ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

田村一さんの轆轤(ろくろ)

2024年06月20日 22時09分45秒 | ギャラリー樟楠

 

 
田村一さんの轆轤(ろくろ)

 
秋田県秋田市の市街地から大平山に向かう山間にある工房は、目の前に清流が流れ、時折、熊の出没もあるそうです。
窓に向かう轆轤場には、左右からのライトもあり、とても明るい環境です。

 


 
ドラムスローン(ドラムスツール)に深く座り、大きな背中を丸め、うつわの真上から覗き込むように仕事をします。
首から腰に掛けては、美しい流れで、釣り竿の曲がりで表現される理想的なベントカーブのようです。
 
大胆さと繊細さが絡み合う田村さんの轆轤は、制作されている うつわや作品にそのまま映り込んでいます。

 


 
会期、残り3日となりました。
互いにリスペクトしている樽見浩さんの展示です。
樽見さんをオマージュした織部釉のうつわもありますので、ぜひお出かけください。
 
遠方の方、お時間が難しい方はWebでもご覧いただけます
 

 
ーーーーーーーー
Hunch back
田村 一 
樽見 浩 
~6/23(日)まで
11:00 ~18:00(最終日16:00)
火・水 定休
 
オンライン
~6/23(日・16:00)
https://alpinoginka.thebase.in/
ーーーーーーーー
 
 

 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
048-641-9156
 
 

 



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする