ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

梅雨時

2010-06-30 | アルピーノ村

先日、梅雨の合間に家の裏の未舗装路の雑草取りをしました。ちょっとした晴れ間に、グングン伸びる雑草たち。こどもにも手伝わせて、約3時間かかりました。

バイクを置くスペースに敷いてある人工芝をどけると、10センチ位の立派なムカデが3匹飛び出してきました。こども達は「どこどこ?」と見に来ましたが、早いムカデの動きにビビり!どっちがムカデだか わからない位の速さで逃げて行きました。

大好きな ねこじゃらしは、少しだけ別にして、大庭和昭さんの掛け花へ。

Photo

なかなか進まない雑草取り。基本、道具は使わず、素手で引っこ抜いていきます。ちょっと油断していると、抜き取った草の中に、ピンクのラインが並んでいます。よく見ると「ねじり花」あわてて取り出しましたが、残念な事に、根っこからではなく、茎の途中から引きちぎってしまった様です。何とか花が咲いている所は残っていたので、水に挿すと元気になってくれましたが、あのスーッと伸びたキレイな姿は家族全員見ることができませんでした。辺りを探しましたが、他には咲いていなく、もったいない事をしたと後悔しております。

話は変わりますが、アルピーノ村では、各店の庭や花壇に生えているハーブを 大切に使います。先日も イルクオーレの西山さんが、ローズマリーを摘み取っていました。

2 1

みなさん 踏まないようにして下さいね。

そして 少し前の写真ですが、アルピーノ村には、大きな桑の木が2本あります。

Photo_2 Photo_3

今年は すでに収穫済みですが、来年 黒く熟した「桑の実」を見つけたら、スタッフに見つからないように、こっそり味見してください。

素敵屋さんの裏庭には、びわの木もあります。

Photo_4

今年はあんまり取れなかったみたいです。憎たらしきカラスの仕業。カラスも見てるだけならカッコいいのですが、イタズラがね~!

こちらは、秋が楽しみな「ざくろ」

Photo_5

花の数だけ実がなると うれしいのですが、今年はどうなる事やら。見事にはじけてくれますように。

今日は、家に帰ったらプランターで育てている「えだまめ」食べちゃおうかな。

コメント

鈴木悦郎 絵展楽 2010夏

2010-06-23 | 企画展 絵画・平面

悦郎先生の夏の絵展楽がはじまりました。遠くからお越しになるお客様もいるのですが、あいにくの雨。

Photo_3

今日は、1年生になった下の娘も、小学校で最初の遠足だったので、さみしそうに学校へ行きました。(雨天決行なので、雨の動物園へ)

Photo_2

悦郎先生が到着する昼頃には、雨もすっかり上がり、時折 日差しも見えるようになりました。

Photo_4 「悦郎先生到着」

Photo_6 Photo_7

東京や神奈川から先生に会いにいらっしゃる方も多く、本日は神戸からのお客様もありました。

Photo_5

そして、あるぴいの銀花の元スタッフたちも、みんな 悦郎先生が大好き。当然、会いにやって来ます。

Photo_8

会場内には、半年で描かれた21点の新作。 皆様も 作品を見れば、必ず 嬉しくなって、思わず笑顔になってしまいますよ。

Photo_11 Photo_10

そして悦郎先生の「笑顔」にも会いに来て下さい。

7月7日(火)までの会期です。悦郎先生の在廊は、6月27日と7月4日です。

コメント

搬入日なのに

2010-06-22 | 企画展情報

今日は鈴木悦郎先生の搬入日。だというのに朝から関越道を北上。昨日までガラス展を開催していた新田さんが、金沢に帰る前に、群馬県のみなかみ町に工房がある鍛鉄作家の成田理俊さんの所に寄って、10月に行われる2人展の打ち合わせをするというので、「これはチャンス」という事で、アルピーノのマダムと共に 出掛けてしまいました。

Photo

楽しかった工房見学のお話は、いずれまた報告できれば・・・・ と。

「成田さん、新田さん、マッチ絵の家の竹田さん、皆さん色々ありがとうございました。楽しかったです」

3時半頃に戻り、しっかりと搬入。「寬さん、お待たせして申し訳ありませんでした。」

106

明日は悦郎先生も在廊です。おたのしみに。

コメント

「あしたまで」と「きょうから」

2010-06-20 | アルピーノ村・お菓子やさん

新田さんのガラス展が 明日で終了です。会期中、毎日在廊してくれたので 少し寂しいです。

搬入時に、新田さんが ルーターを持っていたのを見付けたので、グラスに名前やメッセージを入れてもらえるのか聞いたところ、気持ち良く「いいですよ」と言ってくれました。実際、本日までにメッセージを入れたグラスは7客。

Photo

「父の日」のプレゼントに、お父さんの名前を入れてもらったり、カップルで名前を入れてもらったり、友達へのメッセージなど、新田さんも緊張しながらも「心を込めて」彫ってくれました。

明日、あと2客 彫ってもらうお客様があります。「大切なメッセージ」新田さん 宜しくお願いします。

そして本日より、お菓子やさんの新作ロールケーキが販売になりました。

Photo_2

今日は、カット販売も、ホール販売も 売り切れてしまいました。

前日 採れた新鮮卵を使った 米粉のモチモチ生地 と 蜂蜜香るカスタード。ふたつを やさしくつなげる ふんわり生クリーム。絶対おいしいです。

見かけた時は、是非一度 召し上がってみて下さい。

コメント

鈴木悦郎 ÉTSRO ぬりえスタンプ

2010-06-18 | お知らせ

多くの皆様から、愛されている 鈴木悦郎先生。2010年 夏の絵展楽も、来週23日より始まります。詳しくは、あるぴいの銀花HP をご覧ください。

そして今回、ÉTSUROグッズのファンに、嬉しいおしらせがあります。

スタンプメーカー「こどものかお」さんから、

スタンプセットシリーズ「ÉTSRO ぬりえスタンプ」 -スタンプで広がる ぬりえ遊び-が販売されました。

Photo アルピーノの包装紙を思いだすパッケージ。

Photo_2 セット内容も かわいいモノばかり。

説明書にも、ÉTSUROワールドが満載。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6

Photo_7 スタンプを押したら、ぬりえになります。

Photo_8 スタンプを押す、台紙も3種×4枚付いています。

そして皆さんが一番気になる「スタンプ」 悦郎先生デザインのスタンプが!

Photo_9  なんと!なんと!・・・・・  29個入り。

Photo_10 まだ 一度も使っていないスタンプ面。

ここでカミングアウト!「真新しいゴムの香り・・・  実は、ちょっと 好きなんです」

こどものかお」では、5月の初旬から販売しておりますが、あるぴいの銀花では、悦郎先生の会期に合わせて販売致します。 

1セット 3,150円です。悦郎先生の在廊日には、サインも入れてくれますよ。

Photo_11

在廊日は、6月23日(日)・27日(日)・7月4日(日)で、12時から5時まで。

皆様にお会いできるのを楽しみにしている悦郎先生。今年87歳になられました。

いつまでもお元気で、すてきな作品を描き続けてほしいです。

ちょっと裏話ですが、来年には、新作絵本が2冊販売される・・・・ らしいです。

コメント

お菓子やさんの パート ド フリュイ

2010-06-17 | アルピーノ村・お菓子やさん

フランス料理アルピーノにて 食後のコーヒーと共に楽しめる「パート ド フリュイ」

お客さまから販売してほしいと言われ続けておりました。

今年の3月位から、お菓子やさんの店頭にて、少しだけ販売させていただいておりましたが、とても好評でしたので、正式に販売開始です。

Photo_2 Photo_3

パート ド フリュイとは、凝縮したフルーツ果汁を、ペクチンで程良い固さに まとめた フルーツゼリーです。

今回販売するのにあたり、アイテムを8種類に増やし、専用のパッケージに入ります。

Photo_4 Photo_5

桃・パッションフルーツ・青りんご・あんず・マンゴー・カシス・洋梨・ラズベリーの8種類です。

工場でなく、工房で。機械ではなく、手作りで。箱詰めにも、心を込めて。おいしく食べてもらえるように頑張って作っております。

Photo_7

「頑張ったあなたの ご褒美ティータイムに、果実の香りいっぱいの 手作り 贅沢ゼリー」です。

Photo_9 Photo_8

「パート ド フリュイ」8種入り 税込1,050円です。

コメント

新作ロールケーキ(お菓子やさん)

2010-06-13 | アルピーノ村・お菓子やさん

お菓子やさんの加藤店長が、試作を繰り返す新作ロールケーキ。「氷川の杜ロール」が6月下旬から販売になります。

こだわりは「埼玉県産食材」と「モチモチ感」です。試作中に邪魔しにいってしまいました。

Photo

カスタードに 秩父の福島さんの「はちみつ」を しっかり入れます。はちみつだけ舐めると、そこはお花畑。何種類もの花の香りに包まれます。

そして生地。埼玉産の米粉はすぐに見つかったのですが、粗引きの米粉が多く、生地を焼き上げると、ぼそぼそとした食感になってしまいます。粒子の細かい米粉探しに 一苦労したようです。おかげで納得のいく生地が出来上がり、モチっとした食感がだせたと、一安心の加藤店長。

Photo_2 もちろん、タマゴも埼玉産です。

今回は試作なので、販売するロールケーキとは、クリームやカスタードの塗り方が違います。参考程度にご覧ください。販売する方が、「絶対に おいしいですから、お楽しみに」

Photo_3

いよいよ、ロ~ル。迷いなく 一気に巻きます。

Photo_4 Photo_5

Photo_6 Photo_7

そして試食へ

Photo_8 当然 おいしいです。端っこ最高。

商品名:「氷川の杜ロール」

価格:カット/294円  :ホール/1,050円

6月下旬 販売開始です。

乞う ご期待!

コメント

2010 新田佳子 ガラス展

2010-06-10 | 企画展・うつわ
追記:2012.3.24 新田佳子さんの2012年の会期が決定いたしました。 2012年6月21日(木)-7月2日(月) おたのしみに!

昨日、金沢から車でやってきた新田さん。出発前夜、寝付けなかったらしく 夜中の2時に出発して、途中で仮眠をとり 無事に到着。搬入を終えると すぐに眠そうな 顔になっておりましたが、一晩 ぐっすり寝たようで、本日は 朝から元気いっぱいの新田さんに戻っておりました。

Photo

今の時期は、午前中しか 日差しが店内に入らないので、朝のうちに記録写真を撮りました。ガラスの作品も日差しを浴びて輝いています。

Photo_2 Photo_3

Photo_4 くっきりと出た「影の美しさ」

クリアーガラスと サンドブラストで削られた くもりガラスの凸凹が手に気持ち良く、収まりも良い。使い始めは、凸凹の角が はっきりと感じ取れますが、使っていると 角が取れて、やわらかい手触りになります。使い込んでほしい新田さんのガラス。

やわらかい反射光で、やさしい表情も見せてくれます。

Photo_5 Photo_6

Photo_7 「片口」

Photo_8 Photo_13 Photo_9

食器もあります。これからの時期は、大活躍。

花器も沢山あります。中でも掛花入れはおすすめ。

Photo_10 Photo_11

Photo_12 ピッチャーも 3サイズあります。

そして、呑ん兵衛に おすすめは、そば猪口でロック&水割り。

Photo_15

新田さんのサイン。

Photo_14

大切な人へ プレゼントしたい時は、新田さんが居ればルーターで削って、簡単な「メッセージ」も入れてくれますよ。基本的には、会期中在廊です。

Photo_16

お菓子やの加藤店長とメダカ観察する新田さん。

6月21日までの会期です。15日(火)は お休みです。遊びに来て下さい。

堂本正樹」さん、先週はお疲れ様でした。無事に信楽まで着いた様で安心いたしました。また会える日まで、「器」大切に使わせていただきます。

スタッフ たけし

コメント

堂本陶工房 暮らしの器展

2010-06-04 | 企画展・うつわ

昨日より 「堂本陶工房 暮らしの器展」が始まりました。

Photo

信楽に工房を持つ堂本さん。古谷信男さんの元で 14年間 勤めて、3年前に独立。僕と堂本さんの出会いは、「カラクリン」井村さんの展覧会。出会いから程なくして 堂本さんの うつわを手にし、 1年間 使わせていただきました。

使い勝手のよい うつわです。

Photo_2 Photo_3

堂本さんは、料理も好きみたいです。だから うつわも使いやすいのでしょう。

Photo_4 Photo_5

白い粉引の うつわが多いですが、炭化のカップや花入れもあり、その存在は会場内をグッと締めてくれます。

Photo_6

Photo_7 カワイイ「砂糖入れ」(スプーンは別売りです)

Photo_8 Photo_9

菊形のお皿はサイズや深さも いろいろあります。

Photo_10 「花文様角皿」

Photo_11 「輪花鉢」

Photo_12 僕も愛用している「どんぶり」

Photo_13

「一輪差し」は 人気で、既に残りわずかです。

そして、今回は短期ですので、6月7日の月曜日までです。今日は作家の堂本さんに急用が入り、お出かけしていますが、明日から残り3日間は在廊予定ですので 会いに来て下さいね。

コメント

お祝いケーキ

2010-06-02 | アルピーノ村・お菓子やさん

お菓子やさんに入ると 目の前に並ぶ お祝いのケーキ。

Photo_5

最近、直書きケーキの注文が よく入ります。

Photo_6 (ドラゴンボールの直書きケーキ)

5月30日に誕生日を迎えた、こうき君の直書きケーキを制作しているところを写してみましたので ご覧ください。

Photo_7

まずは、真っ白なニーナに下絵を書きます。

Photo_8

そこに チョコレートで絵を描きます。こうき君のは「ハイパーヨーヨー」です。

Photo_9

絵が仕上がると、まわりにフルーツを添えて メッセージプレートも忘れずに。

Photo_10 

色を付けた植物性のゼリーのようなモノで仕上げます。

Photo_11 Photo_12

「こうき君 おたんじょうび おめでとう。ケーキはおいしかったですか?こんどおしえてね」

手前のお姉さんが、書いてくれましたよ。

Photo_13

制作中の工房内。隣ではウエディングケーキも仕上げています。土日祭日は、バースディーケーキも多いのですが、アルピーノでご披露宴のケーキも すべてお菓子やさんの工房で作っています。5月の最後の週末は、ウエディングケーキ5台・ホールケーキ40台近くを作っておりました。加藤店長は「今週は少なかったですよ。多い週は倍はありますよ」との事でした。

Photo_14 Photo_15

ウエディングケーキには、2人の思い出を形にして、また新しい思い出になるように、更に手を加えます。

Photo_16 テニスコート

Photo_17 Photo_18

レッズVSアントラーズ

イイですね。シアワセですね。10年前を思い出します。私は釣りが好きなので、ボートに乗って2人で釣りをしているウエディングケーキでした。

工房で写真を撮っている時に、ブザーが鳴りました。アルピーノで出している「まんまるフランスパン」の発酵が終ったところでした。

Photo_19 Photo_20

Photo_21 おいしいんですよね。

店頭に並んでいる時は、お早めに。

接客が苦手で、なかなか笑顔が出せない不器用なスタッフも居たり、元気だけが取り柄の様なスタッフも居たりしますが、工房スタッフは毎朝早くから、皆さんに美味しいケーキやパンを食べてもらいたいと頑張っております。アルピーノお菓子やさんを これからも宜しくお願い致します。

お菓子やさんの「やかん」より

Photo_22

コメント