ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

金属独特の経年変化を楽しめる作品

2019-04-21 | あるぴいの銀花ギャラ...
 


銅版画は、銅板に腐蝕液を塗って描き、腐蝕させたところにインクを詰めてプレスして作ります。
その技法を真鍮の板に置き換えて作られたアクセサリーです。



真鍮の板と言っても、その中には、銅なども含まれており、その含有量や、含まれている場所によって、腐蝕液につけた時に出てくる色に違いが出てきます。
金属独特の経年変化を楽しめる作品です。



渋みを増した時に、そこに描かれた文様も少しずつ浮き上がってきます。
長くたくさん使って楽しみたいですね。

明日、最終日となります。
 
  
鳥に花に
東影美紀子
~4/22(月)16:00まで
http://morinosu.info/
instagram/mikiko_morinosu/
 
あるぴいの銀花ギャラリー
 
 
 
コメント

縁卓

2019-04-20 | ギャラリー樟楠
 
縁卓 はじまりました。
会場の様子や うつわの紹介は追々・・・
初日、営業開始から 少し ゆったりした時間でしたが、13時過ぎより、お客様が途切れることなく、あっという間に閉店時間を迎えました。
ご来廊くださいました皆様 ありがとうございます。
明日も、木村勲さん、松村遷さん、揃って在廊です。


 
本日の写真を撮り忘れてしまったので、窯焚き中の木村さんと



窯出ししている松村さん。
 
 
 
縁卓
4/20(土)~ 5/6(月)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 
木村 勲4/20・21・22在廊
松村 遷4/20・21・26・27・28・5/3・4・5・6在廊
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
TEL 048-641-9156
 
 
 
コメント

雨の花

2019-04-20 | あるぴいの銀花ギャラ...
 

 
本日の営業も終了し、残す会期は2日となってしまいました。
DMに使った作品のようなミクストメディアを中心に展示していますが
この作品と、もう一点、一番大きな作品は切り貼りのかけら集めの上に鉛筆で手描きされています。

「自由に自分の気持ちのままに」

それが表現された作品でもあると思います。
何かのきっかけが、衝動となり、とらわれずに溢れるものを表現する。

そのきっかけは必ずしも前向きで明るいものだけではなく、悲しみや辛さであったり……

作家の内面が、時にはタイトルになったりするのでしょうか。
様々な経験は、その原動力となるのでしょう。

1年間のポーランドでの体験は、これからの作品作りにきっとたくさんのものを与えてくれることでしょう。
とても楽しみです。

タイトルの雨の花、ふわりとしていてそんなに説明することのほどではないのですが
雨の部分は涙のイメージ。でも涙ですと、ちょっとだけ強すぎて雨を涙にみたててつけました。
大きな作品と同様に涙に関連したものではあるのですが、大きな作品のような涙の強さではないという。
 
 
鳥に花に
東影美紀子
~4/22(月)
11:00-18:00(最終日16:00)
http://morinosu.info/
instagram/mikiko_morinosu/
 
あるぴいの銀花ギャラリー
 
 
 
コメント

好きな場所

2019-04-19 | ギャラリー樟楠
 

 
益子に 好きな場所が ひとつ増えました。
 
木村 勲(雷神宮窯 神川町)
松村 遷(本沼窯 益子町)
 
明日より ギャラリー樟楠にて展示です。
 
 
 
コメント

サシバのさえずりをBGMに

2019-04-18 | ギャラリー樟楠
 


昨年、益子へ移住した松村遷さんの窯出しを見学に。
黄瀬戸を中心に作陶する松村さんですが、益子でやりたっかことのひとつとして、薪で焼成することがありました。
今回の展示では、初めて薪で焼成した黄瀬戸が登場します。


 
麗らかな春の日、繁殖のために益子へ渡ってきたサシバのさえずりをBGMに、黙々と窯出しをする松村さん。



カタチになった夢を ひとつ、またひとつ、愛おしく眺めながら。
 
--------------------
 
縁卓
4/20(土)~ 5/6(月)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 
木村 勲4/20・21・22在廊
松村 遷4/20・21・26・27・28・5/3・4・5・6在廊
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
TEL 048-641-9156
 
 
 
コメント

雷神宮窯

2019-04-17 | ギャラリー樟楠
 

 
薪窯
深呼吸するように炎が踊る
 
 
縁卓
4/20(土)~ 5/6(月)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
 
木村 勲4/20・21・22在廊
松村 遷4/20・21・26・27・28・5/3・4・5・6在廊
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
TEL 048-641-9156
 
 
 
コメント

おいしい器 洋食&洋酒編 終了いたしました。

2019-04-15 | ギャラリー樟楠
 

 
おいしい器 洋食&洋酒編
昨日、無事に終了致しました。
 
最終日には、「見に来たかった~」「間に合った~」など、駆け込みのお客様、「もう一度見に来ちゃった!」と 再訪してくださったお客様も数名お見えくださり、在廊してくれた廣川温さんとの会話も楽しんでいただきました。
正座して、お客様と向きあう廣川さん、その姿に身が引き締まる思いです。


廣川温さん

最終日だけでなく会期中にご来廊くださいました皆様、気にかけてくださった皆様、心よりお礼申し上げます。
ありがございました。
 
笠間、益子と関東の作家だけでなく、瀬戸、名古屋、信楽、三重と中部地方で活動されている作家も参加した展示でしたが、会期中に全員が在廊してくれました。


野田里美さん
 

左から、篠原希さん、伊藤千穂さん、稲垣直さん、穂高隆児さん
 
お忙しい中、ありがとうございました。
 
それぞれ、個展を中心に積極的に展示を開催している活動メンバーです。
どこかで見る機会がありましたら、引き続き応援してあげてくださいね。
 
樟楠も応援してください(笑
 
 
ギャラリー樟楠
 
 
 

 
コメント

おいしい器 洋食&洋酒編 「伊藤千穂」

2019-04-14 | ギャラリー樟楠
 

 

 
おいしい器 洋食&洋酒編 最終日
 
料理も食べることも大好きという伊藤千穂さんは「おいしい器」の企画立案者。
料理を惹きたてることを基本にしながらも、1点 1点、手仕事の後を残す。


 
おいしい器 〜洋食と洋酒編〜
本日16時まで
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
048-641-9156
 
 
 
コメント

おいしい器 洋食&洋酒編 「野田里美」

2019-04-14 | ギャラリー樟楠
 

 


おいしい器 洋食&洋酒編 最終日
研ぎ澄まされたと言うほどの鋭さではなく、手仕事のあたたかさも感じさせてくれながら、スタイリッシュな印象の 野田里美さんの磁器。


 
おいしい器 〜洋食と洋酒編〜
本日16時まで
 
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
048-641-9156
 
 
 
コメント

おいしい器 洋食&洋酒編 「穂高隆児」

2019-04-14 | ギャラリー樟楠
 

 

 
おいしい器 洋食&洋酒編 最終日
板前から陶芸へと転身を遂げた穂高隆児さん。
酒器や茶器の印象も強いですが、今回は洋食イメージということで、酒器も茶器もありません。
でも、食のうつわこそ、穂高さんの本流。


 
おいしい器 〜洋食と洋酒編〜
本日16時まで

 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
048-641-9156
 
 
 
コメント