遠方からお越しの方もあり、連日、本当にたくさんの方が美しい抽象画を楽しんでくださいました。
約1ヵ月間という長い展示でしたが、拓郎さんが飽きないようにと半数近くの作品を入れ替えて展示してくれました。
ご来廊くださいました皆様、拓郎さん、本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。
 
再掲載ですが、個人的に気に入っていて、今回の展示で最初に売約となった作品の画像をUPします。



空間にスキップ:岩本拓郎
11×11cm


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠間益子 -craft&create- 近藤康弘のマル

2016-06-27 | 樟楠常設展示情報
 
笠間益子 -craft&create-


 
近藤康弘のマル
 
本日在廊してくださった近藤さん、一生懸命に他の作家さんのうつわを紹介してくださいました。
在廊ありがとうございます。
 
近藤さんの丸湯呑は、ちょっとした口縁の開きが、やわらかな口当たりを呼び込み、とても飲みやすい。
たっぷりサイズなので小鉢としても使い勝手が良さそうです。
腰回りから高台にかけて細やかな鉋跡があり、柔らかな円みと共に印象に残るうつわです。
飴釉、灰釉、化粧と3種届いております。
 
明日28日(火)はお休みをいただきます。
ご来廊を予定してくださっていた方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございません。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
会期中休み6/28(火)
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前田美絵のマル・若菜綾子のマル

2016-06-26 | 企画展・うつわ
 
笠間益子 -craft&create-
 
前田美絵のマル



グリーンの釉薬が特徴的だった前田さん。

工房を茂木町に移し、益子の土に触れて感じた、素朴さ あたたかさ。

その土の魅力を使い手の日々の暮らしのなかで感じてもらえたらと制作されています。

益子の白土に透明釉で桜色のマル

同じ白土に灰釉でベージュのマル

その他、益子の赤土に透明釉のうつわも届いております。

素材感を大切に考えた 前田さんのうつわをお楽しみください。

 
 
若菜綾子のマル



美しい鎬(しのぎ)です。

手で包むと、鎬は、視感に訴えるものだけでなく、

触感に心地良さを与えてくれるものだと思い出させてくれます。

掌でころころと感じてほしいです。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
会期中休み6/28(火)
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹下鹿丸さんの汲み出し

2016-06-24 | 企画展・うつわ
 
竹下鹿丸さんの汲み出し。



薪窯焼成の焼締めを製作している鹿丸さんの白いうつわ。
 
たぶんですが白磁のソーダ窯焼成だと思います。
 
5点届きましたが、ひとつ気になるモノが!
 
ナニが気になるかはヒミツ。
 
 
南蛮焼き締めも届いております。



鹿丸さんの在廊は 7/2・3 を予定しております。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
会期中休み6/28(火)
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠間益子 -craft&create- 益子の〇(マル)明日、6月24日(金)11:00からはじまります。

2016-06-23 | 企画展・うつわ
 
笠間益子 -craft&create-
益子の〇(マル)
 
無事に搬入が終わりまして
明日、6月24日(金)11:00からはじまります。







マグカップもいっぱいです。

益子で作陶する11名の作家から、トータル 442点の作品が届きました。
テーマの丸湯呑や汲み出し以外にも かわいい器からたくましい器まで、これからの益子焼を担う作家たちのうつわです。









どうぞ、宜しくお願い致します。
 
 
益子の〇(マル)
6月24日(金)~7月3日(日)
11時~18時(最終日16時まで)
会期中休み6/28(火)
 
・あを
・伊藤丈浩
・岡本芳久
・加守田太郎
・久保田健司
・近藤康弘
・佐々木康弘
・鈴木 稔
・竹下鹿丸
・前田美絵
・若菜綾子
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
048-641-9156
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浄土紀久子 染色展が終了致しました(ギャラリー樟楠)。

2016-06-20 | 企画・布 染織
 
浄土紀久子 染色展が終了致しました。



会期中は、暑~い夏日や シトシト雨の日もありましたが、本当に多くの方に来廊いただきました。
心より感謝いたします。
ありがとうございます。
 
作家の浄土さんも在廊は13時からの予定でしたが、連日オープンからお越しの方が多く、開店から閉店まで、皆勤賞をあげたいくらい頑張ってくださいました。
ありがとうございます。
 
浄土さんの染めは、布全体を染料に漬けるのではなく、筆を使って描きながら染めてゆきます。美しいグラデーションが、多くの方を魅了しています。
 
見逃してしまった方は、次回開催を楽しみ待っていてください。
 
銀花ギャラリーで開催しております、浄土さんの旦那様、岩本拓郎さんの絵画展は27日(月)までの開催です。
こちらも「抽象画ってこんなに美しいのね」と多くの方が感動してくださっています。
是非、ご覧くださいませ。
 
 
作品は半分近く掛け変わっております。
リンクは参考程度にご覧ください。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノウゼンカズラ

2016-06-19 | 日々
 
ミツバチの巣箱の上で、ノウゼンカズラが咲きはじめました。



一歩、夏に近づいた気がします。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加