ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

2012-07-31 23:00:58

2012-07-31 | インポート
 
 
訳あって、今日も一日中遊びまくりました。
 
 
午前中は、海。
もちろん釣りも!
 
 
ただ、コイツがしつこい
 
 
かわいいのですが、釣り糸をプチプチ切るので、仕掛けを替える手間が増えるんですよね。
 
 
昼飯を食べて、山へ。
 
 
世界遺産を歩いてきました。
 
 
その後
 
 
川です。
年甲斐もなく、岩から飛び込んだりしてしまいました。
 
 
一日で、海山川とハッスル!
テントを設営してあるキャンプ場へ戻ったのが19時過ぎ!
それから飯の支度&テント以外のキャンプ道具のお片付け。
 
 
元気いっぱいの台風10号の影響で、これから雨風がヤパイのです。
 
 
やはり、日頃の行いが・・・  
 
 
 
 
 
 
  


コメント (2)

マンボウ

2012-07-30 | インポート
 
 
初食マンボウ
 
 
ぷりっとした食感が印象的なフライ。
さっぱりとした味は、ソースより塩で食べた方が、しっかり味わえました。
 
 
また食べたい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント (2)

うぎゃー。

2012-07-29 | 日々
 
 
今朝、夏椿(シャラ)を見ると
葉っぱを食べられた跡が・・・
 
 
良く見ると「アオイラガ」を発見。

Photo
 
 
小さな夏椿なのに、良く見ると大発生。

Photo_2

15分位で、30匹以上捕まえました。
 
 
刺されると、とっても痛いので
皆さんも気を付けて下さい。
 
 
 
 
 
あるぴいの銀花ギャラリー(アルピーノ村)は
明日、2012年7月30日(月)~8月3日(金)まで
夏季休業をいただきます。
 
 
ちょこっと遊んできます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント

今日も暑い。

2012-07-28 | 季節
 
 
今日も陽射しが強く、暑い一日でしたね。

Photo
 
 
イチジクの実もふくらんできました。

Photo_2

アルピーノ村は、7月30日より夏季休業に入るので
食べ頃を逃してしまうかもしれません。
 
 
どこかに花が咲いてないかと探してみますが
この時期、あんまり咲いていません。
タカサゴユリは、やっと小さな蕾が出てきた位です。

Photo_3  Photo_4
 
 
やっと見付けた花は、ミント。

Photo_5

小さなムラサキの点々が、かわいい。

Photo_6


ピンクの夾竹桃は満開でした。

Photo_7

ヒラヒラとした花弁も素敵ですが、シャープな蕾がとってもキレイ

Photo_8

しっかり咲いて下さいね。
 
 
 
 
 
明日は、吉岡萬理 陶展の最終日、夏を楽しく過す器が並んでいますよ。
 
 
7月30日~8月3日まで夏季休暇をいただきます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント

祭りの練習。

2012-07-27 | 日々
 
 
先日 仕事から帰ると、太鼓の音が聞こえてきました。
家の裏にある神社で、8月4日に行われる
夏まつり「夜のフェスティバル」の練習の音です。
 
 
カミさんに聞くと、長男も参加しているそうなので
下の娘を連れて見学に行ってきました。

Photo

祭り独特の空気も好きですが、この練習中の空気も大好きです。
太鼓の練習だけでなく、おばちゃんたちが出て来て
盆踊りの練習もしていました。

Photo_2
 
 
そして、かき氷機も試運転!
子供たちは練習をほったらかして、
シャリシャリ音の聞こえる最前線へ。

Photo_3
 
 
当日は、しっかり叩いてほしいモノです。

Photo_5
 
 
 
 
 
明日は、吉岡萬理さんの在廊日。
暑いですが、会いに来て下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント

渋い仕事もしてまっせ。

2012-07-26 | 企画展・うつわ
 
 
渋い仕事もしてまっせ。
 
 
もちろん僕の事ではありません。
 
 
現在展示中の吉岡萬理さんの陶の話です。
初日から、楽しく元気になれる 器たちを紹介してきましたが
修業時代の伝統的な陶も焼いているのです。
 
 
粉引きや刷毛目は、包容力のある、強いやさしさ。

Photo


Photo_2
 
 
白くなり過ぎない様に 土を配合しているようです。
少しだけ青みがかったグレーが、やさしい印象を与えてくれます。

Photo_3


Photo_4
 
 
僕の好きな鉄彩。

Photo_5  Photo_6

光の加減で、別の仕上がりに見えるのは、僕のカメラ力不足。
独特な黒に緑の一筆、淡い艶と自然なマット感のせめぎ合いが
とっても気になるシリーズです。
とても品のある仕上がりがあったり、
懐かしい土臭さを感じる仕上がりがあったりと
見ていて、触れていて飽きません。

Photo_7


Photo_8
 
 
そして長石釉の碗。

Photo_9

窯の中の場所や焼成の違いで、一点一点 表情が違います。

Photo_10

貫入の入り方も それぞれです。

Photo_11

この碗を使い込んで、貫入に自分色の渋が染み込んでいったら
本当の宝物になるんですよね。
 
 
 
 
 
勢いや力強さ、そして色に目を奪われてしまいますが
楽しいうつわと 味のあるうつわ、どちらも丁寧に
そして、しっかりとした考えを持って取り組んでいる萬理さん。

Photo_12


Photo_13
 
 
暑い日が続きますが、「埼玉県の皆々様、はじめまして!!」
と、声をあげている 萬理さんの うつわたちに会いに来てほしいです。
 
 
 

 吉岡 萬理 陶展 Magical exhibition tour 2012
 2012年7月29日(日)まで
 11:00 ~18:00
 作家在廊日 7/28・29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

降るかな?

2012-07-25 | 日々
 
 
なまぬるく湿った風が吹いている午後3時。
今日は、ひと雨降ってくれますでしょうか。
この湿気だけも落ち着いてくれるとイイのですが。
 
 
アゲハ蝶は元気飛び回り、どこに着地するかと眺めていると
やっぱり山椒の木が好きなのですね。

Photo
 
 
アブラゼミの鳴き声は、チョットづつ聴こえてくるのですが
今日は、「ジーーーーー」と ちがう鳴き声。
ヒマラヤスギの枝の中を、蚊に刺されながら探して発見。

Photo_2

声の主は、ニイニイゼミでした。
子供の頃、なかなか見つけられなかったニイニイゼミ。
夏休みの宿題で、その標本を持ってきた友達に
あれこれ質問した事を思い出しました。
10年近く会ってないけど、永さん元気かな?
 
 
 
この辺の小学校も明日から夏休み。
ウチの子供たちは、今年の夏、どんな思い出を作るのでしょうか?
今の内に、いっぱい遊んでもらいましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント (1)

お気に入り。

2012-07-24 | インポート
 
 
夕刻、休日出勤から帰って来ると
ちょうど晩飯が出来上がったところ。
 
 
ネギトロ+もやしと豚バラ、ブロッコリーの炒め物。
カミさんは、吉岡萬理さんのパスタ皿がお気に入りの様です。
 
 
 
 
 
僕も気に入ってますが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コメント (1)

パスタ皿

2012-07-23 | 企画展・うつわ
 
 
現在展示中の吉岡萬理さんのパスタ皿。
土曜日にカミさんと子供たちが1枚選んで購入し、家で使っています。
 
 
今日も、ひとり昼飯でしたので、またしても パスタにしました。

Photo

ソーセージ3本とズッキーニ、黒オリーブを使った塩味パスタ。
結構大きなパスタ皿なのですが、先日使って残っていたズッキーニを
全部入れたら、またしても超大盛になってしまいました。
 
 
吉岡さんの展示は、29日(日)まで
28日(土)・29日(日)は、吉岡さん在廊です。
 
 
写真のカップも吉岡さんのカルロス君。
ギャラリーにもカルロス君がいっぱいですよ!
 
 
たのしい吉岡萬理さんのHP&ブログも見て下さいね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント (2)

ウエディング…  パン。

2012-07-22 | アルピーノ村・アルピーノ(フレンチ)
 
 
本日、フランス料理アルピーノでは、2組の御披露宴。
その内の1組は、僕の大好きなパン屋さん「タロー屋」さんのおふたり
結婚6年目の披露宴でした。
 
 
集合写真を写している内に会場内に忍び込み、ウエディングケーキならぬ
ウエディングパン!をこっそり見に行きました。

Photo

どこにパンがあるかわかりますか?
 
 
写真右奥にある、上に白いモノが乗っているのがウエディングパンです。
近付くとこんなにも迫力がある、ブラックベリー酵母のカンパーニュ。

Photo_2

重さ3キロ!です。
上に乗っていたのは、マジパンで作られたふたり。

Photo_3
 
 
僕にもおこぼれがるようですので、今晩 おふたりの事を思いながら
食べたいと思います。
 
 
太郎さん真弓さん、おめでとうございます。

Photo_4
 
 
真弓さん、ウエディングドレス姿 とっても素敵でしたよ。
ご友人が作られたブーケも、お似合いでした。
太郎さん、いつか一緒に釣りに行きたいですね。
末永くおしあわせに。
 
 
畑のコウボパン タロー屋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント (2)