ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015-03-31 | お知らせ

荒川尚也 ボトル



本日は定休日です。

コメント

ローライト

2015-03-30 | 企画展・うつわ

ローライトに浮かぶ気泡が美しい。



普段は見えにくい気泡も水が注がれると浮き上がってきます。


荒川尚也 ガラス展
2015年3月26日(木)~4月5日(日)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで) 3/31火曜休み
作家在廊日4/3(金)

コメント

さくら

2015-03-29 | 企画展・うつわ

さいたま市のソメイヨシノも5分~7分咲き。



お花見の帰りに、季節先取りのガラス展にも お立ち寄りください。

コメント (2)

荒川尚也 型成形のうつわ

2015-03-28 | 企画展・うつわ

荒川尚也 型成形のうつわ
ガラスの成形は、溶かしたガラスを吹き竿にとり息を吹き込んで成形する宙吹きガラスと、型を使って成形するキルンワークがある。
荒川さんは、どちらの技法でも制作されるのですが、型成形のキルンワークは、独特の佇まいで、遥か昔の時代へ連れて行ってくれる。





黒い色のガラスもあるのだが、何色もの色を混ぜて作られる黒なので、モノによって青よりだったり赤よりだったりするのもおもしろい。



昨晩は、そろそろ旬も終わる空豆を黒いガラスのうつわでいただいた。




荒川尚也 ガラス展
2015年3月26日(木)~4月5日(日)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで) 3/31火曜休み
作家在廊日4/3(金)

コメント

荒川尚也 ガラス展 2日目 「灯り」

2015-03-27 | 企画展・うつわ

荒川さんの灯り。
宙吹きのペンダントライトは白熱灯のあたたかな光り。



壁や天井に見える泡ガラスが創りだす模様が魅力。



LEDを使ったペンダントライトの幻想的な世界に惹き込まれます。



傍に寄り添えば、ガラス自体が発光しているような感覚に、美しさに、時を忘れてしまいます。



きのこ模様のペーパーウエイトとLED BOXの組み合わせもニンマリ。





荒川尚也 ガラス展
2015年3月26日(木)~4月5日(日)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで) 3/31火曜休み
作家在廊日4/3(金)


コメント

荒川尚也 ガラス展 初日。

2015-03-26 | 企画展・うつわ

たっぷりの日射しの春らしい日、荒川尚也さんのガラス展がはじまりました。



京都丹波に工房を持つ荒川尚也さん
札幌の豊平ガラスで、薬瓶や金魚鉢など、同じ大きさの製品を、多い時には1000個作るなどして、職人としての仕事から吹きガラスの技術を学び、1981年に晴耕社ガラス工房を立ち上げられ、何人もの若い人達を育てながら制作されています。

荒川さんのガラスと言えば、気泡を思い浮かべる方も多いと思いますが、閉じ込められた気泡に偶然性はなく、しっかりとした意匠が込められているのです。



ガラス作品に合せる鉄などの金属もご自身で制作されています。



美しいだけでなく、道具としての使用感も格別です。




(DMより)
荒川さんの工房がある京都丹波の山間を流れる水を思い出させる宙吹きのグラス。
綺麗なだけではない 流れの中に生きる いのちの存在を感じさせるオブジェや 灯り。
何年も そこにあるような佇まいのキルンキャストのうつわ。
耐熱ホウケイ酸ガラスの茶器。



旨い酒を呑む

眺める時間を大切にしたい

季節の素材を使った料理を盛る

茶道を愉しむ

理由は何でもよい

自分と向き合えるガラスに出会う春。




荒川尚也 ガラス展
2015年3月26日(木)~4月5日(日)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで) 3/31火曜休み
作家在廊日4/3(金)



あるぴいの銀花ギャラリー
330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130-9
TEL 048-647-2856

コメント

腰が痛い。

2015-03-25 | 日々

本日は搬入日です。
一昨日の夜、少し腰を痛めてしまい、什器の移動は慎重に。





ぶじに移動できたので、これから作品のチェックです。
明日からの展示を楽しみにしていて下さい。

コメント (2)

只今、早川ユミさんの搬出作業を終え、やっと昨日のワークショップの報告です。

2015-03-23 | 企画・布 染織

只今、早川ユミさんの搬出作業を終え、やっと昨日のワークショップの報告です。
その前に、今回の展示にも多くの皆様にお越しいただき、心より感謝いたします。ありがとうございました。
いつもなら初日に在廊されるユミさんですが、今回は会期終了間際の在廊で、展示がはじまったばかりのような気持ちで搬出作業をしておりました。
ユミさんのお話も 自分は全て聞くことはできませんでしたが、ワークショップに参加された方たちの心にしっかりと種が植えられたようです。
大きく育っていくことを願います。


少し長くなってしまったので、ワークショップの報告は写真を見て想像して下さい(笑











興味を持たれた方は、ツアーがはじまったばかりなので、きっと皆さまの住まいの近くでも作品展&ワークショップが開催されると思います。
ぜひご参加下さいね。
ツアー情報はユミさんのホームページにて確認下さいませ。



コメント (2)

今日もワークショップを開催中。

2015-03-22 | お知らせ

今日もワークショップを開催中。
昨日より参加者も多く画像の整理ができません。
なので写真は昨日のお絵描き風景です。



後程(もしかしたら明日になっちゃうかも)ご報告いたします。
コメント (2)

2015ちくちくワークショップ1日目

2015-03-21 | 企画・布 染織

ワークショップ1日目の様子です。
自己紹介をしながら、早川ユミさんとおしゃべり。
内容は、布のこと、食べ物のこと、からだのこと、新しい本のこと、原発のこと、沖縄の基地問題、時に楽しく、時に厳しく、発信していくことの大切さを実感させてくれます。



ワークショップは、絵日記シャツの方は「ちくちく」針仕事から
絵日記ぶくろを選ばれた方は、お絵描きからスタートです。









小さなお子さんもお絵描き参加。



作業が終わった方から、高知の柚子ジュース(HOT)と米糠クッキーを召し上がりながら、ユミさんにサインをもらったり、いろいろ相談したり。



皆様が帰られてから「残った絵具も大切に」と、多めに持ってきたシャツにユミさんもお絵描きです。



明日、3月22日は 12時から。
数名なら飛び入り参加も可能ですよー!

コメント (2)